30代後半からの人生イージーモード

2016年11月で地方公務員を退職し、セミリタイア生活を開始しました。ゲーム・アニメ等を中心に、コミュ力低くてもまったりとストレスフリーな生活を目指します。

1月に立てた年間計画では4月頃から働く計画だったんですが、先日久しぶりに派遣会社のサイトにログインして求人状況の様子見してたら良さげな案件があったんでついポチってしまいました。
短期契約のデータ入力案件はあんまり求人数が豊富ではないので、いけそうなときにいっとくかなということで。
他の方のセミリタイアブログ見てるとデータ入力の仕事やってる人が多くて、自分も1回データ入力やってみたかったんですよね。
フルタイムとなりますが2ヶ月くらいならまあいいでしょう。


昨年末に働いていた系列の仕事も募集があり、週3・3ヶ月半で純粋内勤という好条件だったんですが、時給があまりにも低いのでやめました。
計算すると週3で3ヶ月半働くよりも今回契約となったとこで2ヶ月働くほうが、社会保険料を考慮しても稼ぎが大きそうです。


エントリーしたら翌日朝に電話かかってきて、その翌日に面接、2時間後に採用確定となりました。
やはり派遣会社は仕事決まるまでが楽でいいですね。
面接といっても条件面や業務内容の説明や質疑があるだけで、志望動機とか白々しい演技しなくていいし。
今回の職場はかなり立派なオフィスビルで、室内の設備も全員一人2台のモニター使って作業してて、田舎のショボイ職場しか知らないの自分はちょっとビビッてしまいましたw。やることはただのデータ入力だから大丈夫だとは思うけど・・・


以前は不幸を最小化するために条件の悪い季節は休んで春秋に働こうと考えていましたが、最近そのへんはちょっと考えが揺れてます。
今年の寒波を経験して、働いてなくても辛いことには変わりなかったしなあ。
3-4月上旬あたりの花粉シーズンをオフィスワークでやり過ごし、5月のいい季節を予算に余裕のある無職で楽しむのもいいかな。


にほんブログ村

散髪はここ5年以上ずっとQBハウスという千円カットのチェーン店を利用していました。
バリカン買ってきて坊主にしたほうが安いし掃除も楽なんだろうけど、セミリタイアで事務系の仕事やろうとしてますからねえ。完全リタイアを達成したら坊主も検討しますが、今はまだちょっと無理です。
ネットではQBハウスは仕上がりに不満を持った書き込みを多く見かけますが、自分は特にこだわりありませんので気になりません。
安さと、なんといってもシステム的に安定しているのが全国チェーンの魅力です。理容師側から無駄なおしゃべりをしてこないというのがコミュ障的にポイント高いのです。個人店で髪を切ろうとすると、世間話の対応がうまく行かなかったり余計なところでストレスを感じるんですよね。初めてQBハウスを利用したときはこの創業者天才だなと思いましたよ。


しかし、現在のQBハウスは千円カットと言っても実際は消費税込みで1080円かかります。
昔は税込千円だったのですが、消費税率が上がるタイミングで1000円→1080円に便乗値上げされました。なんかこういう姑息な値上げって非常に印象が悪いんですよね。
非正規雇用の人件費は年々上がってますし、元々千円札のみ認識する発券機を使って低コストな運営をしてましのたので、中途半端に消費税分だけ値上げしても採算合わないという理屈は分かるんですが・・・


今はセミリタイアしておりますので、平日の昼間に髪を切ることができます。個人店も価格が安くなり、平日昼間だと千円カットよりも安い価格を実現している店も少なくありません。ちょうど地元に平日12時~14時限定で690円という店舗があり、前から気にはなっていたのですが、前述のとおりコミュ障にとって新しい店で髪を切るのは結構ハードルが高く今まで入店できていませんでした。しかもこの店美容室なんで余計にハードル高いんですよね。
しかし390円差といえば、家で食べる朝食や昼食なら3回分に相当します。何とか勇気を振り絞って入店しました。


利用した感想ですが、最近は個人店でも無駄な話はしないようにしているのかな?
一応時代の流れに適応している感じでコミュ障的な意味での不快感は特に感じませんでした。ただ、タイムセールやってるからだろうけど、結構店が混んでいて時間がかかりましたね。それと髪切り終わった後にグワァーンと吸い取る機械が無いんで、ちょっと取り残しの髪でちくちくとした感覚が残りました。システム面でのQBカットはやっぱ優秀だと思います。
まあ無職なんで多少時間がかかろうがちくちくしようが家に帰ってさっさと風呂入れば問題ありません。仕上がりについては特にこだわりは無いので差はよく分かりません。
安いは正義。事務系の仕事でセミリタイアしている間は今後もこの店を利用しようと思います。

2/21追記
ちゃんと調べたらこの美容室も全国チェーンだった。
だからあまり余計なおしゃべりとかなかったんだな。
美容室業界とか全然興味なかったから気付かんかったよ。


にほんブログ村

貧乏セミリタイアをしているとたまにこういう妄想をしてしまいます。
今朝のsnufkinさんの記事に影響されて私も2億円を手にした場合の生活を妄想してみました。
各要素別に、2億円あったらどうするかまとめました。

・運用
VT 1.2億 実物不動産 0.6億 現金 0.2億
メインはVTにします。ここ10年を見れば米国株が圧倒的に強いですが、いくら米国企業がすごいといっても1国だけ突出して割高になってるし、自分としては世界に分散した方が相場を忘れて他のことに集中できるような気がします。
期待値は株に劣りますが、アパート一棟だけ購入して自営業という肩書きを手に入れておくと何かと便利なような気がします。
あと、VTの運用資産の一部は海外金融機関に移して日本に何かあったときも生き延びることが出来るようにしておきたいです。


・住居
今より2~3畳ほど広めの部屋に引っ越して、ヨギボーマックスをおける空間を確保してより上質のダメライフを追求します。
外食好きとしては、予算の制約が一切なければ東京で暮らしてみようかな。


・車
特に必要性は感じません。


・服
ファッションとかは2億円あっても多分興味ないと思います。
でも人生で最も付き合う時間の長い寝巻きとか寝具には高機能なものを買ってみたいです。


・PC家電製品等
PCは高性能デスクトップと軽量ノートを新たに購入。
スマホはそんなに使わないんだけど、ストレージ残量がやばいので機種を更新します。SIMは現状特に不満無いので格安SIMのままでいいや。
他の家電製品は特にこだわりないので今と変わらなそうです。


・日々の過ごし方
動画見てゲームして読書してうまそうな店で食事して、たまに旅行とか


・・・結局やることはあんまり今と変わらないですね。
今の資産でも買おうと思えば買えるものばっかだし。
それでもお金のことを考えなくて暮らせるいうのはすごく幸せなことだと思うので、実質的に暮らしがたいして変わらないとしても、増やせるものなら増やしたいですね。


にほんブログ村

↑このページのトップヘ