2017年10月

2017年10月31日

《訂正連絡》

《訂正連絡》

配信番号CJC17321=V1025《◎カトリック東京大司教に菊池功・新潟司教》の見出し、本文に「菊池功」とあるのを「菊地功」と訂正します。


cjcpress at 11:46|Permalinkclip!

2017年10月30日

◎ネパールで『改宗禁止法』成立

CJC17327=CSW1029◎ネパールで『改宗禁止法』成立

 【CJC】ヒンズー教徒が多数を占めるネパールで、ビドヤ・デビ・バンダリ大統領が10月16日、改宗や宗教感情を害する行為などを禁じる『改宗禁止法案』に署名し、同法が成立したことを、米国に本拠を置くキリスト教迫害監視団体『世界キリスト教連帯』(CSW)が20日伝えた。同法案は8月に議会で可決され、大統領の署名を待つばかりだった。

 CSWによると、バンダリ氏が法案に署名した10月16日は、国連総会でネパールが国連人権理事会(UNHRC)の新理事国15カ国の一つに選ばれたのとまさに同じ日。「冒とく法」を有するパキスタンもUNHRC理事国に選ばれた。

 ネパールでは2015年9月、憲法が改正され、新たに他人を改宗させることを禁じる条項が盛り込まれたが、実際に改宗の禁止を規定する法律はこれまで成立していなかった。□



cjcpress at 16:06|Permalinkclip!

◎ニューヨークで神父による児童性的虐待和解

CJC17326=DN1027◎ニューヨークで神父による児童性的虐待和解

 【CJC】米カトリック教会神父による児童性的虐待の被害者6人が、ニューヨーク大司教区などと和解した。同時に、加害者の神父2人の身元が明らかにされた。2人は既に死亡している。

 被害者が損害賠償請求手続きを行えるよう、教会側が設立した「独立和解補償プログラム」(IRCP)」を介して、男性5人と女性1人に合計180万ドル(約2億円)が支払われる。

 現地邦字紙『デイリー・サン・ニューヨーク』によると、被害者6人は、まだ子どもだった1959年から88年に、ブロンクス区のハーバート・ダージェニオ神父とキャスパー・ウォルフ神父から性的虐待を受けたと主張していた。□



cjcpress at 00:28|Permalinkclip!

2017年10月29日

◎豪政府が児童性虐待被害者賠償法案発表

CJC17325=AAB1026◎豪政府が児童性虐待被害者賠償法案発表

 【CJC】オーストラリアの保守連合連邦政府は、連邦と準州の公立機関において児童性虐待を受けた被害者への賠償を定める法案を10月26日上程した。

 この法案では賠償額が15万ドルを上限としており、また懲役刑を受けた前歴のある被害者を賠償から除外するという規定が盛り込まれている。

 同国のABC放送(電子版)が伝えた。

 クリスチャン・ポーター福祉事業相が連邦議会下院で法案を発表した際、「児童の性虐待の訴えに対する責任団体の反応は不十分だった。もともとこのような虐待が起きてはならなかった。賠償制度を法的に確立するのも、政府が運営していた施設で児童が性虐待を受けたのは間違っていたと政府が認めたものであり、このような信頼を裏切るショッキングな行為は起きるべきではなかったということだ」と語った。

 国内4000の施設で児童性虐待が行われていた。内訳は、カトリック施設が2000、英国教会施設が500、救世軍施設が250など。また被害者は公立施設で2万人、民間施設で4万人。

 この児童性虐待賠償制度から除外されているのは性犯罪で有罪判決を受けた者、または違法薬物、殺人、詐欺などの重大犯罪で5年以上の懲役刑を言い渡された者。

 ポーター福祉事業相は、「児童性虐待の被害者で生き延びた者がしばしば自ら犯罪に手を染めてしまう結果になることは調査委員会の報告書にあるとおりで争うことはできない。しかし制度に対して社会の信頼を得るためにはどこかで線引きが必要だ」と語った。□


cjcpress at 23:45|Permalinkclip!

◎「悪霊払い」口実にレイプ、インドの牧師を逮捕

CJC17324=AF1026◎「悪霊払い」口実にレイプ、インドの牧師を逮捕

 【CJC】インド警察当局は10月25日、悪霊払いを口実に女性2人をレイプした容疑でインド東部ビハール州のチャンドラマ・ラジ牧師を逮捕したと発表した。

 AFP通信の報道によると、逮捕されたのはインド・ミッション教会の牧師、チャンドラマ・ラジ容疑者。9月に被害者の1人が申し立てを行い、今回の逮捕に至った。

 被害にあった女性らの証言では、牧師は祈りを通じて悪霊払いをすると約束して2人を自宅に招いたという。警察は、牧師がその場でレイプしたとみている。

 インドでは性的暴行事件が頻発しており、政府統計によると2015年は3万4651件に上っている。□


cjcpress at 23:18|Permalinkclip!

◎教皇が国際宇宙ステーションの飛行士と交信

CJC17323=NH1027◎教皇が国際宇宙ステーションの飛行士と交信

 【CJC】教皇フランシスコ教皇が10月26日、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たち6人とビデオ中継で交信し、国籍や生まれ育った環境が異なる隊員たちが力を合わせて任務に当たる姿を賞賛した。

 用意されたモニターには、隊員たちの姿が映し出され、教皇は「果てしない宇宙を前に、人間の存在をどのように感じるか」などと問いかけた。

 アメリカ人の隊員の1人は「大気圏の薄さを見ると、人間がいかにもろいものか実感する。宇宙には国境も紛争もなく、国際宇宙ステーションでは国籍の異なる隊員が協力して働いていて、私たちのこうした姿が世界中の人たちの手本になればうれしい」と答えた。

 教皇は、25分間にわたった交信中、何度もうなずきながら隊員たちの話に耳を傾けた。

 最後に教皇は、「あなたたちは小さな国連のような存在。一人一人が力を合わせてより大きな力を生み出す姿は人類の模範」と述べ、内向きな姿勢が世界で広がる中で、国籍や生まれ育った環境が異なる隊員たちが力を合わせて任務に当たる姿をたたえた。□


cjcpress at 23:00|Permalinkclip!

◎欧州の低出生率に教皇が警鐘、若い世代への支援強化求める

CJC17322=AFj1029◎欧州の低出生率に教皇が警鐘、若い世代への支援強化求める

 【CJC】教皇フランシスコは10月28日、欧州の出生率が低水準にある現状に警鐘を鳴らし、将来社会で生きていく道を準備している若い世代への支援を強化するよう促した。AFP通信が報じた。

 教皇は『欧州カトリック司教会議委員会』(COMECE)が催したプログラム「欧州再考」で、「欧州がコミュニティーとしての自らを再発見することが、欧州自身と世界全体の発展の源となるのは間違いない」と述べた。

 その上で教皇は、欧州は「劇的な不妊の時期」に悩まされていると指摘。「原因は欧州の少子化や、出生の権利を否定された子どもが多すぎることばかりではなく、若い世代が将来に向き合う上で必要な物質面や文化面の手段が伝わっていない状況も一因だ」と語った。

 さらに欧州が「多数の文化や宗教が存在する点でますます際立つようになっている」とする一方、移民の同化に関しては「無関心や恐怖の壁」ができるリスクがあると警告し、移民は「負担というよりもむしろ資源である」との認識を教皇は示した。□


cjcpress at 22:04|Permalinkclip!

2017年10月25日

◎カトリック東京大司教に菊池功・新潟司教

CJC17321=V1025◎カトリック東京大司教に菊池功・新潟司教

 【CJC】教皇フランシスコは、東京大司教区の新しい大司教として、菊池功司教を任命した。バチカン放送(日本語電子版)が報じた。

 教皇は、10月25日、東京大司教区のペトロ岡田武夫大司教の引退願いを受理した。そして、同大司教区の大司教に、新潟教区のタルチシオ菊池功司教(神言会、58歳)の任命を発表した。□


cjcpress at 22:42|Permalinkclip!

2017年10月23日

◎バチカンでメキシコ先住民の少年殉教者ら35人の列聖式

CJC17320=VR1015◎バチカンでメキシコ先住民の少年殉教者ら35人の列聖式

 【CJC】バチカン放送(日本語電子版)などによると、教皇フランシスコは10月15日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場でミサを捧げ、この中で列聖式を行った。参加者は約3万5千人に達した。

 「聖人」として宣言されたのは、17世紀のブラジル、16世紀のメキシコでの殉教者、また19世紀のスペイン、17〜18世紀のイタリアで使徒職のために尽くした司祭たち、合わせて35人。

 列聖の儀式では、教皇庁列聖省長官アンジェロ・アマート枢機卿が、35人の人となりを紹介した。

 ▽アンドレ・デ・ソベラル神父、アンブロジオ・フランチスコ・フェロ神父、マテウス・モレイラ信徒と27人の同志殉教者。

 16世紀末、ブラジル東北部で、ポルトガルからの宣教師による福音宣教が開始されたが、数十年後にオランダから訪れたカルヴァン派による迫害によって、1645年、多くのカトリック教徒が殉教した。その中で名前が確認されたのが、神父2人と28人の信徒。

 ▽クリストバル、アントニオ、ホアンの少年殉教者3人。
 16世紀のメキシコの初期殉教者。3人はフランシスコ会の最初の宣教者たちによって堅固なカトリックの教育を受けた。クリストバルはその信仰のために、父から暴力を受け1527年、13歳で殉教。アントニオとホアンは宣教師たちのために先住民インディオスの通訳として奉仕、死を覚悟の上で、宣教師らが偶像を破壊するのを助け、1529年、インディオスたちに殺害された。

 ▽ファウステイノ・ミゲス神父。(スペイン1831-1925)
 1831年生まれ。50年、エスコラピオス会に入会。56年、司祭叙階。57年、キューバに同会の最初の学校を創立するために派遣された。ミゲス神父の教育における奉仕は50年以上にわたった。また、特に貧しい人や、弱い立場の人、病者に愛を注いだ。当時の貧しい女性たちの置かれた状況に、早期からの教育の必要を痛感したミゲス神父は、『牧者マリアの娘カラサンス修道会』を創立、少女たちの教育に尽くした。

 ▽アンジェロ・ダクリ神父(イタリア1669-1739)
 1669年、南イタリアのアクリ生まれ、カプチン会に入会。1700年、司祭叙階。カラブリア地方を中心に、南イタリア各地で説教師、告解師、霊的指導者として精力的に奉仕した。1726年、アクリに同会の修道院を創立したほか、各地の修道院で修練長を務め、38年間の熱心な使徒職の後、帰天した。

 教皇は、「彼らは、愛することに、安易に『はい』と言ったのではありません。自らの命を懸け、まさに最期に至るまで『はい』と言ったのです」と語った。□




cjcpress at 19:13|Permalinkclip!

◎アラブ語聖書をスーダン当局が今も輸入差し押さえ

CJC17319=MSN1020◎アラブ語聖書をスーダン当局が今も輸入差し押さえ

 【CJC】英国の左翼系通信『モーニング・スター・ニュース』が報じるところでは、スーダン当局が紅海沿岸のポートスーダンで、首都ハルツームへ向けたアラブ語聖書のコンテナ1個を事情説明なしに2年以上も差し押さえている。

 匿名の消息筋によると、スーダン聖書協会によると、同時に差し押さえられていた別の1個は港湾局への抗議によりすぐに輸送が認められた。
 現在まで、スーダン聖書協会はハルツームでアラブ語聖書を1冊も頒布出来ていない。

 スーダン教会の匿名の指導者は、国内で聖書やキリスト教書の利用制限はますます強化されているとして、「聖書を得ることは難しい」と言う。

 スーダンでは、キリスト教は「西側」と結び付けて考えられていることから、1997年以来、テロリストとの結び付きと人権侵害を理由に米国が科してきた経済制裁を10月12日付で正式に解除すると明らかにしたことで、聖書禁輸策も緩和されるのでは、とキリスト教指導者は期待している。□



cjcpress at 17:20|Permalinkclip!