August 26, 2010

『ザ・マジックアワー』(2008)

 『ザ・マジックアワー』 (08)日本

   監督・脚本:三谷幸喜 
   出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行

   マジックアワー

ザ・マジックアワー、それは映画館を訪れる観客をも巻き込む魔法の時間。

今や舞台、TVドラマ、そして映画へとその活躍の場は留まるところを知らず。
近年、舞台畑の監督達の映画界への躍進は甚だしく昨年の日本アカデミー賞を見ても、しばらくはその傾向は続くと思われます。
演劇の公演は毎回お馴染みの面子での芝居が殆どであるため、まかり間違えば内輪ウケになりやすく、また多く見られる独特なシステムの一つに脚本家が演出し主演を兼ねるものがありますがともすれば難解な芝居で独りよがりに陥ったりしたものを観客はそれを個性だと勘違いし煙に巻かれたりなんてことにもなりかねません。
しかしまた同じ理由により、舞台の強みは観客と演技者が世界観を共有できる一体感であり時間と空間を共有できるライブ感と言えることも出来ますね。

三谷幸喜はおそらく現在日本で脚本も書く監督としては似て非なるそれらの世界の全てで遺憾なくその才を発揮し最も成功している人と誰もが認めると思います。
その本人が「今まで作って来た映画の中で最も作りたいものに近い映画をようやく作ることが出来た」と言うだけあって本当に良く出来ていますし心から楽しめます。
この「ザ・マジックアワー」は古典的なコメディ映画でよくある「映画の中の映画」と言われる手法を用いて観客が舞台を見ているように映画の中の荒唐無稽なドタバタ世界を身近に感じられるものになっています。
さらに登場人物の1人が映画の街のセットを「映画のセットみたいな街」と言ってのけることで観客があの古典映画のセットそのものの街を逆に楽しんで受け入れられるという大胆かつ細やかな演出にはさすが舞台を熟知しかつ古典映画好きな三谷幸喜だけあると映画の導入から嬉しくなります。
今までの三谷映画は自身の舞台を生かしていてそれぞれクオリティは高く楽しめるものでしたが今回はより映画らしさにこだわったものになっていますね。

この人はドラマでも舞台でもそれぞれの長所短所を熟知した上で役者も観客もスタッフも楽しかったと言える作品を仕上げますね。サービス精神の塊の人のように見えますがそれはいつもの三谷作品のファンだけでないその時映画なりドラマなり舞台なりを初めて見る観客の目線を忘れないプロ意識があるから却って常に安心して見ることが出来るのでしょう。エンドロールのスタッフクレジットの「監督と脚本三谷幸喜」の文字を見ながらそんなことを考えたりしました。

製作費もかなり懸かっているでしょうがそれ以上に映画をより面白くするための創意工夫が端々にまでなされているのと手造り感の方が強く、高い興行成績をスター、リメイク、原作付きに頼った邦画界で稀に見る映画らしい映画だと言えましょう。そして驚くべきは三谷は映画に於いて進化を遂げる余地がまだまだあることですね。

映画館へ行きたくなる、そんな映画をこれからも見たいものですね。

         (2008.6.14「スローターハウス」投稿記事より転載)


  

公式サイトはこちらから   http://www.magic-hour.jp





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
クチコミを見る


cinema_knock_knock at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)邦画 | さ・サ行

July 23, 2010

「三谷幸喜 大感謝祭」生誕50年の2011年は新作7本+αです

(cinema today news)22日、東宝株式会社で、三谷幸喜2011年のラインナップ発表が行われ、来年1年間を「三谷幸喜大感謝祭」の年とすることが発表された。先月発表された新作映画『ステキな金縛り』1本のほか、舞台4本、小説1本、テレビドラマ1本、計7本を来年1年で一挙に手掛けることが発表され、出演者の顔を丸く切り抜いた写真を手に、三谷監督自身がラインナップの説明をした。また、ほかにも現在進行中の企画があるそうで、ラインナップはさらに増えることが予想される。

 現在撮影中で、今月中には撮影が終わる予定だという映画『ステキな金縛り』は、将来性ゼロの三流弁護士エミ(深津絵里)が、資産家の妻(竹内結子)殺しの裁判で、事件を目撃していた落ち武者の幽霊(西田敏行)に、証言台に立つことを頼むというファンタジー・法廷サスペンス・コメディー(そのほかの出演者は阿部寛、浅野忠信、中井貴一)。本作について三谷は、「本当に作りたかったものが理想的な形で出来上がりつつある」と自信を表した。また、WOWOW開局20周年ドラマとして製作される90分のスペシャルドラマ「ウォーキング・トーキング」(出演者は未定)は、全編1発撮りという舞台とテレビドラマのドッキングに挑んだ作品で、コメディー作品。しかしそのほかの作品は、コメディーから少し離れたラインナップとなった。

 「僕の基本は舞台」と話す三谷が、2011年に手掛ける4本の舞台は、石川啄木を題材とした舞台「ろくでなし啄木」(出演者は藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵)、ナチス政権下で、「映画大臣」とも呼ばれたパウル・ヨゼフ・ゲッベルスを中心に、戦前ドイツ映画界の人々を描いた舞台「国民の映画」(出演者は小日向文世、段田安則、白井晃、石田ゆり子、シルビア・グラブ、新妻聖子、今井朋彦、小林隆、平岳大、吉田羊、小林勝也、風間杜夫)、ロンドン留学中、ひきこもりともいえる状態になった夏目漱石が、唯一心を通わせた女性、通称「ベッジ・パードン」(彼女の口ぐせI beg your pardon?に由来)との交流を描いた舞台「ベッジ・パードン」(出演者は野村萬斎、深津絵里、大泉洋、浦井健治、浅野和之)、そして舞台「笑の大学」から15年、西村雅彦と近藤芳正による二人舞台「90ミニッツ」というラインナップ。「90ミニッツ」は、その名の通り究極の90分間を描く作品だが、そのほかは、史実を基にしたフィクションに。また、「いずれ映画になるといいな。各映画会社注目ですよ」と話した20年ぶりの書き下ろし小説「KIYOSU」も、織田信長の後継者を決める「清洲会議」を描いた歴史が題材の作品だ。

 「人間ドラマがやりたい年ごろ」とラインナップの中にコメディー作品が少ないことを説明した三谷だが、「コメディーを書くのにはすごくパワーがいる。やれて60歳まで。後10年で何本芝居や映画が作れるかと考えるとあせるし、書けるうちに書いておこうと思いますね」とコメディー作品を含め、まだまだ作品を世に送り出す意欲に燃えていることを明かしてくれた。

 また、大河ドラマ「新撰組!」でも共演した藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵の3人のドロドロの恋の駆け引きが魅力の舞台「ろくでなし啄木」は、「新撰組!」をやっていた時代から藤原竜也と共に温めていた企画だと話した三谷監督。そのほかの作品も、長年映画にテレビに舞台に本に活躍してきた三谷監督がこれまでかかわってきた人々と温めてきた企画ばかりだ。三谷監督は、「たまたまなんですが、長年温めてきた企画が、来年、一気に実現することになりました。たまたまなんですが、来年は僕が50歳を迎える年。そんなわけで、2011年は『大感謝祭』の年に決めました。映画にテレビに舞台に本。僕がこれまでお世話になった、各ジャンルへの『感謝』、作品作りに力を貸してくれた、たくさんの皆さんへの『感謝』、そしてこれまで僕を支えてくれた、ファンの方々への『感謝』、もひとつ、ここまでなんとかやってきた自分への『感謝』、いろんな『感謝』を込めて、7つ(プラスα)の作品を、どどどっと贈ります。一年間、どうぞ楽しんでみて下さい」とコメントしている。



『ステキな金縛り』公式サイトはこちら 
http://www.sutekina-eiga.com/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




12人の優しい日本人 [DVD]
12人の優しい日本人 [DVD]
クチコミを見る



cinema_knock_knock at 17:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)新作情報 | 邦画

July 20, 2010

そして『スパルタカス』:2010.7.24スターチャンネル無料先行放送

実と言うと、筆者が『コールドケース6』よりも『ザ・パシフィック』よりもこの7月の新ドラマで期待しているのがこの『スパルタカス』。
映画ではキューブリックの『スパルタカス』(60)も好きだし、『グラディエイター』(00)も好きだし、『300』(07)に至っては思わずぐっと来てしまったという筆者は、海外ドラマではwowowで放映していたドラマ『ROMA』もかなりのお気に入りでしたから、制作総指揮サム・ライミのこの『スパルタカス』はもちろん大注目です。


『スパルタカス』
スパルタカス

 製作総指揮サム・ライミ 7月30日(土)よりスターチャンネルにて放送開始。全13話。 
 無料先行放送(第1話)  7月24日(土)    午後19:00~
 本放送 30日(土)~  字幕    毎週金曜日午後21:00~     
                 二ヶ国語  毎週土曜日午後21:00~

ストーリー:ローマ軍によって故郷、そして妻を奪われ奴隷剣闘士となった男スパルタカスが、その復讐を遂げるため、そして愛する妻を奪い返すため最強のグラディエーターへと登りつめていくまでの壮絶な闘いを描いた、史上空前のアクション超大作だ。
驚異のVFX映像によりTVドラマ・シリーズとしては桁違いのスケールで描かれるアクション・シーン、そしてTVドラマ・シリーズ史上類を見ないほどに過激なエロティシズムに包まれた愛欲にまみれた人間ドラマ。海外ドラマ史上最も過激といっても過言ではない本作の仕掛け人は、ハリウッドを代表するヒットメーカー、サム・ライミ。そして、それらアクション・シーン以上に彼が最も力を入れたと語るのがスパルタカスの過酷な運命の根底に流れるヒューマン・ドラマだ。
全てを奪われた男の悲しみ。そしてローマ軍への復讐と、愛する妻の奪還のため、激しい怒りをまとい壮絶なる血塗られた世界を生き抜いていく男の執念と勇姿。その感動は、これまで数多く誕生してきたスペクタクル超大作の名作たちに匹敵する。●(スターチャンネル公式サイト紹介抜粋)


本国では第1話の放送開始後400万人が視聴した記録を持つ『スパルタカス』。そうそうにシーズン2の制作も決定したが主演のアンディ・ウィットフィールドが癌と診断され治療に専念するため撮影がストップしたとのニュースが流れた。その後の確実な情報はないが何とか一日も早く、回復したという良いニュースを聞きたいところ。再びスパルタカスとして勇姿を見せてほしいものである。

 

スターチャンネル公式サイトは
http://www.star-ch.jp/spartacus/



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組) [DVD]
300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組) [DVD]
クチコミを見る
グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション800】 [DVD]

グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション800】 [DVD]
クチコミを見る
スパルタカス スペシャル・エディション 【ベスト・ライブラリー 1500円:戦争映画&西部劇特集】 [DVD]

スパルタカス スペシャル・エディション 【ベスト・ライブラリー 1500円:戦争映画&西部劇特集】 [DVD]
クチコミを見る
カーク・ダグラス製作総指揮、脚本は『ジョニーは戦場へいった』『ローマの休日』のドルトン・トランボ。反骨と勇気をテーマにいまなお燦然と輝く歴史スペクタクルの大作。



cinema_knock_knock at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)TV | 新作情報

July 17, 2010

『コールドケース6』、『ザ・パシフィック』:wowow海外新ドラマ

民放ドラマもいいですが、7月は楽しみなwowowの海外ドラマの新作が何本かスタートします。
視聴環境にある方はどうぞ。まずは、

『コールドケース6』
コールドケース
 
 製作総指揮ジェリー・ブラッカイマー
 待望の第6シーズンが本日よりwowowにて放映開始。全23話。
   二か国語7月17日より毎週土曜日午後11:00~
   字幕   7月18日より毎週日曜日午前10:00~

 一般的に殺人罪に時効がない米国。その第4の大都会フィラデルフィアで、未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”の再捜査に取り組む市警殺人課のメンバー、女性刑事リリー・ラッシュ(キャスリン・モリス)らの活躍を描くヒットドラマの第6シーズンが到着。
 殺人事件の犠牲者やその遺族の無念の思いを描くべく、映画に匹敵する一級のヴィジュアルと事件当時のヒット曲をBGMにした、ノスタルジーたっぷりの描写はこのシーズンも健在。単なる犯罪捜査ドラマを超えた、“いま最も泣かせるミステリー”に仕上がっている。
 またシンディー・ローパー、R.E.M.、クイーンや、第22、23話の全曲がパール・ジャムの楽曲なのを始め、全曲ジョン・レノン、全曲フランク・シナトラの回があるなど、ドラマを彩る豪華アーティスト達の楽曲も見所のひとつ。●(wowow番組紹介より抜粋)

前クールの民放ドラマ上戸彩主演『絶対零度』の元ネタドラマがコレ。
元を知っている人にはお茶を濁した程度に取られても仕方ないレベルでしたがドラマで視聴率が取れない上戸主演のドラマとしては良い方でした。
殺人処理の未解決事件はもとより、半世紀以上前の身元不明死体から数年前の自殺と処理された死体まで扱い、一話毎にそれぞれの時代考証、生きていた人間たちの考え方や当時の雰囲気、流行っていた音楽まで見事に掘り下げる良く出来た完成度の高い人間ドラマ。
ここと言う場面でかかるポップス、ジャズ、ロックからヒップホップなどの名曲の数々は非常に楽しみだが、DVD化されない大きな要因はその権利関係にあるという。

wowow公式サイトはこちら
 
http://www.wowow.co.jp/drama/cold/
(実はwowowとアフィリ契約サイトでもあります。がクリック制ではなく契約制なので、応援の意味のクリックはご無用です。興味を持たれて視聴環境にない方で、契約してみようというかたのみご覧いただければ幸いです)




『ザ・パシフィック』
パシフィック

  製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、トム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマン。全10話。
   二か国語7月18日より毎週日曜日午後10:00~
   字幕   7月19日より毎週土曜日午前11:00~

 かつて映画『プライベート・ライアン』('98)で組んだスティーヴン・スピルバーグ監督と主演トム・ハンクスというハリウッドの大物二人が、ゲーリー・ゴーツマンらとともに『プライベート~』でも取り上げた第二次世界大戦のヨーロッパ戦線を再び題材にしたドラマ「バンド・オブ・ブラザース」を製作し、TV界のアカデミー賞、エミー賞でミニシリーズ作品賞など6部門に輝くなど大反響を呼んだ。そんな彼らが「もうひとつの第二次世界大戦」、太平洋戦線を描いた最新の超大作ドラマが「ザ・パシフィック」。
 TVドラマとしては桁外れである200億円の製作費を注ぎ、実話に基づくストーリーをリアルかつ迫力たっぷりに描写。最前線に送り込まれていくアメリカ海兵隊の若き兵士たちの目から見た戦争を、繊細かつ大胆に描いている。
 ホワイト・ハウスでオバマ大統領らも交えて試写をしたことも話題になり、アメリカ各紙も絶賛の大作を、日本ではどこよりも早くWOWOWが独占放送する。●(wowow番組紹介より抜粋)

ガタルカナル、沖縄、硫黄島等の戦いの中で若き兵士たちが直面したものとは。クリント・イーストウッド監督『父親たちの星条旗』、『硫黄島からの手紙』、同じくwowow放送中の「バンド・オブ・ブラザーズ」なども合わせて見たい所。


wowow公式サイトはこちら
 
http://www.wowow.co.jp/drama/pacific/
(実はwowowとアフィリ契約サイトでもあります。がクリック制ではなく契約制なので、応援の意味のクリックはご無用です。興味を持たれて視聴環境にない方で、契約してみようというかたのみご覧いただければ幸いです)




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


視聴環境にない方はただいまスタート割キャンペーン中
(実はwowowとアフィリ契約サイトでもあります。がクリック制ではなく契約制なので、応援の意味のクリックはご無用です。興味を持たれて視聴環境にない方で、契約してみようというかたのみご覧いただければ幸いです)
http://join.wowow.co.jp/kanyu_html



プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
クチコミを見る
バンド・オブ・ブラザース BD-BOX [Blu-ray]
バンド・オブ・ブラザース BD-BOX [Blu-ray]
クチコミを見る



cinema_knock_knock at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)TV | 新作情報

July 15, 2010

『ぼくのエリ 200歳の少女』

  『ぼくのエリ 200歳の少女』 (2008)スウェーデン

    監督:トーマス・アルフレッドソン
    原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
    出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション

ぼくのエリ 200歳の少女 ポスター

ストーリー:オスカーは、12歳。ストックホルム郊外の団地で母親とふたり暮らしの彼は、毎日同級生にいじめられているが離婚した両親のどちらもそれに気づかない。救いの手を差しのべてくれる友だちもひとりもいない。そんなある日、オスカーは黒髪の少女と出会う。いじめの腹いせにナイフで木に傷をつけていたとき、いつの間にか雪の積もった中庭のジャングルジムの上にシャツ一枚で立っていた彼女は、オスカーの団地の隣室に引っ越してきた女の子だった。
オスカーが少女と出会ったのと時を同じくして、町はおぞましい殺人事件の話題に包まれた。逆さ吊りにされノドを切り裂かれ、血を抜き取られた死体が見つかる。
 次に会ったとき、オスカーが名前を聞くと少女は「エリ」と答えたが自分の誕生日も知らないと言った。次第にオスカーはエリがヴァンパイアでありはるか昔から12歳であり続けたという秘密を知ってしまうことになる。そして容疑者として逮捕され病院で怪死したエリと一緒に引っ越してきたホーカンという中年男の存在。オスカーは、ヴァンパイアであるエリも人殺しに関わっているに違いないと確信していた。

一人になったエリは町にはいられなくなり、オスカーに別れも告げずに立ち去る。オスカーもまた以前と同じように独りぼっちになった。この町にとどまってずっと死んだような日々を過ごすのか、それとも“生きる”ためにエリを受け入れるべきだったのか。
そしてオスカーの身に本当に命を脅かされる人生最大の危機が訪れるのだった。



先日発表され当ブログでも紹介した英エンパイア誌による「史上最高のワールドシネマ(外国語映画)100本」。栄えある1位に輝いたのは黒澤明『七人の侍』(54)だが、もう一度そのベスト30の顔ぶれを並べてみる。

1.『七人の侍』(日本/54/黒澤明) 
2.『アメリ』(フランス/01/ジャン=ピエール・ジュネ) 
3.『戦艦ポチョムキン』(ロシア/25/セルゲイ・エイゼンシュタイン) 
4.『自転車泥棒』(イタリア/48/ビットリオ・デ・シーカ) 
5.『パンズ・ラビリンス』(スペイン・メキシコ/06/ギレルモ・デル・トロ) 
6.『アルジェの戦い』(フランス・イタリア/66/ジッロ・ポンテコルボ) 
7.『シティ・オブ・ゴッド』(ブラジル/02/フェルナンド・メイレレス) 
8.『第七の封印』(スウェーデン/56/イングマール・ベルイマン) 
9.『恐怖の報酬』(フランス/53/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー) 
10.『千と千尋の神隠し』(日本/01/宮崎駿) 
11.『甘い生活』(イタリア/60/フェデリコ・フェリーニ) 
12.『メトロポリス』(ドイツ/27/フリッツ・ラング) 
13.『ゲームの規則』(フランス/39/ジャン・ルノワール) 
14.『トリコロール』3部作(ポーランド/93~94/クシシュトフ・キエシロフスキー) 
15.『僕のエリ 200歳の少女』(スウェーデン/08/トーマス・アルフレッドソン) 
16.『東京物語』(日本/53/小津安二郎) 
17.『大地のうた』『大河のうた』『大樹のうた』3部作(インド/55~59/サタジット・レイ) 
18.『オールド・ボーイ』(韓国/03/パク・チャヌク) 
19.『アギーレ・神の怒り』(ドイツ/72/ベルナー・ヘルツォーク) 
20.『天国の口、終りの楽園。』(メキシコ/01/アルフォンソ・キュアロン) 
21.『吸血鬼ノスフェラトゥ』(ドイツ/22/F・W・ムルナウ) 
22.『羅生門』(日本/50/黒澤明) 
23.『ミツバチのささやき』(スペイン/73/ビクトル・エリセ) 
24.『炎628』(ロシア/85/エレム・クリモフ) 
25.『U・ボート』(ドイツ/81/ウォルフガング・ペーターゼン) 
26.『美女と野獣』(フランス/46/ジャン・コクトー) 
27.『ニュー・シネマ・パラダイス』(イタリア/89/ジュゼッペ・トルナトーレ) 
28.『紅夢』(中国/91/チャン・イーモウ) 
29.『大人は判ってくれない』(フランス/59/フランソワ・トリュフォー) 
30.『インファナル・アフェア』(香港/02/アンドリュー・ラウ&アラン・マック) 

もちろん順位や抜けているのではと思う作品など、それぞれに異論はあろうがこの中に15位にランクしているのがこの『ぼくのエリ 200歳の少女』である。並みいる古今東西の名作の数々を抑えて15位ランクインした作品を自分の目で確かめてみるのはいかがだろうか。


公式サイト&予告編はこちらから  
http://www.bokueli.com/
『ぼくのエリ 200歳の少女』は2010年7月10日より銀座テアトルシネマにて公開、他劇場も順次公開予定


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
クチコミを見る
MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
クチコミを見る
原作者が脚本を担当しているので原作の雰囲気は映画にも反映しています。
同じスウェーデンの大ベストセラー『ミレニアム』シリーズもそうですがただの青春ヴァンパイアものというよりはかなりダークなホラーで、ご紹介したあらすじ以上にむごいシーンが含まれま
す。


cinema_knock_knock at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新作情報 | 洋画

July 10, 2010

ダニエル・ディ=ルイスがモリアーティ教授役に浮上:『シャーロック・ホームズ2』全米公開2011.12.16

               シャーロック・ホームズ2
前作に続いてロバート・ダウニーJr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス出演が決定している『シャーロック・ホームズ2』。
2011年12月16日公開が発表されていながら、続編の目玉となるモリアーティ教授のキャストは未だ正式に発表されていない。これまでいろんな俳優の名前が浮上したが、ホームズと渡り合う宿敵の天才犯罪者モリアーティ教授に扮する俳優は続編の成否に関わる重要なキャストであるだけに興味は尽きない。発表を待たずに様々な憶測が流れるのも無理もないだろう。

今回、未確認ながら複数のメディアが伝えた候補は桂冠詩人にしてミステリー作家(ニコラス・ブレイク)の父を持ち、自身もオスカーを二度受賞した経歴を誇るダニエル・ディ=ルイス。
彼ならば多くの人がモリアーティ教授のイメージにぴったりと納得するだろうキャストなのでかなり話題性は高い。

もし実現すれば第1作はアクション要素がたっぷりだったが、続編は、ロバート・ダウニーJrVSダニエル・ディ=ルイスの演技合戦、「ホームズVSモリアーティ教授」の頭脳合戦が堪能できるかもしれない。
今のところはガイ・リッチー監督が起用を希望している段階との情報であり、寡作で知られるダニエル・ディ=ルイスがどう応えるかは今後の正式発表を待ちたいところだ。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る
シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)
クチコミを見る
シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-SET1
シャーロック・ホームズの冒険[完全版] DVD-SET1
クチコミを見る
これはこれでやはりホームズの雰囲気たっぷりではありますが。



cinema_knock_knock at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)新作情報 | 洋画