2007年09月

2007年09月29日

CJC0308◎ギリシア政府、正教会などの批判受け歴史教科書回収

*070929=A0925=CJC0308
◎ギリシア政府、正教会などの批判受け歴史教科書回収

 【CJC=東京】ギリシア政府は9月25日、公立小学校6年生の新歴史教科書を回収した。正教会や保守派批評家から、不正確で愛国心が盛られていないとの苦情が出されているのに対応したもの。
 エヴィピディス・スティリアニディス教育省長官は、専門家が24日に審査した結果を受けて、授業から排除することにした、と語った。「改定版が準備が出来るまで、旧版教科書を使用する」と言う。
 新教科書は、1919〜22年の戦争でトルコに敗北した際の、ギリシアの苦難を過小視している、という強硬な批判が保守派批評家や学者から出ていた。
 ギリシアとトルコとの歴史的な対立は近年緩和され、トルコのEU(欧州連合)加盟にもギリシャは賛意を示しているものの、キプロス島の領有とエーゲ海での国境確定問題は解決にはほど遠い。□


cjcpress at 22:57|Permalinkclip!

CJC0307◎英国国教会、人々を教会に呼び戻す努力

*070929=G0925=CJC0307
◎英国国教会、人々を教会に呼び戻す努力

 【CJC=東京】英国国教会はイングランド地方とウェールズ地方で礼拝出席率を上げるため、「日曜日には教会へ」運動を展開、さらに努力を重ねることにした。聖職者が運動を促進するのに、流行のポッドキャストを活用したり、飛行機の使用も積極化する。
 この運動には、約2000教会が参加を表明、同教会史上最大の連帯活動の一つになりそう。教会員は、教会に行くのを止めた友人1人を呼び戻すよう求められている。これが順調に行けば、まず2万人も礼拝出席が増える、と見られる。
 今回の運動に備えて、聖職者や主要な役員は、百貨店の顧客サービスを学ぶことまでしている。カンタベリー大主教のローワン・ウィリアムズ氏もこの運動を支援している。人々に「見逃しているものを見つける」機会となると言う。□


cjcpress at 22:16|Permalinkclip!

CJC0306◎エルサレムでエチオピア人キリスト者が「十字架称賛」祝う

*070929=AF0927=CJC0306
◎エルサレムでエチオピア人キリスト者が「十字架称賛」祝う

 【CJC=東京】エルサレム旧市街の聖墳墓教会内のコプト会堂で9月27日、エチオピア人キリスト者が「十字架称賛」を祝った。
 「十字架称賛」はギリシャ正教の主要な祝祭の一つで、イエス・キリストが十字架に掛けられたゴルゴダの丘でコンスタンティヌス大帝の母親のヘレナがその十字架を発見したことと、ペルシャにエルサレムが占領された際に奪われたその十字架を、東ローマ帝国の軍隊が奪い返したことの二つの出来事を祝うもの。9月14日がその祭日とされているが、ユリウス暦の影響を受けたエチオピア暦では27日に当たる。□


cjcpress at 21:49|Permalinkclip!

2007年09月27日

CJC0305◎米聖公会、同性愛者主教任命と同性カップル祝福を中止

*070927=CJC0305
◎米聖公会、同性愛者主教任命と同性カップル祝福を中止

 【CJC=東京】米聖公会はルイジアナ州ニューオーリンズで開催した主教会
議で9月25日、同性愛者主教任命と同性カップル祝福の中止を決めた。同聖公
会も構成者となっている世界聖公会共同体(アングリカン・コミュニオン=信徒
総数7700万人)からの要請を受け入れた形。
 同性愛者をどう教会が受け止めるかの問題で、世界の教会の姿勢はさまざま。
米聖公会では、公然同性愛者の主教任命を承認、また同性カップルの結合を教会
として祝福することを認めるなど、指導部がリベラルな姿勢を示す中、信徒は賛
否両論で分裂、さらに世界聖公会共同体も分裂の危機にさらされた。
 分裂を回避するため、世界の聖公会指導者は、米聖公会が同性愛者に対する自
由な姿勢を変えない限り、米側とその他の聖公会の関係に傷がつく、と警告し、
9月末までに、態度を明確にするよう求めていた。
 ただ今回の意志表示で問題が解決したわけではない。カサリン・ジェファー
ト・ショリ総裁主教は「(2009年の)総会では間違いなくこれらの件が再度
議論されるだろう。今回の解決策は妥協の産物で、完全に納得している者はいな
い。ただ、皆が結束できる地点を見つけたとは思う」と語った。□


cjcpress at 11:40|Permalinkclip!

2007年09月26日

CJC0304◎ウクライナ司教団がバチカン訪問

*070926=VR0925=CJC0304◎ウクライナ司教団がバチカン訪問

 【CJC=東京】バチカン放送(日本語電子版)によると、ウクライナ・カトリック教会のラテン典礼司教団は9月24日から30日まで定期訪問のためバチカンを訪問した。司教たちはまずカステルガンドルフォの夏の離宮で教皇と接見した。これにはウクライナのギリシャ典礼の司教らも加わった。
 ウクライナの2典礼にそれぞれ属する司教らは、同国内での司牧をさらに効果的なものにするために両典礼共同の定例会議を計画している。
 教皇は両典礼の司教団のこうした試みと今回の合同接見を教会的交わりのしるしとして歓迎、司牧者間の兄弟的協力はすべての信徒が一致のうちに成長する励ましとなり、さらには実り多いエキュメニカル対話を推進する力となっていく、と述べた。
 そして教皇は、様々な困難を乗り越え、ウクライナの地にますます福音を広げ証しするよう司教らに期待を述べた。□


cjcpress at 21:46|Permalinkclip!

[ NW ]◎立教大の宣教師住宅、解体へ 昭和初期の木造洋館

 立教大学(東京都豊島区)構内にある昭和初期の洋風木造建築「校宅11・12号館」が、9月中にも解体されることになった。1931年に宣教師の居宅として建てられ、近年は同大事務室として使われてきた。周辺の住民らからは保存を求める声が出ているが、同大は新しい教室棟を建設予定で、現在地では難しいとしている。(朝日新聞9月24日)


cjcpress at 00:01|Permalinkclip!

2007年09月25日

CJC0303◎デンマーク教会が『セカンド・ライフ』に進出

*070925=ENI0919=CJC0303
◎デンマーク教会が『セカンド・ライフ』に進出

 【コペンハーゲン=ENI・CJC】デンマーク福音主義ルーテル教会コペン
ハーゲン教区は、インターネット上で盛んになって来た『セカンド・ライフ』に
進出、オンライン教会を設立することにした。
 サイトでは、オンライン教会は「ダンマルク」と呼ばれる「島」上で見つか
る。聖職者は「ペレグリナ」と呼ばれる「化身」ではあるが、実生活上の聖職者
のような働きをする。
 2003年に米リンデン社が開設した『セカンド・ライフ』にまず注目したの
は企業。今では、政府始め公共部門から救援団体も活動を展開している。
 このオンラインの世界に8月現在で900万人以上の「居住者」がいる、と推
定されている。
 カトリック修道会イエズス会のイタリア語雑誌『キヴィルタ・カットリカ』
で、アントニオ・スパダロ神父は、
『セカンド・ライフ』上に教会を設立するべきだ、と提案した。教会だけでな
く、イスラム教モスク、ユダヤ教礼拝堂など祈りの場が増えることは確か、と見
ている。
 現在、仮想のデンマーク教会には毎週約50人の訪問者がある。次の礼拝は
10月7日、午後8時から。□


cjcpress at 23:20|Permalinkclip!

[ NW ]◎立教大の宣教師住宅、解体へ 昭和初期の木造洋館

 立教大学(東京都豊島区)構内にある昭和初期の洋風木造建築「校宅11・12号館
」が、9月中にも解体されることになった。1931年に宣教師の居宅として建てられ
、近年は同大事務室として使われてきた。周辺の住民らからは保存を求める声が出てい
るが、同大は新しい教室棟を建設予定で、現在地では難しいとしている。(朝日新聞9
月24日)


cjcpress at 10:34|Permalinkclip!

2007年09月24日

CJC0302◎クレア・ランドル元米NCC総幹事死去

*070924=ENI0917=CJC0302
◎クレア・ランドル元米NCC総幹事死去

 【CJC=東京】クレア・ランドル元米NCC総幹事が9月9日、アリゾナ州サンシティで死去した。91歳。テキサス州出身。長老教会(PCUSA)で長老を務めた。
 1974年から84年まで、第4代の米教会協議会(NCC)の総幹事に女性として初めて任命され、「左傾化」論議に巻き込まれる激動の時代にリーダーシップを発揮した。『教会婦人連合』(CWU)から、NCCに移り、総幹事退任後はCWU会長に指名された。
 マイケル・E・リビングストン現NCC議長は「当時を振り返ると、彼女のリーダーシップ能力と明確なビジョンが、難局に立ち向かう時、神に選ばれた女性のものであったことは明らかだ」と言う。
 総幹事として1983年、CBS放送のニュース番組「60分」やリーダーズ・ダイジェスト誌の、NCCや世界教会協議会(WCC)が政治的に左傾化しているという非難をめぐる論議に巻き込まれた。ランドル氏は、非難を断固否定する立場を崩さず、「60分」の司会者ドン・ヒューイットが2002年引退した時、番組の中で唯一後悔するのは83年の放送だった、と述懐している。
 「聖職者と信徒が分かち合う証として、今日のエキュメニカル(教会一致)運動の根底を豊かに象徴する存在としての信徒女性であることで、彼女は多くのレベルで歴史を作った」と、クレア・J・チャップマンNCC総幹事代行は語る。
 NCCでは教育・宣教部門、出版部門(フレンドシップ・プレス)の強化に努め、新改定標準訳聖書(NRSV)の実現に貢献した。□


cjcpress at 13:26|Permalinkclip!

CJC0301◎「結婚は7年で失効」とドイツ保守党首選に立候補者が公約

*070924=AF0919=CJC0301
◎「結婚は7年で失効」とドイツ保守党首選に立候補者が公約

 【CJC=東京】AFP通信によると、ドイツ南部ミュンヘンで9月19日、キリスト教社会同盟(CSU)の党首選に立候補しているガブリエル・パウリ氏(50)が公約の一つに、婚姻関係は7年間で失効を発表した。夫婦が離婚を望まなければ再延長も可能という。
 「契約の下で他人と共同生活できる期間には限度がある。もし、その後も婚姻関係を続けたければ、その旨を再度『誓いなおす』必要がある」と報道陣に説明した。
 パウリ氏自身は2度の離婚を経験している。□


cjcpress at 10:18|Permalinkclip!