2009年03月25日

WBC

昨日、WBC決勝戦で日本は韓国と対戦し、
5対3で勝った。
万歳!!만세!!万岁!!
失礼しました・・・。
因みに私は小心者なので、
結局、最後まで生では見れなかった
(文字情報のみで速報を・・・)。
残念だが、やはり韓国チームが西武に見える・・・。
悔しいがあの強い”西武”に見える。
先制点が入っても全然安心できない。
生で見たらそんな心境になるだろうことは容易に想像できた。
今回もそんな感じだった。
途中、ダルビッシュが9回の最後のアウトで・・・のところを文字情報で確認し、
もう大丈夫だろうと安心して、少し見ていなかったが、
改めてもう結果は・・・と思って新たな文字情報を見たら・・・、
顎が外れそうな心境だった。
改めて生でこのシーンを見なくてよかったと・・・。
ただその後、イチローがあの場面で打ったのが本当によかった
(映像は後で確認)。
やはりおいしいところは・・・だなあと。
私事だが、終わったときはやはりホークスが西武に勝ったような心境だった。
感想として、
正直なところ、前回のWBC優勝は
アメリカが決めた方式に乗っかって、運良く勝てた感覚が否めなかった。
だから、韓国との直接対決で負け越した件もどこか引け目としてはあった。
しかし、今回は、韓国との直接対決で勝ち越し、
更にキューバとも2回対戦し、2回とも完封勝ちした。
この事実があるので、
本当の意味でも優勝だと実感できた。
とても嬉しい。
他にも色々書きたいことはあるが、
これで終わる。


cjk_euc_unicode at 20:24 
その他 
Archives