October 28, 2020

コブラ会

巷で話題の『コブラ会』、ようやく観始めた。ら
あまりの面白さにシーズン1あっと言う間に完走。

cobra_kai

映画『ベスト・キッド』のその後(30年後!)だけど、
これ、間違いなく『ベスト・キッド』より面白い!
ってかこれ観てると
「ベスト・キッドって実はスゲエ映画だったんだな!」
と思えてくる…。(;'∀')
それくらい、オマージュてんこ盛り!なところにも、
ぐっときまくる。

コブラ会_color


で、これ、ダメ親父(ジョニー)の再生物語にもなってるんだが、
ジョニーが作中でビール、それもクアーズばかりを飲みまくる
(ちなみにお気に入り銘柄は Coors Banquet)
ので、にわかにクアーズ飲みたくなり、探したけど売ってない…。
調べたところ、2017年1月に販売終了したんだそうで…。
(日本法人モルソン・クアーズ・ジャパン は今もある。
が、取り扱いブランドにクアーズ入ってない。悲しすぎる。)



もし来年とか、いつかアメリカに行ける日が来たら
Coors Banquet 買おう。買って飲もう。
いつになるか分からないけれど…。


P.S.
IMDbのトリビアによると、ダニエルが作中で飲んでいるビールは(ジョニーとは対照的に)
輸入ビールやクラフト系=コロナ、サミュエルアダムスのボストンラガーやサマーエール、
そしてブルームーン
(※ブルームーンの製造元が実はクアーズなのは、あからさまな皮肉!)

P.P.S.
ダニエルいわく、ジョニーが飲んでるのは "old man beer"(年寄りが飲むビール)
ジョニーいわく、ダニエルが飲んでるのは "pussy" beer(女みたいなヤツが飲むビール)
なるほどねw

P.P.P.S.
イラストちんたら描いてるうちに、シーズン2も観終わってしまいそう。
でも大丈夫!『コブラ会』シーズン3は来年1月8日からNetflixで配信開始!

cobra-kai-season3


cite at 05:44|Permalink その他--似顔絵 | Netflix

October 26, 2020

足跡はかき消して

映画『足跡はかき消して('18/"Leave No Trace") をNetflixで鑑賞。邦題がダサい(昭和の歌謡曲のタイトルみたい)んでスルーしてたがこれ、オスカーで4部門にノミネートされた『ウィンダーズ・ボーン』のデブラ・グラニック監督が『ウィンターズ・ボーン』以来8年ぶりに撮った新作で、しかも Rotten Tomatoesで100%フレッシュの高評価! (※ちなみにこのダサい邦題、ソニーデジタルが最初に配信したぽいから、たぶんソニーが名付け親だ…)

leave-no-trace

PTSDの影響か人里離れた山奥で隠れて暮らす父と娘の話で、原作はピーター・ロックが2009年に発表した小説 "My Abandonment"(※abandonmentは「放棄、自暴自棄」の意味)。父と娘を演じるのはベン・フォスターとトーマシン・マッケンジー。ほぼこの2人で成り立っている映画で、しかもセリフが少ない(当初の予定から4割ほどセリフを削ったんだと IMDbのトリビアに書いてあった。説明を少なくすることでよりリアリティを出そう、と)。確かに徹底してリアル。それゆえ、とことん切ない。観終えた後「切ない」以外の言葉が出てこなかった。それくらい、ひたすら切ない、最初から最後まで…。

なので「切ない」以外に感想書くことない、他に書きようがないなあと思ってた。けど、 IMDbのトリビア読んだらメモしておきたい箇所がいくつかあったので、以下、備忘録(と余談)。

・トム(トーマシン・マッケンジー)が父ウィル(ベン・フォスター)の「重要な書類」袋で見つけた新聞の切り抜きは、2015年9月20日(日曜日)付のニューヨーク・タイムズに掲載された実際の記事で、アフガニスタン帰りの退役軍人の中で異常に高い自殺率の海兵隊(第2大隊・第7海兵連隊)に関するもの。ウィルがこの連隊に所属していたことを示唆しているのか、それとも自身のPTSDとの共通点をこの記事に見出したが故に保持していただけなのかは作中で明かされていない(そのどちらか、ってことなんだろう)

・作中には「タツノオトシゴ」がしばしば登場する。私が気づいたのはトムが百科事典でタツノオトシゴのページを見ていた場面と、彼女が拾ったペンダントにタツノオトシゴがついてたことくらいだったんだけど、PTSDは爆破等で脳の海馬(hippocampus)が異常をきたすことによって起こり、この海馬を意味する hippocampusには「タツノオトシゴ」の意味もあるとか(そういやタツノオトシゴって英語で Seahorse「海の馬」とも言う。実際、脳の海馬はタツノオトシゴの形をしているのでそう呼ばれているらしい)、あと、親子が並んで剥いてたオレンジの皮の形や、映画の最後に画面に映る葉っぱもタツノオトシゴを思わせる形だったとかってのは、トリビアを読んでなるほどと思った。

・ついでに、タツノオトシゴ属のオスの腹部には育児嚢(いくじのう)という袋があり、ここでオスが卵を稚魚になるまで保護する(娘を男手ひとつで育ててる作中の親子の姿とかぶる)とか、「体表の色や突起が周囲の環境に紛れこむ擬態となっており、海藻の茂みなどに入り込むとなかなか見分けることができない」(Wikipediaより引用)って部分も、山中で草木に紛れる訓練をしていた親子とかぶる。

・撮影前、ベン・フォスターは専門家からサバイバルテクニック(飲み水を得る方法や、視界良好な場所で姿を隠す方法etc.)についてトレーニングを受けたんだそう。

・トーマシン・マッケンジーはかなりやせ型なこともあり、この映画と『ジョジョ・ラビット』で若手 "隠遁" 女優ナンバーワンの地位を確立したと言っていいw(しかも彼女、けなげで気丈なキャラで心をつかむのがとびきり上手い!)

・ベン・フォスターは一時期、私の中で「小粒なライアン・ゴズリング」という位置づけだったんだが(『メッセンジャー』や『ハード・ラッシュ』『ローン・サバイバー』の頃)、どっかの時点で(※恐らく『疑惑のチャンピオン』でランス・アームストロングを演じるべく肉体改造して以降)ムキムキっとなったのと同時に顔がしぶくなった。いや、いい役者顔になったとも言えるんだけど(そういや『メッセンジャー』も『ローン・サバイバー』も軍人の役だ…)

・映画と原作ではラストが違うらしい(原作の方がよりシビアとか…)。気になる(けど原作の邦訳本、出てないんだよね…)

cite at 06:02|Permalink 映画--ア行 | Netflix

October 24, 2020

サニーダイナー(北千住)

雨の金曜日。GoToイートを利用して、北千住いち有名なハンバーガー専門店
SUNNY DINER(サニーダイナー)」へ。

サニーダイナー1

頼んだのは、女性に一番人気という「アボカドチーズバーガー」(1280円)。夫は「スタッフの間で密かに人気」とメニューに書いてあった「タルタルチーズバーガー」(1230円)。 飲み物は「3がつく日はサニーの日!レモンサワー半額」クーポンを利用して、レモンサワー2つ。

サニーダイナー2

ごく普通のレサワ。甘さ控えめ(今風)だけど香りは香料ちっくで、あまり酸っぱくない…。と、ほどなくカウンターの方からパティの焼ける香ばしくて濃厚な、食欲そそるいい香りが!

で、来たのがこちら。お店のスペシャリテらしいポテトはかなり細めでカリッとサクッと食感(お芋らしいホコホコ感は皆無)。塩気はばっちり(やや強め)。

サニーダイナー3

そんなことより、アボカドの見た目が、、、元気なさすぎ(一部ぐじゃっと潰れてるし、一体いつ切ったの?って見た目)、しかも写真より少な…。パティの焼けるいい香りで高まってたテンションが一気にしぼむ。バンズがしわくちゃなのも(ただし表面パリッとしてる)、パティの周囲にバンズの余白がある=パティが予想外に小ぶりなのも、ちょっとだけ見た目がっかり。

サニーダイナー4

生野菜を挟むとこんな感じ(やっぱりこのアボカド残念すぎる…)。ただし、全体の味は悪くない。潔い塩コショウのみの味付け。卓上にケチャップあるかと思いきや、見当たらない。けど、いらないかも? 塩コショウのみだから牛肉の美味しさがストレートに分かる。ジューシィと言うより肉肉しい系。ポテト同様、パティも塩味しっかりめ。アボカドは見た目ほど悪くなかった(完熟ねっとり)。

サニーダイナー5

だけど、夫のタルタルバーガーの方がしっとりこっくりで美味しかったかな…。やっぱちょっとだけソース感欲しいなぁ… と思い、店員さんに「ケチャップありますか?」と聞いたら、ハインツのケチャップとマスタードの小袋が詰まった器を持ってきてくれた。←ひょっとしたらコロナのせいで卓上に置きっぱなしにしないのかもだけど、一言「ケチャップありますよ」と教えてくれてもいいのに…。途中からケチャップ挟んで食べたら、その方がベタに美味。で、食べ終わる頃気づいたけど、チーズの存在感、薄かったな…(見た目は美味しそうにトロけてたのにね…)

以上でトータル3146円(税込み)。GoToで2000ポイントもらえるからいいけど、それでも、再訪はないかな…。店員さんの白い上着がかなり汚れてたのも個人的にすごーーーくマイナス(だったらいっそ汚れが目立たない色を着ればいいのに…)。金曜の夜なのに空いてた(私ら以外に1組だけ)なのも分かる気がした。ってか、このレベルで「北千住いち美味しいハンバーガー」とされてることが、ちょっとだけ嫌だ。恥ずかしい。「やっぱ足立区レベル低いな」と思われるじゃないか…。(かつてあった「蜂の巣」のハンバーガーは、どこに出しても恥ずかしくない味だったのに…。)

ごちそうさまでした。(しょんぼり)
ああ「蜂の巣」が懐かしいな…。





cite at 07:42|Permalink  | その他--北千住/足立区

October 22, 2020

ドンゴロスでテーブルクロス(簡単!安価!しかもお洒落☆)

ランチョンマットが古くなったので、買おうと思うが、どれもピンとこない…。
そんな時、ふと思った。

自作できんじゃね?(←すぐそう思う貧乏人)

ご近所の人気コーヒー豆屋さん「マメココロ」には、コーヒーの生豆を入れる
目の粗い麻袋(通称ドンゴロス)が何種類か売ってて、ちょっと可愛い。
しかも安い(税込み250円)。
この値段なら失敗しても痛くないし、試しに買ってみましょう〜。

ドンゴロス

買ったのはニカラグア産のコーヒー豆が入ってたドンゴロス。
Finca CASA BLANCA=「カサブランカ農園」は、ニカラグア北西部、
ホンジュラスとの国境近くの山岳地帯にあり、この一帯は COE(※)受賞農園が集まる
ニカラグアのコーヒー名産地のひとつなんだそう。
(※COE/Cup of Excellence =その年に収穫されたコーヒー豆の中から最高のものを選ぶ品評会)

では、まず下処理。

(丗Δ伐蕊瑤鯆屬犬討詼禹紊鮹寧にほどき、一枚布に戻す
(この麻糸は後で何かに使えそうなので取っておく)
⇒畫紊砲未襪淌鬚叛剤を入れ、丁寧に押し洗い
(これだけで十分、汚れが落ちる)
ためすすぎ&柔軟剤を入れてしばらく置く
っ寧に畳み、洗濯機で脱水
スげて干す
ドンゴロス洗濯後
生乾きのうちにアイロンがけ
すると、洗う前ごわごわチクチクしてた麻布が、柔らかい手触りに。

最初はランチョンマットにする予定だったけど、テーブルに広げてみたら
このまま何もしなくても、十分お洒落なテーブルクロスみたい!!!
(なら切ったりするの、勿体ないよね)

ドンゴロス・テーブルクロス

四隅を麻糸でテーブルの脚に縛り付けたら、ずれにくいし、いい感じ。
こんな可愛いテーブルクロスがたった250円でしかも簡単にできちゃうなんて!
DIYはこれだから、やめられない。

ドンゴロス・テーブルクロス1

ドンゴロス・テーブルクロス2

cite at 06:03|Permalink その他--DIY | その他--北千住/足立区

October 20, 2020

『グッド・プレイス』ファイナルシーズン最終話、雑感

Netflix にて全話配信中の『グッド・プレイス
ファイナルシーズンの最終話、が
やばいくらい泣けた。今思い出しても泣ける…。


(以下ややネタバレ入) 続きを読む

cite at 06:21|Permalink Netflix | TVシリーズ

October 18, 2020

シカゴ7裁判

Chicago7

10月16日に配信が開始されたNetflixオリジナルの新作映画『シカゴ7裁判(’20/"The Trial of the Chicago 7") を鑑賞。

1968年8月、ベトナム戦争に対する反戦の動きが高まる中、イリノイ州シカゴの民主党全国大会で反戦デモが行われた。デモは平和的に行われるはずだったが、警察や州兵と正面から衝突してしまい暴動事件に発展。暴動を扇動したとして起訴された7名のデモ主催者(シカゴ・セブン)に対する裁判を描いた実話映画。(The RIVERより引用)

だそうで、監督・脚本は『ソーシャル・ネットワーク』『マネーボール』『スティーブ・ジョブズ』『モリーズ・ゲーム』と傑作連発!実話ものを書かせたら当代随一!捨て作なし!の名脚本家アーロン・ソーキン(メガホンを取るのは『モリーズ・ゲーム』に続きこれが2作目)。 出演はエディ・レッドメイン、サシャ・バロン・コーエン、ジェレミー・ストロング、ジョン・キャロル・リンチ、マーク・ライランス、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、フランク・ランジェラ、マイケル・キートンほか。

(以下、感想メモ。) 続きを読む

cite at 09:24|Permalink 映画--サ行 | Netflix

October 16, 2020

今日のにゃんこ#257 ストレッチ

外出自粛でなまった体を
にゃんこストレッチでウォーミングアップ。

ストレッチにゃんこ

cite at 06:18|Permalink その他 | その他--にゃんこ

October 14, 2020

時計じかけのタンジェリン

信濃屋 北千住マルイ店で購入。

BrewDog_CigerCity

ブリュードッグ (右) はスコットランドのクラフトビールメーカーで、英国売上No.1のクラフトブルワリーなんだそう(知らなかったー)。代表銘柄はクラフトビール好きならきっと一度は飲んでる?「パンクIPA」←って名前つけるセンスがそもそも好ましい。この「クロックワーク・タンジェリン」は間違いなく「時計じかけのオレンジ」Clockwork Orange のもじり(※タンジェリンはマンダリンオレンジの一種。モロッコのタンジール/タンジェ港で船積みされたことから、こう呼ばれるようになった)。やっぱいいネーミングセンスだわー。

brewdog

色はオレンジがかったアンバー、泡まで薄茶色。香りがいきなりガツンとオレンジ!あとレモンやグレフルも混ざった感じの柑橘MIX臭。味はしっかとIPA!しっかと苦い!けど余韻はまたもオレンジ。正直くどい(やや嘘くさいw)ってくらいオレンジ。ストーンの「タンジェリン・エクスプレス」の倍くらいタンジェリンぽい。オレンジの焼き菓子みたいな感じもする。味は甘くないけど甘い余韻。って思うと苦みがカラメルっぽく感じられてきたり。うん、楽しくていいなー。シャープさもあるし、セッションIPAだからか重すぎない。



余談だけど、もじり/駄洒落ネーミングのクラフトビールなら ROGUE のコンバット・ウォンバットがデザイン込みでいちばん好み♥ と思ったらこれ、オンラインショップでTシャツまで売ってるw(かわいいいー!) このコンバット・ウォンバット(Tシャツじゃなくてビールの方)買い逃したのが今も悔しくてならない…。

Rogue_Wombat




cigarcity

もう1本のシガーシティ(Cigar City)はフロリダ州の観光都市タンパで2007年に誕生したブルワリーで、この「ウエッジカット」はレモンピールを使ったアメリカンウィートエール。←ってことは、Wedge(くさび形)Cut って名前の由来は「くし形に切ったレモン」のことだろか?
澄んだ金色で、香りはすっきり爽やか。匂っただけじゃレモン分からない。味もすっきり、さっぱり、爽やか。いかにも小麦ビールらしく、苦みほぼ皆無。とにかく軽やかで、やわらかい味。麦とモルトの香ばしさもある気するけど、どれも控えめで、レモンピールだけじゃなくレモンドロップホップも使ってる、ってのにレモンが存外わからない。ので、やや物足りなさも(悪く言うと "味が薄い" とすら…)。いや、こういうマイルドですっきり爽やかな、ハーブを思わせるところもあるような味、嫌いじゃないんだけど…。


本日のビール memo
Brew Dog(UK・スコットランド)
 Clockwork Tangerine (ABV 4.5%) ¥385(税込)
 ★★★★☆(これでもか!ってくらい押しの強いタンジェリン風味ばりばり効いたIPA)
Cigar City Brewing(US・フロリダ州タンパ)
 Wedge Cut (ABV 4.5%) ¥462(税込)
 ★★★☆☆(すっきり爽やかでやわらかな小麦エール。ちょっとあっさりしてすぎかも…)

cite at 06:03|Permalink 食--クラフトビール 

October 12, 2020

ヒュービーのハロウィーン

10月7日に配信が開始されたアダム・サンドラー主演のNetflixオリジナル映画『ヒュービーのハロウィーン('20/"Hubie Halloween") を鑑賞。

Hubie-Halloween

アメリカ・マサチューセッツ州セーラムを舞台に、ハロウィーンをこよなく愛する変わり者のヒュービー・デュボワを主人公にしたコメディ作品。地域ボランティアを行うような善意に溢れているヒュービーだが、周囲からは笑い者にされている。ところがハロウィーンの夜に謎の殺人事件が起こり、ヒュービーが町を救う為に奮闘することに…。(The RIVERより引用)
 
という内容のコメディ/ミステリーで、監督は『リトル★ニッキー』('00) の頃からアダムと仲良しのスティーヴン・ブリル。脚本は『アダム・サンドラーはビリー・マジソン』('95) の頃からアダムと数多くの脚本を共同で手掛けているティム・ハーリヒー(あの名作『ウェディング・シンガー』も!『俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル』も『ウォーターボーイ』も!もちろん大好きな『リトル★ニッキー』も!ぜーんぶこの人の手によるもの! 数えたら、これまでにアダム主演映画の脚本を11本書いてて、これが12本目!!)で、共演者はレイ・リオッタ、マーヤ・ルドルフのほか、アダム映画の常連組からケヴィン・ジェームズ、スティーヴ・ブシェミ、ロブ・シュナイダーなどなど♥ 続きを読む

cite at 06:14|Permalink 映画--ハ行 | Netflix

October 10, 2020

ファントム・スレッド

映画『ファントム・スレッド('17/"Phantom Thread") を Netflixで鑑賞。
ポール・トーマス・アンダーソン監督がダニエル・デイ=ルイスと
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』以来2度目のタッグ。
アカデミー賞で作品・監督・主演男優賞を含む
6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

phantom-thread

(以下、感想メモ。) 続きを読む

cite at 06:36|Permalink 映画--ハ行 | その他--似顔絵