シーケン日記

天分の人柄で勝負だ。ユーモア路線の切り口で少しはためになるかも・・・それでも私は経営コンサルタントなのだ!!!錯覚???

メルマガ第286号「サブタイトル」、本日発行!

メルマガ第286号「サブタイトル」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

          【 サブタイトル 】

1.はじめに

 タイトルを見て、「これどんな講演会? どんな研修会?」と思うこと
はありませんか?
 こんな時、メインタイトルだけでは内容が分かりにくいので、サブタイ
トルで目的等を補えば俄然分かりやすくなります。
 ということで、今回は、サブタイルについて考察してみます。

2.例

●メインタイトル
  「リーダー育成セミナー」
?疑問
  「どんな人が対象のどんなセミナーなんだろう?」
〇サブタイトル
  「今、またこれからリーダーになろうという人のための、心構え、業
   務姿勢を向上させる気付き教育です。」

●メインタイトル
  「サロンオーナー塾」
?疑問
  「何を教えてくれるんだろう? 何回コースだろう?」
〇サブタイトル
  「8回のグループ勉強会で、美容室経営を安定化させます。」

●メインタイトル
  「エンジニア研修」
?疑問
  「どの程度できる人の、どんなやり方の研修なんだろう?」
〇サブタイトル
  「コンピュータ中級技術者のための効率的SEワークを、実習を中心
   に教えます」

●メインタイトル
  「ほめる研修」
?疑問
  「学ぶことはいいが、社内への導入が不安?」
〇サブタイトル
  「職場コミュニケーションが即向上!社風が定着します。社内インス
   トラクター向けの研修です。」

●メインタイトル
  「セミナー講師育成講座」
?疑問
  「どんなセミナー講師になれるの? 期間と費用は?」
〇サブタイトル
  「1時間のセミナーが速攻開催出来ます。セミナー開催の企画〜集客
   〜実践までのノウハウを3時間×3回、10万円で学べます。」

3.問題です。

 以下の空白部分を埋めよ。
 下に解答例がありますが、見ずに考えてみて下さい。

Q1.メインタイトル
  「キャッチフレーズ講座」
Q1.疑問
  「                     」
Q1.サブタイトル
  「                             」

Q2.メインタイトル
  「チラシ作成セミナー」
Q2.疑問
  「                     」
Q2.サブタイトル
  「                             」

Q3.メインタイトル
  「ポエム作成塾」
Q3.疑問
  「                     」
Q3.サブタイトル
  「                             」

4.解答例です。

 上記の答えは様々あるでしょうが、解答例を付けてみました。

<以下省略>

                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

40年ぶりのMILK復活練習

6月7日のこのプログで紹介したオリジナルロックグループのMILKですが、Mr林のしつこい呼び掛けにより、40年ぶりに練習を行いました。
それも初めてのスタジオでした。
3時間借用して、昔の曲を5〜6曲やりましたが、いや〜〜疲れました。
大きな音で、耳はワンワン言うわ、肩は痛いわ、なにより立ってるので腰が痛い。
もう、懲りましたわ。

170720 MILK練習

ドリームサテライトプロジェクトのオーナー募集<クラウドファンディング>

7月9日にお知らせしたドリームサテライトプロジェクトのオーナー募集ですが、
1口1万円だけでなく、クラウドファンディングして以下の追加のお知らせが昨日
届いたので、シェアします。
興味のある方は是非ご参加下さい。

DSP ロゴ

以下の文章は、分かりやすいように私が加工しました。
詳細は、下記にあるサイトをご覧下さい。

<案内/ここから>

世界初!
国家や企業の支援を受けない完全民間の人工衛星プロジェクト!!
1000人が1万円ずつ出し合い,自分たちで人工衛星を作り打上げ
ようという想いからはじまった「1000人の仲間で打上げる人工衛星
プロジェクト」!!
2018年度に人工衛星を打上げます!
みなさん、ぜひ人工衛星のオーナーになってください

ドリームサテライトプロジェクトでは、七夕(2017年7月7日)
より『クラウドファンディング』がはじまりました。

((( 次の6つのコースからお選びください )))
 ●10,000円コース
(特典)「人工衛星オーナー証書」
 ●12,000円コース
(特典)「人工衛星オーナー証書」「回路仕様クリアファイル」
「オリジナルステッカーx2」
 ●20,000円(パターンA)コース
(特典)「人工衛星オーナー証書 」「回路仕様クリアファイル」
「オリジナルステッカーx2」「宇宙業界を楽しく学ぶ
 ことができる講演会兼交流会参加権」
 ●20,000円(パターンB)コース
(特典)「人工衛星オーナー証書 」「回路仕様クリアファイル」
「オリジナルステッカーx2」「オリジナルパーカー」
 ●28,000円コース
(特典)「人工衛星オーナー証書 」「回路仕様クリアファイル」
「オリジナルステッカーx2」「オリジナルパーカー」
「宇宙業界を楽しく学ぶことができる講演会兼交流会
 参加権」
 ●5,000,000円コース
(特典)「人工衛星オーナー証書 」「回路仕様クリアファイル」
「オリジナルステッカーx2」「オリジナルパーカー」
「宇宙業界を楽しく学ぶことができる講演会兼交流会
 参加権」「ドリームサテライトプロジェクト特別型
 衛星KIT」

 *上記全て、人工衛星の打上げが延期・中止になった場合、返金され
  ないのでご注意下さい。

菊池挨拶

※上記の詳細について知りたい方は、次の【クラウドファンディング
 ページ】をご参照下さい。

https://camp-fire.jp/projects/view/35116?token=315qbaum

【一般社団法人航空宇宙振興会夢宙】のウェブサイトはこちらです。
 http://faspia.or.jp/2017/07/07/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AB%E5%A4%A2%E4%B8%AD/

【クラウドファンディング期間】
 ※2017年7月7日〜8月7日23時59分まで

 今回のクラウドファンディングも含め、ドリームサテライトプロジェ
クトをご友人様や、お知り合いの方々へ、ご紹介いただければ幸いです。
今後とも、ドリームサテライトプロジェクトをよろしくお願い致します。

==================================
 一般社団法人航空宇宙振興会夢宙
==================================

http://osaka-ch.com/dougutyakuromon/

メルマガ第285号「アインシュタインの言葉(後編)」本日発行

メルマガ第285号「アインシュタインの言葉(後編)」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

      < アインシュタインの言葉(後編) >

1.はじめに

 前回は、「アインシュタイン150の言葉」より8つの文章を取り上げ
て考察してみました。
 今回はその後編です。

2.(106番)

 「自分の目でものを見、自分の心で感じる人間がいかに少ないことか。」

 そうですよね。
 TVやネットで見る情報、友達からの話でさえ、自分の目で見たもので
はなく、発信源のフィルターが掛かったものを鵜呑みにしているというこ
とを忘れてはなりません。
 自分の目で見ること、感じることが大切であると彼は言っているのです。
 しかし、脳は見たいものを見、知りたいことを知るという特性があるの
ですから何を真実としたらいいのでしょうね?
 恐らく彼は、真実が大切なのではなく、自分で見聞きする行動〜体験が
大切であると言っているのでしょう。

3.(109番)

 「想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界
を包み込む。」

<中略>

4.(113番)

 「専門的な知識を習得することではなく、自分の頭で考えたり判断した
りする一般的な能力を発達させることが、いつでも第一に優先されるべき
です。」

<中略>

5.(115番)

 「教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく
貴重な贈り物だと感じられるようなことであるべきです。」

<中略>

6.(123番)

 「人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがや
さしい」

 人生の苦労がうかがえる文章ですね。
 ナショナルジオグラフィックで10回のドラマとしてやっている彼の物
語を見ていますが、彼は学者・天才によくある独自の考え方で、周囲を混
乱に陥れます。
 ドラマでは、周囲の作為的なことも描かれています。
 この文章は、それらに対する反抗的な姿勢を表した文章だと思います。
 つまり彼が言いたいのは、人間の心を変えることは複雑な事情が絡んで
いるので、科学のようにストレートに答が返って来ない。だから自分には
非常に難しい問題であるということを言いたかったのでしょう。
 彼の人間に対する心情・苦悩が伺える文章ですね。

7.(128番)

 「第三次世界大戦はどう戦われるのでしょうか。わたしにはわかりませ
ん。しかし、第四次世界大戦ならわかります。石と棒を使って戦われるこ
とでしょう。」

<中略>

8.(146番)

 「年老いて腰が曲がった者には、死は解放としてやってきます。自分自
身が年老いて、死を、最後には返さなければならない古い借金のようなも
のだと思うようになった今、つくづくそう感じます。」

 死は解放である、死は借金返しである、という発想がいいですね。
 私もこの歳になって、そうだよなと感じることがあります。
 死生感は、誰しも持っておくことが大切ですよね。
 ここはさらっと流して軽く考えると、私としての思いは、「責任を終え
る」という感じでしょうかね。
 私の責任とは、一言でいうと「ノウハウを整理整頓して教える」という
ことかな?
 自分の生涯の責任とは何かについて、皆さんも一度考えてみてはいかが
ですか?

                         ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

ドリームサテライトプロジェクトのオーナー登録、受付中!

4月に始まった「ドリームサテライトプロジェクトのオーナー登録」のご案内です。
興味のある方は是非参加しましょう。

DSP パンフ


<以下に、2017年4月3日(月)のメールを転記します。>

「ドリームサテライトプロジェクトのオーナー登録がはじまりました」

関西衛星会各位
ドリームサテライトプロジェクト関係者各位

いつもお世話になっております。
AstreXの平井です。

先月の13日に大阪でJAXAとドリームサテライトプロジェクトとの間で
打ち合わせを実施し、我々の衛星の打上げが内定致しました!

ちなみに打上げ費用は300万(税込み)です!
後30日(7月9日現在)で支払いをしなければならず、
かなりバタバタしております。

ドリームサテライトPJ

これに伴い、兼ねてよりお伝えしておりました、
一人1万円のオーナー登録を開始しました!
ぜひ、関係者の皆様にもご協力をお願いできたらと思います。

オーナー登録の手順は下記の通りです。

========================

 1000sat@astrex.jp”のメールアドレスにメールを送って下さい
  →この際に住所、氏名、電話番号の記入をお願いします

▲瓠璽襪鯀ると”1000sat@astrex.jp”から返信が入ります
  →このメールに一人1万円を入金する銀行口座が記載されています

6箙垳座に振り込みを行う
  →申し訳ありませんが、振込み手数料はご負担下さい

これであなたも1000人で打上げる人工衛星のオーナーです!

========================

詳細はドリームサテライトプロジェクトのFacebookページにも記載して
おりますので、そちらをご覧頂けたらと思います。
https://www.facebook.com/dream.satellite.project/
一人1万円のお金は社団法人(一般社団法人航空宇宙振興会夢宙)が
お預かり致します。
オーナーとなった皆様は衛星の”区分所有権”を得ることになります。

もし、ご家族全員で纏めてご入金頂く場合には、
上記手順の,砲謄ーナーとなる全員分の氏名を記載下さい。
 ※あくまで一人1万円ですのでご注意下さい。

これから打上げまで、プロジェクトはどんどん加速していきます。
引き続きご協力のほど、宜しくお願い致します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
AstreX 航空宇宙技研
平井 良太
本社 :〒530-0043
大阪市北区天満2-1-27 桃井第2ビル 3F
携帯 :090-2669-8147
E-mail:hirai@astrex.jp
URL :http://astrexaerospace.wix.com/toppage
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

<ここまで>

興味のある皆様は是非申し込んで、未来へ向けて1票を投じましょう!

メルマガ第284号「アインシュタインの言葉(前編)」本日発行

メルマガ第284号「アインシュタインの言葉(前編)」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

      【 アインシュタインの言葉(前編) 】

1.はじめに

 当メルマガの280〜281号「全ては奇跡」で取り上げた、アインシ
ュタインの言葉がありましたが、それに興味を持ったので、「アインシュ
タイン150の言葉」という本を読みました。
 その中から気に入ったもの8作品をピックアップして考察してみたいと
思います。

2.まえがきより

 <中略>

3.(1番)

 「わたしは天才ではありません。ただ、人より長くひとつのこととつき
合ってきただけです。」

 これですね。
 謙虚とか、謙遜とかのレベルではなく、多分彼は素直にそう言ったのだ
と思います。
 その言葉には相当の重みがありますね。
 「人より長くひとつのこととつき合ってきただけ」・・・凡人にはそれ
が出来ない。
 他を排した集中力と好奇心の塊の継続力、これが天才を作る要素である
ということでしょうか!

4.(34番)

 「どうして、自分を責めるんですか? 他人がちゃんと必要なときに責
めてくれるんだから、いいじゃないですか。」

 これは、「自分を赦しなさい」「自分を愛しなさい」「自分の好きなこ
とをしなさい」と言っているようにも思えます。
 「自分自身を窮屈にして自己を解放しないのはもったいない」「他人を
気にして小さくまとまってはいけない」と教えられているようにも思えま
す。
 囚われた思考からの解放・・・ってところですか!

5.(49番)

 「人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間
なのですから。」

 これも大きな言葉ですね。
 自分の身の回りの悩みなど、すべてがちっちゃいことに見えてきます。
 こう諭(さと)されると、文句の言いようもありませんね。
 根源的な発想、コンセプトシンキングの極みという感じですね。
 こんな発想、アフローチをすれば、どんな問題も解けそうですね。

6.(59番)

  <中略>

11.まとめ

 今回はここまでにします。
 後、45作品ありますが、また次回取り上げることにします。
 それにしても、含蓄の塊みたいな珠玉の文章ですね。
 勉強になります。

                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

メルマガ第283号「レジリエンス(折れない心)」本日発行

メルマガ第283号「レジリエンス(折れない心)」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

       【 レジリエンス(折れない心) 】

1.はじめに

 以前なら、「もうあかん」「やる気がなくなった」「もうだめだ」とい
うような表現をしていたと思いますが、最近は「心が折れる」という言い
方をよく耳にします。
 4月17日のNHKのクローズアップ現代「“折れない心”の育て方〜
「レジリエンス」を知っていますか?」を中心にして、この内容について
考察してみます。

2.レジリエンスとは?

 「レジリエンス」はウィキペディアでは以下の内容でした。
<ここから>
 心理学におけるレジリエンス(resilience)は脆弱性(vulnerability)
の反対の概念であり、自発的治癒力の意味である。「精神的回復力」「抵
抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される。
<ここまで>

3.クローズアップ現代よりまとめ

 番組の文字情報から以下のように抜粋・まとめてみました。
 ちなみに、クロ現では「レジリエンス=逆境力」と定義しています。

●心の折れやすい人たちの特徴
 ・感情の起伏が激しい
 ・自分の感情を出し過ぎる
 ・一喜一憂し過ぎる
 ・課題に対して最初から無理と決めつけている
 ・自分の力を過小評価している
 ・あきらめが早い
 ・一人で考え込んでしまう

●心の折れにくい人たちの特徴
 ・少しずつ成長していると感じている
 ・いつかできるだろうという気持ちを持っている
 ・自分が成長前進していると感じる(自己効力感)事ができる
 ・失敗の中でもいつかできると考える楽観性を持っている
 ・柔軟な思考性を持っている
 ・前向きである
 ・不安に負けないでしなやかにこなしていく
 ・自分にとってそれが大切かどうかを客観的に考える力を持っている
 ・協同する考え方を持っている

●対策例
 ・ブドウ糖が少なくなると集中力が落ち、感情の起伏が激しくなるので、
  少量を頻繁(3時間置き)に食べる。そうすると、脳のエネルギー源
  となる血中のブドウ糖を安定させることができるので、レジリエンス
  に必要なエネルギーが維持される。
 ・全力でのランニングを何度も繰り返すインターバルトレーニングをす
  る。体力の限界を乗り越える経験を通じて、自己効力感が養われる。
 ・落ち込んだ時からどう再起したかを思い出すために「逆境グラフ」を
  書き、そこからその経験を見つめ直すことにより、自らの逆境力や周
  囲の人たちの支えを再認識する事ができる。つらい体験は必ずしもマ
  イナスだけではない。その時の感情を活かして今の課題を乗り越えて
  行く。

4.対処の追加例

 <中略>

5.考察

 <中略>

6.まとめ

 <後略>
                          ではまた次回!

<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。

まあなんと!

まあなんと!

昔やっていたロックバンドの一人から連絡がありまして・・・
うちの家で集合ということになりまして・・・
なんと40年ぶりの再会ということで・・・
それでその彼が、「あの時が一番楽しかった。もう1回だけやりましょうよ!」という切なる要望に応えまして、「仕方ないなあ」ということで、近々寄ることになりそうで・・・

170607 MILK再会

グレッグオールマン死去

大好きなオールマンブラザーズバンドのデュアンオールマンの弟のグレッグが亡くなったという記事を見ました。
69歳。
私と同い歳。
淋しいです。

グレッグオールマン死去

メルマガ第282号「書籍『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』を読んで」を本日発行しました。

メルマガ第282号「書籍『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』を読んで」を本日発行しました。

一部を紹介します。

メルマガロゴ

<本文より抜粋です>

【 書籍『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』を読んで 】        

1.はじめに

 私の弟子26号の前川由希子さんが、4月に初の出版をしました。
 書籍は、ポプラ社出版『女性の話を聴かない上司は仕事をだめにする』
前川由希子著です。
 早速この本を購入し、読んだので、彼女へのプレゼントとして、私の読
書感想文を贈りました。
 今回は、その感想文の全文を掲載します。
 「えっ? でもまだ本を読んでいないので、そういわれても・・・」と
いう困惑した読者の皆様の声が聞こえてきそうですが、そこは目をつぶっ
て(?)お読みいただければと思います。
 読後、本とこの感想文とを比較してみたいと思われたら、書籍を購入し
ていただければ幸いです。
 女性の操縦に悩む男性諸君!、ビジネスでもブライベートでも女性心理
の的を突いたこの本の内容を理解して、是非お役立て下さい。
 では感想文をどうぞ。

2.総評

 著作、大変でしたね。お疲れ様でした。
 まずは総評です。
 PART1「社内コミュニケーションが変わる19話」は、前川さんが
コンサルティング指導して効果のあった実例を取り上げていますね。
 前川さんのコンサル手腕がなかなか的を得たものだと感心しました。
 また、「女性の心理はこうですよ。女性はこういう考え方をしますよ!」
という部分が強調されて書かれているのはなかなか興味深かったです。
 PART2「男女間のギャップを解消する」は、女性の影の声が聞こえ
てきそうな内容でした。
 女性の視点(前川さんフィルター)での、繊細な受け取り方、感情、考
え方、期待など、随所にそのエッセンスが散りばめられ、そんな女性に対
し男性はどのように対処すればよいのかについて解説も書かれているので、
言ってみれば「女性操縦法」のような内容ですね。
 PART1〜2とも、男性にとっては目からウロコの内容だと思います。
 全体として、ここまで深く、ビジネスにおける女性の本音を取り上げた
内容は実に面白く、今後の現場における男性上司の指導において大変参考
になると思いました。
 では、PART1〜2で気になった箇所について細かくコメントしてみ
ます。

3.特に気になった箇所(PART1)

<一部のみ紹介>

P50「私の居場所が奪われた。居場所がない」
 ・正直、この発想には驚きました。
 ・新人が入ってきたら、自分は先輩になるので、今まで新人だった自分
  の居場所が奪われてなくなる?
 ・本当ですか?
 ・こんな考え方をするのですか?
 ・私は結構、女性心理は理解できている方だと思っていますが、これに
  はショックでした。

4.特に気になった箇所(PART2)

<一部のみ紹介>

P153「察してくれないなんて、・・・どうせ、私のことなんてたいし
    て大事じゃないんでしょ!」
 ・P118でも同じような内容がありましたね。
 ・これ、女性心理を完全に言い当てていると思います。
 ・やっかな女性はこの傾向がまさに強い!
 ・このセリフ、完全にマイナス思考が原点にあるように思います。
 ・というか、ホメオスタシス(自己防衛本能)が強いのだと思います。
 ・女性は人類の守備隊なので、この発想は本能的なものなのでしょうね。
 ・しかし、これが女性の傾向だとしっかり理解できれば、かなり男性は
  対処の方法が明確になるのではないでしょうか?
 ・これはなかなかいいセンテンスだと思います。

5.まとめ

<以下省略>
                          ではまた次回!


<ここまで>

メルマガロゴ




メルマガ「心と技のあいだ」の続きを読みたい人は、こちらから。
購読申し込み↓
http://www.mag2.com/m/0000166118.htm
完全永久無料です。
訪問者数

月別だあ。
  • ライブドアブログ