2009年06月

2009年06月29日

CJC205◎陳司教、教皇書簡への取り組みを中国カトリック者に呼びかけ

*090629=Asi0620=A=V=C=CJC205
◎陳司教、教皇書簡への取り組みを中国カトリック者に呼びかけ

 【CJC=東京】香港カトリック教会の陳日君(ゼン・ゼキウン)引退枢機卿は、教皇ベネディクト十六世が中国のカトリック者に宛てた書簡は、中国の教会の存在に新たな1章を記したものだ、と語った。しかし宗教の自由に関して教皇によって設立された基準は水で薄められ、あいまいなものにされていると言う。
 陳氏は2年前、枢機卿定年の75歳に達した際に辞表を提出していたが、中国本土の教会が置かれた事情を考慮して、教皇が任務継続を要請、今年4月15日に辞任を受理した。後任はジョン・湯漢(トン・ホン)協働司教。
 宗教の自由擁護のために闘ってきた陳氏は、中国本土の司教に、妥協策を永久に続けることはできない、として教会のために責任を勇敢に果たすよう呼びかけた。その中で「中華人民共和国の兄弟」に「恐れるな。歴史が課した責任を負いなさい。この危機にあって、教会を復活させられず、長い間、衰えさせた。あなたがたは歴史に責任があり、神の裁きの前に汚点なしにしっかりと立つ心構えをしなければならない」と述べている。
 陳氏は、「包容」という時代の潮流に流されることを懸念している。それでは中国の教会に対する多くの働きかけが無駄になってしまうからだ。今日、北京政府は台湾との関係が融和したことから、聖座(バチカン)と国交を持つことへの関心が薄れているようだ、と陳司教は見る。
 カトリック系アジア・ニュースとの会見で、中国の教会と聖座は、北京政権とはどのような形でも妥協受け入れを止め、教会の宗教的な自由を守るために、教皇が発した指示を実際に効果あるものとする時が来た、と語った。
 陳氏は、とりわけ公認教会の愛国会へのあからさまな従属を懸念している。それは教皇自身と教皇が2年前に中国のカトリック者に宛てた書簡に『平手打ち』するものだ、と言う。
 陳氏は、北京と聖座との外交関係をどんな犠牲をはらっても樹立することの重要性に条件を付けている。中国に宗教の自由が存在しないなら、ただ幻惑されることになるのではないか、と見ている。
 陳氏は次のように語った。
 70年代遅くから80年代初めに掛けて、中国の教会と関わりを持つ人が増えた。その結果、中国の教会の実態が国外の教会に影響を与えるようになった。公認教会と地下教会と対立が香港や聖座にも持ち込まれた。
 香港では、中国の教会を援助する人たちが2グループに分かれた。地下教会を支援する人たちは、ほとんどが公認教会には反感を持ち、逆に公認教会に好意的な人は地下教会を不信の目で見る。
 中国の教会と深く関わった人たちは、現実を目にして自然に地下教会の側に立った。教会に対する信頼があつく、信仰のために苦難に耐えていたからだ。政府に従属しているとして公認教会を疑いの目で見ている。
 しかし香港には中国の事情をあまり知らない人や、中国で活動したことにない若手宣教師がいる。その人たちは中国本土を旅行し、公認教会を、そこで賛美する会衆などを見てすぐに感動する。本物だと信じた自由に勇気づけられ、地下教会を、新たな現実を受け入れようとしない頑固さがあると非難するようになった。
 聖座でも同じことだ。これまでにも国務省と福音宣教省との間で食い違いがあった。国務省は外交関係回復のため和解を図り、福音宣教省は教会が自由で真正の存在であることを目指している。
 中国の教会と普遍教会(カトリック教会)との交流の結果、特に本土に教育のために渡った人々の見解から、公認教会は分派的でも分離した存在でもない、と判断する。意図的にローマ(バチカン)から離脱した状態に置いているのは政府なのだ。人々は、心の中では、私たちと同様、カトリック信仰を守っている。
 もちろん、今でも事態を複雑にして置きたいとか一方の側に立つグループも存在する。
 普遍教会が確固とした現実をさらに認めるなら、いわゆる公認教会の受け入れを始める時だ、と言える。このことは、公認教会に属する信仰者復帰の始まりにつながる。高齢の司教たちへの赦免と司教としての認知を教皇に要請する。
 聖座はこの問題については寛容な姿勢で応じてきた。必要な調査を終え、正当な地下教会司教の合意を得て、多数の司教を認知した。
 教皇書簡の意図を阻止するために全力を上げようと中国側は動いている。しかし私は聖座も書簡支持の姿勢をもっと強く打ち出すべきだったと思う。聖座は、教皇の指示を明確なものにするためにもっと時間を掛けるべきだった。
 陳氏は、現役引退を表明した際、今後は中国への奉仕に集中する、と語っていた。「中国の教会、特に各教区についてもっと知りたい。問題の多くは教区レベルのものだ。また神学校設立に関するこれまでの働きを中国でも生かしたい。一方で、教師を求めているサレジオ修道会が運営するアフリカの大学にも行きたい。しかし77歳になって、どれほどのことが出来るのかはわからない。健康が今後数年は持ってくれることを望む。そして奉仕が出来なくなったら、修道会のホームに入るつもりだ」と陳氏は締めくくった。□


cjcpress at 13:23|Permalinkclip!

CJC204◎劉暁波氏の釈放を香港正平協も要請

*090628=EN0628=A=A=S=CJC204
◎劉暁波氏の釈放を香港正平協も要請

 【香港=ENI・CJC】香港カトリック教会正義と平和協議会は北京政府に、6月23日に逮捕された反体制運動家、劉暁波氏(53)の釈放を要請している。
 同協議会は、香港にある中国政府連絡事務所前で6月25日行った即時釈放要求デモも他団体と共同主催した。
 正義と平和協議会が香港教区内に、北京政府に釈放を求める署名運動を展開している。香港のカトリック指導者や労組も支援している。
 人権団体は、劉氏が依頼しているモー・シャオピン弁護士も憲章署名者の1人であることから、裁判で弁護に当たれないかも知れず、劉氏が公正な裁判を受けられるか疑問を表明している。□


cjcpress at 00:10|Permalinkclip!

2009年06月28日

CJC203◎「零八憲章」呼び掛け人劉暁波氏逮捕

*090628=0624=A=A=S=CJC203
◎「零八憲章」呼び掛け人劉暁波氏逮捕

 【CJC=東京】中国国営新華社通信は6月24日、民主化を求めて昨年末に発表された「零八憲章」の呼び掛け人の1人、作家の劉暁波氏(53)が政府転覆扇動などの容疑で正式に逮捕されたと伝えた。北京市公安局が23日、検察当局の承認を受けて逮捕したという。
 劉氏は1989年の天安門事件の際、米国留学から帰国して民主化運動に参加して逮捕、投獄された。釈放後の96年も政府批判の書簡を発表、3年間の労働矯正処分を受けるなど、中国の民主化を訴え、何度も投獄されている。
 300人を超える知識人が共産党の一党独裁を批判して署名した「零八憲章」が正式発表される2日前の12月8日、劉氏は当局に身柄を拘束されていた。
 胡錦濤国家主席は今年初め、民主活動家の取り締まりを指示した。零八憲章の他の署名者は長期間拘束されておらず、劉氏の逮捕は「見せしめ」的意味合いが強いが、有罪判決を受けるのは確実とみられる。□


cjcpress at 23:36|Permalinkclip!

CJC202◎米南部バプテストは教勢減退への対応が焦点

*09028=WVLT0623=N=N=C=CJC202
◎米南部バプテストは教勢減退への対応が焦点

 【CJC=東京】米南部バプテスト連盟は、ケンタッキー州ルイビルの展示センターで6月23〜24日総会を開催、任期満了のジョニー・ハント総裁(ジョージア州ウッドストックの第一バプテスト教会牧師)を満場一致で再任した。
 同連盟は、バプテストとして世界最大教派、米国ではプロテスタント諸派の中でも最大で、その保守的姿勢で知られている。ただ2006年以降、教勢は僅かながら減少に転じ、08年には受洗者数も1987年以来の低水準になった。同年に続き今総会でも関心を集めていたことは確かだが、8500人を超える代議員が2日間の会期で、どの程度議論を煮詰めたかは不明。
 バプテストは伝道に力を入れることでも知られているが、教勢の減少は、派遣宣教師の数にも、また支援資金にも影響する。特に資金不足は緊急課題になり得る。
 神学校、宣教団体などを支えるのは教会と教会員個人の献金だ。教勢の減少は献金の減少に直結する。大学時代に教会に結びついた学生の7割が教会から離れてしまう、との調査もある。
 フランク・ペイジ元総裁は、この傾向が続くと2030年までに全教会の半数が閉鎖されてしまう、と断言している。□


cjcpress at 21:39|Permalinkclip!

2009年06月27日

CJC201◎WCC次期総幹事候補、韓国のパク氏ら2人に

6e6be9d7.jpg
792cc6e3.jpg
*090627=0626=V=E=P=CJC201
◎WCC次期総幹事候補、韓国のパク氏ら2人に

 【ジュネーブ=CJC】世界教会協議会(WCC)の総幹事選考委員会はオランダのアムステルダムで6月23〜26日に会合した。
 選考委は、この4月にクレタ島で会合した際に選考した候補6人と会見、8月に開かれる中央委に対し、韓国長老教会のパク・ソンウォン氏とノルウェー教会(ルーテル派)のオラフ・フィクセ=トゥヴェイト氏の2人を最終候補として提案することとした。□

《画像参考》
写真説明=パク・サンウォン氏(世界改革教会連盟のサイトから)http://warc.jalb.de/warcajsp/side.jsp?news_id=831&part_id=0&navi=5
オラフ・フィクセ=トゥヴェイト氏(ノルウェー教会のサイトから)http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/nrk_trondelag/1.4489140


cjcpress at 12:08|Permalinkclip!

CJC200◎神学教育の指導者リム氏が死去

32faa4f7.jpg*090627=AN0628=G=A=P=CJC200
◎神学教育の指導者リム氏が死去

 【CJC=東京】アジア・バプテスト神学院(ABGTS)のリリアン・リム・フイキャウ学長が6月25日、シンガポールで死去した。
 リム氏はシンガポールのバプテスト神学校(BTS)、米ケンタッキー州ルイビルの南部バプテスト神学校(SBTS)で学び、1994年に哲学博士号を取得している。2010年にホノルルで開かれる第20回バプテスト世界大会で使用される聖書研究の分担執筆者。
 ABGTSは8カ国の9神学校の連合組織。シンガポールのバプテスト神学校(BTS)神学部長のリム氏は2005年に学長に指名された。
 記念式は28日、シンガポールのカルヴァリ・バプテスト教会で。□

《画像参考》
写真説明=リリアン・キム氏(バプテスト世界連盟) http://www.bwanet.org/default.aspx?pid=1107


cjcpress at 08:42|Permalinkclip!

2009年06月25日

CJC199◎米聖公会離脱グループが新たに『北米アングリカン教会』設立

*090625=0623=N=N=C=CJC199
◎米聖公会離脱グループが新たに『北米アングリカン教会』設立

 【CJC=東京】米聖公会離脱8グループが6月22日からテキサス州ベッドフォードで会合、新たに『北米アングリカン教会』(ACNA)を創設した。世界聖公会共同体(アングリカン・コミュニオン)内で米聖公会に代わるものとしている。信徒総数約10万人という。
 女性や同性愛者の聖職者任命などに反対して、米聖公会から離脱した保守派が昨年12月に結成した『コモン・コーズ・パートナーシップ』が、教憲を制定、正式な教会として発足したもの。教憲では、聖書の権威、教会の規律、福音伝道を強調している。
 総会の会場となった聖ビンセント大聖堂には、米聖公会から離脱した主教や司祭、信徒ら約800人が出席した。
 総会ではカリフォルニア州のメガチャーチ『サドルバック教会』(南部バプテスト連盟)のリック・ウォレン牧師などが講演を行なった。同牧師は1月20日、バラク・オバマ大統領の就任式で開会祈祷を行なうなど、米キリスト教界では注目を集める存在。「イエストのためにさらなる勝利を」と激励のメッセージを送った。
 新大主教に任命されたロバート・ダンカン氏(前ピッツバーグ教区主教)は「父なる神が、聖霊の驚くべき最高の力の下に、子たちを一つにする新しい日だ」と語った。
 設立総会には 各国聖公会の中にはオブザーバーを派遣したところもある。聖公会の霊的最高指導者カンタベリー大主教ローワン・ウイリアムズ氏は「司牧訪問者」としてサントシュ・マレイ引退主教を派遣した。□


cjcpress at 08:49|Permalinkclip!

2009年06月22日

CJC198◎神の怒りを買ったソドムは死海の北東部にあったか

*090622=ASS0615=M=N=H=CJC198
◎神の怒りを買ったソドムは死海の北東部にあったか

 【CJC=東京】神の裁きによって滅ぼされたソドムとゴモラは死海南部の湖底に沈んだと伝えられるが、死海の北東部のタルエルハッマムこそ聖書創世記に記されているソドムの町だ、と確信するのは米ニューメキシコ州アルバカーキのトリニティ・サウスウエスト大学の考古学者スティーブン・コリンズ氏。
 「創世記を丹念に読み返して見ると、これまでウイリアム・F・オルブライトが指摘したように死海の南部にあるのではなく、北東部に存在したと示唆している」とコリンズ氏。そこでピーター・ブリッグス氏の調査手法を使って、創世記から理論的な地図を作成した。その結果、創世記の記事は地理学的にも信用出来ることがわかった。
 コリンズ氏は報告書にまとめ『近東社会(NES)会議』で発表した。「テキスト自身に語らせたかった。NESの会議では高い評価を得たが、あくまでそれは理論上のことだったので、次は調査を進め、発掘を開始すること」だった。
 死海の北東部には、古代のソドムの所在地として有力な場所が10カ所以上見つかった。「ソドムはその地方では最大の町とされている所から、可能性のある中で最大の場所を選んだ。それがタルエルハッマムだった」と語るコリンズ氏。自身も1995年から2000年にかけて発掘に携わってきた発掘がイスラエルとパレスチナの抗争のあおりを受け閉鎖しなければならなくなった。
 「これまで発掘に没頭していたのだから、途方にくれている」と途方にくれている。□


cjcpress at 17:14|Permalinkclip!

CJC197◎『聖ピオ十世会』が13人叙階、バチカンの警告無視

*090622=A0619=N=V=C=CJC197
◎『聖ピオ十世会』が13人叙階、バチカンの警告無視

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)から破門された『聖ピオ十世会』の米ミネソタ州にあるグループが6月19日、同州南東部ウイノナの聖トマス・アキナス神学校で13人を司祭に叙階した。
 『聖ピオ十世会』が20人以上を叙階するとの情報に、バチカンは17日に今回の叙階を正当なものと認めない、と警告していたが、それを押し切っての決行となった。
 ウイノナ教区報道担当は、今回叙階された人は誰も、同教区内だけでなく他の教区でも司祭として仕えることは出来ない、と語った。AP通信が報じた。
 『聖ピオ十世会』は1969年にマルセル・ルフェーブル大司教によって設立されたが、第二バチカン公会議の決定に全面的には従わず、特にミサの変革を拒否することで教皇の権威に挑戦する形となった。88年にルフェーブル大司教が、当時の教皇ヨハネ・パウロ二世の意向に反して司教4人を叙階したことが「分裂行動」と断定され、同大司教と叙階された4人は91年に破門された。
 「教理上の問題がはっきりしない限り」、同会は教会の中に法的な地位がなく、同会の行う宣教は教会で正当になされるものではないので、同会による叙階はカトリック教会内では有効ではない、と報道事務所は指摘している。□


cjcpress at 15:41|Permalinkclip!

CJC196◎『サンフランシスコ神学校』学生部長にリーバート修道女

04d05139.jpg*090622=EN0618=N=N=T=CJC196
◎『サンフランシスコ神学校』学生部長にリーバート修道女

 【CJC=東京】米サンフランシスコの長老教会(PCUSA)系『サンフランシスコ神学校』は、ジャナ・チルダー学生部長(ディーン)が6月末に退任するのに伴い後任にエリザベス・リーバート修道女(SNJM=イエスとマリアの聖名の姉妹会)を任命した。7月から就任する。長老派神学校のディーンにカトリックの修道女が就任するのは初めて。
 同修道女はキリスト教霊性を専攻、「洞察法=意志決定のための霊的実践」(仮訳題、ウエストミンスター・ジョン・ノックス、2008)など著書多数。
 世界改革教会連盟(WARC=本部ジュネーブ)のセトリ・ニョミ総幹事は、教会一致運動中心のENI通信に「今回の任命は、同神学校が『改革派であることはエキュメニカルであること』と言われる真理を理解していることを示すものだ。様々なキリスト教の伝統の女性と男性全ての賜物を受け入れる必要を理解するため、教会の指導者や組織に新世代を形成して行くことは、今後も続く」と語った。
 リーバート氏は同神学校で20年以上にわたり教えてきた。「教会一致運動の歴史的な1歩を達成したことが特にうれしい。エキュメニカルな神学教育へ学校が全面的に関わっていることを示す好例だ」とフィル・ブーティン学長は語った。□

《画像参考》=添付ファイル
※写真説明=リーバート修道女(同校のサイトから)


cjcpress at 14:48|Permalinkclip!