中国MBA(長江商学院MBA2010)留学ブログ

アジアで最も成功した企業家として知られている李嘉誠氏が創立者である長江商学院のMBA留学ブログです。 北京での1年間の奮闘生活を綴っています。

2011年09月

第18回 中国人クラスメイトインタビュー Erica

第18回 長江商学院MBAコース Erica(女性) 30歳

中国の超人気お見合い番組「非誠勿擾」に出演歴あり!キャリア志向の中国美人




プロフィール:
1981年生まれ、広東省出身。5歳年上の兄がいる。母親の教育熱心のおかげで、小学校を同い年より2年早く入学。小さい頃から読書が大好き。中学・高校時代は、成績はトップ5以内で、部活はバスケットボール部に所属。大学は武漢にある華中科技大学の英語科に進学。大学ではインターネットにはまり、毎日ネットサーフィンの日々。大学卒業後は、米系、日系企業など外資系企業のマーケティング畑を一貫して歩む。東風日産に勤務経験あり。長江商学院MBAを通して、シニアマネジメントにキャリアアップを図る。


小学校から2年飛び級入学。いつも2歳年上の同級生に囲まれた学生生活を過ごす。

Q.子供の頃、両親はどんな人だった?
A.父親は国営企業勤務、母親は小学校で中国語の先生をしていた。教育やしつけには厳しい両親で、3歳から母親は私に中国語のピンインを教えていたし、箸の持ち方や服の畳み方など厳しくしつけされた。特に、母親の教育熱心で、私は3歳から母親から教育を受けていたおかげで、同い年よりも2年早く特別に小学校に入学できた。小学校からずっと、同級生はみな私より2歳年上の1979年生まれの人たちだった。

Q.学生時代はどんな生活だった?
A.母親の影響で、読書が大好きになり、休み時間になるといつも本を読んでいた。成績は上位トップ5をキープ。特に中国語と英語は得意だった。高校では理系クラスだったので、化学や物理も勉強した。部活はバスケットボールをして、よく放課後や週末に練習したものだ。高校の時は具体的な将来の目標はなく、大学は父親の薦めで、武漢にある華中科技大学の英語科に進学した。ちょうど私が大学に入学した頃(1998年)、ITが普及し始めた頃で、時間があればインターネットで毎日ネットサーフィンを楽しんでいた。海外の情報にアクセスしたり、友達とのチャット、他大学の生徒とのディスカッションなどしていた。英語力に関しては、広東省は香港と近いため英語のテレビ番組を見ることができ、中学・高校生の頃からよく英語の番組を見ていたため、自然と英語力は上達していった。


米系と日系企業のマーケティング職を両方経験。日系企業の弱点は組織構造にあり。

Q.これまでのキャリアは?
A.大学卒業後、コミュニケーションに強い興味があったので、一貫してマーケティング分野でキャリアを築いてきた。広告代理店で約2年半、米系Heinzでマーケティングスーパーバイザーとして約2年、日中合弁の東風日産でモデルストラテジーとして約1年、米系Amwayでアシスタントブランドマネジャーとして約2年半を経験してきた。経験社数は4社だが、一貫してマーケティング畑だ。米系企業と日系企業の違いを2つ上げると、1つ目は、米系は組織がフラットで、意思決定が早い、昇進基準が明確、日系は組織のヒエラルキーが強く、意思決定に多くの時間をかけすぎ、昇進基準があいまい。2つ目は、米系は本国からシニアマネジメントクラスしか派遣しないが、日系はミドルマネジメントクラスまで派遣し、会社に日本人がたくさんおり、中国人がマネジャーに上がるのに時間がかかる点だ。さらに、日系は駐在員に対する待遇が頗る良く、現地の中国人が明確な差を感じるのは好まれないと思う。これまでの私のマーケティングキャリアから日本企業にアドバイスすると、中国人の間では、日本の商品は品質が高いことは有名で、日本の企業はもっと品質、責任感、信頼など、キーメッセージを発するべきだと思う。それに有名人やアスリートを使ったマーケティングキャンペーンを大掛かりにやるべき。付け加えると、消費財セクターでは、メイドインチャイナの商品は最近本物かどうか疑いがかかることが多くなったので、メイドインジャパンブランドの方が信頼が増すと思う。

Q.なぜ長江商学院MBAを選んだの?
A.これまでマーケティングキャリアを歩んできたが、MBAを通してマネジメントを学び、次はシニアマネジメントのポジションで会社全体を見ていきたい。長江商学院は1年MBAで奨学金が充実しているため、CEIBSと比べてコスト(機会コスト含む)が半分ぐらい安い。米系Amway勤務時代(2009年)に広州市のビジネス中心街に家を買ったが、それがぐんと値上がりし、MBAで払った授業料を既に回収することができた。ビジネス中心街は今後も不動産は値上がりが続くと思う。

Q.卒業後の進路は?
A.卒業後は、これまでの経験を活かして、消費財セクターの経営企画室や戦略部門で働きたい。5年以内にディレクターレベルまで上がれればいい。外資系戦略コンサルティングファームも考えている。

SMAP北京コンサート

昨日はデビュー祝20周年、初の海外ライブとなるSMAP北京コンサートに行ってきました!すごく楽しかった!盛り上がりました!さすがSMAP!本当に見事なパフォーマンスでした!

会場は北京の中心にある「工人体育場」、収容人数7万人の大きなドームです。







ニュースによると観客数は約2万5千人。感覚的には、日本人も多く、そこら中に日本語が飛び交っていました。2割ほどは日本人だったような気がします。

19時半開演で、大ヒット曲「世界に一つだけの花」「夜空ノムコウ」は中国語で披露、2時間強で29曲を熱唱、アンコールの後さらに2曲を熱唱し、22時頃閉演しました。













初の海外コンサートのためか、最初の方はSMAPのメンバーは緊張しているのが分かりました。でも、曲を重ねるごとに緊張はとれ、途中からはどんどんノッていきました!

「世界に一つだけの花」と「夜空ノムコウ」を中国語に歌ったときは、中国人ファン大盛り上がり!会場は一気にヒートアップって感じです。SMAPの中国語はうまかった!発音がきれいで、中国メディアから称賛されるのも分かります。相当練習しないとあそこまではいけないレベル。プロだなぁと感じました。

今回のコンサートテーマは「加油日本! 感謝中国! 亜洲一家!(がんばれ日本! ありがとう中国! アジアは一つ !)」で、全体的な構成もこれに沿っていたと思います。途中、東日本大震災の被災地の様子がVTRで流れ、中国から救援隊や義援金を頂いたことに対してSMAPが感謝するシーンがありました。こうして、しっかりと感謝の気持ちを表現することは日中友好にとって本当に重要だと改めて感じました。

コンサート機材はすべて日本から持ち込み、ステージも日本同様のハイレベル。日本人から見てもかなり見事なパフォーマンスだったと思います。中央の大きなモニターに映し出されたグラッフィック映像はかなり時間をかけて作りこんでいるなぁと感じました。

全体を通して、主催者側のこの北京コンサートに懸けてきた熱意がパフォーマンスから十分に伝わってくるものでした。一緒に行った中国人仲間も相当感動していました。台湾歌手の故テレサ・テンさんがカバーして1978年に台湾で大ヒット、中国でも国民的な楽曲として知られる「月亮代表我的心(月は私の心)」を中国語で披露したときは、中国人の多くは声を出して一緒に歌っていました。また、途中、キムタクとフジ月9ドラマ「月の恋人」で共演した台湾人気女優、リン・チーリンがゲスト出演したときの中国人の盛り上がりようは凄まじかったです!

さすがプロ中のプロのSMAP。単に日本でやってきたパフォーマンスを海外で同じようにするのではなく、かなりの部分を中国人向けにアレンジし、中国人の心を完全に掴んでいたのは本当にすごい!

韓国勢に負けず、日本のアーティーストもどんどん中国やアジアで出ていき、日本の素晴らしさを生で伝えてほしいです!アーティストに限らず、ビジネスにおいても日本の良さをどんどん世界に伝えていくことが本当に大事だと改めて感じました。

SMAPの皆さん、それを支えていたバンド、ダンサー、スタッフのメンバー、本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!

第17回 中国人クラスメイトインタビュー Li

第17回 長江商学院MBAコース Li(女性) 26歳

高校、大学はイギリス留学。抜群の国際的視野と優しさを併せ持つ中国美人!




プロフィール:
1985年生まれの一人っ子、浙江省温州出身。両親は大手通信業者向けにモニターシステム会社を起業。幼少期は祖父母に育てられる。父親の影響で読書が大好きで、成績は頗る優秀。高校、大学はイギリス留学。大学時代はラテンダンスにのめりこむ。新卒でゴールドマン・サックスに入社し、ポートフォリオ管理を担当するバックオフィスに2年間勤務。家庭の事情で上海に戻った後、長江商学院MBAに入学。10月4日に挙式予定。


小さい頃、父親から薦められた読書のおかげで、成績優秀。高校、大学はイギリスへ留学

Q.子供の頃、両親はどんな人だった?
A.両親は1996年に大手通信業者向けにモニターシステムを製造販売する会社を設立した。現在は従業員約300人、服や靴のメーカーなど伝統的な企業が多い温州の中では珍しいハイテク企業だ。小さい頃は両親が起業して非常に忙しかったため、祖父母と一緒に過ごすことが多かった。ただ、両親は勉強家で、読書をよくしており、私にもたくさんの本を買ってくれた。両親のおかげで、私も読書が大好きになった。読書のおかげで、自分から進んで勉強するようになり、小学校では成績は頗る良好。とても自由な幼少期を過ごした。

Q.学生時代はどんな生活だった?
A.母親の健康問題で、家族全員で温州から父親の実家がある上海に移り住んでため、上海にある中学校に入学した。温州よりも上海の方が小学校の時から勉強の進捗スピードが速く、上海では既に小学校から英語の授業が始まっていたり、数学の進捗がかなり進んでいたため、中学入学当初は特に英語と数学はひどい成績だった。ただ、小さい頃から読書好きで、勉強が得意だったため、半年後には、同級生に追いつき、その後はトップの成績を維持することができた。英語はとても良い先生に巡り合い、上達は早かった。その先生の夫が复旦大学の教授で、彼がよくイギリスに行っており、彼からイギリスの街並みの美しさ、教育環境の良さを度々聞いていた。そんな彼のおかげで、イギリスにとても興味をもつようになった。ある日、上海でイギリスの教育機関の展示会があり、イギリス留学を真剣に考え始めていた頃で、父親と一緒に行くことになった。そこで出会ったイギリスの方が私の英語をとても褒めてくれ、その場で英語の試験を受けることになり、イギリス留学の許可までいただいた。当時の夢は外交官になって、世界中を飛び回って仕事をすることだったので、家族と相談して、イギリス留学を決めた時は不安より興奮や期待が大きかった。
イギリスでの高校はインターナショナルスクールで、日本やベトナムなどアジア、欧州など多国籍のクラスメイトと2年間を過ごした。初めての海外でとても楽しかったし、ホームステイ先で2年間過ごし、その家族にもとてもお世話になった。ただ、親元を離れ、一人異国の地で生活をするのはやはり大変で、ホームシックになったり、友達と楽しく遊べても、深い友達関係になれなかったりと、いろいろと苦労したのも事実。でもこれが私の内面を大きくしてくれたことは確かだ。
大学はそのままイギリスに残り、イギリスのBathにあるBath大学の経営学部に入学した。Bathは綺麗な町で高校生の頃訪れて、一目惚れした場所だ。大学ではもちろん勉強は進んでしたが、ラテンダンスクラブに入部してからは、ダンスが大好きになった。Bathにはラテンダンスの先生が少なかったので、電車で1時間ほど離れた町にいた有名なラテンダンスの先生のところまで毎週1回必ず通い続けた。ラテンダンスから、ラテンミュージックも好きになったり、ダンスを通していろんな方と友達になれたのは本当に楽しかった。中国では当然勉強が重んじられるが、イギリスでは勉強より趣味の方が働く上では大事という考えがあり、仕事場では機械みたいな人と働きたくないし、面白い、素敵な人と仕事をしたいという価値観も強い。


新卒でゴールドマン・サックスに入社。2年間勤務後、家庭の事情もあり、上海に戻ることを決意。

Q.これまでのキャリアは?
A.大学卒業後は、イギリスにあるゴールドマン・サックスに入社し、ポートフォリオ管理を担当するバックオフィスで働いた。予想以上に非常に忙しく、毎日平均12時間ほどの仕事量だった。仕事自体は充実していたし、周りの同僚はとても優しく、思いやりがある人たちで恵まれた環境ではあった。ただ、仕事時間がかなり長く、どうしても私には合わないと思って2年間働いた後、家族の事情も重なり、会社を辞め、上海に戻ることに決めた。

Q.なぜ長江商学院MBAを選んだの?
A.上海に住んでいた祖父の肺がんの症状がかなり悪化し、一度上海に戻り、祖父の看病をすることに決めた。小さい頃からずっと私を育ててくれた祖父に感謝していたし、最期が近いと聞いていたので、上海に4か月ほど看病をしていた。ただ、ずっと看病をするわけにもいかず、上海で働き始めようかと考えたが、その前にMBAでもう一度勉強してから働くことにした。

Q.卒業後の進路は?
A.現在、インターシップをしている企業が株式公開を控えており、卒業後2、3年はこの会社で株式公開を成功させるまで勤務したいと思っている。その後は、10月4日に結婚する彼と上海に戻り、父親の会社で働こうかと考えている。父親の会社も株式公開を考えているので、卒業後の会社の経験が活かせればと考えている。長期的には、彼と一緒にウェディングプランナーとして独立したい。

第16回 中国人クラスメイトインタビュー Conan

第16回 長江商学院MBAコース Conan(男性) 29歳

地方出身の若き秀才!将来は中国が抱える環境問題をビジネスで解決したい!




プロフィール:
1982年生まれの一人っ子、四川省自貢出身。両親はメーカー勤務でごく普通の家庭に育つ。6歳の頃から母の薦めで読書を始め、学ぶことが大好きになる。学生時代、成績は常にトップ、高校時代に英語クラブを仲間と立ち上げ、総勢100名を束ねる副代表を経験。大学は北京大学で化学を専攻。大学時代はロッククライミングに没頭する。大学卒業後、P&Gに就職し、R&Dマネジャーとして消費者調査や製品デザインの仕事に5年間従事。MBAを通して、消費材ビジネスから環境ビジネスへキャリアチェンジを図る。長江商学院MBAでは、エネルギー・環境クラブの代表を務める。


読書が秀才への第一歩。北京大学時代はロッククライミングに夢中になる。

Q.子供の頃、両親はどんな人だった?
A.両親ともにメーカー勤務で、私が小さい頃は製品の品質保証を担当していた。1990年代半ば以降、中国の経済政策が計画経済から自由経済へと大きく変化し始め、国が抱えきれなくなった国営企業の多くは、国の管理から離れ、証券取引所に上場したり、他社に買収されたりして、急速に合理化が進められた。父のメーカーも一時経営難に陥ったが、1997年に上海証券取引所に上場して、2000年以降は業績が上向き始め、父はこの会社を勤め上げた。母のメーカーは倒産に至り、母はその後様々な職業を経験し、最後は地元の自治体のリーダーとして地域のために仕事をしていた。なので、決して恵まれた家庭ではなかった。普通の家庭ながらも、両親は私の教育に投資は惜しまず、いつも私の意思を尊重してくれた。教育やしつけに関して特にうるさく言われたことはない。学校の成績が小学校の頃から常にトップだったのも、親を安心させた要因かもしれない。

Q.学生時代はどんな生活だった?
A.6歳の頃、両親が私を図書館に連れて行ってくれ、そこで様々な本を読み始め、夏休みや冬休みは図書館に籠ってずっと本を読んでいた。学校の成績がこれまでいつもトップだったのは、小さい頃に読書の習慣がつき、学ぶことが大好きになったからだと思う。中学・高校の頃は数学や化学のオリンピック大会のために必死に勉強したのを覚えている。高校2年生の時に英語を勉強するクラブを友人と立ち上げ、副代表として活動した。新聞、ニュース番組、映画などを題材にメンバーと楽しみながら勉強した。メンバーは約100人まで増加し、チームでクラブを運営したり、勉強する楽しさや苦労を学ぶことができたのはとてもいい経験になった。私の高校は比較的オープンカルチャーでこうしたクラブ活動に対しても寛容で、みな生き生きと高校生活を送っていた。一般的に、中国の高校は生徒を勉強だけに専念させ、勉強以外のクラブ活動などはさせないのが普通だ。大学は北京大学に進学し、化学を専攻。化学は常に高校で1番だったので、大好きな科目だ。当時(2001年)、四川省全体から北京大学と清華大学にそれぞれ50名弱進学することができ、私の学校からは600名中、私を含め4名が北京大学に進学した。
北京大学時代は、もちろん大好きな化学を必死に勉強したが、勉強以外では、大好きな山登りとロッククライミングに多くの時間を費やした。1年生から山登りクラブに入部し、週2回、50人ほどのメンバーで北京西部の山に出掛け、仲間と楽しい時間を過ごした。私の学部の3分の1は米国へ修士号と博士号を取得へ、3分の1は国内の大学院や中国科学院で科学者への道を選んだ。私は3年生の時に科学者になるより、ビジネスサイドの方が向いていると思い、米国への留学を辞め、卒業後は会社で働くことに決めた。化学を専攻していたので、化学製品を多く取り扱うP&Gに就職することに決めた。


P&GでR&Dマネジャーとして成長著しい消費財ビジネスに従事。MBA後は、中国が抱える環境問題を解決する環境ビジネスに挑戦。

Q.これまでのキャリアは?
A.P&GでシニアR&Dマネジャーとして5年間働いた。主な仕事は、マーケティング部とR&D部を繋ぐ仕事、消費者調査や製品デザインを担当した。具体的には、ある商品のブランド差別化戦略の構築、製造ライン拡張のための予備調査と実行計画策定、消費者への定量及び定性インタビュー、それに続く製品開発計画への落とし込み、東南アジアへの市場参入計画などだ。P&Gで消費財ビジネスに5年間従事し、成長著しく面白い分野ではあるが、興味としては中国が抱える環境問題を解決するビジネスに移っていった。ビジネススクールを通して、消費財ビジネスから環境ビジネスにキャリアチェンジしようと考えた。

Q.なぜ長江商学院MBAを選んだの?
A.将来は中国でビジネスをやりたいし、長江商学院の起業家のネットワークは中国で最強なので、このネットワークに入るべく、ここのMBAを選んだ。当初より米国は考えておらず、また、北京大学を卒業したので、北京大学が持つネットワークは既に持っており、北京大学のMBAには興味はなかった。

Q.卒業後の進路は?
A.クリーンテック企業など環境ビジネスに特化した企業で働きたい。そして、10年以内に起業して、自分の会社を持ちたい。人生を楽しみつつ、社会に貢献した人生を送っていきたい。
プロフィール

ckmba2010

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ