シーケン日記

天分の人柄で勝負だ。ユーモア路線の切り口で少しはためになるかも・・・それでも私は経営コンサルタントなのだ!!!錯覚???

バレンタインデーだ!

頂きました!
愛のチョコ!

170214 バレンタインチョコ

メルマガ第275号「最近気になった言葉7」本日発行!

メルマガ第275号「最近気になった言葉7」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

        【 最近気になった言葉7 】

1.はじめに

 <中略>

2.(21)「キャリアハイ」

 <中略>

3.(22)「日めくりデジタルカレンダー」

 家内のお母さんは現在89才で、大きな病になったにも関わらず、今も
すこぶる健康です。
 しかし、歳が寄ると、まず今日の日付、曜日の記憶が定かではなくなる
と聞きますが、やはりおばあちゃんもそうなってきています。
 困るのは、曜日があいまいなので分別ゴミが出せないことです。
 カレンダーはありますが、どこが今日なのかかがはっきりしません。
 新聞も取って読んでいますが、昨日のままのものを置いていたりするの
でこれも明確ではありません。
 日めくりカレンダーは、めくるのを忘れたり、1日に数回めくったりす
る可能性もあるので、全く駄目です。

 それで私は考えました。
 自動的に日付が更新されるもの、さらに言えば曜日がでっかい文字で表
示されるものはないか!
 NETで探したところ、「日めくりデジタルカレンダー」という私のニ
ーズにピッタリのものが見つかりました。
 早速これを購入して、おばあちゃんにプレゼントしました。
 これが大当たり!
 おばあちゃんは、「賢いモノが家に来た!」とニコニコ顔で大層喜び、
それ以降、目が覚めたように自信を持ち始めました。
 「今日は何月何日何曜日」がしっかり把握できているということは、そ
んなにも自信になるんだと思いました。
 足元の土台が揺るぎないものになったのでしょうね。
 これでまだまだ長生き間違いなしですね。
 高齢化社会、こういう商品が助かるのよね。

4.(23)「ちゃんちゃんこ温っため作戦」

 <中略>

5.(24)「筋膜リリース」

 みなさん、肩こりでお悩みのことでしょう。
 先日のNHK「ガッテン」でやっていた筋膜リリースについて書いてみ
ます。

 以下、NETの記事からり抜粋です。
 「筋膜とは、体のすべてを覆っているネット状の繊維です。骨や筋肉、
内臓、神経、血管などを覆い、体の表層から深層まで体の隅々まで立体的
に支えています。第二の骨格とも言われている程、体を支える為に必要な
もので、重要な働きをしています。この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・
癒着(ゆちゃく:からまる、くっついてしまうこと)しやすい特徴があり
ます。この筋膜の委縮や癒着が時にコリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損
なう原因になります。」

 説明はこれくらいにして、このときにやっていた体操を私のブログで写
真加工したので、是非見て下さい。
 http://blog.livedoor.jp/ckensha/
 1月29日のところです。
 これを指導する先生が言われていました。
 「筋肉をほぐしても、筋膜が癒着していれば肩こりは治りません。だか
らまず筋膜を筋肉とはがす作業をしないと効果は上がらないのです。」

 私もやってみましたが、このストレッチ運動は、簡単そうでなかなかし
んどいです。しかしその分、首が廻るようになって、なかなか効果があり
ました。
 この記事を書いていて、こんなことを思いました。
 皆さんの会社でもこんな感じで人間関係に、癒着・からまり・くっつき
があるのではないでしょうか?
 そんな時は、人間リリース体操が必要では・・・?
 そうそうと思われるなら、皆さんの会社におけるリリースポイントは何
かを一度考えてみましょう。
 それが改善されたら、もっとスッキリして活動しやすい会社になるでし
ょうね。
                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

書籍紹介「ほめ言葉の魔法」原邦雄著

原邦雄君が書いた「ほめ言葉の魔法」が、読売新聞で紹介されました。

ほめ育本 読売新聞

筋膜リリース

NHKの番組「ガッテン」で、筋膜リリースの体操方法を見ました。
まとめてみたので参考にして下さい。
肩こりの方にはいいのでは?

170129 筋膜リリース

メルマガ第274号「最近気になった言葉6」本日発行!

メルマガ第274号「最近気になった言葉6」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

        【 最近気になった言葉6 】

1.はじめに

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
           【心と技のあいだ】
           vol.274 2017.1.23
  発行者:有限会社シーケン社 経営実務コンサルタント 谷口隆
  有限会社シーケン社ホームページ http://cken.net
  メルマガ登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

         【 最近気になった言葉6 】

1.はじめに

 このシリーズも今回で6回目です。
 最近は、よくTVを見ているので、そこからの題材が多いですね。
 今回も、3つのテーマを選んでみました。

2.(18)「緩まないネジ」

 NHKの番組の「プロフェッショナル」で見ました。
 緩まないネジの開発を手掛けるのは、学歴なし(小学校5年まで)、就
職歴なしの「NejiLaw(ねじろう)」(東京・江東)の社長、発明家
の道脇裕氏(39)です。
 この会社の主力商品である「L/Rネジ」の特徴は次の様なものです。
 ボルトには、右回りで締めるナットと左回りのナット、両方に対応した
ネジ山が作り込まれている。2つのナットは同じ動きはしない。互いがぶ
つかると、相手をロックすることで緩みを封じる。

 この人、実に天才です。
 既存の教育を受けても独創性は生まれない。だから、授業も受ける必要
ないし、好きなようにするという自身の考えで、義務教育を受けなかった
のです。
 彼は、密着取材の冒頭で「今日はいくつかの発明をしますよ!」とさら
りと言ってのけます。

 こういう人なんですよね、本当の天才とは・・・
 この人を見ていると、教育とはなんだろうと考えてしまいます。
 人類にとって有益な人とは、文句も言わずに黙々と指示されたとおりに
働く人でしょうか、それとも今までに無いものをどんどん発明する人でし
ょうか?
 両方とも貴重な人材で、それぞれ必要な人ですよね。
 つまりは、役割分担ということになるのでしょうがね。

 サヴァン(知的障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って優れた能
力を発揮する者の症状を指す)と言われる人達もそんな天才の一部です。
 道脇氏のように、小学生の頃から能力を発揮しているということは、確
かにサヴァン系の一人ではないでしょうか?

 そう考えると、今の平均的人材を作り出す教育も必要ですが、サヴァン
教育というか、特別な才能を持った人を伸ばしていくというそんな特殊な
教育方針も必要なのかなと感じます。
 「十で神童十五で才子、二十過ぎれば只の人」という言葉があります。
 神童、才子と言われる子供が、そのまま成長できたとすれば、凄いこと
になりますよね。
 成長を止めない、枠にはめない自由教育のあり方を再考すべきだと思い
ます。

3.(19)「全ての人間に考える価値がある」

 天才という意味では、IQが高い人がそれに近いのではないでしょうか?
 先日やっていたTV番組の「IQ246〜華麗なる事件簿」の最終回で
主人公の法門寺沙羅駆(織田裕二)とマリアT(中谷美紀)の終盤のやり
取りの一節が記憶に残ったので、書いてみます。

 <中略>

4.(20)「先見の明と信念」

 WOWOWドラマ「マーズ火星移住計画」を見ました。
 2033年、火星調査に送り込んだ宇宙船が着陸に失敗し、隊員たちは
困難を極めていました。
 そんな折、地球では開発チームのリーダーが、資金を援助しているメン
バーから追求を受けます。
 援助メンバーは「この時点で損切りすべきだ。」と迫ります。
 リーダーはこう言います。

 <後略>
ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

雪化粧!

寒波到来!
今夜の庭は、ほんのり雪化粧!

170114 雪化粧

新聞記事より

先日、新聞の「USO放送」というミニコラムでこんな記事を見つけました。

  対AI初手
    コンセントを抜く
      −−−プロ棋士

なかなかの皮肉ですね。

さて、AI側からの対人間の初手は何でしょう?

メルマガ第273号「最近気になった言葉5」本日発行

メルマガ第273号「最近気になった言葉5」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

        【 最近気になった言葉5 】

1.はじめに

 あけましておめでとうございます。
 今年も「今年の目標」などという大それたことは考えず、淡々と自分の
気の向いたことをしたいと思います。
 メルマガは、今年も頑張ります。
 「最近気になった言葉」シリーズは昨年末に4回、15のテーマについ
て発行しました。
 まだまだ飽きないので、今回もその続きを!

2.(16)「有言実現」

 <中略>

3.(17)「人は何を守るかによってどんな人かが決まる」

 「人は何を守るかによってどんな人かが決まる」・・・この言葉は、映
画『ダ・ヴィンチ・コード』で脚本を担当したアキヴァ・ゴールズマンが
書いたものです。

 あなたは有事には何を守りますか?
 貯金通帳? 趣味の収集物? 自分自身? 家族? ・・・
 確かに、それぞれ大切なものです。
 日頃何を大切にし、何を優先して考えられるかは、その人の価値観を表
すし、その人の人生の姿勢が伺えますね。

 会社においてはどうでしょう?
●新人として、あなたは何を優先的に守りますか?
 ・アフターファイブですか?
 ・自己成長のための時間ですか?
 ・仲間とのコミュニケーションですか? ・・・
●中堅社員としてあなたは何を優先的に守りますか?
 ・自己能力向上ですか?
 ・後輩育成ですか?
 ・チームワークですか? ・・・
●役職者において、あなたは何を優先的に守りますか?
 ・業績ですか?
 ・部下育成ですか?
 ・上司とのパイプですか?
 ・家庭ですか? ・・・

 自分の価値観を再度見直してみてはどうでしょう?
 また部下との価値観の違いを知っておけば、対処の仕方も上手くできる
のではないでしょうか?

4.まとめ

 <後略>

  では今年もよろしく!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

いいお正月でした。

孫も段々大きくなってきました。
いいお正月でした。

2017お正月

メルマガ第272号「最近気になった言葉4」本日発行

メルマガ第272号「最近気になった言葉4」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

        【 最近気になった言葉4 】

1.はじめに

 <中略>

2.(14)「あなたの写真集を作りましょう」

 #nakedEveというTV番組を見ました。
 入社半年の下着デザイナーのMさん(24歳)は、自分を好きと言えな
し、全てにおいて自信がなく、自分を変えたいと思っています。
 局側スタッフは彼女に対し、世界に1冊だけの写真集を作成しましょう
と提案し、カメラマンの密着が始まります。
 先輩に食事に誘われて、「今のままではデザイナーになりたいという心の
内も情熱も伝わってこない。その自信の無さはなぜ? 周囲もそれを見て
いて不安で、主張の弱さを心配している。」と詰め寄られます。
 彼女は、「そういうことを突き詰めて考えたことがない。」と答えます。
 話をしている最中に、彼女の表情から苦笑いが消えていき、真剣ないい
顔つきになりました。
 スタッフの提案で、「内気な自分を変えるための一歩として、先輩に自
分のデザインを見せてみませんか?」と提案され、彼女は見せる決心をし
ました。
 そして家で急いでデザインを考え、仕上げます。
 いよいよ先輩にプレゼンをします。
 今までは、他人の評価から逃げていた彼女ですが、先輩から真剣にアド
バイスを受けます。
 彼女が「見て頂いて良かったです。」というと先輩は「これが製品にな
った時はもっと嬉しいよ。そこを目指しましょう。」と激励します。
 そして、今回の取材のまとめとして、おしゃれをした彼女の写真を撮影
します。
 彼女は最後にこういいます。
 「自分のことはまだ好きとは言い切れないですけど、仕事の面とかでも
頑張って行けば自分を好きになれる日もくるのかなと、今思い始めました。」
 最後に、コメンテーターの玉木宏がこう言いました。
 「今回のことは、一歩踏み出せない人の勇気になりましたね。」

 ちなみに、密着撮影したシーンはほぼ、以下の感じです。
 1.店舗での接客研修、2.平日の古着屋さんめぐり、3.パソコン操
作、4.会議、5.現場作業、6.先輩にプレゼン、7.先輩からの指導、
8.プレゼン終了時、9.階段でひといき、10.メイク中、11.メイ
ク完了してカメラ目線で

 この写真集を作るという中に、いろいろな要素が入っていたように思い
ます。
 全体として、局側からの提案がうまく構成されていたと思います。
 1.写真集を作りましょう(きっかけ作り)
 2.先輩にデザインをプレゼンしましょう(一歩前進のための勇気付け)
 3.最後にメイクアップした写真を撮りましょう(自信の植え付け)
 この1つ1つの段階で彼女が成長していく様子が見て取れました。
 皆さんもこれをヒントとして、悩んでいるスタッフを勇気付けしてみて
はいかがですか?

3.(15)「仕事の半分は・・・」

 TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』において、古田新太が演じる
沼田さんが言い放った言葉です。
 『仕事の半分は“仕方がない”で出来ている、もう半分は・・・帰りた
い”』
 それでこの言葉を検索してみたんですが、なんだか多くの人がこの言葉
に共感しているようです。

 この沼田さんのこの言葉、仕事への不満と個人的な労働意欲の低下が底
辺にあると考えられますね。
 個人的理由はさて置き、ここでは会社の労働環境に焦点を当てて考えて
みようと思います。

 <後略>
                     ではまた来年もよろしく!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。
訪問者数

月別だあ。
  • ライブドアブログ