2018年06月09日

◎スイス国内で初めて仏教徒のための墓地完成

CJC18164=SW0608◎スイス国内で初めて仏教徒のための墓地完成

 【CJC】スイスの首都ベルンにあるブレムガルテン墓地に、スイスで初めて仏教徒のための埋葬場所が完成した。日本語情報サイト『スイスインフォ』が報じた。

 6月7日に記念式典が行われ、約150人が出席した。スイスに住み自らを仏教徒としている人は2016年時点で約3万7千人。大半がタイ出身。

 ベルン市は世界5大宗教(仏教、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥー教)の信仰者を弔う埋葬場所を完備する方針を掲げている。キリスト教徒とイスラム教徒はブレムガルテン墓地に埋葬され、ユダヤ教徒の墓地も市内にある。今後はヒンドゥー教徒の墓地を作る予定。特定の宗教を持たない人は、市内の墓地3カ所のいずれも埋葬が可能。

 スイスの人口(840万人)のほとんどはキリスト教徒。カトリック教徒は1970年の47%から2016年には37%に減少したものの、国内で最も信仰者が多い。プロテスタントは1970年の49%から2015年には25%に減った。イスラム教徒は35万3千人、ヒンドゥー教徒は3万8千人、ユダヤ教徒は1万7千人。□



cjcpress at 16:38│clip!