2010年09月05日

世論はこうして作られる

9月4日(土)、小沢一郎・菅直人の民主党代表選挙街頭演説会に行ってまいりました。

演説会のもようは後でお伝えするとして、マスコミがどうやって世論を捏造していくのか、その端的な例に遭遇しましたので、それを報告したいと思います。

以下は、Twitterでの、私のツイートから引用しました。
http://twitter.com/kono_chiha

-------------
共同最低物語。立ち会い演説会の後、共同通信の記者から話を聞かれた。一通り話した後、「政治と金の説明がありませんでしたが」と言う。政治と金の何が問題なのかわからないという趣旨の返事をすると、その記者は驚くべきことをくちにした。(続く 


* * *

記者曰く「秘書が三人起訴されて有罪判決がでていますが」私は、起訴されたのは知っていますが、判決がでたんですか?いつでたんですか?と詰め寄った。(続く

* * *

記者は、そこで口が滑ったと気が付いたらしいけど、訂正もしないし、謝りもせず、更に「起訴されたのは間違いないのだから」という趣旨の質問を重ねた。これ、恐ろしい世論誘導だよね。(自分で言うのもなんだけど、相手が悪かったと思う)(続く

* * *

私は、記者に村木さんの裁判知ってますか?と聞いてみた。記者は、面倒なのに声かけちゃったな、みたいな顔をして、今回とは関係ないと言う。私は、更にムネオは何で起訴されたか知ってます?と、たたみかけてみた。(続く

* * * 

記者は更に面倒くさそうな顔をして、「もう、いいです」と逃げて行きました。 

* * * 

そうだ。「有罪判決」の前に、私、記者に言いました。特捜が二度ガサ入れして、何も出なかったのに、何が問題なの?って。
 

ck_kono at 00:14コメント(1)トラックバック(0) 
政治 | マスコミ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by おめでとう   2010年09月06日 11:57
あなたはえらいよ!みならいます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字