2005年12月17日

『県庁の星』 桂 望実

stars そのお惣菜、大丈夫?

hReview by ☆すぅ☆ , 2005/12/16

photo
県庁の星
桂 望実
小学館 2005-09

 

 

 

 9月にこの本の存在を知った時、「面白そう。しかも、どっかが映画化しそう」
と、思っていたら、先日テレビで織田裕二主演でやると言うではないか。
先に映画を観る機会を持ったら、もう原作を楽しめないっ!と、慌てていたら、ようやく図書館からメールが。
ふぅ、間に合った。


 主人公(野村聡)は、我々が公務員を「お役人」と揶揄するイメージそのもの。
Y県の上級試験をパスした県庁勤めのエリート君だ。
業務の一環(県知事の気まぐれ)として、民間人事交流研修対象者6名の一人に選ばれたまさに期待のホープ。
1年の研修を終え、戻れば出世街道まっしぐらだ。
しかし、赴任先が何と寂れたスーパー。
バリバリのお役人が、ヤル気なしの民間「スーパー」で、うまくやっていけるのか?
「ケンチョウ」さんの運命はいかに――。


 個人的に、会社が舞台の小説は大好きなので、『神様からひと言』『ワーキングガール・ウォーズ』『償却済社員、頑張る』『マドンナ』などと同様、わくわくしながら楽しめた。(高杉良クラスになると、夫の解説が必要になる・・・)

ひと言でいってしまうと主人公の成長記なのだが、個性的脇役、また第2の主人公ともいえるベテランパートのオバちゃん(二宮泰子という)の存在が何とも痛快だ。
特に、浮世離れしたともいえる主人公とのやりとりは、思わず「プッ」と笑いがこぼれる。

また、泰子は趣味で、ヘタながら句会に参加している。
自分の思いを詠むが、誰からも票が入らない。
そんな中、同じ会に在籍するすず子という老女から、
「一つ捲(めく)って、その下の気持ちを詠んでご覧になるといいないかしら」
というアドバイスを受ける。

つまりはこうだ。

子供に「独立したい」と言われる。
    ↓
「甘い」と思う。
    ↓
その下に・・・「失敗してもいいから好きにやりなさい、見守っているからね」
    ↓
更に下に・・・「心配だわ」
    ↓
そのまた下に・・・「心配するのが親の仕事だからと、諦めの気持ち」がある。

ついつい言葉足らずで、不快な思いをしたりさせたりしているかもしれない自分の人間関係を省みる。

それが、対人間でなくても、困難の先に見えるものを、ひとつ捲ってみるのだ。


 後半、「落丁か!?」と思うほど、展開が早い。
ドラマでいうと「あれ、私、前回見逃したっけ?」という感じだ。
ケンチョウさんとスーパーの従業員との関係の変化という見せ場でもあるので、もう少し、その課程を細かく描かれていると、なおいいなと思うところが少し残念だ。


映画では、パートのオバちゃん「二宮泰子」役を柴咲コウがするという。
それは違うっ!
ベテランパートのオバちゃんなのだから、ぜひ中年女性をもって来て欲しかった。
泰子は40代、バツイチ、タイガースファンなのだ。
うーん・・・。


追記:
お惣菜コーナーの裏事情が描かれているが、これを読んで、何だか寄り付かなくなった私。
フィクションとはありますが・・・。

公式サイト・映画「県庁の星」


人気blogランキングへ



|
citrusbergamia2005 at 00:11│Comments(12)clip!桂 望実 

この記事へのトラックバック

1. 県庁の星  [ Book Review’S ??本は成長の糧?? ]   2005年12月17日 00:38
県庁の星 桂 望実 小学館 2005-09 売り上げランキング : 772 おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ★★★★★★★★★☆ 2006年2月25日に公開される、織田裕二と柴咲コウが出演している映画「県庁の星」の原作本です。少し前にテレビで踊
2. 「県庁の星」桂望実  [ おばさんの等身大 ]   2005年12月17日 12:24
県庁の星 これも一気に読んだ作品です。3日くらいでよんじゃったかな? まず県庁のお役人さんが研修でスーパーに行く、となると、 おのずと結果はわかりますが、 それでも最後の方はワクワクするほど楽しかったです。 こういう舞台裏的な小説やマンガって基本的に...
3. 「県庁の星」レビュー  [ 本・書籍レビューTBセンター ]   2005年12月18日 15:08
「県庁の星」(著:桂望実)についてのレビューをトラックバックで募集しています。
4. 「県庁の星」 桂望実  [ 今日何読んだ?どうだった?? ]   2006年01月07日 16:12
県庁の星posted with 簡単リンクくん at 2005.10.25桂 望実著小学館 (2005.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
5. 県庁の星  [ GOING MY WAY! ]   2006年02月16日 12:15
県庁の星 桂 望実 もうすぐ映画も上映される 県庁の星。 映画が先か?本が先か?とも、思ったんだけど、図書館での予約本の場合、読む時期は選べません…、映画より先に読むことになりました。 内容は、県庁のエリート職員がスーパーに研修で行き、役所と民間の差...
6. 県庁の星  [ 独り言。。。 ]   2006年02月22日 17:37
桂 望実 県庁の星 本屋さんをブラブラしてる時に、 題名と表紙に惹かれて手にとってパラパラと読んでみると、 なかなか面白くて買っちゃいました 読んでみると、これがなかなかイライラ… したんだけど、パートの二宮泰子
7. 【小説】 県庁の星/桂望実  [ 大阪生活、ときどき本。 ]   2006年03月07日 18:41
県庁の星posted with amazlet on 06.03.06桂 望実 小学館 (2005/09)Amazon.co.jp で詳細を見る
8. 県庁の星  [ 乱読日記 ]   2006年03月28日 23:32
桂 望実 県庁の星 ちょっと前に映画化してた本ですね。 キャスト設定は多分原作と映画とでは違うと思う。 スーパーの教育係がおばさん役のはずが柴崎コウだった気がするし… あらすじ 前代未聞! 抱腹絶倒の娯楽公務員小説。  野村聡。31歳。Y県職員一種試
9. 「県庁の星」桂望実  [ ナナメモ ]   2006年03月31日 21:26
県庁の星 桂 望実 31歳、県庁職員、自他共に認めるエリート公務員の野村聡が民間企業との人事交流研修で地元の大型スーパーマーケットに派遣される。お役所と民間のギャップに戸惑いながら、成長する。 「県庁さん」と呼ばれる野村聡。マニュアルも組織図もない...
10. 県庁の星 / 桂望実  [ 書庫  ??30代、女の本棚?? ]   2006年05月07日 13:35
根っからの役人気質の主人公が職員人事交流研修という名目で売上の伸びないスーパーへ赴任し、そこで役所と民間の差を知り変わっていく様子をアップテンポに描く、映画化もされた作品。 主人公・野村聡はY県県庁の産業振興課の職員であった。 が、1年間スー
11. 桂望実【県庁の星】  [ ぱんどら日記 ]   2006年08月06日 14:37
エリート公務員がスーパーマーケットへ出向させられ、民間の荒波にもまれて一皮むけるというお話。織田裕二の主演で映画化され、話題を集めた。 県庁の星 スタンダード・エディション織田裕二 (2006/10/27)東宝 この啀

この記事へのコメント

1. Posted by きっちん   2005年12月17日 00:37
コメントありがとうございました☆

たくさん、わかりやすい感想を書いていらっしゃるんですね♪

映画での配役は営業上仕方なかったのかもしれませんね。
それでも、やっぱり原作を読んだ者としては
おばちゃんが良かったなぁと思います。
2. Posted by ☆すぅ☆<管理人>   2005年12月17日 04:41
 きっちんさん、こんばんは。
こちらこそ、来て下さって嬉しいです。

そうなんですよねー。
芸能界の「しがらみ的」匂いが残念でなりません。
あの役はでーんと構えて、若者を叱り飛ばすくらいの“オバちゃん”じゃなきゃダメです!
3. Posted by rio   2005年12月17日 11:37
こんにちは。
織田裕二と柴咲コウがドラマでやるのは知っていましたが、本の詳しい内容までは知らなかったので、すぅさんの記事を読みながら柴咲コウの役はどれ・・?と思っていました。
40代、ベテランパートのおばちゃんなら、私なんていかがでしょう?(笑)
4. Posted by annin   2005年12月17日 12:27
コメントありがとうでした。

女流作家の方がお好きなんですね。
わたしはどちらかというと男性作家の方が多いかな?
このごろは読書熱が再来して、
いろいろなものを読む気マンマンです。

また寄せてもらいますね!
5. Posted by ☆すぅ☆<管理人>   2005年12月17日 21:48
 こんばんは、 rioさん。
もう、rioさんたら!(笑)
ダメです、ごっつい感じのオバちゃんじゃないとっ。

ワイドショーだったと思いますが、織田裕二と柴咲コウが不仲だと報道されていて、この映画はそういう意味でもドキドキです。
主演が織田裕二−何だかハマり過ぎ。

rioさんは恐らくいち早く映画を観られると思いますので、感想聞かせて下さい。
6. Posted by ☆すぅ☆<管理人>   2005年12月17日 21:57
 こんばんは、anninさん。
ようこそ、ようこそ〜!

私は最近ますます亀の歩み、遅読です。
何でこんなに読むの遅いんでしょう。

anninさんは、特に伊坂ファンですか?
私も2つ、読もうとしているものがあります。
anninさんのblogでレビューを書かれていた作品がそうです。
読んだらまたお邪魔します。(^^ゞ
7. Posted by Rue   2005年12月18日 21:45
こんばんは〜^^
柴咲コウは違うでしょー!!
そういう作品の内容じゃなくて
目先の数字稼ぎ的なところには
ほんとげんなりしちゃいますよね・・・。

話・変、
今は図書館からメールが来る時代なんですね〜。
どんどん便利になっていくなぁ。
このところ図書館はご無沙汰です
(というか読書自体が・・・)
そう思って今日は久々に読書に時間を費やしました!
8. Posted by ☆すぅ☆<管理人>   2005年12月19日 01:25
こんばんは。
そうでしょそうでしょ?
わかってくれますかっ?

今日はお休みだったんでしょうか?
何の本を読まれたのか、気になります。
感想upされたら伺いますね♪

それにしても、Rueさんがお休みだと何だか安心します。
働きすぎですから、あーた!(笑)
9. Posted by mamimix   2006年01月07日 16:10
すみません,たくさんTBさせていただいてます_(._.)_
配役をこちらで見てびっくりしました。柴咲コウってありえへん!!
…原作どおりじゃなくて,微妙に恋愛からむんですかねぇ。

わたしも後半が妙に展開速いなぁと思いました。途中で切れたんですかね,作者が(笑)
10. Posted by ☆すぅ☆<管理人>   2006年01月08日 01:41
いやいや、たくさん嬉しいです。
しかも、コメントが楽しい!!
笑わせて頂きましたよ。
ありがとうございます。ヾ(@^▽^@)ノ

恋愛・・・ありそう!!
「ラブコメ」と銘打って来そうじゃないですか!やだなぁ。

>途中で切れた。
コレ、最高です。
何度も笑いました。
妙ですよね、いきなりケンチョウさんがいい人になってるんですもん!
11. Posted by なな   2006年03月31日 21:25
句会のおばさまからのアドバイスを聞く二宮さん面白かったですよね。私も自分の気持ちを一枚めっくって見ようかなって思いました。

スーパーの惣菜コーナー、私も買うまいと思いました。一番近くにあるスーパー、肉の賞味期限ギリギリの半額セールをやらないんです。それって…
12. Posted by ☆すぅ☆<管理人>   2006年04月01日 13:29
 ななさん、こんにちは。

この本のキーパーソンは泰子ですよねぇ。彼女の言動にはハッとさせられることがありました。

スーパーの裏事情、ホント興味深いものがありました。
そのお肉屋さん、何だかとっても気になります!

 それにしても惣菜コーナーと決別するのは至難の業です。

疲れた日、あの辺りを歩くと誘蛾灯に吸い寄せられる虫のようにフラフラと。
賢く付き合いたいもんですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
カテゴリー