2018年07月09日

◎バチカン広報省長官にパオロ・ルッフィーニ氏

CJC18197=VR0705◎バチカン広報省長官にパオロ・ルッフィーニ氏

 【CJC】教皇フランシスコは、教皇庁広報省の長官に、ジャーナリストのパオロ・ルッフィーニ氏(61)を任命した。バチカン放送などが7月5日報じた。

 ルッフィーニ氏は、1956年、イタリア・シチリア州パレルモ生まれ。ジャーナリストとして、新聞・テレビ・ラジオの分野で40年近い経験がある。最近ではイタリアのカトリック司教協議会の放送網『TV2000』の放送総局長を務めていた。

 バチカンの長官はこれまですべて司祭が務めており、一般信徒が長官となるのはルッフィーニ氏が初めて。

 教皇庁教皇庁広報省は、教皇フランシスコの2月27日付の教書により、6月23日、広報事務局が改組した。□


cjcpress at 15:47│clip!