独りつぶやき日記 (music & my life)


♡ ピアノの練習、映画 TV 暮らしなど、自分記録の独り言日記です ♡  since 2004.10.14~

★ 近況 ★★  2017.12.5

今年もあとわずかになりました。

今年は・・・・まぁしょうがない。
で、来年は。
心を入れ替えて(笑)、初心に戻って真剣に練習をすることを誓います。たぶん。(特にvn)

うちわ忘年会♪

クリスマスシーズンですねぇ。
歌の会のお友達数名と素敵なイルミネーションをみて、某ホテルでちょっと美味しめのディナーをいただいてきました。
(クリスマスシーズンはやっぱり夜だよね!!)
それにしても、こんなに柔らかくてジューシーなお肉をいただいたのは生まれて初めてだわ(笑)
・・・庶民なもので。

まぁプチゼイタク忘年会ですね♬♬

しゃべりすぎて疲れたわ♬
やっぱり、ある程度本音でしゃべるって楽しいね!!
認知症防止予防のためにも、人との会話・コミュニケーションは大切だとつくづく思う今日この頃。
これからの人生、こういう「会話ができる」「語り合える」「情報を交換し合える」お友達をコツコツ一人ずつ増やしていけたらいいなぁと思っています。


1febc323
       

「おんな城主 直虎」 タイトル

1年を通して結構よかったですが、特に今、終盤が非常~~に面白いですね。
目が離せません。

ただいま、本日分の第48回をBSで鑑賞終了。
毎回、そのひのタイトルが笑える。

今回は、「信長、浜松来たいってよ」(某映画のパロディーなのは理解しております。)
って、ほんと笑えます(笑)

ちなみに、次回のタイトルは、「本能寺が変」です。
       

が~~ん。

おとといのことなんですけど、
そろそろ、秋も終わりになってきて春夏で緑で潤してくれていた庭や玄関先のホスタたちがもう黄色くなって老いぼれてきたので、
すべてカットするべくチョキチョキやっていた時、
が~~ん。。。。。。。。

切った!! 左中指先っぽ。

油断ですねぇ。
これからの人生、ただでさえいろんなことが下降トレンドにはいってきているのに、今までと同じように当たり前のように調子に乗ってやってはいけませんyo。
ものすごく大きく切ったわけではないですけど、それなりに出血!!

指先なので場所がちょっと悪すぎる。
なので、piano & vn は2~3日、数日休止かな。(特にvn)

       

ピアノ伴奏のポイント

昨日は、ピアノのレッスン日でして。。。
例の「タイスの瞑想曲・伴奏」を初めて見ていただきました。
時間の関係上曲の途中まで。
※ もちろんまだスムーズには全然弾けないんですけどね。

そもそも、ピアノ伴奏!というのは今までレッスンでもやったことないし、まず大まかなポイントを教えていただいたのですが、

■ 基本は左手がメイン 
  
  左手ピアノとメロディーを弾くヴァイオリンとがハーモニーを奏で合う。
  右手は、左手じゃ足りない部分の飾り的な感じ。
  左手パートだけ伴奏弾いて、右手は伴奏譜じゃなくて普通にソロパート・メインを弾いてみてもいいくらい。合うよ!と。

  なので、たとえ途中で迷い子になったりどこ弾いているかわからなくなりそうになっても
  左手だけが進んで拍だけでも合わせていられれば最悪コラボが止まることはない。

へぇ~~~~!!!
そういえば、そうだわね!!
ちょっと目から鱗というか、新鮮な驚きでした。

普通に右手・左手。と、元気よくひいちゃいけないみたい(私)。。。。(^-^;

そして、タイスの場合は、一小節がひとつの和音になっているので、そのドミソの順番的なものはその場その場で違っているけれど、大きなくくりで和音。という意識・イメージをもって弾いてみるのもいいかもしれないよ。
と、♯・♭・♮ がゴチャゴチャ出てきて、弾けません。。。
って言ったら、先生が教えてくださいました。


ということでした。なるほど~~。(^O^)
       

トットちゃん

勤労感謝の日。雨の朝・・・・。
今日も見逃し追っかけ配信ドラマを鑑賞。

だいぶ前に歌の会のお友達から「面白いよ!」と聞いていて、
その直後から、子供時代の中盤あたり以降主にTverの見逃し追っかけで1週間分まとめ鑑賞で見てきましたが、
これまた「トットちゃん」も、面白すぎますわ~。
とうとうNHKに入って本格的な社会人人生が始まりましたが

脚本が大石静さんだし、素晴らしすぎる!
とってもいいセリフがいっぱいあるような気がするなぁ。

今日見た中でも、
「プロフェッショナルってなんですか?」
「蹴落とす!って意味が分からない。」っていう部分がなかなか良かったです。

パパの守綱さん(山本耕史)は、有名交響楽団の名ヴァイオリニストだし、
ママの朝さん(松下奈緒)は、育ちの良い音大出の声楽家。

トットちゃんもそういう表現者。としての根っからの資質がその後の人生で爆発したんだね!

今週分はたぶん今、昭和28年くらい?だと思うけど(想像)
トットちゃんが着ているお洋服も、昭和人のワタクシとしては懐かしさと可愛さでじっくり観察してしまう。
あと、昭和時代の家具・生活用品・屋内の風景・言葉遣いなど。

主人公のトットちゃんを演じる清野菜名さん、トットちゃんになりきっていてとても好感が持てます。
(椅子・水・ピアノになりきるシーンもとてもよかったわ)

朝っちゃん・ママ(松下奈緒さん)は、
あの時代にしてはかなりハイカラでトンデルお母さんだとは思うけど、それをうま~く演じて、ぜんぜん無理な感じを出さずに夫を愛し盛り立てる妻のイメージが
ゲゲゲも思い出しつつなかなかいい感じです。

語り役の大下容子アナウンサーも、とてもお上手で聞きやすいです。

山本耕史が弾くヴァイオリンは、姿勢や弾き方をじっくり観察しちゃうけど

これからも、「テレビジョン」の世界の中でたくさんの大物!!たちが出演の予感。
音楽がらみのネタも多くなかなか面白いドラマです♬
       
プロフィール
my vn ♬


ヴァイオリンto音楽の部屋
最新コメント
♡ 練習中 ♡
【レッスン】

ハノン
ギロックこどものためのアルバム

【曲】

「ピアノの先生が選んだ大人が弾きたいクラシック名曲集」
「イベントに役立つ 定番曲」
その他の中からランダムに。
月別 (記事は最近のみ公開)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
お借りしています


写真画像素材