2013年10月

2013年10月31日

◎キリスト教系誌をマレーシア空港で一時差し押え

CJC131031=1029=#335◎キリスト教系誌をマレーシア空港で一時差し押え

 【CJC=東京】「神」を表す語として非イスラム教徒が「アラー」を使用することは認められないとする控訴審判決が出たマレーシア。問題の発端となったキリスト教系週刊誌『ヘラルド』2000部が空輸先のサバ・サラワク州コタキナバル空港で10月24日一時差し押えられた。マレー半島部とサバ・サラワク州で異なる扱いが認められたことからの混乱と見られている。
 教会側が内務省に抗議し、27日に差し押えは解除された。□


cjcpress at 00:16|Permalinkclip!

2013年10月30日

◎教皇がスー・チー氏と会見、宗教間の対話強調

CJC131029=1029=#334◎教皇がスー・チー氏と会見、宗教間の対話強調

 【CJC=東京】教皇フランシスコは10月28日、欧州歴訪中のアウン・サン・スー・チー氏とバチカン(ローマ教皇庁)使徒宮殿の教皇書斎で会見した。同氏は政治犯として自宅軟禁されていたが、獄中でノーベル平和賞を受賞した。ミャンマー最大野党『国民民主連盟』(NLD)党首。教皇は、ミャンマーで頻発する仏教徒とイスラム教徒の衝突を念頭に、宗教間の対話の必要性を強調した。
 バチカン報道事務所長のフェデリコ・ロンバルディ神父は「教皇とアジア世界の象徴的存在との間に一致と合意の感覚が満ちていた」と記者団に述べた。教皇はアジア大陸訪問の願いをスー・チー氏に語ったと言う。□


cjcpress at 21:41|Permalinkclip!

2013年10月29日

〇タデウシ・マゾビエツキ元ポーランド首相死去

10月28日、ワルシャワの病院で死去、86歳。自主管理労組「連帯」の民主化要求運動をレフ・ワレサ議長(後の大統領)らと率い、戒厳令が敷かれた81年から1年間投獄された。(CJC)


cjcpress at 01:29|Permalinkclip!

2013年10月28日

◎復古カトリック教会と欧州聖公会が一致目指す

CJC131028=EK1024=#333◎復古カトリック教会と欧州聖公会が一致目指す

 【CJC=東京】欧州の復古カトリック教会と聖公会がより深い「聖体」関係に入ることで合意した。協働、組織共通化への方策を探り、全欧州規模で一つの教会となるという究極的な目標に向かって進もうというもの。
 欧州聖公会は主教会議を10月17日から20日までローマで開催、復古カトリック教会(ユトレヒト連合)のヨリス・フェルカンメン大主教の説示を受けて2決議を採択した。大主教は両教会に対し、「境界線を乗り越え」「変革の主体」となるよう勧告した。
 決議の一つは、翼下の教会に、近隣の復古カトリック教会と、礼拝、活動などで相互の宣教を推進、相手の伝統について知識と理解を深めることで協力の道を探ることを推奨するもの。
 もう一つは、聖公会主教会議担当の主教を支持し、「キリストにおける共通の生命を育成発展させるため」復古カトリック教会のユトレヒト大主教を支持するというもの。□


cjcpress at 22:18|Permalinkclip!

◎将来、システィナ礼拝堂への入場制限も

CJC131028=1021=#332◎将来、システィナ礼拝堂への入場制限も

 【CJC=東京】バチカン博物館のアントニオ・パオルッチ館長が10月17日、システィナ礼拝堂への入場制限を検討している、と語った。
 同礼拝堂では、2014年末までに新空調システムを稼働させる計画で、ほこりや湿気、二酸化炭素を除去し、ミケランジェロの作品の退色などを防ぐ。ただ今年は550万人と推定されるほど、入場者が近年激増、汚染が進行しており、新システムでも空気浄化が追いつかない場合には、制限もやむをえない、と言う。□


cjcpress at 20:15|Permalinkclip!

〇米合同メソジストが同性愛教義めぐり緊張

 米合同メソジスト教会最高審判所がバルティモアで10月23日、同性愛者に関する教義に反対する教職の動きが活発化している事態を検討。(CJC)


cjcpress at 19:58|Permalinkclip!

〇WCCの『緑の村』コンペ受賞者決まる

 ジュネーブの設計事務所『LRS・アーキテクツ・サール』を選定、『エキュメニカル・センター』と世界教会協議会事務所再開発を目指す。(CJC)


cjcpress at 19:47|Permalinkclip!

◎「家庭はいのちの共同体」と教皇が家庭評議会関係者に

CJC131028=V1025=#331◎「家庭はいのちの共同体」と教皇が家庭評議会関係者に

 【CJC=東京】教皇フランシスコは10月25日、教皇庁家庭評議会の関係者と会見した。同評議会(議長=ヴィンチェンツォ・パリア大司教)は、カトリック教会の『家庭の権利に関する憲章』発表30周年をテーマに、23日からバチカンで定例会議を開催していた。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇は会議参加者らに「家庭はいのちの共同体」「愛し、対話し、人のための犠牲と、いのちの保護を学ぶ場所」「家庭は世界と歴史を動かすエンジン」と強調。わたしたちはこの家庭という共同体を守らなくてはならないと述べた。
 教皇は、子どもや高齢者を大切にしない社会の未来は暗いとして、子どもたちやお年寄りのために献身することを家庭を通して学ばなければならないと指摘した。□


cjcpress at 19:12|Permalinkclip!

◎独カトリック教会「ぜいたく司教」の執務停止

CJC131028=1024=#330◎独カトリック教会「ぜいたく司教」の執務停止

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所は10月23日、独西部リンブルク教区のフランツ=ペーテル・テバルツファンエルスト司教(53)が、「司教職を続けられる現状ではない」として職務執行を停止され、同教区から遠隔地に離れるよう指示された、と発表した。
 同司教は2008年1月赴任後、3100万ユーロ(約41億5000万円)を使って司教館の建設や改装に着手。個人用の礼拝堂を設置したほか、豪華な浴槽やテーブルを購入した。また、貧困者支援を目的とした昨年のインド訪問では、飛行機のファーストクラスを利用した。経費にはキリスト者が政府に納める「教会税」が使われたと見られる。実態が明らかになるに連れ、抗議の声が高まり、教皇フランシスコが同司教をバチカンに召喚、事情を聴取した。
 教皇フランシスコは「貧者の教会」を掲げており、「ぜいたく司教」(独メディア)を事実上更迭したとみられる。□


cjcpress at 18:51|Permalinkclip!

◎「ピース・トレイン」北朝鮮は通らず

CJC131028=1028=#329◎「ピース・トレイン」北朝鮮は通らず

 【CJC=東京】韓国・釜山で10月30日から開かれる世界教会協議会(WCC)大会へ向けて同国教会協議会(NCCK)と大会主催委員会が計画した「ピース・トレイン」が7日、ドイツのベルリンを出発、28日に釜山に到着した。モスクワ、イルクーツク、北京、平壌、ソウルを経由して釜山に到着する計画だったが、北朝鮮から直前になって入国許可が出ず、一行は中朝国境の丹東からフェリーで韓国・仁川フェリー・ターミナルに到着するなど経路が変更された。
 「乗客」約130人は教会や社会奉仕団体の代表。韓国の他、アフリカ諸国、インド、欧米各国、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジルから参加した。□


cjcpress at 17:51|Permalinkclip!