動物霊や怨霊が祟りの原因になっているものが圧倒的に多数です。
不幸な死に方をしたものが現世に未練を残し、何らかの形で舞い戻ってきて恨みを晴らそうとするわけです。


怨霊とは何か?


それは、恨みを呑んで死んでいった人の霊魂です。
怨霊は、一神教世界の悪魔と異なり、個別的で具体的な存在です。


怨霊と悪魔の違いは、怨霊は元もと人間の魂です。


人にたいする恨みを晴らすため不幸にしたり、命を付け狙い、憑依して精神異常者にします。不安症や統合失調症などは典型的な症状ですが、独占欲が人に向けられたりお金だったりします。


これを退治する方法はありません。


残忍な事件を起こす背景には怨霊憑依の影が見えます。

13-16






父親が嫁と娘2人に暴力振るわれ事件で殺されています。
3人いれば、誰かひとりは止めると思いますが、支配された人は言いなりになります。

ent17071522060027-p1











この方も今まで成功したのは動物霊が憑依していたからです。


キツネ、化け猫など動物霊に憑かれるとはある程度成功させてくれますが、成功すると家庭騒動やトラブルが絶えません。自分の力ではどうすることもできない不運に見舞われます。


これも解決策はありません。

動物霊の特徴は、この世界に存在するどんな霊よりも下級でありながら、とても強力であることです。 そのため、一体憑依しただけでもかなりの生気を吸い取られ、抜け殻にされてしまうこともあります。


動物霊はとても狡猾で、人間の願いや希望を利用して、巧妙に憑依してきます。
その人の願いを叶える素振りをして夢を見させ、人間に取り入った後は自分の思いのままに行動させます。


動物霊に憑依されるとどうなる?

目つきが鋭くなって身なりを気にしなくなる。
感情の制御が利かず暴力的になり、欲望が抑えられなくなる。
挙動不審な異常行動が目立つようになる。
どんなことをしてでも自分のねらいを達成しようとする。


引きこもりや薬物依存も動物霊による霊障である可能性が高いです。


動物霊に憑かれると、一時的にお金が入ってきたり、異性関係がうまくいったりすることもあります。
しかし、それらは全てまやかしであり、ホンモノの財でもなければ、真実の愛でもありません。


そして、最も恐ろしいのは、『代々の子々孫々に渡って呪いをかける』ということで、家系自体に憑依され家族が崩壊します。例えば、これまで平和に暮らしていた人が、憑依されている家に嫁ぎ、その家に入った途端に霊障による症状が出現することがあります。


災いの多い家系、短命の家系などは動物霊や恨みの怨念霊の可能性が高いです。


成功してドンゾコに落とされる要因として…
見返りをしなかったり、粗末に扱ったりするとテキメンに災いが訪れます。
難しいのは本人に憑依したとは限りません。
配偶者に憑依しても同じことが起こります。

キツネ