2018年02月05日

◎バチカンと中国協議は宗教のみ、と台湾は関係維持に自信

CJC18029=CH0203◎バチカンと中国協議は宗教のみ、と台湾は関係維持に自信

 【CJC】台湾の通信社『中央社』によると、中華民国(台湾)と外交関係を持つバチカンが、中国と司教任命に関する枠組み協定を結ぶ準備を整えたとの各メディア報道に、中華民国外交部(外務省)の李憲章報道官は2月3日、両者の対話などを「慎重に見守っている」とした上で、協議は宗教のみで、政治的なものには及ばないとする考えを示した。

 報道では、バチカン高官が、中国大陸との協定が数カ月内にも締結されると明らかにしたとあり、たとえ完全な解決でなくても国交樹立への道が開かれる可能性があると指摘している。

 バチカンは、台湾と外交関係を結ぶ20カ国のうち唯一、欧州における「国交国」。

 李報道官は、「今後もバチカンとの交流や協力を通じて宗教の自由や融和の精神と成果をアピールしていきたい」と、さらなる関係深化を目指す政府の立場を強調した。□



cjcpress at 19:51│clip!