2005年01月25日

ネバーランド

ネバーランド

きのう猛烈に感想を書いたのに、なぜか投稿できなくて(その上消えてしまったので)がっかりしてしまった。
ナンデヨ〜〜〜!今日、かろうじて投稿できなくても保存されるようになってたけど。遅いよ。
こんなことにならないように、別のところで書いてからコピペで投稿せねばかな?
何度か書いたらダラダラ書きにならなくてどんどん洗練されて、かえってイイのかもしれない。
『ネバーランド』は少し感動を寝かせて感動を噛み締めないと、ジョニー・デップが素敵だったということしか書けない。


この映画は、誰もが知ってる「ピーター・パン」を書いたバリという作家の話で、
ピーター・パンが出来上がるまでの裏話的な物語。こんなエピソードがあったのか〜、
と単純に裏話を知る事ができることが面白くもあるけれど、そこで繰り広げられる人間模様がそれはそれは切なくて、
こんな必然がなければ傑作は生まれないのか、と哀しさもこみ上げて来る。
それはバリと妻の関係しかり、バリとピーターの母親シルヴィアとの関係や、なんといってもバリとピーターたちの関係。
すべての関係が作用してピーター・パンの物語は出来ていたのだ。
決してうまくいっていなかった妻との関係もごまかす事なくきっちり描いてあり、よりリアルだったのもよかった。

バリが散歩で出かけた公園で出会った未亡人シルヴィアとその子供たちがキーマンだとは思うし、
誰もが子役の天才的な演技に舌を巻くだろうけれど、忘れてならないのはダスティン・ホフマンだと思う。
アプリコは彼はいまいち好きではなかった俳優だったけれど、
この映画では彼が出て来ると映画が引き締まる感じがしてとてもよかったのだ。
彼はバリを支援してきたアメリカの裕福な芝居の興行主チャールズ・フローマン役で、
別に特別彼が絡む大事件とかがあるわけではなく、いつもバリを支援し劇場で自信を持ってお客様を迎えているだけなのだが、
彼が出てくるとちょっとコミカルで楽しく、ユーモアに溢れ、だけどそれでいて決してコメディになるというわけではなく、
お金持ちの余裕というものを?おかしみを併せ持ったキャラクターに仕上げ、とてもわかりやすく表現していた。
それでいて映画をきっちり引き締めてくれる、不思議な存在感だった。

ピーターの母親はケイト・ウィンスレットで、『タイタニック』ではいまいち好きになれなかった女優さんだけど、
彼女、疲れた未亡人役が似合い過ぎでうまかった。こういう役のほうが似合ってると言ったら失礼かもしれんが、上手だった。

ピーター役のフレディ・ハイモアは、どっかで見た顔だなぁと思ったら、去年観た『トゥー・ブラザーズ』に出ていたあの子だ!
高い声でカワイイのよねえ。だけどこの子、セリフを言わない演技がめちゃくちゃうまい。とにかくうまい。
『トゥー・ブラザーズ』でもトラと引き離される時に泣き叫んで涙をポロポロ流す姿は圧巻だったけれど、
お父さんが死んで傷ついて誰にも心閉ざしているピーターの悲しみがどんな場面でも感じられる。
ピーターの繊細な心模様を表情だけで表現している場面も多くて、感心する。
最後の場面、公園のベンチでジョニー・デップの胸の中で泣くシーンは、決して悲しみだけではなく、
なんていうかこう、ちゃんと成長して大人になった明るい希望も感じられて清々しい涙だった。
ピーターは大人になっていったのに、いつまでもずっと子供のままのバリは置いてけぼりという感じだった。
子供の心を持ち続けることが、人としていいことなのかダメなことなのかはバリを見ていたらわからなくなるけれど、
バリという人はだからこそ魅力的な人だったんだと思う。だからこそピーターパンの物語も書けた訳だし。
なんで結婚が破綻してしまったのか。わからないでもないけれど、バリの何を魅力だと思って結婚したのか。
妻はある意味かわいそうでもあったけれど、理解しないのだからしょうがないし。
バリ夫婦に子供がいたら、話は全然違うものになっていただろうと思ったりもした。


そんな子供のような心を持ったバリを、ジョニー・デップが演じているのだけど、
彼も実生活でお父さんなのだね。だからなのか子供たちを見る視線がとても優しい。
お母さんに病院に行くよう長男を説得させる時の会話とか、とても暖かいのだ。
その時は、長男が劇的に大人な顔になっていてバリも驚いたぐらいだが、観ていてその表情の変化にはアプリコも感心した。
子役がみんなうまいのでジョニー・デップもうっかりしたら食われてしまいそうな勢いだった。
子供たちと遊んでる時なんて、なんか子供が5人いるみたいだったし。
長男は他にも、お母さんのお見舞いに来たバリの面会を断って追い返そうとするおばあちゃんに対して、
ビシーッとというかピシャリとおばあちゃんに「ここは僕たちの家です」と言う場面とか、もうちゃんと大人なのだ。
子供から大人に成長する瞬間があちこちで描かれていて、
自分もこうやって大人になってきたんだろうかとか思いながら、まだまだコドモやなぁと思ったりして、
反省させられる場面が多い。そのぐらい子供たちの成長がめまぐるしいのだ。
バリと子供たちとの絡みもとにかく全てが自然で、微笑ましかったりもするし、観ていて優しい気持ちになれる。
バリと子供たちの世界だけを見ると、一歩間違えばただの甘いファンタジーになりそうなところも、
こういうちょっとした子供たちとの自然な絡みの連続で、きちんとしたドラマが成り立っているので素晴らしい。
後半、おいおいそれはないでしょうと言いたくなるような場面もあったけれど、
そんなことはあまり気にはならなくなっているから不思議だった。

全編映像もとても美しくて、リアルなドラマなのにファンタジーでもある不思議な世界観に、違和感なく入り込める。
心洗われる、上質な大人のファンタジーといったところ。

だけどなんだ、気づいたら結局ダラダラ書いてしまっているじゃんか。それだけ感動があったってことかな。

____2005_007_cinema_04

cinema_junky at 12:34│Comments(9)TrackBack(14) 外国映画【ナ行】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『ネバーランド』を観ました。  [ 0120 Blog ]   2005年01月25日 19:53
あなたは子供の頃、走って来て“やぁーっ”とジャンプしたり、机なんかから“ピョン”と飛び降りれば『空を飛べる』って思っていましたか?私は思っていましたよ。それがほんの少しの距離であっても、子供の頃は『空を飛んだ事』に匹敵するような喜びがありました。 本作は
2. ネバーランド  [ 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか! ]   2005年01月25日 20:45
監督:マーク・フォスター 原題:Finding Neverland キャスト:ジ
3. 「ネバーランド」劇場にて  [ xina-shinのぷちシネマレビュー? ]   2005年01月25日 20:48
昨日に引き続きファボーレ東宝で本日公開の『ネバーランド』を観てきました。 主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン 』の「ジョニー・デップ」。共演に『タイタニック 』の「ケイト・ウィンスレット」、『フック』の「ダスティン・ホフマン」。 1/15と22の土曜日にはジョニ
4. 映画の話19 ネバーランド  [ 仮面OLの日常 ]   2005年01月25日 21:43
momorin的評価:★★★★ 私の見た映画の評価は相変わらず5点満点中平均4点ぐらいで、 全く信頼できないかと思いますが、おもしろいものはおもしろいので、 このままの基準で行きます! 今年2回目の映画館、今日はジョニー・デップ主演の「ネバーランド」 を見まし
5. ネバーランド☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2005年01月25日 22:04
ジョニー・デップことジョニデ主演の映画公開です(笑) タイトルは『ネバーランド』あのピーターパンの著者をジョニデが演じ、ストーリーが生まれる きっかけをつくったある家族との交流が描かれたストーリー・・・ 『シークレット・ウィンドウ』でちょぉーーっと期待...
6. 『ネバーランド』を観てきました  [ 「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」BlogVersion ]   2005年01月26日 00:35
今日は『ネバーランド』を観てきました。   本当は、もうすぐ公開が終わってしまう 『マイ・ボディーガード』を観るつもりだったんだけど、 満席で入れてくれなかったので、急遽予定変更で観てきたのです。   ストーリーは題名を見てわかるように、ピータ
7. ■Finding Neverland/ネバーランド、思ったより早めの公開!  [ ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY ]   2005年01月26日 02:01
■Finding Neverland(ファインディング・ネヴァーランド) ●ハリー・ベリーがアカデミー主演女優賞を受賞した『Monster's Ball』(邦題:チョコレート)のマーク・フォースター監督最新作。(おお〜チョコレート繋がり、なんておバカで勝手なことを思っても、全然内容も違う
8. ネバーランド  [ Matsuno-FC Blog ]   2005年01月26日 06:18
20日に日比谷でジョニー・デップ主演の『ネバーランド』を観に行った。今回、ジョニデが演じるのは、あの「ピーターパン」の生みの親である劇作家のジェームズ・バリである。子供のように天真爛漫で、創造力あふれる作家という役柄は、今までジョニデが演じてきたイノセ
9. ネバーランド  [ Diarydiary! ]   2005年01月28日 23:12
《ネバーランド》 2004年 イギリス/アメリカ映画 - 原題 - Findi
10. ネバーランド  [ 丼 BLOG ]   2005年02月01日 00:35
(05年1月鑑賞)「劇作家のJ・M・バリをジョニー・デップが好演。子役のフレディ・ハイモアも良かった。見終わった後しみじみとした気持ちになりました。」監督:マーク・フォースター出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、フレディ・ハイモア、ダスティン・ホフ
11. ネバーランド  [ 30歳独身男Kazuakiの映画日記 ]   2005年02月01日 16:13
「劇場の外が現実世界だというのであれば、ここから出たくない。ジョニー・デップ、ありがとう。オレは今日、人生の中でも5本の指に入るかもしれないほどの映画に出会えたんだ。」 今日3本目は「ネバーランド」です。ジョニー・デップ主演。「シークレット・ウインドウ」で思
12. ネバーランド  [ 映画と大学5年生とあわあわとした日々たち。 ]   2005年02月16日 01:37
ぼろぼろ泣いた。 ジョニー・デップは、世界で最もファンタジーが似合う俳優だろう。 共演は、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマン。 題名から察せられるように、ピーター・パンにまつわるお話。 監督は「チョコレート」のマーク・フォスター(!) この監督
13. ★★★ネバーランド観てきました★★★  [ ★★かずくんままのマネー&育児日記+α(モブログチャレンジ中)★★ ]   2005年03月03日 21:33
なぜだか新しく「記事を書く」ページだけなかなか開きません(涙) 皆さんどうですか??? PCから画像のエラーになり載せられません。いったいなぜ??? 本日、ネバーランドを観て来ました。 今日は自腹です(笑) 自腹で観ている時に駄作だとかなりショックなのでが大丈夫で
14. ネバーランド 今年の171本目  [ 猫姫じゃ ]   2005年08月19日 14:13
ネバーランド   ピーター・パン は、ディズニー の専売特許じゃなかった。   サー・ジェイムズ・マシュー・バリー が1904年に、戯曲「ピーター・パン 」を書き上げるメイキング・ストーリーで、実話なんですって。 ま、ネバーランドっちゃぁ、マイコー・

この記事へのコメント

1. Posted by 0120 Blog   2005年01月25日 19:52
こんばんは。
TB有難うございました。
私も昨日livedoorにやられた1人です(笑)。

私にとって、最近観た映画の中ではTOPクラスのいい映画でした。ジョニデの演技も見入ってしまったし、ネバーランドも良かった。フレディ・ハイモア君のあの目に涙をいっぱい溜めた表情が最後に追い討ちを掛けますね。
2. Posted by yyz88   2005年01月25日 20:47
はじめまして

TBありがとうございました。

>子供から大人に成長する瞬間があちこちで描かれていて

思えばここがこの映画のポイントだったような気もします。まさに良質のファンタジーという感じでしたね。

ということで、これからもよろしくお願いします。
3. Posted by momorin   2005年01月25日 21:42
こんにちは。TBありがとうございました!
ダスティン・ホフマンの存在、言われてみて思い出しました。
誰でもできそうだけど、彼だからこそ良かったといえる役かもしれませんね。
子役の子はほんとにうまかった〜。
4. Posted by にゃんこ   2005年01月25日 22:17
こんにちは TBありがとうございます
ダスティン・ホフマンも出てたことに気づいたときは
あーーーフックだ♪っとなんかほんわかうれしくなりました。
そして、まさにあのフックのイメージがだぶったときは
うっまいなぁーーーなんて・・・
このあと『ピーターパン』もう一回観てみたら、もっといろいろな想いが
浮かぶんだろうなぁとも思いました。
5. Posted by ツボヤキ★   2005年01月26日 02:04
こんばんは!
TBお世話になりました。
公開になり、結構この映画は好評ですね。
良かったですね〜。
ジョニー・デップもこれでまた、新たなファンが増えるかな。
ま、次回がまたまたすっ飛びますが(苦笑)
大人のためのネバーランド、でもありましたね〜。
またまたお邪魔しますね!よろしゅうに。
6. Posted by falco41   2005年01月26日 12:05
またまたTBありがとうでやんす!!。
アプリコさんの記事、待ってましたぞ!!。
それにしてもたまにこういうデップを食らうと
ますます彼のことを見逃せなくなるざんすよ。

7. Posted by アプリコ   2005年01月26日 19:00
0120blogさん、
TB&コメントありがとうございました。
あなたさまもlivedoorにやられましたか(笑。
最近不具合が多過ぎる気がしますよね。
アプリコもMacユーザーです。今後もどうぞよろしくお願いします。

yyz88さん、
TB&コメントありがとうございました。
ファンタジーにもいろいろありますが、
大人が楽しめるという点ではこの作品、ピカイチだと思いました。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

momorinさん、
TB&コメントありがとうございます。
momorinさんのblogを読んでいて、「lovely!」ぐらいだったら、
アプリコでも使えそうだな〜と思いましたので、
思わずTBさせていただいたのでした。
使える英語を映画から増やせていけたらと思っています。

にゃんこさん、
TB&コメントありがとうございました。
そうですよね!ダスティン・ホフマンみて、
あれ〜フック船長だ!とアプリコも思い出しましたです。
ジョニデもなんかパイレーツっぽく遊んでたりするし、
いろんな意味で想像力の遊びを楽しめる映画でもありましたよね。

ツボヤキ★さん、
TB&コメントありがとうございます。
ツボヤキ★さんは取り上げる時がめちゃくちゃ早いので、
探しきれませんでTBが遅くなりました。
いつも遅ればせながらになりますが、
ついていきたいと思いますのでこちらこそどうぞよろしくお願いします。

falco41さん、
コメントありがとうございます。
いや〜、falco41さんのblogを読んで、
アプリコも早く観た〜い!!!と思っていましたのです。
その後もジョニデ作品をゾクゾクと観ているアナタ!
ハマってますね〜。気持ちよくわかります。
8. Posted by ay   2005年02月16日 01:37
こんちは、ネバーランド良かったっすよ〜(泣)
公私充実のジョニー・デップ、今後の活躍もますます楽しみですね。
9. Posted by アプリコ   2005年02月17日 00:54
ayさ〜ん、お久しぶりです♪
コメント&TBありがとうございます。
本当にジョニー・デップ、いい味出してたと思います。
プライベートの充実が演技に現れてますよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
*ARCHIVES*
Profile
アプリコ
ミーハーなのでかっこよければファンじゃなくてもキャーキャー言う。だけどホントは、脇役(悪役)のニヒルな怪しい魅力に心奪われることのほうが多い。
映画館では洋画しか観ない。基本的に映画は映画館で観る。なるべく一人で観たい。レンタルはしない。気に入った映画は何度も観たくなるので、DVDを買ってしまう。
あと、お金を払ってまで恐い思いはしたくないのでホラー映画は絶対観ない。


「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。