2013年08月14日

ハウルの動く城

私は今までジブリを映画館に観に行ったことがなかったのですが、ハウルの動く城だけは映画館に観に行きました。そしてその衝撃といったら無かったです。

「みんながジブリを観たがる理由がわかった!」と暫く語っていたほどです(笑)

ハウルの格好良さとストーリー、それにBGMが本当に素晴らしくて、なんと五回も劇場に足を運んでしまいました!自分でもびっくりする位のハマリっぷりです(笑)

声優好きなので正直ハウル役の木村拓哉さんには余り期待していなかったのですが、これがなんと見事にハマリ役!今となってはハウルはキムタク以外考えられない!と言えるほどです。

機会があればまた観たいなぁ〜!!  

Posted by cinemaniaxxx at 01:04Comments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月22日

リアル・スティール

ヒュー・ジャックマンが大好き!!

優しい笑顔にあの筋肉ってもう、ツボすぎてニヤニヤがとまらない。リアル・スティールでも彼の魅力爆発!!序盤のダメおやじどころか人でなしっぷりに、こんなのイヤ〜ってなるんだけど、中盤以降からの巻き返してのイケメンぶりがすごいよ!

筋肉にただニヤニヤするだけの映画じゃなくて、ストーリーも分かりやすくてすごくいい。オチのある映画が好きだから、安心して見られるよ。

親子の絆をとりもどすのがメインだけど、ロボット格闘技も手を抜かない。個性的でおもしろいロボットが続々登場で、男の人も一緒に楽しめるの映画かな。  

Posted by cinemaniaxxx at 02:25Comments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月03日

怪物くん

自分が小さい頃からテレビアニメで放映されていた怪物くん
男女問わずっみれるからか大好きだったなぁ

それが実写版されしかも嵐の大野君
ドラマで観ていたとはいえスクリ−ンになって見れるなんて
感動しました

子供も大好きなので一緒に映画館へ
歌子たちも役を変えて登場
似ている人が世に中に3人はいるとはいえ
オイオイと思いながら
怪物君を嫌がっても結局は好きになるのね

カレ−が大好きなのも同じだぁ
食べるシ−ンでなぜか子供が喜んでいました

怪物君なら話は尽きないからまた映画放映しても
面白いんじゃないかな
出演者もみんな役どころとソックリで合っている

ただ歌子たちが成長してしまうから
無理なのかな?

生活クラブ
  

Posted by cinemaniaxxx at 09:42Comments(0)TrackBack(0)clip!邦画 

2013年05月27日

トワイライトサーガ

トワイライトサーガシリーズは全部映画館で観ました。
映画館で全シリーズ見る映画は少ないです。

ほかにはシリーズ物ではハリーポッター、マトリックス、コナンくらいかな。
映画館で観たいと思うほどの作品てなかなか自分にとってはないのです。

でもトワイライト、日本で人気なかったんだよな。
海外では社会現象になっているのに原作ファンとしては悲しいところです。
日本のプロモーションがまずかっただけと思いたい。
日本人には受けないのかな。

まず原作自体日本で有名じゃないのかもしれない。
原作読んでないと楽しめない映画なのかも。
原作はかなりおもしろいんですよ。

セロトニン増やす方法
  

Posted by cinemaniaxxx at 00:40Comments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月20日

リリィシュシュのすべて

高校一年生の時に出会った、私が一番大好きな映画が「リリィ・シュシュのすべて」です。今までもこれからも、私の中でこれを超える映画は出ないと断言できます。

岩井俊二監督の作品は他にも素敵なのが沢山あり、その世界観に毎回心地よく浸ってしまいます・・・!リリィシュシュのすべてはその映画内容も勿論素晴らしいのですが、映画内に出てくる「リリィシュシュ」という歌手の歌声に一番驚かされました。

実際にはsalyuという実在する歌手が歌っているのですが、この映画の世界観と見事にマッチしていて素晴らしいです。DVDのみならずアルバムやサントラも購入してしまいました。アルバムは二枚購入してしまったほどです・・・!

ルナメアブライトナー
  

Posted by cinemaniaxxx at 12:31Comments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月10日

ブレード・ランナー

30年近く前の映画ですが、好きですねえ。主人公は脂がのりきっていた頃のハリスン・フォードで、彼の主演作品の中では一番好きだし、この作品での彼が一番セクシーだと思っています。

近未来(この当時の近未来って、もしかして今?)の世界を描いたSFで、逃亡した人間そっくりのロボット、レプリカンとを抹殺するのが主人公の仕事。レプリカンとは人間と比べるとはるかに強靭で戦闘能力に長けている上に、人間を憎んでいるのでとても危険な存在なんですが、でも、見ているうちにこのレプリカンとをどうしても憎めなくなってくる。

ロボットなのに、意志を持ってしまい、意志を持っているのに、ロボットとして寿命が限られている……そんなやるせなさについつい同情してしまうのです。

そして、主人公はそんなレプリカントのうちの1人(1体?)と恋に落ちます。相手がレプリカンととわかっているのに愛してしまう主人公に萌えてしまうというかなんというか……。がちがちのSF、アクションものですが、女性の方にも案外受けるかもしれません。  

Posted by cinemaniaxxx at 01:40Comments(0)TrackBack(0)clip!洋画 - アクション 

2013年05月03日

チェンジリング

何年か前に観てとても印象に残ったアンジェリーナ・ジョリー主演のお話です。
観終わって三晩くらいはうなされてよく眠れませんでした。それぐらい気持ち悪くておぞましい内容なのですが、実話をもとにしているということが、「それでも観なくては。真実を知らなくては」という気にさせる迫力でした。

誘拐された子どもの母親役のアンジーの演技は正に「鬼気迫る」という表現がぴったりで、変質者に子どもを誘拐されて殺害され、おまけに別の子どもを「あんたの子どもが見つかったよ」と警察に差し出され、「違う」と拒否すれば狂人扱いされるという語るも悲惨な役どころを、それでもあくまでも美しく演じきっていました。

それまでアンジーのことはゴシップ記事でしか知らなかったのですが、やはり一流の役者なのだなとの思いを強くしました。他の出演作品も観てみたいと思いながら仕事が忙しくてかなわぬままなのが残念です。