はい、こんばんわ。クレイスです。

気分的にも3年半ぶりに解放されつつあります。
ある意味、ここでのゴールが見え始めた分とでも言いましょうか。
現在の職場の3年半は嫌では無かったですし、アフォストーンになるまでは楽しかったと言えます。

組織体制の整備から始まり、現在はかなり精練された体制ともなってますしね。
利用者はこの3年で3分の2は入れ替わりましたけど・・・
地方都市での高齢化の入れ替わり率からすると想定範囲内かな。

うーん、冷静になって考えてみても、施設長の切り替わりが施設体制や方向性の転換期となり、一族支配に走ったのが元凶と言わざる得ないですねぇ・・

(福祉施設なのに事務課を「運営本部」って命名している辺りがダメなんですが)

施設全体のマイナス収入を消す為に、余りにも利益追求型といいますか、福祉法人離れした運営方針に私はついて行く事が出来ませんでした。


通所の職員の退職分を勝手に作った運転課としての運転手の人件費に当てちゃうとか・・・(入所50、デイ30の定員なのに、運転手7人って・・)

SGさんの勤務日数が減った分とシーズーの職員へスライドした分の欠員補充の1名分の合わせて1.5人分の人件費だって新規で入ってきた運転手3名分(1人4H勤務)でちょうど相殺されてますし、彼らの明細がデイに手渡されるのも、予算がココから出ているってことですわ。


ストーンいわく「運転手増やして集めるりゃ現場は何とかなるだろう、法律では利用者10人に対して職員は1名の配置基準なんだからさぁ」なんて言ってたなぁ・・・

そのうち運転手10人でデイの介護職員3人とかなるかも・・・


私は去ることを決めた1人ですし、今までの事を暴露しまくっても醜くなるから止めて置きますけど・・・


ココ、「バレると法に引っかかるような悪質な運営です。」

実際に引っかかって問題になってからの脱出は、次のところで「あの問題起したところの職員か・・・」ってどこもそれとなく不採用出されるよりか、先に乗り換えて「あそこ今問題になっているけど大変だったねぇ」で折角の自分のキャリアと経歴に傷をつけたくありませんしね。

もしそうなっても、どこぞの肉の業者のように、全ては工場長の指示だったとかシッポ切りにされたくも無いですしね。



残る方、頑張ってください。
シッポ切りに会わないようにね。