さほど恋愛経験のない自分が恋愛をした。

大事にしたい。成就させたいと思うあまり、踏み止まったまま時間だけが流れた。

交わした会話は趣味や特技といったごく平凡なもの。

いったい自分は本当にこの人を好きなんだろうかと、疑問に思えてきた。

けど好きなんだ。

もうオワリだけど。

きっとあのとき、あなたが笑顔を見せてくれていたときに声かけをしていれば、きっと結末は変わっていた、のかもしれない。