「銭ゲバ」「ヴォイス」の初回を見ました

まずは「銭ゲバ」

原作はかなりの衝撃作(有害図書指定くらったこともある)らしく、
ドラマ化すること自体が冒険だったようですが、
たしかにたしかに・・・

く、暗〜〜〜〜い
ドヨヨヨ〜〜〜〜ン

見ながら軽くウツ入っちゃいました(笑)
が、ここまで引きつけられたドラマは、久しぶりでもありました

松ケンがね、やっぱりスゴいんです。

すっごい悲惨で悪い役ですが、松ケンがやるから、拒絶反応ギリギリの微妙なラインで踏みとどまっている
ベラの煮付けにゃ、そりゃ〜泣かされましたワ

松ケンの子ども時代を演じるのは、「流星の絆」の浩一くん(=斎藤隆成くん)
彼が、もーこりゃまいったな〜〜、てな位、上手いです。

ミムラさん演じる、緑の子ども時代は、森迫永依(初代まるちゃん)ちゃんだし、桔平兄さんは、なんだかムチャクチャ悪党だし、りょうさんは、これで3期連続、私の見てるドラマに出てることになり、

こりゃ〜最後まで視聴決定だな〜(・∀・)イイ
(暗いけど)(いや、思いっきり暗いけど)

一瞬、DMC根岸くんに見えたりする蒲郡風太郎ですが、今後の展開が楽しみです
一瞬の根岸くんで毒抜きしながら、観たいと思います(笑)


「ヴォイス」の方は、個人的に興味のある法医学をテーマにしてるってことで、楽しみにしていたのですが、、、

初回は「ま、こんなもんか?」って感じでしたかね。

瑛太くんの吸引力はさすがですし、生田くん、さとみちゃん、その他二人の5人組は、掛け合いも息が合ってるし、それぞれの個性も出てましたね。
おかげで、自分の学生時代を思い出させてもらって(^∀^)

死体役がモロ師岡さん??ゴーカやな〜、と思ったら、
そうね、死者の生前の行動や人生をあぶり出して行くのだから、
死体役は毎回ゴーカなのよね、
きっと(・∀・)つ


ただね、モロさんが20年以上も会ってなかった元妻のところに、
学生5人でゾロゾロ訪ねていくのはどーか、と・・・(笑)

ここで、一気にリアリティなくなっちゃいましたねえ

瑛太くんの「ひらめき」決めポーズみたいのも、
ガリレオかよっ?!
って感じで、ちょっと、ねえヾ(´Д`;●) ォィォィ
(「キイナ」もガリレオの匂いがするし、もう少しオリジナルのフォーマットでいって欲しいなあ)

まあ、題材は好きだし、こういうドラマは、回を重ねるごとにこなれてくる可能性が高いので、しばらくは観ますよ

ところで、矢田亜希子ちゃんですが、、、
この人の時間は、表舞台から消えた時のままで止まってしまったのでしょうか

相変わらずキレイですが、

お芝居が一人だけ浮いてるような感じがしました
今は、若い女優さんもみんなお芝居が上手なので、雰囲気だけで勝負はもう難しいのではないかしら(あまりに余計なお世話 笑)

あとは、「RESCUE 特別高度救助隊」と「天地人」(いまさら?)をチェックするつもりでいます