サポートNZスタッフのブログ ~100%エンジョイNZライフ~

オークランドで現地サポートサービスを展開しているスタッフのお届けするブログです。

オークランドのノースショアにあるワイエラ・ホット・プール。プールに入りながら映画をみることもできる大人も子供も楽しめるアウトドアの温水プール施設です。私がニュージーランドに来た年の1989年に一度いったっきりで、またいつか、行ってみたいと思っていましたが、それも叶わぬ夢となりました。
今年2月に6か月の改装の為、営業を停止したまま再開することなく閉鎖。
waiwera
石油事業で成功したロシア人のビジネスマンが2010年にプール事業とミネラル・ウオーター事業を買い取っており、10ミリオンの投資家カテゴリーで2013年に永住権を取得しています。次々と事業を展開していたようですが、どれもうまくいかなくなったようで、2年間もプールの施設の家賃を滞納していたため家主も仕方なく差し押さえの措置をとったとのこと。

このプールは主人の実家近くにあるため、子供たちも小さいころから連れられてよく行っており、オークランドで育った子供なら一回は遊んだ思い出があるプールでしょう。残念でなりません。 
 
↓こちらの記事が役にたったと思う人はクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ



10月に購入者を決める抽選が南島クイーンズタウンの北にあるWanakaで始まるなど、
全国でKiwibuildの建設が進んでいる中、Housing Minister の Phil TwyfordがKiwiBuildは収入の少ないファミリーをターゲットとして行っていないことを認めました。

全国で初めて完成したKiwibuildの家の購入者の中に、医者やマーケーティングマネージャ―が含まれていたことが分かり、大臣であるPhil Twyfordは以下のように述べています。
”It is not a programme aimed at low-income families, because they may not be able to service a KiwiBuild mortgage” "この計画は収入の低い家族をターゲットとしていません、なぜならおそらく彼らは住宅ローンを払うことができないからです"

Kiwibuildの購入者の条件には収入の上限に関するものがあり、カップルの場合は$180,000、単身者の場合は$120,000までの収入の人が抽選に参加ができます。

これは、税引き前平均年収(2018年6月)である$105,719(1世帯)と$51,527(単身者)と比べかなり高く設定されていることからも、低所得者層をターゲットにしていないとする意見も最初からありました。

<参考>
https://www.newshub.co.nz/home/money/2018/10/ballots-open-for-wanaka-s-first-kiwibuild-homes.html
https://www.newshub.co.nz/home/politics/2018/10/housing-crisis-to-worsen-despite-government-s-kiwibuild-policy.html
https://www.newshub.co.nz/home/politics/2018/10/kiwibuild-not-aimed-at-low-income-families-phil-twyford.html
https://www.stuff.co.nz/business/money/108214293/incomes-rise-housing-costs-rise-faster-stats-nz-says
https://www.stats.govt.nz/information-releases/household-income-and-housing-cost-statistics-year-ended-june-2018

↓こちらの記事が役にたったと思う人はクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

新たなごみ埋め立て場がノースのWellsford(CBDから80キロほど、Matakanaの西)にできるかもしれません。現在稼働しているRedvale(CBDから25キロほど、Albanyの北)のごみ埋め立て場が、2026年に埋め立て可能量に達してしまうため、その代わりとなります。

1020ヘクタールの土地を購入したのは、Waste Management NZ Ltdという中国人の会社ですが、Resource Consentはまだ取得できていません。

もし営業が開始されると、オークランドの北と西のエリアをカバーすることになります。
また建設には約2年を要するとみられています。

ちなみにゴミを集積する場所は3種類あります。
・Cleanfill - 土、泥、砂利、岩などのケミカルな汚染されていない自然のもの
・Managed fil - 土、泥、砂利、岩なので、少し汚染されているもの
・Landfill sites - それ以外のごみ(家庭用、商業、危険廃棄物等)
今回できるのは3つめのLandfill Siteです。

<参考>
https://www.linz.govt.nz/news/2018-10/approval-for-auckland-landfill-investment
https://www.aucklandcouncil.govt.nz/building-and-consents/types-resource-consents/earthworks/Pages/landfills.aspx

↓こちらの記事が役にたったと思う人はクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ