2013年04月

2013年04月30日

◎イラン系米国人のサイード・アベディニ牧師(32)がキリスト教信仰を理由に禁固刑8年に処せられ、「平和的な沈黙抗議」の結果、厳重な拘禁状況下に。

(CJC)


cjcpress at 22:49|Permalinkclip!

◎繁栄の神学で注目を集めた米テレビ伝道者ベニー・ヒン氏が250万ドル(約2億5000万円)の負債を抱え、信奉者に献金を呼び掛けた。

(CJC)


cjcpress at 18:42|Permalinkclip!

◎米国のヒットドラマ「ザ・バイブル」が劇場公開されることになった。ハリウッド・レポーター紙報道。

(CJC)



cjcpress at 17:02|Permalinkclip!

◎中国・上海のアロイジウス・ジン・ルシャン司教が4月27日死去。96歳。

(CJC)


cjcpress at 16:26|Permalinkclip!

◎名誉教皇ベネディクト16世は5月1日にバチカンへ。伊スタンパ紙報道。

(CJC)


cjcpress at 16:19|Permalinkclip!

2013年04月29日

#141◎「宗教改革」に関する共同文書に6月調印

CJC130429=TA0426=E=V=K=#141◎「宗教改革」に関する共同文書に6月調印

 【CJC=東京】「宗教改革」に関する共同文書に、バチカン(ローマ教皇庁)とルーテル世界連盟の間で合意が成立し、6月にジュネーブの同連盟本部で調印されることになった。
 共同文書は、エキュメニズム(教会一致志向)の最近の進展に謝意を表し、教会間の不一致に遺憾の意を示し、将来構想を描いている。
 バチカンキリスト教一致評議会議長のクルト・コッホ枢機卿は4月17日、ローマでオーストリアの記者に、教皇首位性については進展がなかった、と語った。世界聖公会共同体におけるカンタベリー大主教のような栄誉的な首位性であっても分裂につながるだろう、と強調している。(CJC)□




cjcpress at 18:27|Permalinkclip!

#140◎米軍が南部バプテスト連盟サイトへのアクセス禁止

CJC130429=FO0423=N=U=K=#140◎米軍が南部バプテスト連盟サイトへのアクセス禁止

 【CJC=東京】米軍が基地内で、南部バプテスト連盟(SBC)のウエブサイトへアクセスすることを禁止した、とフォックス・ニュースが報じた。「敵意のある内容」が含まれているためとしているが、福音派キリスト者とカトリック教会を「宗教過激派」の例としてあげている。SBCは米プロテスタントでは最大教派。カトリック教会と共に妊娠中絶反対と伝統的結婚を支持しており、これが「過激派」とされたようだ。
 SBCの従軍牧師が、全米の軍施設では同派のサイトにアクセス出来ないと報告している。ある空軍将校が、アクセスしようとすると、ネット利用履歴が記録され、禁止されたサイトにアクセスしようとしたことは監視されている、とのメッセージが来た、とフォックス・ニュースに語っている。
 この「検閲」が公表されたのは、ある陸軍将校が同派のサイトにアクセスしようとしたところ、「あなたが要求したサイトは、敵意のある内容のため、チームCONUSによってブロックされた」という警告メッセージを受け取ったことがきっかけ。
 チームCONUSは国防総省のネットワークの保全に当たっている。ただこれまでSBCのサイトはブロックされていなかった。
 SBCのシング・オルダム報道担当は、フォックス・ニュースに、国防総省と連絡を取っているが、深刻に懸念している、と語った。「何らかの目的で、政府がSBCネットを一部であれブロックすることは、米市民との信頼を反故にすることだ。憲法修正第1条は政府の検閲から教会を保護するために、また信仰上の発言や信仰実践の自由を妨げないために定められている」と言う。(CJC)□



cjcpress at 18:02|Permalinkclip!

#139◎英女王偽電話で自死の看護師に遺書が

CJC130429=AF0429=W=E=P=#139◎英女王偽電話で自死の看護師に遺書が

 【CJC=東京】ウィリアム英王子の妻キャサリン妃が入院していたロンドンの病院に昨年12月、豪ラジオ局がかけたいたずら電話を受けた看護師のジャシンサ・サルダナさん(当時46)が自殺した事件で、サルダナさんが豪ラジオ局のパーソナリティーを非難する遺書を残していたことが分かった。
 偽電話事件は世界のメディアが取り上げられ、サルダナさんは3日後、首をつった遺体となって発見された。
 サルダナさんは病院の上司らに宛てた遺書とみられる手書きのメモ3枚を残していたが、4月28日付の英紙サンデー・タイムズによると、サルダナさんのメモには同僚らへの謝罪と感謝の言葉とともに、「この行為(自死)はオーストラリア・ラジオ局のメル・グレイグとマイケル・クリスチャンのせいです」と書かれていた。AFP通信が報じた。(CJC)□



cjcpress at 16:59|Permalinkclip!

#138◎シリアで正教会大主教2人拉致

CJC130429=NY0422=M=K=P=#138◎シリアで正教会大主教2人拉致

 【CJC=東京】人権抑圧監視団体『ワールド・ウォッチ・モニター』によると、シリア正教会イブラヒム大主教(アレッポ)とギリシャ正教会のブーロス・ジャズィジ大主教は4月22日、トルコ国境付近を自動車で旅行中、何者かに拉致された、と『アッシリア民主組織』のジャミル・ディアルバケルリ氏が語った。
 2人はこの2月に拉致されたアルメニア典礼カトリック教会のミケル・カイヤル司祭とギリシャ正教会のマヘル・マーフォウス司祭の解放の道を探ろうとしていたと言う。
 自動車を運転していたファタッラ・カブウド氏は殺された。ただディアルバケルリ氏は、シリア教会筋の話として、カブウド氏が主教事務所に誘拐を伝えに来た後に、アレッポの別の場所で銃撃されたと語っている。自動車には4人乗っていたが、脱出した人の所在は不明。政府、反政府勢力双方が、拉致を相手の仕業と非難している。
 シリア官営通信SANAは、2人が人道的な活動に従事しているところ、クファル・ダエル村で「テロリスト」に拘束された、と報じている。反政府活動家は、2人が22日早朝トルコ南部から反政府勢力が制圧していたバブ・アル=ハワ国境を通過、シリアに戻った、と言う。
 23日になって大主教たちが釈放されたと伝えられたが、その後否定されるなど、情報は錯綜している。
 内乱が激化すると共に、シリアではイスラム教徒の間でも抗争が激化、スンニ派の最高指導者がダマスカスのモスクが爆破された際に殺害されるなどの事件があったが、少数派キリスト者の高位聖職者が危害にさらされることはなかった。
 『ワールド・ウォッチ・モニター』は、今回の拉致が、イブラヒム大主教が英BBC放送に、シリア内乱でキリスト者が狙われることはなかったと語った1週間後に起きたことに注目している。大主教は、バシャル・アル=アサド大統領を支持し、シリアから脱出しないよう信徒に要請していたが、ここへ来て政府批判に転じた。13日のBBC放送とのインタビューでは、キリスト者の約3分の1がすでに出国しているが、「身の安全が脅かされ、脅迫も日常的になっている」ことを考えると、無理もない、としていた。
 17日、ギリシャのメルキト典礼カトリック教会総主教グレゴリー3世は報道陣に、シリアのキリスト者1000人以上が殺害され、教会20カ所が破壊されたと語っている。(CJC)□



cjcpress at 16:39|Permalinkclip!

#137◎教皇が初めてローマ教区司祭を叙階

CJC130429=VR0421=V=E=K=#137◎教皇が初めてローマ教区司祭を叙階

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、バチカンで4月21日、司祭叙階式をとり行われた。同日はカトリック教会の「世界召命祈願日」。教皇パウロ6世が1964年に制定して以来、今年で50回目。
 サンピエトロ大聖堂で行われたミサの中で、教皇はローマ司教として初めて、同教区の10人の助祭を司祭に叙階した。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、新司祭はイタリア人6人をはじめ、インド出身2人、アルゼンチンとクロアチア出身各1人。
 説教で教皇は、キリストの体としての教会の構築に協力するよう、主イエスがあなたたちを選んだと述べ、「皆さんは司牧者であり、役人ではありません」「常に良き羊飼いイエスを目の前に思い浮かべてください。良き羊飼いは、仕えられるためでなく、仕えるために、そして道に迷った者を救うために遣わされたのです」と語った。(CJC)□


cjcpress at 14:08|Permalinkclip!