☆カナダ留学のアレコレ☆

バンクーバーにオフィスを構える留学エージェント『カナダジャーナル』に勤める、カナダを知り尽くした留学カウンセラーが、留学関連のコラムやニュース、海外生活などについて徒然なるままに書き綴ります♪♪

バンクーバー国際空港にKiosk!!!???

カナダ 税関申請書 に対する画像結果
カナダに一度でも来たことがある人は上の写真の用紙を見たことがあるんじゃないでしょうか?
カナダに限らず外国に行った経験がある人は目にしたことがあると思います。

これは税関申請書で入国の際に提出が求められます!!

今までこの申請書に手書きだったのがバンクーバー国際空港では新機械の導入タッチパネル化になりました

その機械の名はBorderXpress!!!通称はKiosk(キオスク)
日本のあのキオスクとは何の関係もありません
borderxpress に対する画像結果

バンクーバー国際空港のITチームが8年がかりで発明した機械だそうで、今後はアメリカを中心に世界の主要な空港で導入させれる予定です!!!

これにより今まで入国審査を待つ時間が大幅に短縮させ、よりスムーズに入国審査をすることができました

実際、私がこっちに来たときはまだ導入される前だったので使ったことはありませんが、少し使うのが楽しみです!みなさんもぜひ

必見!!!日本・海外で留学カウンセラーとして働きたい方!!!

NPO留学カウンセラーセミナー (1)
前回のTESOLのBlogから引き続きで今回は留学カウンセラーのお仕事・資格についてご紹介したいと思います!!!

【留学カウンセラーってどんな仕事?】
昨今のグルーバルな人材の育成・教育の必要性が上がる中、それを支援する留学カウンセラーという職種に注目が集まっております


実際どのようなことをするのでしょうか???


・対面、電話、メールを通してカウンセリング
・留学先や学校選び当の留学プランの提案
・学校への入学手続き、航空券の手配、留学に関する費用や滞在期間についてのアドバイス
等々

以上のように留学生活支援の全てを業務とします!!!

日本のグローバル人材の育成・教育に貢献してみませんか

image

ご興味を持たれた方、お話しを聞いてみたい方、NPO留学協会バンクーバー支店カナダジャーナルがセミナーを開催します!!!

NPO留学協会とは

留学協会は平成15年5月に内閣府より認証を受け、発足した非営利活動法人(NPO)です。留学業界への啓蒙、教育活動を中心に活動を展開しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
留学カウンセラー セミナー
場所:カナダジャーナルオフィス
時間: 6/22(木) 4:30~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
セミナーでは、具体的に現役バンクーバーの留学カウンセラーが以下のようなことをお話ししたいと考えています。

・実際留学カウンセラーってどんな仕事をするの?
・必要な知識はどんなものがあるの?
・資格を取得する必要はあるの?
・英語力はどのくらい必要?

少しでもご興味がある方、友達との参加もOKですのでぜひ1度話を聞きにきてください

【参加方法】
下記メールアドレス宛てにフルネームをご記入の上、ご連絡下さい
seitaro@canadajournal.com



世界で認知された資格【TESOL】

世界で認知された資格を取得してみませんか?

TESOL
という資格をご存知ですか??

TESOLとはTeaching English to Speakers of Other Languagesの略で英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格のことをいいます!

TESOLの資格では以下のようなものを学びます。

・最新の第二言語習得理論
・語彙、文法、発音などの教授法
・話し方、聞き取り方、書き方の教授法
・プレゼンテーション方法
・評価法
・教材発掘法

英語を教えるという観点から言語学的な知見や、コミュニケーション、英語学習でのポイント等々を学びます!


ESLの先生ほとんどがこの資格を持っています!!!

英語ができる力と英語を教える力とは全くの別物です!
英語が自信ない方でも大丈夫です!英語を教える力を鍛えましょう!!
Untitled design

そして!!!今ならCanada Journal創立特別記念で1ヵ月コース授業料、先着10名限定特別価格$850で受講できます!
入学日はいつでも可能なのでお申し込みだけしてどの月でも受講できます!!

英語教授に興味がある人はもちろん、帰国前になにをしようか迷っている方、帰国後の就活に活かしたい方、おススメです!!!
詳しく話を聞きたい方カナダジャーナルでは無料のセミナーを開催予定です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無料TESOL セミナー
場所:カナダジャーナルオフィス
時間: 6/15(木) 4:30~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少しでもご興味がある方、友達との参加もOKですので、ご興味のある方はカナダジャーナルSeitaroまで連絡下さい!
O6TRWD0


お問い合わせ
カナダジャーナルスタッフ:seitaro@canadajournal.com

旅行好きな人には必見!これからの季節に!

カナダで今年の夏を過ごそうとしている方、すでにキャンプや旅行の

計画はありますか?

 

まだ決まってないという方に必須情報です!

 

少し前の記事でも書かせてもらいましたが、カナダでも温泉が人気なのは、

ご存知でした?

 

今回はその一つを紹介します!

 

場所はその名もHarrison Hot Springs

 

バンクーバーのダウンタウン市内から車で90分!

ここでは天然温泉が湧き出ており、ミネラルが豊富!


 
1496639117048

もちろんリゾート地なので周りの景色は絶景です!

 
1496639062181




今年の夏は大自然に囲まれながら温泉にプールと楽しんでみませんか!!!

 1496639067647


バブルティーってなに?!

今日はバンクーバーでもバブルティーの人気のお店を紹介します!

 

その名もChatime

 1493525781933

日本でも人気のタピオカ入りドリンクは、ここバンクーバーでは「バブルティー」と呼ばれています。もともとは台湾が発祥です。

 

Chatimeでは豊富にそろっているお茶とフルーツをミックスしたフレーバーティーにタピオカを入れます。タピオカ以外にもココナッツゼリー、アロエなどからトッピングを選ぶことができます。

 

新鮮なモチモチのタピオカはくせになります!!!

 

お店も世界で1000店舗以上とあるのでぜひ見かけた際には挑戦してみて下さい!!!

 

オススメは定番のパールミルクティーです!

1493525787527

【カナダライフ】カナダ渡航時の携帯電話のこと

こんにちは。

本日のブログは、カナダ留学時の携帯電話についてご説明したいと思います。

日本からカナダに留学する時に、携帯電話はどうすれば良いのか?よく質問を頂きますが、カナダの携帯電話は日本のものと少々異なりますので、事前の情報を得た上で、ご自分のプランに最もあう方法を選択なさるのがお勧めです。

お勧め方法①
日本のスマートフォンを持参して現地で利用する。

日本で通常使用している携帯は、スマートフォンを使っているという方がほとんどだと思います。
その場合は、日本のスマートフォンを携帯ショップに行って一時利用停止 もしくは解約手続きして頂き、そのまま本体だけをカナダにお持ち下さい。(日本不在中に余計な費用の支払いを抑える為)

カナダに渡航中は、Wifi環境にて、フリーのWifiをつないで頂くと無料でインターネットや、Facebook、LINEなどがご利用頂けます。 ※ただし通常の電話はできません。

また、SIMフリーの携帯電話であればカナダのキャリア(日本のau,softbank,docomoなど)と契約をしてそのまま使うことも可能です。

カナダ、特にバンクーバー、トロントといった大きな都市では、街中にフリーのWifiスポットがたくさんあります。日本のように、事前にネットが使える環境で会員登録をしておかないと、Wifiにつなげないということもなく、その場でアクセスコードとパスワードを教えてもらって利用できるところがほとんどです。

私もカナダから日本出張時に、SturbucksでWifiをつなごうとしたら、事前の登録が必要だとわかり、登録するもなにもネットがつなげないんだからそもそも今登録自体ができないし・・・という経験がありますが、カナダはその心配もありません。

 

お勧め方法②
カナダのポケットWifi(Wifiルーター)をカナダでレンタルする。

方法①と同様に、日本の携帯電話をカナダに持ってきて、カナダ現地でWifiルーターをレンタルすることが可能です。もちろん①方法では、Wifiがとんでいない場所(屋外など)では、利用ができません。
移動中やWifi環境ではない場所でも、インターネットをつなぎたい場合には、月額料金でレンタルできるルーターを契約するのもお勧めです!

 

お勧め方法③
カナダの携帯電話を渡航後にレンタルもしくは購入する。

●スマートフォン
カナダも日本同様、もちろんスマートフォンが普及しています。
ただし、i PhoneやSONYなど代表的なものだけで、日本ほどバリエーションやデザイン豊富とは言えません。
レンタルすると、インターネットはもちろん現地の人達とので電話連絡も問題なく取れる点は便利です。

●シンプルな携帯電話
スマートフォン以外の携帯というと、もはやほとんどないという時代ですが、カナダでも電話とテキストメッセージのみ対応のシンプルな携帯電話があります。
テキストメッセージとは、電話番号でメッセージをやりとりする、日本で言うところのショートメッセージ(SNS)同様のものです。
カナダでは、日本のように携帯電話のメールアドレス(×××××@i.softbank.net, ×××××@docomo.net)は存在しないので、スマートフォン同士でも番号のテキストメッセージを利用して、やりとりします。

現地の人達と話をしていると、“I will text you later” というやりとりを良く耳にしますが、これは「後でテキストメッセージ送るよ!」ということで使われています。

 

お勧め方法④
日本のスマートフォン+カナダのシンプル携帯電話の合わせ技

私の世代の人ならわかると思いますが、携帯電話2代持ちなんていうのも流行った時期があったと思います。
(今は日本はどうなんでしょうね・・・・)
基本的に、プライベート用と仕事用に分けて使うという人も、まだ多いと思いますが、まさにそんなイメージです。
プライベートと仕事で分けるわけではありませんが、日本から持参したスマートフォンはWifi環境でネットやLINEで使用する、そしてカナダ現地の友だちとのやり取りなどは、カナダのシンプル携帯電話で、電話&テキストメッセージ用で使います。

個人的にはあまり電話はしないという場合は、この方法が一番安くつくように思います。

以上、いろんな方法がありますが、基本的には日本の携帯電話で「海外利用サービス」を申込んで来ると言うプランよりも、長期留学の方の場合は上記方法の方が費用を抑えられるのでお勧めです。

是非参考にしてみてくださいね!

ちなみに、日本でLINEアプリが普及してますが、日本以外の国も同じようなメッセンジャーアプリの普及があります。

日本→LINE
韓国→カカオトーク
中国→Wechat
イスラエル??中東系→Viber
カナダ・オーストラリア・アメリカ・スペインなど→Whatsapp

昨日はほぼLINEと同じですが、国によって普及アプリが異なるので、留学すると多国籍なお友達が増えるので、いつの間にか全てのアプリをダウンロード!?なんてこともあるかもしれませんね

★カナダジャーナルでは、現地到着後に携帯電話の契約サポートサービスを無料で行っております。
携帯ショップの日本人スタッフさんによるセミナーを開催しているので、是非ご参加ください★

カナダバンクーバーの日本人スタッフがいる携帯ショップはこちら↓
けーたい屋バンクーバー

CACTUS CLUB CAFE のご紹介!

バンクーバーで、お洒落でいい感じのレストランに行きたい…
そんな時にまず最初にオススメしたいお店がこのCACTUS CLUB CAFE。
以前もこちらのレストランについては書いたことがあるのですが、最近再訪したのでアップデートします 🙂

CACTUS CLUB CAFEはバンクーバー発祥のレストランチェーンで、地元では知らない人がほとんどいないほどの有名店。
ダウンタウンだけでも7店舗もあり、お客さんも地元の人や仕事帰りのビジネスマンなどが多いんです。

写真はCanada Placeの店舗。席によっては海とノースバンクーバーの夜景が見えて最高なんです。
お料理の種類も幅広く、シーフードからお肉、おつまみ系やがっつり系まで、その時々に合わせてオーダーできます。お料理の盛り付けも丁寧でとってもきれい!味も結構日本人好みに近いものが多く、お酒の種類もとっても豊富!数種類のビールはもちろんのこと、カクテルも豊富です。
お料理もシェアしやすいし、結構量もあります。はずれがない!!

参考リンク(CACUTUS CLUB CAFE MENUページ)

おすすめされた、カラマリ(イカフライのようなもの)とラビオリを注文しました。

ガッツリ食べたい時には、サーモン、ステーキ、スパゲッティ、サンドイッチやハンバーガーがおすすめ。そしてデザートもおいしいんです。

また、はずせない名物!?のひとつが美しいサーバー(ウェイトレス)さんたち!
ドレッシーで綺麗な方が多く、噂ではモデル事務所と契約している店舗もあるらしいとのこと。

せっかくだから、カナダっぽい雰囲気を味わいたい、お洒落な雰囲気のレストランに行きたい…そんな時におすすめしたいカクタスクラブカフェ。素敵なバンクーバーのひと時を味わってみませんか?
週末は混むことが多いので、ご予約してから行くとベストです!

▼CACTUS CLUB CAFEの詳細はこちらから
https://www.cactusclubcafe.com/

おすすめレストラン情報 Joe Fortes

こんにちは、Norikoです。

先日、友人とJoe Fortes でランチをしました。
場所はバンクーバーのダウンタウン!

Thurlow ストリートとRobson ストリートが交差するところにあります。
外観はレンガ造りのどっしりとした建物。
内観は天井が高く、とっても開放的で気持ち良いんです。

ここはシーフードが有名だというのに、この時は旅行が控えていたため少しケチってしまい…
ランチセットを頼んでしまいました。

クラムチャウダー、選べるエッグベネディクト、選べるデザートのセット。
ベーコンとトマト、レタスも入っていて健康的…ですよね!?
ポテトもたくさん。

サーモンケーキというメニューにもチャレンジ。
雑ですが…サーモンとじゃがいもでできたハンバーグのようなもので、こちらもおいしかったです。




全く食べ切られず、サーモンケーキとエッグベネディクト1つは To go にしてしまいました。

この記事とは関係ないのですが、1度にあまりたくさん食べられない体質なわたしは、
バンクーバーに来て To go (お持ち帰り)が当然のようにできることに喜びを感じています…。
みなさんも食べきれない時は恥ずかしがらず To go してくださいね!

▼今回ご紹介した Joe Fortes のWebサイトはこちら

http://www.joefortes.ca/

次回は必ずシーフードをもっと堪能しに行きます。
みなさんも良いレストランがあったらぜひぜひ教えてください。



【保存版】カナダ留学の持ち物チェックリスト

バンクーバーに渡るとき…カナダ旅行・カナダ留学の際に必要な持ち物…
何を持っていけば良くて、何が現地で購入可能なのかわからないですよね。

今日はそんな疑問にお答えいたします♪

カナダの都市圏、特にバンクーバーは日本のものやアジアのものが手に入りやすい環境が整っています。
搭乗持ち込み荷物にも制限がありますので、荷造りはスマートにして持ち物も最小限に抑えましょう。

—————————————

<<Instruction>>

★必須
☆あるとより良い
◎現地で購入可
○旅行や短期滞在者にはお勧め

—————————————

 

■貴重品類■
貴重品は海外滞在中にずっと大切なものとなります。
滞在中の貴重品の保管のためにも、本の形をしたケース等カモフラージュになる収納ケースなどを用意しておくのもお勧めです。
★パスポート ※必ず手荷物として持参する
海外に出るにあたり、命の次に大切なパスポート。
有効期限をしっかりと把握し、期限切れのパスポートと間違えたりしないように気をつけましょう。

★ビザ発給許可書 ※必ず手荷物として持参する
学生ビザ・ワーホリビザで入国予定の方はプリントアウトされた状態のビザ発給許可書を必ずパスポート等と一緒に持参し、入国審査時に提示してください。

★入学許可書 
※滞在中に学校に通う予定があり、学校が決まっている方は必ず手荷物として持参する
パスポート、ビザ発給許可書、航空券と併せてご持参ください。入国審査時に提示します。

★航空券 ※必ず手荷物として持参する
観光ビザ(ビザ免除)で入国する予定の方は往復のチケットを購入して持参することが条件となります。
乗換便、復路便共に間違えてスーツケースの中に入れてしまわないように気をつけましょう。

★カナダ滞在中連絡先 ※必ず手荷物として持参する
入国審査時に確認される場合があります。
滞在予定ホテル、ホームステイ先、友人宅、現地エージェント等の住所、電話番号、そして担当者の名前をしっかりとメモして用意しておきましょう。

★金銭類 ※必ず手荷物として持参する
日本円→カナダドルへの両替はダウンタウン内の両替商の方がレートはいいので、準備した費用を全て空港で両替する必要はありませんが、やはり初期資金として空港で両替する分の現金はすぐに用意できるようにしておきましょう。
ワーホリビザ・学生ビザ保持者は現地の銀行口座をパスポートとビザさえあれば開設することが出来ますので、到着後に送金することを念頭においてもいいでしょう。
クレジットカードはVISA、Master Cardが主流です。(American Express、JCBは使えるところはほぼありません)
クレジットカードは限度額、引き落とし時期などをしっかりと確認しておきましょう。
短期・旅行の方はキャッシュパスポート等の海外キャッシングが出来るカードを持っておくのもお勧めです。

★筆記用具 ※必ず手荷物として持参する
出発してから現地に到着するまで、入国カードの記入など意外と筆記用具を使う場面は頻繁にあります。すぐに出せるペンを常に携帯しておきましょう。

★保険証書
備えあれば憂いなし。いくら短期でも海外では何が起こるかわかりません。
必ず何かしらの海外保険に加入し、保険証書や利用方法などが書かれたものを紙媒体にしてお手元に用意しておきましょう。
また、何か起こった際にはどこに連絡するのかも出発前までに調べて控えておきましょう。

■医療品・衛生用品■
もちろんカナダでも手に入りますが、なるべく慣れ親しんだものをご持参いただくことをお勧めします。

★常備薬など
北米の薬はアジア人には強いと言われているため、医者から処方されている薬はもちろん、普段使用している風邪薬やアレルギーの薬、胃腸薬などは持参しましょう。

☆◎○化粧品、日焼け止め
普段利用しているものの方がもちろん良いですが、意外とスペースを取るため日本にいるうちから国際ブランドで自分に合うものなどを探しておくことをお勧めいたします。
(ご自身が使っているブランドの製品をCanada Vancouverなどで検索を掛けるとわかりやすいですよ!)

◎生理用品
カナダでも最近は日本のクオリティに等しい製品が揃ってきていますし、なかなかかさばりますので現地購入がおすすめです。

◎○シャンプー・コンディショナー
日本の製品やアジア人向けのものを現地にて購入可。重いので敏感肌の方やこだわりがあるわけではないのなら現地購入がおすすめ。

☆◎○ヘアワックス等
スタイリング剤等は日本のほうが安く質もいいです。スペースが許す限り持参しましょう。

◎○コンタクトレンズ
日本で購入出来るコンタクトレンズ、ケア用品はほぼカナダでも手に入りますし、僻地であってもオンラインで購入が可能です。郵送で受け取ることが出来るので、当面の分のみで大丈夫です。
ただし、ハードコンタクトは予備レンズ、ケア用品の持参が必要です。

☆○ドライヤー
滞在先から借りれたり、現地で購入も可能(数千円程)です。
日本の物の方が小型で性能も良いですが、電圧の違いで故障の原因にもなりかねません。

☆◎○ハンカチ・タオル・ティッシュ・歯ブラシ・歯磨き粉・絆創膏
カナダに住む人はあまりハンカチを持ち歩きません。
その他は現地でも購入可能ですが、歯ブラシはサイズが大きいものしか無いので日本のものを好む方も多いです。また、バスタオルは高品質で安いものがなかなか見つからないなので、スーツケースに敷く形でお持ちいただいたほうがいいかもしれません。

■衣服■
カナダの気候は昼と夜の差が激しく、日本とはずいぶん異なります。
旅行の方は重ね着ファッションのコーディネートで荷造りすることをおすすめします。
留学の方でおしゃれに気を遣う方は結構少ないです。
流行りのファストファッションのお店も多いので現地で購入する心構えで良いでしょう。
女性下着は日本の製品の方が格別に良いのでかさばらない程度に持参することをおすすめします。
冬季、寒い地域に行く予定のある方は、コート・ジャケットは現地のもののほうがよいでしょう。
2017年2月現在、バンクーバーにユニクロは存在しません。日本のあったかシャツやヒートテックなどは重宝しますので是非ご持参ください。
履物も現地で購入するのをおすすめいたします。
ただし、飛行機内やお部屋内で履くスリッパやサンダルなどがあると便利です。
あとはサングラス!カナダは日差しが強いので必須ですよ。

■電化製品■
電化製品は日本のもののほうが性能もよく安いです。
毎日のように使っているものは是非お持ち下さい。
ちなみに日本の電化製品はほとんどがカナダの電圧にも対応していて、プラグの形も同じなので変圧器をお持ち頂く必要はありません。

☆ノートパソコン・iPad
生活や友人とのコミュニケーションだけではなく、学校の課題やレジュメの作成、お部屋・お仕事探し、各チケットの購入などに非常に便利です。
現地で購入しても日本語入力は可能です。

☆電子辞書
あると便利です。
どこにでも持ち歩けるサイズのもの、または逆に手書き入力も出来る物などがお勧めです。
ちなみに英英辞典で学ぶのはハードルが高い、でも日英英日を使うのは罪悪感…と思う方は類義語辞典を使ってみてくださいね。

☆デジタルカメラ
携帯電話のカメラでも事足りるのでしたら必要ないかもしれません。
日本のほうがバリエーションも多く、費用も安いです。

☆(契約中・解約済問わず)日本で利用している(いた)スマートフォン
カメラ代わりやWifi環境でアプリやインターネットを使うことが出来るのでお持ちいただくといいかもしれません。
ただしSIMフリーではない限り、携帯電話としてそのまま使うことは出来ません。
SIMフリー携帯の場合は、プリペイドSIMもありますし、長期滞在の場合は携帯会社と契約してその携帯電話を使うことももちろん可能です。

■その他■
留学の方は特に、ガイドブックや参考書などの書籍は重いのであまりお勧めではありません。
オンラインや周りの友達から様々な情報が入ってきますし、参考書も学校などで用意してもらえる教材を有効利用するのをおすすめします。ただし、TOEICやIELTS、TOEFLなどをご希望の方は文法の解説書等は持参すると良いと思います。
☆雨具・かさ
折り畳み傘は重宝します。カナダのものは壊れやすい上に高額です。

◎○日本食など
調味料や食材など大抵のものは主要都市ならカナダでも手に入ります。

☆シリコン素材の調理器具(電子レンジ対応可)
お米を炊くことが出来るものなどがあるとよりベターです。
軽いし折りたたむことが出来るのでスーツケースの中でもスペースを取りませんので大変オススメです。

 
以上です。
いかがでしたか?
慣れないと大変な荷造りですが、荷造りも楽しみつつTake it easyで 🙂

学生インタビュー 薬剤師からワーホリへ

日本で薬剤師をされていたYさんは、2016年2月からバンクーバーでワーホリ生活をスタート。


1年強で4つの語学学校に通われたYさんに、それぞれの学校の魅力、バンクーバーでの生活、これからの目標などをうかがいました。


ー バンクーバーへ留学をすることになったきっかけを教えてください


以前から留学をしたいと思っていて、カナダに住んでいた友人に相談したところ、バンクーバーを勧められました。カナダ人の英語は訛りがないこと、バンクーバーには語学学校がたくさんあり、学校全体の水準が高くて当たり外れがあまりないこと、多国籍なこと、安全なこと…それと寒いのが苦手なので、気候も考えました。


ー 留学をして感じたことはありますか?


いろいろな人種や、英語のアクセントの人に出会えました。また、久しぶりに学校に行ったので学生時代ぶりに新しいことを学べたのも楽しかったです。食事も想像以上においしく全く困りませんでした。


ー 逆に困ったことはありますか?


コンビニや駅の近くにスーパーがなく、お酒を買うのもLiquor Storeへ行かないといけないなど、何かをしようと思ってもバスや電車に乗ったりしなければいけなかったことは少し不便でした。
英語で困ることもありましたが、カナダは移民の国なのでみんな理解しようとしてくれるので、ありがたいです。


ー 思い出に残っていることはありますか?


ロッキーマウンテン、ポートランド、シアトル等への旅行はもちろん、バンクーバーでの夏のバーベキューや、ビーチで過ごすのも楽しかったです!
公園や自然があるところにハイキングに行ったり、日本とは休みの日の過ごし方が違うと感じました。
日本だと買い物に行ってカフェに行って…という感じで、外で自然を楽しむということはあまりなかったので、とても新鮮でした。


ー ワーホリ中にしたお仕事について聞かせてください


せっかくなら英語環境で働きたいと思い、スタバで働いていました。日本でも経験はありませんでしたが、スタッフも良い人ばかりでとても楽しかったです。
ただ、カナダではカスタマイズを希望される方が非常に多く、注文の聞き取りだけでも難しいのに、カスタマイズを理解すること、そしてカップに書く名前の聞き取りに苦労しました。特に”whipping cream” , ”anything else” などの発音が難しかったので、マンツーマンレッスンに通い、特訓してもらいました。もうひとつ、ラーメン屋でもアルバイトをしました。とても忙しかったのですが、カナダでしか体験できない、良い経験となりました。


ー 4つの語学学校に行った理由を教えてください


全校実際にトライアルに行って選びました。

最初の2か月はVGCでGeneral Englishのコースをとりました。
パナマ人など、中南米の人が多く、友人を作るのにとても良い環境でした。また、人種によって勉強スタイルが違うことに驚きました。


次の3か月はGlobal CollegeでTESOL(英語教授法)とビジネス英語を学びました。
違う方面から英語を学べたので、飽きずに勉強ができました。


その後、更にTOEICのスコアを上げるため、99 Institute に通いました。こちらは完全に塾という感じで、文法とリスニングの勉強になりました。


先ほども少し話にでたのですが、スタバで働いている時にスピーキングがうまくできず、VECTORのマンツーマンにも通い苦手な発音を克服しました。アルバイトの前後や休みの日など、自分の予定に合わせてスケジュールを組めるのが良かったです。


ー 今後の目標を教えてください


第1目標は痩せること!(笑)
それと、カナダで学んだ英語を仕事に活かしたいと考えています。
もともと薬剤師で、治験の会社に興味があるので、その方面で仕事を探したいと思っています。
またカナダに戻ってきてCollegeに通うことも少し考えています。


ー カナダジャーナルの対応はどうでしたか


元々は別のエージェントを利用して渡航しましたが、行きたい学校との提携がなかったため、友人の紹介で出会ったカナダジャーナルのカウンセラーにビザの切り替えや働きながら通える学校、帰国前に通う学校の相談をしました。


親身になってアドバイスをしてくれ、寄り添って考えてくれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Yさんが通われたVECTORは50分のマンツーマンレッスンが$30から。
日本語も話せるバイリンガルの先生も在籍しているので、英会話レッスンをしながら文法解説は日本語で…ということも可能です。生徒ひとりひとりにあったカリキュラムを作成して、自由にレッスンを予約いただけるので、アルバイトや他の語学学校に行きながらも通いやすいと人気です。

VECTOR International Academy

カナダジャーナル


カナダジャーナルはカナダ、バンクーバーにある現地留学オフィスです。

カナダジャーナルは"ボーダレスライフのすすめ"をモットーにひとりでも多くのお客様の人生を、留学を通して変えるお手伝いをしてきました。

次は是非、あなたの留学をコンサルタントさせてください。

私達は一度の渡航で一つでも多くのものを得られる『留学バリュープラン』をご提案します。
記事検索