シーケン日記

天分の人柄で勝負だ。ユーモア路線の切り口で少しはためになるかも・・・それでも私は経営コンサルタントなのだ!!!錯覚???

メルマガ第282号「書籍『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』を読んで」を本日発行しました。

メルマガ第282号「書籍『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』を読んで」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

【 書籍『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』を読んで 】        

1.はじめに

 私の弟子26号の前川由希子さんが、4月に初の出版をしました。
 書籍は、ポプラ社出版『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』
前川由希子著です。
 早速この本を購入し、読んだので、彼女へのプレゼントとして、私の読
書感想文を贈りました。
 今回は、その感想文の全文を掲載します。
 「えっ? でもまだ本を読んでいないので、そういわれても・・・」と
いう困惑した読者の皆様の声が聞こえてきそうですが、そこは目をつぶっ
て(?)お読みいただければと思います。
 読後、本とこの感想文とを比較してみたいと思われたら、書籍を購入し
ていただければ幸いです。
 女性の操縦に悩む男性諸君!、ビジネスでもブライベートでも女性心理
の的を突いたこの本の内容を理解して、是非お役立て下さい。
 では感想文をどうぞ。

2.総評

 著作、大変でしたね。お疲れ様でした。
 まずは総評です。
 PART1「社内コミュニケーションが変わる19話」は、前川さんが
コンサルティング指導して効果のあった実例を取り上げていますね。
 前川さんのコンサル手腕がなかなか的を得たものだと感心しました。
 また、「女性の心理はこうですよ。女性はこういう考え方をしますよ!」
という部分が強調されて書かれているのはなかなか興味深かったです。
 PART2「男女間のギャップを解消する」は、女性の影の声が聞こえ
てきそうな内容でした。
 女性の視点(前川さんフィルター)での、繊細な受け取り方、感情、考
え方、期待など、随所にそのエッセンスが散りばめられ、そんな女性に対
し男性はどのように対処すればよいのかについて解説も書かれているので、
言ってみれば「女性操縦法」のような内容ですね。
 PART1〜2とも、男性にとっては目からウロコの内容だと思います。
 全体として、ここまで深く、ビジネスにおける女性の本音を取り上げた
内容は実に面白く、今後の現場における男性上司の指導において大変参考
になると思いました。
 では、PART1〜2で気になった箇所について細かくコメントしてみ
ます。

3.特に気になった箇所(PART1)

<一部のみ紹介>

P50「私の居場所が奪われた。居場所がない」
 ・正直、この発想には驚きました。
 ・新人が入ってきたら、自分は先輩になるので、今まで新人だった自分
  の居場所が奪われてなくなる?
 ・本当ですか?
 ・こんな考え方をするのですか?
 ・私は結構、女性心理は理解できている方だと思っていますが、これに
  はショックでした。

4.特に気になった箇所(PART2)

<一部のみ紹介>

P153「察してくれないなんて、・・・どうせ、私のことなんてたいし
    て大事じゃないんでしょ!」
 ・P118でも同じような内容がありましたね。
 ・これ、女性心理を完全に言い当てていると思います。
 ・やっかな女性はこの傾向がまさに強い!
 ・このセリフ、完全にマイナス思考が原点にあるように思います。
 ・というか、ホメオスタシス(自己防衛本能)が強いのだと思います。
 ・女性は人類の守備隊なので、この発想は本能的なものなのでしょうね。
 ・しかし、これが女性の傾向だとしっかり理解できれば、かなり男性は
  対処の方法が明確になるのではないでしょうか?
 ・これはなかなかいいセンテンスだと思います。

5.まとめ

<以下省略>
                          ではまた次回!


<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

メルマガ第281号「全ては奇跡(後編)」本日発行!

メルマガ第281号「全ては奇跡(後編)」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

         【 全ては奇跡(後編) 】

1.はじめに

 前回は、2016年6月公開の映画「天国からの奇跡」を見ての前編を
書きました。
 今回はその後編として、クリスティの演説部分を書いてみます。

2.クリスティの演説

 以下は、母親クリスティの演説部分の全文です。

 アナが病気になった時は理解できなかった。
 神を愛する娘がなぜ苦しむのかと。
 私は希望を失い孤独を感じ、祈りへの答がないことに怒りを覚えました。
 神を疑い、そのせいで周りが見えていませんでした。
 アインシュタインいわく、人生は2通り。
 奇跡はないと思って生きるか、全ては奇跡だと思って生きるか。
 全ては奇跡だと思えなかった私は、多くを見逃した。だけど周囲には奇
跡はあふれていた。
 奇跡は優しさです。
 時に奇跡を起こしてくれるのは、たまたま出会った人たち。
 そしていつでも助けてくれる人たち。
 奇跡とは愛です。
 奇跡とは神です。
 そして神は赦(ゆる)してくださる。
 多くの子供たちが苦しむ中、なぜアナは治ったのか分かりません。
 ですが、経験から知りました。
 私は独りじゃない。
 皆さんに何があろうと、皆さんも独りではありません。
 奇跡を通じ、神は伝えています。その存在を!
 ありがとう。

3.実話です

 <中略>

4.再度アインシュタインの言葉

 <中略>

5.ある時

 <中略>

6.ない時

 「奇跡はないと思って生きる」と、どうでしょう?
 上記5のような感動的なことは一切起こらないし、気付かないですね。
 寂しいことになりますね。
 どんどん周囲の親切に気付かなくなり、孤独になり、自分だけの世界に
閉じこもっていく・・・
 そうならないように気をつけなければ・・・

7.まとめ

 考え方、受け取り方、心構えで全てのことは違って見えるということで
しょう。
 また、親切心を持って実行することも大切ですが、他人がしてくれた親
切にしっかり気付いて受け止めることが出来る姿勢を持つことが、それ以
前に大切なことだと思いました。
 身近で起こっている奇跡を見逃さない心の眼・気持ちを養いましょう!

                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

孫三姉妹がやってきました!

正月ぶりに孫三姉妹がやってきました。
なかなかの成長で、長女の久美(小六)はついに、おばあちゃんの背を追い越しました。
たった1日の滞在でしたが、彼女達のエネルギーに圧倒されて、グッタり!
でも楽しい休日となりました。

IMG_7320
IMG_7336

星乃珈琲店のパンケーキ

お墓参りの帰りに、163号線沿いにある、弟子の川口君に以前聞いていたパンケーキの美味しい店「星乃珈琲店」に寄って、食べてみました。
注文してから20分はお待ち下さいということで、待ったのですが、結局40分近くしてからやっと登場。
生地は外がシャキッとして中はフワフワ、味は卵の風味がそのまま残っていて、生クリームはまっことクリーミー、イチゴとバニラアイスのトッピングにイチゴシャムをたらした、そんなパンケーキです。
さらにメイプルシロップをここぞとばかりに振りかけて、思いっきり甘々で食べました。
至極の時間でした。

良かったら、皆さんも近くの星乃珈琲店を探してパンケーキ食べてみて下さい。

星之珈琲1

パンケーキ

メルマガ第280号「全ては奇跡(前編)」本日発行!

メルマガ第280号「全ては奇跡(前編)」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

         【 全ては奇跡(前編) 】

1.はじめに

 2016年6月公開の映画「天国からの奇跡」をWOWOWで見ました。
 感じたことを書いてみます。

2.アインシュタインの言葉

 There are only two ways to live your life.
 One is as though nothing is a miracle.
 The other is as though everything is a miracle.
  - Albert Einstein-

 人生には、二つの道しかない。
 一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
 もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。
  − アルバート・アインシュタイン −

3.映画のあらすじ

 上記のアインシュタインの言葉をテーマにした映画でした。
 今回のテーマにマッチした部分を私なりのポイントとしてあらすじにし
ました。(完全にネタバレですのでご注意を!)
 なお、本編では、奇跡の種明かし部分はクリスティの演説内で回想シー
ンとして扱っていますが、ここでは都合上まとめて記載しているのでお許
し下さい。

<CKEN流あらすじ>

 テキサス州北東部の町ハールトンで暮らすビーム家(父親ケビン、母親
クリスティ、長女アビー、次女アナ、三女アデリン)の5人家族の物語。

 <中略>

 クリスティは、この出来事を教会の信者の前で話をすることになった。
 そこで彼女は厳しい試練の間に出会った奇跡と人たちについて感動的な
話をした。

 クリスティが話を終えると、心無いカップルが無神経にも、アナは本当
に病気だったのか、全部注目を集めるための手段ではないのかと罵声を浴
びせた。
 すると1人の男性が立ち上がり自分はクリスティの話を信じると言った。
 その男性は白血病の少女ヘイリーの父親ベンであった。
 ベンは、娘のヘイリーはアナと出会った後、神様を心の中に持つ事がで
き、穏やかに逝く事ができた、心の平安を保つ事ができたと述べ、共感を
誘った。
 クリスティは、ベンにお礼を言った。

4.クリスティの演説

 クリスティの演説部分、どんなお話だったか知りたいですよね。
 気になりますね。
 この続きは、次号で・・・・サヨナラ・サヨナラ・サヨナラ!

                          ではまた次回!
 
<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

メルマガ第279号「ジャムの法則」本日発行!

メルマガ第279号「ジャムの法則」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

          【 ジャムの法則 】

1.はじめに

 (省略)


2.今回のテーマ

 先日、「ジャムの法則」という言葉をTVで聞きました。
 うん? なになに? ジャムに寄って来る虫の行動原理か? などと思
いましたが、なんか違うようなので早速調べてみました。

3.「ジャムの法則」とは?

 (省略)

4.脳の混乱

 選択をお客様に与えることは必要なことだが、何事もやりすぎはよくな
いってことですね。
 「脳が混乱して、とりあえずNOという」、ここがポイントですね。

 品揃えが多いというのは悪いわけではなく、人間の心理として「選ぶ」
〜「選ばなければならない」〜「迷う」〜「辛い」という思考回路そのも
のにプレッシャーがあるということでしょう。
 つまり、何かを選ぶと言う行為の裏側には、それ以外を「捨てる」とい
う行為も存在するということで、ここが辛いわけです。
 選択肢が多すぎると、「どれもいいけど選べない!」と苦悩することに
なります。
 ということで、違和感なく選択しやすい環境を作ってあげることでこの
問題は解決することになるでしょう。

5.選択のアシスト

  (省略)

6.意思決定

 結局、何かを選ぶという行為には人間の弱さを感じますね。
 私も、「選択するには意図が要る。選択のためのコンセプトを大事にした
い」という一派ですので、それがグラついているとなかなか決められませ
ん。
 こんな時は、放置プレイが有効です。
 しばらく、それに関して意思決定しないで、ほったらかしにしておくの
です。
 そうしたら、意思決定に繋がる何かの情報がふと入ってきて、「これしか
ない!」ということになります。これは本当に何度となく経験しています。

 人生において、これと決めた道を持っている人は選択する必要がないの
で前進あるのみですが、決めた道を持たない人は、迷って、困って、見失
って・・・というケースを見かけます。
 選択と意思決定、このジャムの法則は、なかなか深いところを意図して
作られた法則の様でもありますね。

                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

庭のかいどう桜、咲きました。

庭のかいどう桜、咲きました。
かわゆいです。

170405 かいどう桜

今年もさくら咲きました!

毎年、1週間〜10日早咲きのうちの桜が、今日ほぼ満開になりました。
以前はもっと威勢がよかったのですが、ある年虫がついて枝を払ったためにかなり小ぶりになってしまいました。
だけど、今年も元気に咲いてくれました。

170328 桜咲く

メルマガ第278号「最近気になった言葉10」本日発行

メルマガ第278号「最近気になった言葉10」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

         【 最近気になった言葉10 】

1.はじめに

 あなたのところの桜は咲いていますか?
 大阪の桜前線は遅めのようですね。4月に入ってからが見頃のようです。
 では、今回も“最近気になった言葉シリーズ!”で、第10回目をお届
けします。

2.(31)「相手のエリアで戦う」

 対立的立場でものを考えることは、対比、比較することを考えてしまい、
腹が立ったりしますよね。
 だったら、思い切って相手の思考・感情の中に入り込んで、自分の思考
をめぐらせると、腹が立たないのではと考えました。

 例えば、無理難題を投げ掛けてくる先輩があったとします。
 こちらは、その課題に応えられるレベルではないのに、先輩は自分の尺
度でものを言ってくるので、それが無理であることがわからない。
 「出来なかったら出来るようにしろ!それが仕事だろう!」くらいの気
持ちで迫ってくる。
 今出来ないことがすぐに出来るようになるわけがないのに・・・

 上記を前提として、あなたなら次の場合どうしますか?

ケース1.レベルの高い仕事を要求された場合

●対立型だとこうなるでしょう。
 「そんなん出来るわけありません。無理言わないで下さい。

●融合方式ではこんな感じでしょう。
 「先輩の要望は理解できますし、そうしたいと思いますが、私にはまだ
それをこなせるノウハウが足りません。だから時間を下さい。先輩、よか
ったらその仕事をやり遂げるためのヒントを教えて下さい。」

ケース2.1日の仕事量を超えた量を要求された場合

●対立型だとこうなるでしょう。
 「そんなに出来ないです。無理言わないで下さい。」

●融合方式ではこんな感じでしょう。
 「頑張ってみますが、今までの実績から見て、今日中には出来るとは思
えません。明日まで伸びても大丈夫ですか?どうしても今日中にしないと
いけないのなら、目処がつくまで手伝って頂けますか?」

 この様に、先輩・上司の無理難題に対し、冷静に対処する方法を身に付
けましょう。
 立場においては上下があるでしょうが、仕事においてそれを達成すると
いう点においては同等な立場です。
 仕事は、依頼主(お客様や部署など)に迷惑をかけないことが最優され
ます。
 納期厳守においては、上司も先輩も部下もありません。
 納期は個人のものではなく、会社全体の責任だからです。
 この考え方を持っておかないと、一人で重荷を背負ってしまい、最終的
には責任を負えないことになるので、気をつけましょう。
 そのためにも、事前の情報提供、報連相を欠かさないようにしましょう。

 なんか、今回のテーマ「相手のエリアで戦う」については、自分の思っ
ている答と違う方向に行ってしまった感もありますが・・・
 とにかく、「相手の立場に立って物事を考えること!」「対立するので
はなく融合する気持ちを持つこと!」・・・この考えをしっかり持って、
壊れない心を作りましょう。

3.(32)「ティーアップ」

 <後略>
 
<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

メルマガ第277号「最近気になった言葉9」本日発行

メルマガ第277号「最近気になった言葉9」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

         【 最近気になった言葉9 】

1.はじめに

 寒い冬も過ぎ、もうすぐ春ですね。
 冬の時期に、栄養を一杯溜め込んでおきましたか?
 では、9回目となったこのシリーズ、気軽に読んで下さい。

2.(29)「プレミアムフライデー」

 2月末頃、「プレミアムフライデー」という言葉がよく聞かれましたね。
 時代を反映している言葉のように思ったので取り上げてみます。
 新聞記事の抜粋です。

<ここから>
 安倍政権の最重要課題の1つで、今年の経済界新年会で首相自ら「今年
こそ働き方改革断行の年。モーレツ社員は昔の話、時代は大きく変わった。
企業トップが先頭に立って職場が根底に抱える“長時間労働文化”を変え
て欲しい。」と直接経営者側に訴えたことから始まっている。
<ここまで>

 ということで、まずは「プレミアムフライデー」と銘打って毎月末金曜
日の終業時間を5:00にするという取り組みが始まりました。
 金曜日の夕方からはじまる休みなので“2.5日休”だの、“アーリー
ディナー“などと煽って、これで消費を拡大しようという作戦ですね。

 これを書いていて、ふと昔工場で働いていた時を思い出しました。
 私の働いていた工場は松下電器の下請けで毎日遅くまで働き、作業服を
着用して車通勤していました。なので私服は着る必要がない。だからその
まま遊びに出るのもはばかれる。
 そんな生活でしたので、私服に着替え、5時に帰宅する街中の大手の人
たちをどれだけ羨ましく思ったことでしょう。
 お金が欲しい人は、もっと稼ぎたいということで、時間を延ばしてでも
儲けたいということの方が優先します。また、時間があればお金を使って
しまうので、短縮は不愉快です。
 昔の私なら、多分そんな風に考えて腹が立っていたでしょう。今はゆっ
くりしている身分なので“どうぞ”という感じですが・・・

 プレミアムフライデーについては、その意味・意義について皆で話し合
い、活用方法を考えてみればいいのではないでしょうか?
 この手の話はいつも大手企業からの浸透なので、当面中小企業は関係な
いでしょうね・・・いかんな、どうしても中小企業の立場でものを考える
クセは抜けないものですね。

 読売新聞の「よみうり寸評」のコラムに次のものがあったので紹介して
おきましょう。
 「早帰りで得られる自由時間に何を探すか。飲食、買い物、音楽、小旅
行・・・多分それらは手段であって、見つけるべきは幸せなライフスタイ
ルだろう。」
 そう、この作戦をきっかけに「生活の質」「ライフスタイルの向上」を
考える機会になればベターだと思います。

3.(30)「“カフェ”と“喫茶店”の違い」

<以下省略>
                          ではまた次回!


<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。
訪問者数

月別だあ。
  • ライブドアブログ