2018年02月12日

◎中国の汪副首相が全国宗教団体責任者迎春座談会に出席

CJC18031=CR0212◎中国の汪副首相が全国宗教団体責任者迎春座談会に出席

 【CJC】汪洋・中国共産党中央政治局常務委員兼国務院副首相は2月11日、全国宗教団体責任者座談会に出席し、党中央委員会と習近平総書記を代表し、全国の宗教界関係者と幅広い一般信者に向けて新春の祝福のあいさつを行った。中国国際放送局(CRI)のサイト(日本語版)が報じた。

 汪副首相は、「2018年は第19回党大会の精神の徹底を図る最初の年。宗教界は引き続き習総書記による新時代の中国の特色ある社会主義思想と第19回党大会の精神を深く学び、徹底し、党中央委員会の宗教活動に関する重要な決定の下の施策の実現に真剣に取り組み、わが国における宗教の『チャイナライゼーション』の方針を堅持し、宗教と社会主義社会が互いになじんでいけるよう絶えず導いていかなくてはならない」と強調した。

 座談会には、中国仏教協会、中国道教協会、中国イスラム教協会、中国天主教(カトリック)愛国会、中国キリスト教三自愛国運動委員会の関係者が出席した。□



cjcpress at 16:53│clip!