2013年01月14日

ポストロケフリ Slingbox 500を導入

slingboxcarton
ソニーのロケーションフリー(ロケフリ)
も発売から8年近く経ってPCクライアントソフトが入手不能となるなど、
今後の継続使用が困難となってきたこともあり、
Slingbox 500を導入しました。おそらく日本最初?

以前Vulkano Platinumを導入したのですが、
リモコン学習がうまくいかず、応答が良くないこともあって
ほとんど休眠だったので、また失敗するかも、とびくびくしながら
NYのJ&Rにてお買い上げ〜。税込$324でした。
本製品の最大のポイントはHDMI入力が有る点で、
BDレコーダーのアナログ端子全廃も鑑み、この一点で買ってしまいました。
但し本機はHDCP非対応なので、そのままレコーダーとつないでも使えません。
そこで、こちらも購入以来久しく休眠状態のGAME SWITCHの登場です。
電源はSlingboxのUSBポートを流用します。
slingboxsetting
早速セットアップですが、HDMI出力を見ながら付属リモコンで、となります。
ネットワーク接続は無線/有線が選べますが、
〒マークがなさそうなので有線で。
ロケーション登録はUS or CAしかないので、
USに設定し、ZIPcodeは適当な数字5桁を入力しておきます。
リモコン設定は何故かBDR-BZTx10世代までが準備されており、
特に迷うこともなく設定完了。
slingboxdisp

Vulkanoやロケフリと比較して、
・ルーターでのポート開放が特に要らない。
・SlingアカウントでログインすればSlingboxのIPアドレスを知らなくても接続完了
・レコーダーのリモコンプリセットあり&iOSアプリのUIがまとも。
HDMIoutは
リモートプレーヤー接続時は1080p/LPCM48kHz2chまで
リモートプレーヤー切断時は単なるパススルー
となっているようなので、
BZT810のようなHDMIが1ポートしかない機種でも
レコーダのHDMI出力と表示機器のHDMI入力との間に挿入することで
特に意識せず従来通りの運用が可能です。
さすがにHDMI1080p入力ということもあって、
画質的にはほぼ問題なく、回線速度1〜2Mbps程度が安定して確保できれば
外出先でもHD画質で視聴でき、リモコンの反応も申し分なく、
Vulcanoから確実な進化を感じます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/circle_stone/51837744
この記事へのコメント
5
net-TVボックスとの比較をしていただけませんか。

もしよろしければ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 海外でもテレビ at 2013年06月14日 16:50