2020年01月14日

◎香港、中国抑圧レポート発表者の入国を拒否

CJC20012=UC0113◎香港、中国抑圧レポート発表者の入国を拒否

 【CJC】世界各地の人権侵害と弾圧を止め、世界中すべての人々の人権を守ることを目的に、世界90カ国で人権状況をモニターしている人権NGO『ヒューマン・ライツ・ウォッチ』(HRW、本部ニューヨーク)のケネス・ロス事務局長は、中国の抑圧に焦点を当てた「ワールドレポート2020」を発表するため香港訪問を計画していたが、香港当局は1月12日、同氏の入国を拒否した。

 米国籍のロス氏は、「人権を守るための国際的な取り組みに対する北京の攻撃強化にスポットライトを当てたいと思っていた。香港への入国が拒否されたことが、問題を鮮明に示している」と、プレスリリース(新聞発表)で述べた。

 香港当局は、ロス氏への入国拒否理由を説明していない。

 652ページに及ぶ報告書は、第30版にあたり、ほぼ100カ国の人権事情を評定している。今年、中国政府による弾圧に焦点が当てられた。中国政府の、人権侵害は露骨になっていると主張している。

 HRWは、報告書を14日、ニューヨークの国連本部で発表する予定。□


cjcpress at 00:07│clip!