女川町「高崎山」ハイキング

長期に亘る「ステイホーム」によるストレス及び運動不足を解消しようと、女川町の低山「高崎山」に山菜採りを兼ねてハイキングに行くことにしました。
P1060920
「みちのく潮風トレイル」の起点付近にマイカーを駐車し、出発!この辺り一帯はニホンジカが生息して農家の被害が多いため近年定期的に駆除が行われているようで日程のお知らせが貼り出されておりました。幸い今日は予定日では無いようです
続きを読む

「深山」日溜まりハイキング

昨年初冬、久しぶりに「はらこ飯弁当」が食べたくなり亘理町を訪れました。
P1060212
峠の「はらこ飯弁当」を購入して深山登山口の駐車場にやって来ました。そしたら何と入山禁止の立て看板が、先の大雨の影響で土砂崩壊や倒木が多数あり通行禁止となっているようでした。
続きを読む

「遠野路」探訪

昨年の晩秋、遠野市内の歴史の路漫遊・SL銀河をひと目見ようと訪れました。
P1050920
まず、何処を探訪して歩こうかなと資料を探しに遠野駅を訪れました。
続きを読む

「白坂山」日溜まりハイキング

松島チサンカントリーの反対側に「治祐ヶ森森林公園」(じゆうがもり)園内に白坂山と言う里山があり周回出来そうなので日溜まりハイキングに出かけました。
P1060460
遊歩道手前の広~い駐車場に今年購入したマイカー(カムリ)を駐車。
続きを読む

「釜房山」周回ハイキング

釜房ダム湖畔にその昔「バリハイセンター」があって何度か訪れた事がありますが、周辺に釜房山があり登ることが出来るとは最近まで知りませんでした。
P1220252
昔は真冬になると、ダム周辺でワカサギ釣りをしているのを見かけた事があります。ダムの手前に数台駐車可能な駐車場があり案内板がありました。
続きを読む

初冬の鎌倉山周回ハイキング

運動不足解消の為、最近週一で里山歩きを始めました。今回の行く先は初冬の七ツ森、鎌倉山&遂倉山&たがら森を周回しようと南川ダム湖畔にやって来ました。
P1060431
鎌倉山登山口にマイカーを駐車、平日なので先客は誰もいないようです。
続きを読む

「黒森山」周回ハイキング

女川の黒森山は登山口が4箇所有りますが、以前数回登ったコースの直ぐ近くに新しいコースが開かれた様子なので探訪に訪れて見ました。
P1060337
やっと全線開通した林道「京ヶ森線」の登山口手前の待避所にマイカーを駐車
続きを読む

「綱木峠」探訪踏査

昨年度「夜這路峠」を探訪したおり「何時の日」か「綱木峠」を探訪したい想いを募らせていたのですが、先日その機会に恵まれ探訪踏査してきました。
P1040179
鹿折銀山の3㎞手前にある「善茶屋」バス停が綱木峠の入口になっております。
続きを読む

埼玉スタジアム2002(浦和)

先日、初めて浦和を訪れ浦和美園駅から「埼玉スタジアム2002」までの街道を歩いてきました。と言うのも「ベガルタ仙台」が史上初めて天皇杯の決勝に進み浦和と対戦する事になり家内が観戦に行きたいと言うのでドライブがてら訪れました。
浦和美園駅から東川口駅
GPS軌跡、東川口駅から電車で浦和美園駅まで2分、駅から歩いて片道20分

続きを読む

歴史探訪&三角点探索「旧姉歯村」

先週末、陽気なお天気に誘われぶらっと金成IC付近にある「旧姉歯村」の名所旧跡&三角点を探索に出かけました。
P1020923
三角点のある入口を探索しながら歩いていたら偶然、大梅山「瑞満寺」に行き当たりました。
続きを読む

松島「手樽駅」周辺探訪ハイク

現在会社で施工中の現場近くの「手樽駅」付近に隠れ喫茶店があり、又、ミステリアスな古道を見つけ一度探訪してみたいなと思っていたので現場パトロールを兼ねて歩いてみました。
P1020710
手樽駅付近にこのような怪しい路が、、何処に通じているのでしょうか?

続きを読む

蕃山縦走ハイク&忘年会

P1020846
先月末、「古川どっぽ山の会」から忘年会のお誘いがあり、又、先月初旬「佐藤副会長」が急死されたので思い出話などを旧仲間と偲んで語り明かそうと想い参加する事にしました。続きを読む

祇劫寺&里山散策路探訪

P1020770
田尻の「祇劫寺」に見応えのある巨木があるというので探訪に訪れました。
続きを読む

「銀山温泉街」闊歩

暫くぶりに「山形の蕎麦と温泉」を楽しもうと銀山温泉街を訪れました。
P1020659
銀山温泉を訪れたのは久しぶりの事でしたが、いつ出来たのか「大正浪漫館」なる建物が温泉街の手前にありましたので一寸だけ寄り道をして
続きを読む

「ジャズ喫茶」探訪

最近、趣があって素敵な「ジャズ喫茶」を訪ね歩いたのでちょっぴり記します。
P1190148
まずはじめに、自宅に一番近い場所にある「伊豆沼」の辺の高台にある「ジャズ喫茶」コロボックル
続きを読む
  • ライブドアブログ