2015年12月

2015年12月31日

≪連絡≫2015年の配信を終わります。

 この1年のご支援に感申し上げます。どうぞ良い新年をお迎えになられますよう、お祈りいたします。(主宰者)



cjcpress at 23:08|Permalinkclip!

◎イエスの幼年期の観想へと、教皇一般接見で招く

CJC151231=V1230=#433◎イエスの幼年期の観想へと、教皇一般接見で招く

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、バチカン(ローマ教皇庁)で12月30日、2015年最後となる水曜恒例の一般接見を行った。教皇は「いつくしみの聖年における降誕祭」をテーマに講話した。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、人となられた神の御子、イエス・キリストの幼児・少年時代は、わたしたちの信仰にとって特別な意味を持つものであり、キリストの十字架上の死と復活が贖い主としての愛の最高の表現であるとしても、イエスの地上の生涯全体が啓示であり、教えであることを忘れてはならない、と教皇は述べた。

 教皇は、わたしたちが信仰のうちに成長するためには、しばしばイエスの幼年期を観想する必要があるとしながらも、イエスの子ども時代についての福音書の記述はそれほど多くはなく、わたしたちは多くを知らないが、子どもたちの生活を観察することで、幼子イエスから多くを学ぶことができると述べた。□


cjcpress at 23:02|Permalinkclip!

◎英国国教会指導者が中東でのキリスト者狆談猫畄念

CJC151229=AF1225=#432◎英国国教会指導者が中東でのキリスト者狆談猫畄念

 【CJC=東京】英国国教会の霊的最高指導者カンタベリー大主教ジャスティン・ウエルビー氏が12月25日、中東でのキリスト者は過激派『イスラム国』の脅威にさらされ、狆談猫瓩垢觀念がある、と指摘した。AFP通信などが報じるところでは、大主教は『イスラム国』を、暴虐な王として聖書に登場するヘロデ王の現代版だと述べている。

 『イスラム国』は中東各地でキリスト者、ヤジーディー教徒、イスラム教シーア派など少数派に攻撃を加え、父祖の地から数千人を殺害して古代からの共同体を根絶しようとしていると言う。

 「彼らは差異に憎悪感を持っている。イスラム教徒であれ、ヤジーディー教徒であれ、キリスト者であっても同じことだ。そこでキリスト者は信仰が始まったその地で根絶に直面しているのだ」とカンタベリー大主教がクリスマスの説教で指摘した。「この啓示は彼ら自身によって示され、死の天使によってのみ伝えられる」。

 大主教は『イスラム国』をヘロデ王になぞらえ。王は一族の中からも犠牲者を出したとされ、聖書には、救い主イエスの誕生を阻止するため、ベツレヘムで生まれた男児を殺したとの記述がある。

 中東は、キリスト者など少数派の昔ながらの共同体の「故郷」の地ではあるが、近年は戦禍と宗教的不寛容が激化したことが影響し、脱出者が急増、狆談猫瓩隆躓,砲気蕕気譴討い襦□


cjcpress at 14:34|Permalinkclip!

2015年12月28日

◎イラク軍が『イスラム国』からラマディ奪回

CJC151228=1227=#431◎イラク軍が『イスラム国』からラマディ奪回

 【CJC=東京】イラク軍が過激派組織『イスラム国』に占拠されていた中西部アンバル州の州都ラマディを制圧、奪回した。ラマディは首都バグダッドの西方約100キロにある要衝で、5月に『イスラム国』が支配下に置いた。

 イラク軍報道官は12月27日、ラマディで『イスラム国』との戦闘に勝利したと宣言した。軍が同日、『イスラム国』の拠点だった中心部の政府庁舎を制圧し、『イスラム国』戦闘員は全て撤退したと表明、「我々がラマディで『イスラム国』を打ち負かしたことを意味する」と述べた。ただ『イスラム国』は市街地に多数の爆発装置を仕掛けており、残存勢力が抵抗を続ける可能性もある。

 イラク軍は12月8日にラマディ南西部を奪還、米軍主導の有志連合が空爆で奪還作戦を支援した。『イスラム国』は自爆攻撃や狙撃で激しく抵抗し、住民を「人間の盾」に使って襲撃を阻もうとしていた。□



cjcpress at 21:11|Permalinkclip!

◎『イスラム国』は身代金で稼ぐ、とロシア・メディア

CJC151228=1227=#430◎『イスラム国』は身代金で稼ぐ、とロシア・メディア

 【CJC=東京】ロシア・メディア『スプートニク』(日本語電子版)が、報じるところでは、ロシアで活動が禁止されているテロ組織『イスラム国』が、仲介者を通じて渡された身代金と引き換えに、キリスト教を信仰するアッシリア人25人を解放した。

 シリアのアル・ハスカ県のアッシリア人コミュニティの代表者が、「我々は仲介者を通して、捕虜となっていたアッシリア人25人の解放について合意することに成功した。我々は引き換えにテロリストらに身代金を渡した。まだ約80人のアッシリア人が捕虜となっている」と語ったという。

 『イスラム国』は2015年2月、アル・ハスカ県で、キリスト者たちが住む36の村を掌握した。リア・ノーボスチ通信によると、『イスラム国』は、古代から存在している教会を破壊し、一般市民数十人を殺害し、300人以上のアッシリア人を捕虜にした。アッシリア人のコミュニティ(共同体)は身代金を支払い、高齢のアッシリア人など約190人の解放に成功している。□




cjcpress at 19:48|Permalinkclip!

◎争乱のなか、聖地は閑散としたクリスマス

CJC151228=1228=#429◎争乱のなか、聖地は閑散としたクリスマス

 【CJC=東京】イエス・キリストが生まれたと聖書が記すベツレヘム、今ではパレスチナ自治区にある。十字架に架かって死なれたというエルサレムはイスラエルにある。例年、クリスマスには、ベツレヘムもエルサレムも世界中からの大勢の観光客や巡礼でにぎわうが、2015年10月以降はイスラエルとパレスチナの緊張が続き激化、パレスチナ人による襲撃事件やイスラエル軍とパレスチナ人との衝突で双方の死者は130人を超えた。

 ベツレヘムはイスラエル側と隣接しており、連日の衝突が繰り返されている。治安面の懸念から客足が遠のき土産物屋は閑散としている。また高級ホテルはイスラエル軍が使用する催涙弾のガスにさらされ、宿泊客が例年の3割程度に落ち込んだという。それでもクリスマスの25日には、恒例のミサが行われ平和への祈りがささげられた。

 教皇フランシスコは、24日午後9時半から、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂で主の降誕の深夜ミサを行なった。カトリック教会では8日から重要な宗教行事期間「いつくしみの特別聖年」(2016年11月20日まで)が始まっている。

 イタリア治安当局は聖年期間に合わせてバチカン周辺の警備を強化した。サンピエトロ広場周辺には金属探知機が設置され、24日から27日まで一帯への自動車乗り入れが禁じられた。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、深夜ミサでは、冒頭に主の降誕を告げる「カレンダ」が朗唱された。教皇は祭壇前のまぐさ桶の覆いを取り除き、幼子イエス像に献香。続いてケニア・ウガンダ・中央アフリカ・スリランカ・フィリピンなど、教皇が今年訪れた国々の子どもたちが花輪を幼子に捧げた。

 説教で教皇は、宿がなく、馬小屋のまぐさ桶に寝かされた幼子イエス、世の貧しさの中に生まれた神の御子の降誕の神秘を観想するよう招かれ、神の栄光の光は、この何も無い所からあふれると説いた。そして、消費や享楽、豊かさに目を奪われがちな現代社会に対し、節制した態度、簡素で本質的な生き方を呼びかけた。

 さらに教皇は降誕の主日25日正午には、大聖堂の中央バルコニーから、広場を埋めた数万人の信者らを前に、ローマと世界に向けて祝福とメッセージ「ウルビ・エト・オルビ」をおくった。この日のローマは青空が広がり、例年より温かいクリスマスとなった。

 教皇はメッセージで、「イエスだけが、イエスのみがわたしたちを救うことができるのです。神のいつくしみだけが人類を様々な形の、時には恐ろしいほどの悪やエゴイズムから解放することができるのです。神の恵みが心を改めさせ、人間の力では解決できない状況に出口を見出させてくれる」と語りかけた。

 さらに教皇は、「神がお生まれになったところに、希望が生まれます。神がお生まれになったところに、平和が生まれます。そして平和が生まれたところには、憎しみと戦争のための場所はもうありません。それにも関わらず、神の御子が人となってこの世に来られた場所で、緊張と暴力が続き、平和は祈り構築するべきものとなっています。イスラエルとパレスチナが直接対話を再開することで、双方の人民が調和のうちに共存し、中東地域に重大な影響をもたらした長い闘争を克服するための合意にたどりつくことができますように」との希望を表明した。

 中国の北京は、PM2・5の影響で市内は朝から一面真っ白で、思わぬ形の「ホワイトクリスマス」となった。またクリスマスに西洋人に危害が加えられる可能性があるとして、米英の大使館が中国に滞在する自国民らに警戒を呼びかけた。警官が武装して警戒にあたった。

 パリ同時多発テロから1カ月余りが過ぎた24日、フランス全土の厳重な警戒の中、キリスト者が教会のミサに参列した。テロ現場となったパリのバタクラン劇場前や周辺の教会でも、市民がろうそくに灯をともして、犠牲者を追悼した。

 過激派組織『イスラム国』などのテロを阻止するため、パリ中心部のノートルダム大聖堂などには重武装した治安要員が配置され、玄関で手荷物を点検し、信徒らは長い行列をつくって入場した。□


cjcpress at 15:26|Permalinkclip!

2015年12月21日

◎結婚無効裁判の新規則の遂行・遵守に関する教皇教書

CJC151221=V1211=#428◎結婚無効裁判の新規則の遂行・遵守に関する教皇教書

 【CJC=東京】教皇フランシスコは、結婚無効裁判の新しい規則の遂行・遵守についての教書に12月7日署名した。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇は2015年9月、結婚無効裁判の効率化を促す二つの自発教令、『ミティス・ユデックス・ドミヌス・イエズス』および『ミティス・エト・ミゼリコルス・イエズス』を8月15日付けで発布した。この2教令は、「いつくしみの聖年」が開幕した12月8日から施行が開始された。

 これより先の12月7日、教皇が署名した「結婚無効裁判の新しい規則の遂行・遵守についての教書」では、上記自発教令の施行に伴い、新しい裁判プロセス対応のため、改革の具体的内容に相反する既存規則の廃止を確認すると共に、ローマ控訴院における結婚無効裁判上の諸規則の改正を記している。

 教書は、新しく施行される規則によって、教会が傷ついた家族への寄添いの精神を表し、配偶関係上の破綻に苦しむ人々が教会の組織を通してキリストの癒しの業に与ることができるよう要望している。□


cjcpress at 22:46|Permalinkclip!

◎米で「ゾンビのキリスト」クリスマス飾りが物議

CJC151221=C1214=#427◎米で「ゾンビのキリスト」クリスマス飾りが物議

 【CJC=東京】米国ではクリスマスが近づくと、民家の庭などでキリスト生誕シーンを再現した飾りを見かける。オハイオ州シンシナティ郊外の住宅地にこのほど、登場人物をゾンビでそろえた飾りが出現して物議を醸した、とCNNテレビが報じている。

 話題の主、ジェイセン・ディクソン氏が自宅の前庭に建てた馬小屋の生誕シーンには、ゾンビ姿のキリストや聖母マリア、父ヨセフが配置されている。同氏は10月末のハロウィーンに近くで開催している出し物の人形などを使い回そうと思い立立った。

 ディクソン氏はフェイスブックで生誕シーンを「素晴らしい芸術作品」と紹介し、自分たちが不信心な家族というわけではないと主張している。

しかしこの飾りには「神がまゆをひそめている」と書いた文書が届くなど、批判的な声が集中。さらに12月2日には町当局から、「建築規制に反するのでただちに撤去するように」との通知を受けた。

 行政当局はCNNの取材に対し、「飾りの内容は無関係。高さが4・5メートルもあり、前庭の建造物は高さ1・5メートルまでにとどめるという町の規則に違反しているからだ」と説明した。撤去または改修に応じない場合、500ドル(約6万円)の罰金を科される。

 ディクソン氏は、罰金に備えてネット上で資金集めを始めたが、その後、規則に違反していた屋根部分を撤去した。当局の罰金命令は撤回されたという。□


cjcpress at 22:18|Permalinkclip!

◎教皇が2月にメキシコ訪問、「麻薬・貧困」視察

CJC151221=K/m1214=#426◎教皇が2月にメキシコ訪問、「麻薬・貧困」視察

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は12月12日、教皇フランシスコが来年2月12〜18日の日程でメキシコを訪問すると発表した。

 麻薬犯罪や貧困対策が課題の問題とされている北部チワワ州など米国との国境地域を訪れる予定。移民問題や麻薬撲滅への取り組みを重要視する教皇の姿勢を示すものとなろう。

 アルゼンチン出身でもあることから、教皇はカトリック信徒が多い中南米で人気が高い。2013年の教皇就任後、初の外遊先となったブラジルを皮切りに、15年にはエクアドルとボリビア、パラグアイ、キューバを訪問している。□


cjcpress at 22:01|Permalinkclip!

◎独ベルリンの教会で「スター・ウォーズ」公開記念礼拝

CJC151221=1220=#425◎独ベルリンの教会で「スター・ウォーズ」公開記念礼拝

 【CJC=東京】ドイツ・ベルリンの教会で12月20日、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ公開記念礼拝が行われた。牧師がライトセーバーを手に、キリスト教と「スター・ウォーズ」の共通点を挙げながら、コスプレ姿の信者を前に説教した。

 会場となったミッテ区のシオン教会の礼拝には、約500人が参列した。「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(仮訳)のワールドプレミアに惹かれたと見られる。

 子どもたちは映画の中で使用される架空の武器「ライトセーバー」のおもちゃを持って参列した。

 レンガ造りの会堂では、オルガン奏者が映画のテーマ曲を演奏。牧師補の1人が映画のセリフを読み上げて礼拝が始まった。祭壇の横に設置されたスクリーンには、ルーク・スカイウォーカーがダース・ベイダーと対決し、暗黒面には落ちないと皇帝に宣言する場面が映し出されたという。

 スカイウォーカーの行動は暴力の回避が重要であることを示している、と説教では語られ、これは善をもって悪に打ち勝つよう説く新約聖書のなかのメッセージでもあると指摘された。

 この礼拝を「罪深い」と批判する投稿もソーシャルメディアにあったが、牧師は「現代の課題に向き合わなければ信仰を貫くことはできない」と述べたという。□


cjcpress at 20:01|Permalinkclip!