シーケン日記

天分の人柄で勝負だ。ユーモア路線の切り口で少しはためになるかも・・・それでも私は経営コンサルタントなのだ!!!錯覚???

メルマガ第292号「セミナーの作り方」本日発行

メルマガ第292号「セミナーの作り方」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

          【 セミナーの作り方 】

1.はじめに

 最近、何回かセミナーや研修コースの作り方を教えて欲しいというリク
エストがありました。
 ひょっとしたら読者の皆様も同じような悩みをお持ちではないかと思い、
今回は、このテーマを取り上げてみます。

2.セミナーと研修の違い

<省略>

3.仮セミナー案内作り

 まず、何も決めていない状態で、いきなり集客用のチラシを仮作成して
みます。こう出来ればいいなあという希望的イメージで結構です。
 仮決めするのは、以下の項目です。
 日程、場所(会場)、開催時間帯、対象者、限定人数、研修タイトル、
サブタイトル、研修コンセプト、研修内容

 案内項目をイメージするコツです。
●研修タイトル
 こういう内容を伝えたいのだから、それをしっかり反映したものにしな
 いといけないなあ。
●サブタイトル
 タイトルだけでは内容が分かりにくいので、補助的な説明があった方が
 分かりやすいだろうなあ。
●日程
 今企画しているところだから、お知らせを含む準備期間は3ヶ月は必要
 だろうから、○○月くらいでないと開催出来ないなあ
●対象者
 ○○クラスに限定しないと、テーマに即さなくてぼやけてしまうなあ。
●会場
 アクセスの良いところがいいので大阪駅近くがいいなあ。また、グルー
 プワークもしたいので机の間隔を広く取りたいから、広めの研修室が必
 要だなあ。
●開催時間帯
 セミナーの内容、対象者等を考え合わせ、業務として平日の昼間でもよ
 いか、個人対象なら平日の夜か、休日が良いかを考えないといけないな
 あ。

 この場合、あくまでも仮なので、希望的観測で、無理やり決めることが
ポイントです。
 仮にしろ、研修全体をイメージすることで、いろいろなことが明確にな
り、今から作成する内容の方向性を見失わなくて済むのです。

4.タイトル(サブタイトル)決め
5.時間割決め
6.基調説明(コンテンツまとめ)
7.グループワーク
8.チラシ作成と集客
9.資料準備

<省略>

10.まとめ

 セミナーや研修の中身を作る時、いきなりコンテンツ制作に入るのでは
なく、仮の案内を作ったり、時間割を作ったりしてイメージ構築してから
内容を作るという点に注目して取り掛かって下さい。
 ではあなたのセミナー開催の成功を応援しています。

 今回は、セミナーを主催する方には有効でも、私は関係ないという方々
には少々難しかったかもしれませんね。
 でも、いつかそういう機会が巡ってくるかもしれませんよ。そんな時に
参考にしてもらえればいいですね。

                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

産直市場「よってって」OPEN!

今日は、大日イオンのすぐ南側にあるベアーズというショッピングモールの中に出来た産直市場「よってって」を調査に行きました。
生鮮野菜、精肉、鮮魚、加工食品、嗜好品など結構種類も品揃えも良く、思わず買ってしまいました。

ウォーキングにもちょうど良い距離(往復5kmくらい)なので、良く行くかも?
先日の「はま寿司」もあり、この2軒は当たりです。

171011 産直市場よってってOPEN

はま寿司、OPEN!

9月27日にOPEN(プレ)した「はま寿司」に行って来ました。
シャリがほかほかで、とても美味しいです。
から揚げ、ポテト、大学芋などもありました。
ネタはまあまあですが、悪くはありません。
サービスもまあまあです。
料金も安い方でしょう。

何よりも家から近い!
徒歩で12分くらいです。
常連になりそうな雰囲気です。

休日に行くなら11時オープン〜30分以内に受け付けないと
混みます。
いつまで続くかは?ですが・・・

はま寿司MAP

171008 はま寿司デビューしました

メルマガ第291号「40代を元気に!」本日発行

メルマガ第291号「40代を元気に!」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

          【 40代を元気に! 】

1.はじめに

 <省略>

2.TV

 NHKスペシャルで「AIに聞いてみた。どうすんのよニッポン。マツ
コも有働も!40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」という番組があり、こ
れはタイムリーと思って、録画して見ました。

3.AIが出したキーワード

 AI(人口知能)に、いろいろなデータを入力して、「日本の未来を動
かす10のカギ」を問い合わせたところ、次の答えが返って来ました。
 (1)核家族世帯数
 (2)40代ひとり暮らし
 (3)病院数
 (4)女子中学生肥満比率
 (5)平均婚姻年齢
 (6)乗用車保有数
 (7)できちゃった婚率
 (8)平均寿命
 (9)老衰死亡者数
(10)婚姻件数

4.推測
5.40代の分析
6.アンケート結果

 <省略>

7.対策案1

 AIに対策を問い合わせたところ、出した答えがなんと「家賃を下げれ
ば40代ひとり暮らしが激減する」というものでした。
 この案には、会場の皆さんもビックリでした。
 AIは、答えを言うだけで、因果関係がどのようになっているのかまで
は教えてくれないので、会場の方から意見を聞きました。
 「家賃が高い〜〜貯蓄が出来ない〜〜結婚ができない」ということでは
ないか?
 専門家からは、「大家さんが建築する住宅事情も加味しているのではな
いか?」という意見も出ました。
 同じ敷地なら、ファミリー向け12万円×2軒=24万円の収入より、
ひとり暮らし用なら8万円×4軒=32万円ということで、ひとり暮らし
用の方が家賃収入が期待できるので、そちらの物件が多くなっている。

 余裕があれば将来設計・自己投資もできるが・・・ということです。
 今の40代は、非正規雇用、派遣の仕組みがはじまった頃の世代で、そ
の影響もありそうたということです。

 では、いくら下げたら効果があるのでしょうか?
 AIは、1坪1000円を下げると効果があると言います。
 10坪だと1万円下がります。
 この案を実行すると、今、40代ひとり暮らしの人249万人の15%
にあたる38万人が減るという効果が得られるそうです。
 これはかなりの効果です。
 このような案に対し、補助金があればもっと積極的になるのかな?とい
う発言もありました。

8.対策案2
9.対策案3
10.対策案4(NET検索)

<省略>

11.まとめ

 あなたの会社の40代は元気ですか?
 ひとり暮らし脱却に向けて、前進していますか?

 会社としての対策も必要でしょう。
 そこで私なりに考えてみました。
 1.クラブ活動をリードしてもらう
 2.各種コミュニティを作ってもらいそれを会社として支援する
 3.後進を指導した場合に補助金を出す
 4.経験を活かした技術講師などを推進する
 5.発表の場を与える
 今回のAIが出したヒントなどを元に、一度会社でこれらの意見を検討
されてみてはどうでしょうか?

                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

天乃神社の秋祭り

今日の夜は近所の天乃神社の秋祭りでした。
4人の青年が乗った太鼓のお神輿が狭い境内を行ったり来たり、廻ったりと大変です。
夏の盆踊りもそうですが、この行事が続いていることに地元のエネルギーを感じます。
感謝の気持ちで一杯です。

171008 祭り1

171008 祭り2

171008 祭り3

メルマガ第290号「才能は・・・」本日発行!

メルマガ第290号「才能は・・・」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

          【 才能は・・・ 】

1.はじめに
<省略>

2.才能の見つけ方
<省略>

3.相談事

 私のところには、「自分の才能を見つけて成長の糧にしたい」とか、「
自分の才能を生かして転職や、独立のヒントにしたい」とかの相談がちょ
くちょくあります。
 まあなんと、あなた任せな相談だと思われるでしょうが、本人は至って
真面目です。
 具体的には、次のような相談内容です。
  「自分の特長を見つけて欲しい」
  「自分の才能が自分では分からない」
  「独立したいが、何をすればよいか?」
  「自分は何に向いているか?」
  「転職先は何が良いか?」
  「自分の天職は何でしょう?」
 自分で自分のことを分析するのは、客観視できないので難しいのでしょ
うね。

4.相手への質問

 私の勉強会では、まず相手に次の様な質問をします。
  「趣味はありますか?」
  「自分が好きなことは何ですか?」
  「自分に自信のあることは何ですか?」
  「自分に勇気が湧くことはどんな時ですか?」
  「モチベーションが上がる時はどんな時ですか?」
  「イメージがどんどん湧いてくるのはどんなことですか?」
  「今まで、喜んでもらえたことはどんなことですか?」
  「今までで、お役に立てたことはありますか?」
  「自分が喜びと感じることはどんなことですか?」
  「周囲に感謝してもらったことはありますか?」
 ざっとこんな感じですね。

5.才能発見
<省略>

6.なりたい像を見える化する
<省略>

7.アクションプラン〜原石磨き

 ここまで来れば、後はアクションプランです。
 なりたい像を前提として、長期日程と今すべきことをリストアップし、
定義(目的)・日程を書き込んだ表を作れば、未来が見えてきます。
 それらは、すぐに達成できることはまずありません。
 準備期間が必ず必要です。
 才能の原石はあっても、それがすぐに開花するとは限らないからです。
 原石磨きは、日常、職場の中で、裏テーマとして継続して実行していか
なければなりません。
 本当に開花させるには、この自分磨きが必須のプロセスなのです。
 才能は磨いてなんぼです。

8.才能を商売にするには
<省略>

9.まとめ
<省略>
                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

アコースティックガーデンズへ行きました。

守口の寺方あたりをウォーキング中に、アコースティックギター専門店を見つけました。
一般の民家のようで、シャッターが降りていて、「チラシを自由に持って行ってください」とありました。
それで、そこのサイトを見に行きました。
「大阪守口アコースティックガデンズ」というお店です。
店名で検索すれば出てきます。

まことにこだわりの店です。
で、一度行ってみたくて電話で予約して、9月13日に行って来ました。
店主の定久(さだひさ)さんは、50代後半のおじさんで、温厚な感じの人です。

取り扱いはHEADWAY(ヘッドウェイ)専門で、音鳴りを追求した結果、このメーカーを一押ししています。
確かに凄いです。
全てのギターが激鳴りします。

5万円前後の機種がメインですが、高級機として14〜16万位の機種もあります。
さらに操作性、タッチ、音色などのチューニングが施されたモデルも、2000円アップくらいで展示されています。

2時間半ほどいて、いろいろ弾かせてもらいました。
結局、HJ−OSAMURAISANというギター、税別定価65,000円をショップ価格50,000円で購入しました。
チューンナップモデルなので、完璧です。

久しぶりに鳴る生ギターに出会えて、良かったです。

興味のある方は、電話で予約を!

170913 HJ−OSAMURAISAN購入

メルマガ第289号「ダブルループ」本日発行!

メルマガ第289号「ダブルループ」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

          【 ダブルループ 】

1.はじめに

<省略>

2.ダブルループとは

 ある仕事を計画して実行して、また計画して実行する。これをループに
たとえると、シングルループ。
 もう一つは、そのシングルループがうまく回っているかどうかをチェッ
ク、監視している外側のループ。
 この2つをあわせてダブルループです。
 当事者はシングルループの中で一所懸命なので、外側からそれを見るこ
とを忘れてしまう。
 経営はまさにそう。
 一所懸命やっている自分・・・それ自体がどうなの? なんて考える余
裕などありません。
 だからこそ、ときどきダブルループを意識する。
 そうすると、自分自身が本当にうまくいっているのか、ただ空回りして
いるだけなのかが見えます。
 そんな考え方が「ダブルループ」です。

 この視点をちょっと拡大解釈して、身近に観察してみるといくらでもあ
るのではないかと思い、以下のケースを考えてみました。

3.主観と客観

 視点におけるダブルループは、主観と客観でしょう。
 主観性が強すぎる主張は独善になり、客観性が強すぎる主張は特徴がな
くなります。
 要はバランスの問題ですが、これがなかなか難しいんですよね。
 私の傾向としては、立場上、客観性が強すぎるかな?

<以下省略です>

4.メインルーチンとサブルーチン

5.スパイラルコントロールとピリョードコントロール

6.セルフチェックと他者チェック

7.家族とファミリー

8.練習と試合

9.選手とコーチ

10.実績と評価

11.蟻の目と鳥の目

12.経理担当と税理士

13.臓器と人体

14.行政活動とオンブスマン

15.まとめ

 思いつくまま、私なりのダブルループをリストアップしてみました。
 なんとなくダブルループの考え方が分かってきましたでしょうか?

 1つ目の中心ループはダイレクト(直接的)、2つ目の外周ループはイ
ンダイレクト(間接的)、この2つのループの役割・機能を上手く組み合
わせて仕組みを作ることで精度・効率が向上する、これがダブルループの
狙いではないでしょうか?
 経営品質の監査ではそのあたりが上手く機能しているかどうかをチェッ
クするということなのでしょうね。
 皆さんもこれから、ダブルループを少し意識して、内外両面を考えた視
点を持てれば、素晴らしい結果が得られるのではないでしょうか?

                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

ジャムポップバンド「まゆたま」のライブに行きました!

今日は、初フルアルバムを記念してツアーを開始した
ジャムポップバンド「まゆたま」のライブに行ってきました。

会場は梅田の「ALWAYS」でした。

「まゆたま」は、3年前に結成され、ジャズテイストのドラム
(坪井洋)とピアノ(森田珠美)をバックに、透き通ったボー
カル(齋藤繭仔)を聞かせる3人ユニットです。

メンバーの繭仔さんと知り合いなので、応援でした。
休憩を挟んで、40分×2ステージでした。

ジャズとPOPSの融合という感じの曲が多いのですが、
たまちゃんと坪井君の腕も相当達者で、玄人の方が聞いても
充分堪能できるレベルだと思います。

しかし、そちらに傾くことなく、ボーカルとのバランスも
よく考えられているので、すごく聞きやすい曲想になっています。

そんな「まゆたま」は、今日から西日本方面のライブツアーを
スタートさせました。

興味があれば、一度聞いてみて下さい。

彼らのホームページはこちらから。
http://mayutama.official.jp/

170830 まゆたまライブ1

170830 まゆたまライブ2

メルマガ第288号「文章校正のポイント」本日発行

メルマガ第288号「文章校正のポイント」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

       【 文章校正のポイント 】

1.はじめに

 文章校正とは、原稿と比べながら、種々の誤りや不備を正すことです。
 以前、日本テレビ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(2016.10〜)
でやっていたドラマを覚えていますか? そうです、そんな仕事です。
 私の職業柄、読書感想文・各種レポート・企画書・報告書・メルマガ・
ブログなどの文章校正をよく頼まれます。
 今回は、レポートをターゲットにして、私がどんなところにポイントを
置いて校正しているかについてまとめてみたいと思います。

2.観点

 私が校正する時は、主に次の観点で文章を観ています。
 A.誤字、脱字、当て字、変換ミスなどの文字は大丈夫か?
 B.敬語、ですます、立場表現などの文体は統一感があるか?
 C.読み手が読みやすく、入ってきやすいフォーマットになっているか?
 D.序盤から結論までの順序(ストーリー展開)は問題ないか?
 E.「作者が言いたいことは何か」がしっかり伝わってくるか?
 お分かりのように、レポートを作成するのとは逆の進行で、まず文字校
正などザックリから始め、その後肝心な要点を観るという段取です。

<以下省略>

                          ではまた次回!
 
<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。
訪問者数

月別だあ。
  • ライブドアブログ