2009年04月

2009年04月27日

CJC129◎世界最小の聖書をイスラエル工科大学が教皇に贈呈

*090427=AF0427=M=V=B=CJC129
◎世界最小の聖書をイスラエル工科大学が教皇に贈呈

 【CJC=東京】テクニオン・イスラエル工科大学は、イスラエルを訪問予定の教皇ベネディクト十六世に、同大学制作の聖書(旧約)全編が入ったシリコンチップを贈呈する。同国のヘブライ語日刊紙イディオト・アハロノト4月27日報道としてAFP通信が伝えた。
 金でコーティングされたこのチップの大きさは、ピン先より小さい0・5ミリ。世界で最も小さい旧約聖書という。□


cjcpress at 13:58|Permalinkclip!

CJC128◎全メキシコのカトリック教会、ミサを中止

*090427=0427=N=N=C=CJC128
◎全メキシコのカトリック教会、ミサを中止

 【CJC=東京】豚インフルエンザの感染が拡大しているメキシコで、カトリック教会のノルベルト・リヴェラ・カレラ大司教が、全土の教会で日曜のミサや諸活動を中止するよう指示した、と現地紙が報じている。
 教会は、個人が祈りをささげる場合には扉をあけることにしているが、多数が集まって来た時の対応は未定のようだ。
 メキシコ政府は、首都圏の公立学校や公共施設を最低10日間閉鎖することを検討中という。□


cjcpress at 11:30|Permalinkclip!

2009年04月26日

CJC127◎プロテスタント指導者が武器輸出者ドイツの役割を非難

*090426=EN0417=E=E=S=CJC127
◎プロテスタント指導者が武器輸出者ドイツの役割を非難

 【トリーア(独)=ENI・CJC】ドイツのプロテスタント教会の統合組織『ドイツ福音教会』を率いるウォルフガング・ユベール監督は主要な武器輸出業者としてのドイツの役割を強調し、ヨーロッパの最大の武器輸出国になった事実を非難した。「ドイツからの武器輸出は年々13%増大した」と言う。
 同監督は4月10日にベルリンで聖金曜日の説教を行った際、「私たちの国は今では武器貿易において米露に次いでおり、ヨーロッパ諸国の先頭に立っている」と述べた。
 同監督は、それなしでも財政黒字は達成可能として、ドイツの強力な武器輸出産業を非難した。
 ベルリンのターゲスピーゲル紙は、武器輸出先が126国に上っており、2007年に政府が承認した額は87億ユーロ(約1兆1200億円)に達している、とウェブサイト上で報じた。これは前年比13%増。
 ユベール監督は、世界の危険地域が武器輸出の最終目的地となり得ることは容認できず、恐ろしい結果に責任がある関係者に警告を発した。「ドイツ軍兵士が、ドイツで作られた武器を用いた暴力を阻止しようとしている国外任務に派遣されることになる」として「私たちの義務は、武器の力で死を起こさないよう危険な暴力を防止することだ 」と言う。□


cjcpress at 23:57|Permalinkclip!

CJC126◎米女子修道女のリーダーシップをバチカンが調査

*090426=NCR=N=N=C=CJC126
◎米女子修道女のリーダーシップをバチカンが調査

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)教理省は、米国の『女子修道女リーダーシップ会議』(LCWR)に教義的調査を開始した。バチカンは昨年12月、全米の女子修道会などの「生活の質」を評価する、と発表していた。
 教理省はLCWR関係者に新たに「教義的調査」を行うと2月20日、書簡で通知していた。同省長官のウイリアム・ジョセフ・レヴァダ枢機卿からの書簡をLCWRは3月10日受領した。レヴァダ枢機卿は、その書簡で、初め2001年に最初の教義面での関心を抱いてから調査に着手していた、ことを明らかにした。
 同枢機卿は2005年に教皇ベネディクト十六世によって教理省長官に任命されるまではサンフランシスコ大司教だった。
 LCWC幹部は4月2日、1500以上の加盟修道会に調査に関する書簡を送った。LCWCは、米国の修道女6万8000人の95%を擁している。
 LCWCは米カトリック専門紙ナショナル・カトリック・レポーターの取材に「この時にLCWRはこの評価の手続きについても、完了時期についても知らされていない。もっと情報が得られるなら、評価に参加するために適切な準備が出来る」と答えている。
 バチカンの評価が必要になったのは、レヴァダ枢機卿によると、リーダーシップ会議と教理省との2001年にローマで開かれた会合で、1994年の使徒的書簡「オルディナティオ・サセルドタリス(聖職への叙階について)」、カトリック教会以外のキリスト教共同体は不完全なものとする2000年の教理省宣言「ドミヌス・イエスス」と「同性愛問題」の受け止めについて報告するよう求められてからのもの。□


cjcpress at 23:14|Permalinkclip!

CJC125◎カルヴァン記念日はプロテスタント「労働倫理」を問題に

*090426=EN0420=E=G=T=CJC125
◎カルヴァン記念日はプロテスタント「労働倫理」を問題に

 【トリーア(独)=ENI・CJC】ドイツ福音教会のマルゴット・ケースマン監督は、16世紀の神学者ジャン・カルヴァン(1509〜1564)によるプロテスタント労働倫理を、現在の社会、経済状況下では行きすぎになると批判した。
 プロテスタント宗教改革の「揺りかご」でもあるジュネーブで果たした役割で知られるカルヴァンの生誕500年を記念して開かれたフォーラムで、「神の愛は、社会の中で強く、生産的な人々にだけあてはまるのではない」とケースマン監督はコメントした。同監督は、成果主義の業績が、社会で非常に重要とされるような時に、そのように主張することが重要だと信じると語った。独プロテスタント通信EPDが報じた。
 ベルリンのドイツ歴史博物館で4月15日、同監督は「より多く生産する人々は、より多く祝福される。燃え尽き症候群の時代に、私たちは『この倫理によって何を引き起こしたか』自問する必要がある」と語った。
 カルヴァンは、プロテスタント労働倫理とされ、資本主義の成立に大きな役割を果たし、「義務と目的」の意義を広めた。
 ベルリン討論フォーラムは、同博物館がカルヴァン生誕500周年記念に企画したカルヴァン生誕500周年記念イベントの最初の催し。ケースマン監督のテーマは規律に関するものだった。その後7月19日まで1週間ごとに金銭、抵抗、イメージ、民主主義といったテーマが取り上げられる。
 フォーラムは「カルビニズム=ドイツとヨーロッパにおける改革派プロテスタント」というカルヴァンの生涯と働きに関する展示の一環をなしている。歴史的な文書、美術品、礼拝用品など360点以上をそろえたベルリン博物館の展示は『カルヴァン年』の間ヨーロッパで最大のもの。□

※同展示のポスターは次のサイトに
http://www.dhm.de/ausstellungen/calvinismus/en/index.html


cjcpress at 21:39|Permalinkclip!

CJC124◎米長老教会の同性愛聖職者なお容認ならず

*090426=A0425=N=N=C=CJC124
◎米長老教会の同性愛聖職者なお容認ならず

 【CJC=東京】米長老教会(PCUSA=信徒約230万人)で進められていた「同姓愛聖職者容認」は、昨年夏の大会で決議されたが、全米173の中会の多数が批准する必要があった。4月25日に2中会が批准しないことを決め、批准は少数に止まることが確定した。
 牧師、ディーコン、長老候補者は「1人の男子と1人の女子との間の結婚という誓約または独身の貞潔という節操を保つ」ことを必須としていたが、それを除外して同性愛聖職者を容認しようとする「同姓愛聖職者容認」が先送りされる形となった。
 同派ではこれまでにも同様な経過があったが、中会の賛否の差は縮小しているという。□


cjcpress at 18:55|Permalinkclip!

CJC123◎ラテンアメリカ教会協の新総幹事にギース氏

*090426=lwi0423=S=S=C=CJC123
◎ラテンアメリカ教会協の新総幹事にギース氏

 【CJC=東京】ラテンアメリカ教会協議会(CLAI)は3月19〜22日、ペルーのリマで執行会議を開催したが、席上、イスラエル・バチスタ総幹事の退任に伴い、後任にブラジルのルーテル信条福音教会のニルトン・ギーズ牧師(49)が選出された。
 同氏はブラジル・サンレオポルドのルーテル神学校で学び、現在、キューバのマタンザス・プロテスタント神学校で教鞭をとっている。ブラジル、コスタリカ、キューバで牧会経験がある。
 CLAIは本部をエクアドルのキトーに置く。ラテンアメリカとカリブ海地域の主にプロテスタント教会140派が加入している。□


cjcpress at 18:30|Permalinkclip!

CJC122◎カラチYMCA不法占拠にキリスト者200人がデモ

*090426=AN0420=I=I=S=CJC122
◎カラチYMCA不法占拠にキリスト者200人がデモ
※関連記事=CJC116信
 【CJC=東京】200人以上のキリスト者住民が4月20日、パキスタンのカラチYMCAが運営する学校の前に集まり抗議した、と米宣教専門ANS通信が報じた。同YMCAのホステルや運動場を暴力団が「不法占拠」していることに抗議するもの。暴力団は結婚式などの集会に使用している。
 抗議参加者は学童から高齢の女性に至るまでさまざまで、退去を求めるバナーやプラカードを掲げていた。YMCAバチャオ・コミッティーが主催した抗議デモの指揮者は、前シンド集会に議会議員のミカエル・ジャヴァイド氏。
 同氏によると、デモ隊はカラチ記者クラブを目指して行進したが、司法当局に阻止された。当日は日頃に増して多数の警官や兵士が出動していたが、デモ隊がYMCAのそばにある州知事公館に向かうのを警戒したものと見られる。
 ジャヴェイド氏は当局側に、デモ隊はYMCAの校門まで行き、「不法占拠を止めさせるために祈りたいのだ」と折衝、行進の許可を求めることを条件に認められた。
 不法占拠者は敷地内にモスク建設を図っているが、それは不法占拠を正当化しようとするものだ、としてジャヴァイド氏はアーシフ・アリ・ザルダリ大統領とユースフ・ラザ・ギラーニ首相に、敷地内からの不法占拠者追放保証を訴えている。□


cjcpress at 18:14|Permalinkclip!

2009年04月25日

CJC121◎ゴスペル歌手ティモシー・ライト死去、61歳

*090425=0423=N=N=P=CJC121
◎ゴスペル歌手ティモシー・ライト死去、61歳

 【CJC=東京】「ゴズペルのゴッドファーザー」と呼ばれた歌手のティモシー・ライト氏が4月23日、ニューヨークのブロンクス・ベテラン病院で死去した。61歳。昨年7月、ペンシルベニア州ロガントン付近の高速道路上で自動車事故に巻き込まれ重傷を負い入院していた。同乗していたベティ夫人は即死、孫も病院に運ばれたが死去した。
 ライト氏はニューヨーク市ブルックリンのクラウンハイツにある『チャーチ・オブ・ゴッド・イン・クライスト』派のグレイス・タバーナクル・クリスチャン・センター牧師。2007年発表の最近作「ジーザス、ジーザス、ジーザス」など作曲、録音は多数に上る・
 地元の教会のために12歳の時からピアノ演奏を始め、20代初めにブルックリンのワシントン・テンプルの音楽監督に就任している。音楽業界で最も栄誉ある賞とされるグラミー賞にノミネートされたこともある。
 ライト氏らは当時、デトロイトで開催された『チャーチ・オブ・ゴッド・イン・クライスト』派の集会から帰宅の途中、事故にあった。□


cjcpress at 00:10|Permalinkclip!

2009年04月24日

CJC120◎カルト教団『摂理』元教祖に懲役10年の実刑確定

*090424=CI0423=A=A=S=CJC120
◎カルト教団『摂理』元教祖に懲役10年の実刑確定

 【CJC=東京】韓国大法院(日本の最高裁判所に相当)第2部(ヤン・チャンス裁判長)は4月23日、女性信者らに対し性的暴行を加えたとされる、宗教団体『摂理』(韓国名=基督教福音宣教会=JMS)の鄭明析(チョン・ミョンソク)総裁(64)に、懲役10年の実刑とした1・2審の判決を支持した。朝鮮日報(日本語電子版)が報じた。
 鄭被告は2001年から06年まで、若い女性信者5人をマレーシアや香港などへ呼び、性的暴行を加えたとして逮捕・起訴されていた。□


cjcpress at 17:21|Permalinkclip!