2018年06月11日

◎教皇、世界の人類文明が消滅する危険に警告

CJC18167=VN0609◎教皇、世界の人類文明が消滅する危険に警告

 【CJC】教皇フランシスコが6月9日、世界の石油大手の関係者に対し、気候変動により世界の人類文明が消滅する危険について警告を発した。

 「世界は、化石燃料の使用削減とクリ−ンエネルギーの利用に向かって進むべきだ」としてバチカン(ローマ教皇庁)科学アカデミーがノートルダム大学と8、9の両日共催した会合の参加者に述べた。

 教皇は「文明は、エネルギーを必要としているものの、エネルギーの利用が人類文明の消滅につながってはならない」と訴えた。□



cjcpress at 14:16│clip!