2011年3月に購入したガーミンエッジ500
DSC02163

ここ最近、満充電しても2~3時間でバッテリー切れを起こすようになりました。それまでは最大で16時間ぐらい電池がもったこともありますが、さすがに6年以上経つのでバッテリーの経年劣化なのでしょう。
このシリーズは510、520と2世代進んでいて、懐に余裕があれば最新の520が欲しいところですが、別に500に不満があるという訳でもないし使えるものは使おう精神で、この度バッテリー交換に挑みました。

まず最初の写真にある交換用のバッテリーですが、ググって見ると海外の通販「ebay」で買えるという記事が目につきます。確かに物自体は日本円で1000円ちょっとで買えるようなんですが、それに対して送料が2000ぐらいかかるんです。まあワタシ英語が得意じゃないので何か見落としがあるのかもしれませんが、トータルで3000円かかるのも何だしなあ、と思ってヤフオクを見てみると品物は2800円と割高なものの、送料が160円でこちらも約3000円なので同じぐらいならこっちでいいかって事で落札しました。

そして使う道具はこちら
DSC02164

上からトルクスドライバー(サイズはT5)、プラスの精密ドライバー、半田ごてです。

まずはトルクスドライバーを使って四か所のねじを外しふたを外します
DSC02165

液晶画面を持ち上げると緑の基盤が見えるので三か所の皿ねじを外し持ち上げるとバッテリーが見えます
DSC02166

バッテリーは両面テープで底に貼り付けてありますので、マイナスドライバー等でこじって慎重に外します。

すると、半田付けしてあるコードが現れるので古いバッテリーを外して新しいものに付け替えます。基盤とはコネクターでつなぎます。
DSC02167
と、あっさり書きましたが数十年ぶりに使う半田ごてには少々難儀しました‥。でも何とかなるもんです!

ふたを組み付ける前に念のため電源を入れてみます
DSC02168
どうやら上手くいったようです。ああ良かった。
ちなみに設定や積算距離等はリセットされずにそのまま残っていました。

今回はバッテリー代2,960円とトルクスドライバー代779円で済みました。
これであと4~5年は使えるかな?
今度バッテリーがへたったらその時は最新型にしますかね(笑)