2015年10月

2015年10月19日

◎バチカン教理省勤務の神父が同性愛公表

CJC151019=AF1003=#363◎バチカン教理省勤務の神父が同性愛公表

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)教理省に勤めるポーランド出身のハラムサ神父(43)が10月3日、自身が同性愛者だと公表した。

 ハラムサ神父は、ローマでパートナーと共に記者会見に臨み、「祈り部屋から飛び出した。とても幸せだ」と述べるとともに、教会に「同性愛者の苦しみや愛への渇望に目を向けよ」と訴えた。□


cjcpress at 21:27|Permalinkclip!

◎バチカン担当者が中国側と会談

CJC151019=UC1011=#362◎バチカン担当者が中国側と会談

※関連記事、配信番号#356≪◎中国で宗教支配強化の兆し≫

 【CJC=東京】香港に本拠を置くカトリック通信UCANは10月16日、バチカン(ローマ教皇庁)の外交担当者が10月11日、北京に到着、中国側と会談したと伝えた。

 バチカン代表団は、中国側との会談を終えて既にローマに戻ったとUCANは報じている。会談に参加した双方の代表団の構成や人数、議題は明らかになっていない。ただ宗教の「中国化」を推進している問題に関する外交担当者の会談と見られている。さらに中国側は国務院宗教局の関係者も参加した模様。

 中国は1951年にバチカンと断交。中国のカトリック教会は政府公認の『中国天主教愛国会』と、教皇に忠誠を誓う非公認の「地下教会」に分かれ、バチカンと中国は、司教の任命権限を巡って対立している。

 前任教皇ベネディクト16世時代に対中接触を担当したバチカンのピエトロ・パロリン国務長官は11日、「教皇は中国行きを望んでおり、門戸が開かれればすぐにでも出かけると思う」と述べた。□


cjcpress at 21:16|Permalinkclip!

◎韓日NCCが「教科書国定化・集団的自衛権に反対」

CJC151019=Ch1019=#361◎韓日NCCが「教科書国定化・集団的自衛権に反対」

※関連記事配信番号#355≪◎韓日NCCが11年ぶりに共同協議会≫

 【CJC=東京】韓国キリスト教教会協議会(NCCK)は、歴史教科書の国定化と日本の集団的自衛権法に反対するため、日本キリスト教協議会(NCCJ)と北東アジア平和のために共同対応することにした。現地紙『中央日報』(日本語電子版)が報じた。

 韓国キリスト教教会協議会は10月15〜17日にソウルで開かれた第9回韓日教会協議会共同協議会で「わい曲された歴史観に基づいた歴史教科書問題が韓日両国の未来に深刻な悪影響を及ぼすことを憂慮する」として韓国の国定教科書反対運動に力を合わせることにした、と18日明らかにした。

  また、日本の安倍政権の安全保障関連法案の強行通過にも憂慮を示しながら、両教会協議会が平和憲法の精神を守るためにも連帯していく、としている。□


cjcpress at 19:19|Permalinkclip!

◎ニューヨーク州の教会で10代兄弟を両親が暴行

CJC151019=AF1016=#360◎ニューヨーク州の教会で10代兄弟を両親が暴行

 【CJC=東京】米ニューヨーク州オナイダ郡ニューハートフォードのワード・オブ・ライフ教会で開かれていた霊的カウンセリング集会で、19歳と17歳の兄弟が暴行を受け、兄が死亡、弟が重傷を負う事件があった。地元警察が10月15日、発表した。兄弟の両親を含む6人を殺人や暴行の容疑で逮捕したという。AFP通信が報じた。

 警察当局によると、父親のブルース・レナード容疑者(65)と母親のデボラ・レナード容疑者(59)は、第1級故殺の重罪に問われている。同教会の会員4人が第2級暴行罪で訴追されている。

 近隣住民は地元ニュースサイト『シラキュース・コム』に、事件が起きた教会は「カルト集団」で、元は学校だった建物で真夜中に集会を開き歌ったり祈ったりしていたと話している。□


cjcpress at 18:56|Permalinkclip!

◎ジャスティンの新アルバムがイスラム圏で発禁?

CJC151019=DM1013=#359◎ジャスティンの新アルバムがイスラム圏で発禁?

 【CJC=東京】英紙デイリー・メールによると、話題を呼ぶ行為でメディアを飾るカナダの歌手ジャスティン・ビーバーが新曲「Purpose」のジャケットに使う写真を10月9日発表したが、そのイメージがあまりにキリスト教的で挑発的すぎるとの理由から、イスラム教の国々から敬遠されているという。

 問題のジャケットは、上半身裸のジャスティンが、祈るような姿勢で下を向いたもので、胸の中央に彫られた十字架のタトゥーがはっきり見えるもの。

 ジャスティンの事務所は、すべての国でアルバムが発売できるよう急ぎジャケットの写真やデザインを変更することも検討しているという。

 ジャスティンはキリスト教に傾倒していることを明らかにしており、「僕自身はキリストを愛しているし、それが僕の救いなんだ」と米男性誌『コンプレックス』10・11月号で語っている。□



cjcpress at 17:50|Permalinkclip!

◎アパレシーダに巡礼30万人、教皇17年訪問も

CJC151014=Ni1014=#358◎アパレシーダに巡礼30万人、教皇17年訪問も

 【CJC=東京】ブラジル・サンパウロ州のアパレシーダ聖堂には同国の連休中、約30万人の巡礼者が訪れた。邦字紙ニッケイ新聞などが報じた。

 巡礼者が最も多かったのはやはり「聖母アパレシーダの日」10月12日で、この日だけで18万人が訪問した。同日朝の最初のミサには3万人が集まり、サルバドール教区のムリロ・セバスチアン・クリエジェル大司教がミサを取り仕切った。

 アパレシーダの責任者であるブラジリア教区のライムンド大司教は、家庭に関する司教会議出席のためバチカン(ローマ教皇庁)にいるが、同司教はバチカン放送で、2017年に教皇がアパレシーダを訪れる予定と発表した。同年は、アパレシーダのシンボルである褐色の聖母マリア像が発見されて300周年の記念年にあたる。

 教皇は13年7月に「世界青年の日」出席のためリオデジャネイロを訪れた際、アパレシーダにも立ち寄っている。□



cjcpress at 17:13|Permalinkclip!

◎トルコ首都で親クルド集会に爆弾、最悪の自爆攻撃

CJC151019=R1510=#357◎トルコ首都で親クルド集会に爆弾、最悪の自爆攻撃

 【CJC=東京】ロイター通信によると、トルコの首都アンカラの主要鉄道駅近くで10月10日午前10時ごろ、親クルド派などによる集会を狙った自爆攻撃とみられる爆発が2回あり、少なくとも95人が死亡、246人が負傷した。同国での自爆攻撃としては過去最悪の惨事となった。

 政府と武装組織『クルド労働者党』(PKK)の戦闘再開で数百人の犠牲者が出ていることへの抗議のため、クルド系野党・人民民主党(HDP)支援者、左派活動家、労働組合、市民グループなどのデモが開かれていた。□



cjcpress at 16:45|Permalinkclip!

◎中国で宗教支配強化の兆し

CJC151019=UC1009=#356◎中国で宗教支配強化の兆し

 【CJC=東京】香港に本拠を置くカトリック系通信『UCAN』が、中国共産党は、習近平政権成立3年を迎え諸宗教への統制に本腰を入れている、と報じた。宗教問題を扱う『中国民族報』の10月8日論文を紹介したもの。

 同紙論文は、特定の宗教を取り上げてはいないものの、教会、聖職者、教区などを匂わす表現があるところから、カトリック教会始めキリスト教会を対象としていることは確か。

 習国家主席は、中国の体制に与える外国の影響を徹底的に排除しようとしている、と論文は指摘している。中国国内では全ての宗教は宗教団体によって運営されなければならない、という。「中国外のいくつかの集団や個人がこのことに懸念を持つ必要はない」としている。

 「宗教統制が強化されることは明らか」と自称「ペテロ神父」がUCAN通信に語っている。「これまでは理論や掛け声だった。今ではそれが戦うべき本物の試合になった」。□


cjcpress at 16:35|Permalinkclip!

2015年10月15日

◎韓日NCCが11年ぶりに共同協議会

CJC151015=Yo1015=#355◎韓日NCCが11年ぶりに共同協議会

 【CJC=東京】韓国の聯合ニュースによると、韓国キリスト教会協議会(NCCK)と日本キリスト教協議会(NCCJ)の共同協議会が10月15日、ソウルのキリスト教会館で開幕した。両団体の共同協議会開催は2004年以来11年ぶり。

 協議会は「北東アジアの平和=日本と韓国教会の役割」をテーマに17日まで開催される。

 聯合ニュースは、協議会が日米防衛協力指針の改定や、集団的自衛権の行使容認を含む日本の安全保障関連法の成立、旧日本軍の慰安婦問題などをめぐり、平和への懸念が高まる中、両国教会の協力策を模索する、と報じた。□


cjcpress at 18:21|Permalinkclip!

◎教皇が一連のスキャンダルに公式謝罪

CJC151015=AF1014=#354◎教皇が一連のスキャンダルに公式謝罪

 【CJC=東京】AFP通信は、教皇フランシスコが10月14日、水曜恒例のサンピエトロ広場での一般接見の冒頭、「わたしは教会を代表し、最近ローマとバチカンで起きたスキャンダルについて、皆さんに許しを乞いたい」と発言したと報じている。

 教皇は、聖書の一説を引用し、「スキャンダルが起きるのは避けられないが、『罪の誘惑のもとになる人は、わざわいである』」と述べた。AFP通信は、予想外の公式謝罪としている。□


cjcpress at 18:07|Permalinkclip!