2014年08月

2014年08月27日

〇警官射殺の黒人青年葬儀でシャープトン牧師が「われわれへの軽蔑には怒りを感じてきた」と。(CJC)




cjcpress at 05:27|Permalinkclip!

〇シアトルのメガチャーチ創設者マーク・ドリスコル牧師が不正行為で辞任必至。(CJC)




cjcpress at 05:16|Permalinkclip!

〇シリアで誘拐されていた米人ジャーナリスト、カーチス氏が釈放された。25日発表。(CJC)




cjcpress at 04:58|Permalinkclip!

〇エキュメニカル総主教もイラクの少数派宗教迫害を非難、対話と人道援助を13日呼びかけ(CJC)




cjcpress at 04:32|Permalinkclip!

〇ISIS(イスラム国)が教皇フランシスコに狙いを着けている、との情報に、バチカンは「根拠無い」と。(CJC)




cjcpress at 04:25|Permalinkclip!

2014年08月25日

◎教皇、来年の訪日に強い意欲

CJC140825=K0818=#255◎教皇、来年の訪日に強い意欲

 【CJC=東京】韓国訪問を終えた教皇フランシスコは8月18日午後、同行記者団と特別機中で会見し、日本政府などが招請している来年の訪日について「行けるなら素晴らしいことだ」と強い意欲を示した。
 教皇は早期の中国訪問への希望も表明、今回の訪韓を機にアジア外交を積極展開していきたいとの考えを鮮明にした。
 教皇は、イラク情勢についても言及。過激派「イスラム国」の侵略をやめさせることの正当性を認めた上で、介入方法は「一国で決めるべきではない」として米国による軍事介入に難色を示した。□


cjcpress at 21:38|Permalinkclip!

〇新・大阪大司教に前田万葉司教

 教皇フランシスコが8月20日、大阪大司教区の池長潤大司教の後任として任命した。(CJC)


cjcpress at 21:37|Permalinkclip!

◎建設的対話を希望、と中国外務省

CJC140825=J0820=#254◎建設的対話を希望、と中国外務省

 【CJC=東京】中国外務省の華春瑩・副報道局長は8月19日、断交状態にあるバチカン(ローマ教皇庁)と「建設的な」対話を行い、関係改善を進める考えがある、と明らかにした。共産党機関紙・人民日報系の環球時報(英語版)が20日報じた。
 中国政府は教皇フランシスコが韓国訪問の際、搭乗機の領空通過を初めて許可。教皇は領空通過の際、往路、復路の2回にわたり中国に親善メッセージを送った。
 教皇は帰途の18日、機内で記者団に「あすにでも中国に行きたい」と関係改善への意欲を示した。ただ「教会は中国内での活動の自由を求めている。その他の条件はない」とも述べ、公認カトリック団体の活動しか認めていない中国をけん制した。
 華副局長は「中国政府は法に基づき宗教の自由を尊重し保護している」と反論している。□


cjcpress at 21:29|Permalinkclip!

◎教皇の電報は中国との雪解け前兆か

CJC140825=Z0818=#253◎教皇の電報は中国との雪解け前兆か

 【CJC=東京】教皇が空路、外国を訪問する際、通過国に電報を送るのは、慣例とされている。今回の韓国訪問に当たって、初めて上空通過を認めた中国に教皇は、習近平主席と中国人民に宛てて神の祝福を祈った。
 教皇ヨハネ・パウロ2世が1989年に東アジアを訪問した際には、中国は領空通過を拒否し、教皇はソ連回りを余儀なくされた。その時はミハイル・ゴルバチョフ書記長に電報を送っている。
 今回の訪問の目的が『アジア青年の日』への出席だったこともあり、中国の信徒も韓国への巡礼旅行を申請したものの、「中国内部の複雑な事情」から渡航が認められないケースもあった。ただフタを開けて見れば、中国本土の青年信徒約300人がミサに出席していた。
 中国政府は、バチカン(ローマ教皇庁)が台湾との外交関係を断絶するよう求めており、また司教任命にバチカンの介入を拒否するなど、微妙な関係が続いている。
 それでも、教皇フランシスコが選出された時には祝福の電報が送られるなど、前向きの兆しも見られる。
 今回の中国領空を教皇が通過したことを、共産党機関紙『人民日報』の国際版『環球時報』は、「中国とバチカン関係の前向きな展開」と報じた。しかし、国交樹立にはほど遠いと警告している。□


cjcpress at 21:17|Permalinkclip!

◎北朝鮮のキリスト教に変化の兆し

CJC140825=CN0818=#252◎北朝鮮のキリスト教に変化の兆し

 【CJC=東京】北朝鮮ではキリスト者はかつて「バチカン(ローマ教皇庁)のスパイ」と見なされていた。しかしこの所の宣教師への対応を見ると、北朝鮮にも変化の兆しがある、と米CNN放送が伝えている。
 聖心宣教会のジョン・パーク神父は、2000年以来、北朝鮮が公認したカトリック教会の「常連客」として歓迎されている。「初めてチャンチュン教会にたどり着いた時は、北朝鮮の信徒が出て来たかと思うとすぐに同行した修道女の所に走り寄り、泣き出しながら跳ね回った」とパーク神父。「人々は修道女を50年も見たことがなかったのだ。そこでこの人たちが本物の信徒だと分かった」と言う。
 北朝鮮は宗教を迫害しており、いくつかある公認の教会も、信教の自由があるという印象を与えるために存在しているだけだ、と米国では見ている。
 カトリック教会は「沈黙の教会」。バチカン(ローマ教皇庁)との連携はなく、在住神父はいない。□


cjcpress at 21:01|Permalinkclip!