2018年09月12日

◎教皇「来年、日本を訪問したい」

CJC18267=#0912◎教皇「来年、日本を訪問したい」


 【CJC】ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は9月12日、バチカン(ローマ教皇庁)で、天正遣欧少年使節について伝える活動をしている宮崎市から訪れた団体と面会した。


 『バチカン・ニュース』によると、教皇は席上、「この機会を利用して、来年日本に訪問したいという私の意向を伝えたい。この願いをかなえられることを期待している」と述べ、就任以来、初めてとなる訪日に向けて意欲を示した。


 教皇は、核廃絶に強い関心を持っていることでも知られ、日本政府はこれまで、日本への訪問をたびたび要請してきた。


 教皇の訪日が実現すれば、1981年の当時の教皇ヨハネ・パウロ2世以来となる。


 これまでの経緯から、訪日の日程について既に内定している可能性もある。


 訪日にあたっては、ヨハネ・パウロ2世の時と同様、天皇との面会も行われる、と見られ、日程の正式発表が待たれる。□




cjcpress at 23:19│clip!