くだものと やさい作りの記録 2016~

2016年より 中部東海地方の温暖な地域で耕作放棄地を開墾して畑をはじめました    

薪ストーブでオーブン料理

年末年始は薪ストーブでオーブン料理、主にパンを焼くのに熱中していた。

薪をたっぷり燃やして熾を沢山作っておき、熾の上にレンガを敷いてその上で焼く。
まだ炎が出ている段階だと焦げ、熾が少ないとこんがり焼けない。
何度も焼くうちその加減がだんだん分かってきたよ。


PC143934


PC143935

PC143936

PC143942

PC143944

PC143945

PC183952

PC183953

PC183954

PC213977

PC213978

PC213979

PC283986

PC293987

PC293988

PC303989

PC303990

PC303991

P1023992

自家製だからドライイチジクやレーズン、クルミなど、なんでも気の向くままたっぷり入れて焼けるところが良い。

りんごから酵母を起こして天然酵母で作ったんだけど、あまりうまく発酵できなくて、固めの歯ごたえのあるパンになった。
もっと上手な発酵ができるようになりたい。

コロコロと丸いのは、冷凍のポン・デ・ケージョ。
ブラジルのおやつで、もちもちとしていてチーズ味で美味しい!
冷凍のまま、熾になった薪ストーブに入れて2〜30分ほど、こんがりと焼き色がついたら出来上がり。

暖房を兼ねた冬限定の薪ストーブ料理、忙しいけど楽しいよ。



年末の畑の様子

12月28日、今年もあとわずか。
畑は冬野菜が収穫のさかりだ。
いろいろな色の大根やカブが豊作。
だけど、紫大根って、直売所であまり売れない。
みんなどうやって使ったら良いかわからないみたい。
火を通すと色がさめるから、サラダにするのが一番かな。
だけど普通に茹でたり蒸したりしても美味しいけどね。

PB273921

PB153909

キャベツはまだ巻き始め。

PB273917

フェンネルの茎はセロリの味に似ている。
セロリと同じように使えそうだ。

PB273918

八朔が豊作だ

PC143924

PC193961

文旦もまずまず豊作の部類

PC143925

たぶん「はるみ」、12月末のここにきてようやく甘さがのってきた。
今年は大豊作!そのかわり来年は不作だろう。
そして去年大豊作だった柚柑が今年は大不作だ。

PC143926

これもたしか・・はるみ?

PC143930

季節外れのつぼみがついている畑の文旦

PC193962

夏に伸びた草が被さっている

PC193963

温かいせいか新芽が伸びてきた、フィリピンの香酸柑橘「カラマンシー(四季橘)」。まだまだ背は低い。いつ実がなるかな?

PC143922

カリフラワーが見えてきた。

PC193964

PC193959

PC193958

ほとんどが又根の短いニンジン。
何度も播き直し、お金がかかった。

PC193957

初夏に植えた庭先のトマトがまだ元気で収穫できていて、お弁当に重宝しているよ。

PC143927

PC143928

品種は・・中玉のフルティカだったかな?

PC143929

パセリーもプランターいっぱいに育っている。

PC143931

その他、白菜、春菊、白ネギ、ほうれん草、かつお菜、レタスなどなどがあり、年末年始に畑の野菜は食卓で大活躍してくれそうだ。


もう12月3日だ

気がつけばもう12月3日。早いなぁ。

11月後半にはフィギュアスケートNHK杯観戦に4泊5日で札幌に行き、真駒内アイスアリーナ会場に設置された羽生選手のプレゼントボックスに「気持ちのこもったレター」略して「キモレター」を入れたりしてきた。
羽生選手のプレボ(プレゼントボックスの略)は他選手より一回り大きな箱が用意されていて、すぐに満杯になるため係員が頻繁にプレゼントの入った袋を取り出し空の袋をセットし直していたよ。

NHK杯が開催されている間、札幌は暖かかったんだけど、行く前と帰ってきてからは吹雪で、期間中だけ天候に恵まれたのも、羽生くんのおかげではないかと思えてくるほど。あんな雪の中、外で長時間行列してたら大変だったよ。
羽生くんには、たとえば凱旋パレードの時間だけ仙台の気温がぐんぐん下がって爽やかな風が吹き渡る、などの不思議な現象が多いのだ。

札幌は初めてだったんだけど、千歳空港から近くて便利な都市だと思った。
新千歳空港温泉はとても充実していて良い温泉だね。気に入ったよ!
そして札幌駅周辺の徒歩圏内に、時計台や放送局やテレビ塔、レンガの旧庁舎や大通公園やすすきのなどの繁華街があり、地上が寒ければ地下街にもぐって遠くまで行けるし、美味しい海鮮丼も食べて大満足。
北海道大学も、広大な田舎にあるイメージだったんだけど、札幌駅からあんなに近くの便利な土地にあるなんて思わなかったわぁ。

そして今、当地が最低3度〜最高10度ほどで、NHK杯のころの札幌と同じくらいの気温だ。4度が霜が降りる目安ということで、発芽した葉物にトンネルをかけて成長を促そうと思う。
それから、買った苗の白菜が大きな玉になり、先日、鍋にした。
白菜、白ネギ、春菊、水菜が自家製の具となったけれど、やはり新鮮な無農薬の自家製野菜は甘くて美味しいね!
年内に自家製白菜が食べられたのって、今年が初めてだと思う。
やはり時期を逃さず植え付けするのって大事だ。
今年はいくつも台風が来たけど、当地は直撃は免れて野菜の生育も良いようで、スーパーの野菜も安価で立派なものが並んでいる。
何年か前のように不作でスーパーでは高値がついていたほうが、野菜を育てていて良かったぁ、と思う気持ちも大きくなるけども。

そしてベビーリーフやカブ、赤大根、かぼちゃなどを産直に出荷している。
ベビーリーフには、色とりどりのレタス類だけでなく、からし菜やルッコラ、フェンネルなども入れて、サラダのトッピングに重宝するセットにしている。
寒くなってきて、かぼちゃが良く売れるようになってきたよ。
ただ、かぼちゃは丸っと一個のままだと安くても敬遠されがちかな。
みんな、硬いカボチャを切り分けるのが億劫なんだろう。怪我したら嫌だし。
そして当地の産直では、カットした野菜は売れ残るともう翌日は出荷できないので、自家処分しなければならないため、切ろうか切るまいか、悩みどころだ。

そういえば、秋ジャガだけど、トンネルを掛けておいた畝は大丈夫だったんだけど、野良ジャガは霜にやられて黒く溶けていた。
秋ジャガにトンネル掛けておいて良かったなぁ〜!
いつごろ収穫すれば良いものか、秋ジャガをここまで遅く育てたことないから分からないけど・・葉っぱが青々しているうちは光合成で芋も育っているってことだろうし、しばらく様子を見ようではないか。
初めての秋ジャガ成功の予感、収穫が楽しみだ。



11月半ばだけど追加播き

今日は9月に播いて失敗した小松菜とタアツァイの追加播きをした。
こんな日(今日はもう11月15日、紅白歌合戦の出場者も発表された)に(エンドウ以外で)タネ播きなんてする人、私以外にいるだろうか。
ホウレンソウとリーフレタスのお世話にかまけて、小松菜とタアツァイのことをすっかり忘れておったよ。小松菜の無い冬とタアツァイのつぼみ菜の無い春はずいぶんさみしかろうと思って、残りの種を全て播いたってわけだ。

場所は、大失敗だった落花生とエダマメを片付けた跡地。
今日一日で整地し、有機石灰と鶏ふんを同時に入れて畝立てし、タネ蒔きまで猛スピードでやっつけてしまった。
ここ数日は日中気温がぎりぎり20度近くまで上がるようだし、来週は雨も降るようだし、どこまで育つか分からんけど冬の間はトンネルかけて保温しつつ小松菜とタアツァイを育てたい。

あと、ツルムラサキと空芯菜もまだ頑張っていたけど流石に片付けて、跡地に春菊を追加播きした。春菊も美味しいからねぇ。

それから、秋ジャガに霜対策でトンネルを掛けて保温したけど、もしかしたら日中暑くなりすぎてダメになっちゃわないかなぁ?
何しろ秋ジャガをここまで立派に育てたことって今まで無いため勝手が分からん。


それにしてもすっかり秋も深まり、畑仕事の休憩時も、木陰より日向のほうが心地よく感じられるようになってきたよ。



畑仕事はラジオを聴きながら

朝、だいぶ冷え込むようになり、上着を着て作業していると、すぐに暑くなって上着を脱ぐことになる、そんな今日この頃。
霜が降りる前に、保温のビニールトンネルを張る準備を進めなくては。


ところで畑仕事のお供に携帯ラジオは欠かせない。
携帯ラジオ、今まではエプロンのポケットに入れていたんだけど、ポケット内でラジオが動いてチューニングがズレてしまうことが多く、頻繁に農作業の手を止めてチューニングし直していた。

けれども、先日「mont−bell」のお店でちょうど良い感じのウエストポーチを見つけたので使ってみた。そしたらとても良い感じなのでもう一つ買い足し、2つ使いしている。

PA243898

後ろにはベルト通しもついていて、直接ベルトに装着することもできる。
その場合は、ショルダー紐は内部に格納できるようになっている。

PA243899

畑で主に持ち歩きたいものは、携帯ラジオとハサミ。
ハサミは百均で買ったスマホ入れに入れて刃先をカバー。

PA243900


網の部分にラジオを入れるとジャストサイズで、ゴム部分でピッタリと押さえられて動かないのがとても良い感じ。くるっとポーチを腰の後ろに回せば 作業の邪魔にもならない。エプロンのポケットだと前部にあるためどうしてもかがんだりした時に中身がつっかえて邪魔になるもんね。チューニングもめったに狂わなくなったため地味にストレスが軽減され、農作業が快適になった。
もう一方のポーチにはスマホや麻紐を入れたりしている。


畑で主に聴いているのは企業CMが入ってこないNHKラジオ第一で、最近時々懐かしい音楽が流れてくる。
それは「ラジオ深夜便」のテーマソングで、数年前に北海道の陽殖園を訪れた時に偶然お会いした村上里和アナウンサーがその番組広報を担当されていることをとても嬉しく思っています。陽殖園の高橋武市さんは今もお元気かなぁ。

昨日の日曜は、私が楽しみにしているラジオ子供科学電話相談のコーナーがキノコが特集で、キノコの魅力について語られていたんだけど、偶然にも先日我が畑に生えてきた「スッポンタケ科」のキノコも話題に上っていたよ!スッポンタケ、ラジオじゃなかったら画像にモザイクかけなきゃいかんところだったかも・・。

残念なのは、休日に楽しみにしていた「ぼやき川柳」のコーナーが深夜に(たぶん)移されてしまったこと。ぼやき川柳の投稿作品をくすっと笑いながら農作業するのが楽しみだったのに。
今、庶民の現政権への不満や批判が ぼやき川柳を通して電波でほんのちょっとでも拡散されることを恐れての忖度構成なのかもしれないけれど、だとしたら情けないぞNHK、と思う。

アベとメシ友のマスコミが隠そうとしても長期に渡り腐敗する現政権のレームダック化は止められない。
長期に渡る政権って言っても、他なら内閣が何度も吹っ飛んでないといけない膿だらけのところをのらりくらりとかわして居座ってるだけじゃんね。

ここへ来て「桜を見る会」の公職選挙法違反なんていう事がきっかけでまさかの安倍政権崩壊となるか、マスコミが頑張って報道してくれるのか、刮目して待て。



11月・レタス追い播き・タマネギ苗定植

今日から11月かぁ。早いものだなぁ。
11月は一年のうちで一番過ごしやすく(自分比)、畑にも長くいられるので嬉しい。

このところ、畝の隙間にベビーリーフやレタス類の追い播きをしている。

今日は、ハンサムグリーンとサニーレタスを播種した。

DSC_0026

DSC_0028

DSC_0030

ハンサムグリーンはペレット種子で、サニーレタスは生種だった。

ベビーリーフも2袋分追い播きした。
12月になったらトンネル掛けて保温しよう。

DSC_0012



フェンネルの茎部分が肥大してきた。
土寄せして軟白させるとよいそうなので、ウッドチップを盛り寄せておいた。

DSC_0023


ところで以前ウッドチップを施したところから、オレンジ色の変わったキノコが生えていたよ。

DSC_0022

これは何というキノコだろうかと調べたところ、「スッポンタケ科」の「キツネのタイマツ」というのっぽい。しおれた後のものも近くに群生していた。

PA233896

PA233897

PA233895

スッポンタケの土中の白いウミガメの卵のようなボコボコ


少し前にウッドチップを削ったら下に白くて丸いウミガメの卵状の胞子がボコボコとたくさんできててびっくりしたんだけど、こんなキノコが生えたのにまたびっくり。
ウッドチップって、キノコが生えやすいんだなぁ。
そして、菌は畑の土に良い影響を与えてくれることと嬉しく思う。
また冬の間、せっせと市の施設にもらいに行こう。
年を取ると、ウッドチップなどの重い資材を畑に運び込むにも体力的にきつくなると思うから、今のうちに頑張っておこう。

キノコ画像を調べてたら、キノコって種類がたくさんあるんだよね。
ピーターラビットのビアトリクス・ポターもキノコの絵がメチャ上手だったっけ。
色も形も様々で可愛らしく、キノコにハマる気持ち、分からんでもないぞ。


あと、先日、極早生たまねぎ苗を買って植え付けた。52本で450円だった。
自分で播種したネギ類は、ちょっと失敗ぎみ・・

DSC_0010

DSC_0011

こんなに立派な玉ねぎ苗をどうやって育てるんだろう。
私のネギ類がうまくいかないのは何がいけないんだろうね。



先日引っこ抜いたオクラの、先端の実が育っていた。

DSC_0007

引っこ抜かれたのにすごい生命力だなぁ。

DSC_0008



春に播種したニラの株分けをした。
ニラって、根っこがしっかり張っている。

DSC_0014

DSC_0015

DSC_0013

DSC_0019

DSC_0018



CRあじ赤カブがまあまあの大きさになってきた。
スライサーで薄く切ってサラダに添えたら良い感じになった。

DSC_0006



去年の春に畑に植え付けて一年半の香酸柑橘「高知ぶしゅかん」が数個実ったので、収穫して焼き魚に添えた。
高知ぶしゅかんは、果汁も多く、スッキリとして爽やかな美味しい酢みかんだと思う。柚柑に似ている感じかな。

DSC_0017

DSC_0016

香酸柑橘苗木がもっと大きくなって、早く果汁を一年中使えるようになれば良いのに、と思います。



オクラの撤収・10月半ばの畑の様子

色とりどりのベビーリーフ畝はそのままサラダのお皿のよう。
ロメインレタスやオークレタスなどのミックスで、その中にとても苦い「エンダイブ」が入っていてこれが家族に不評。いくら葉先がチリチリしてて面白い形状をしているからと言って、あんなに苦いのが混じっていたら他のリーフレタスも一緒に嫌われてしまいそう。
エンダイブは白菜みたいに縛って中心部を軟白させると苦味が和らぐそうなので、縛ってみた(画像なし)。
少し前に「今、レストランで注目野菜のエンダイブ」みたいな記事を見かけたから、ちゃんと縛って育てたエンダイブはそこそこ需要はあるのだろう。

PA193875


ところで畝を空けるためにいよいよオクラを片付けた。

PA213876

根本が木質化してしっかりしている。

PA213877

この根っこが毎日コンスタントに一本のオクラを供給してくれていたんだな。
また来年も育てるからね、オクラ。

PA213881

サトイモはあまり元気がない感じなんだけど、土寄せしておいた。
もう少し置いておこう。

PA213882

春にタネ蒔きしたニラ。
近いうちに捨て刈りして、密植しているところを植え替えよう。

PA213880

ホウレンソウも間引きしなくては。

PA213886

水菜が柔らかくて美味しそう。
私史上一番の出来だ。

PA213889

10月15日にタネ蒔きした博多かつを菜や山東べか菜が順調に芽を出した。
追いまきしたレタスミックスや、ルッコラ、からし菜も同じように芽を出している。発芽している様子はいつ見ても可愛いな。

PA193872

PA193871

畑に植えた柑橘類のうち、一番良く育っている満3年目の八朔が、今年は実を成らせ過ぎな気がする。

PA213887

PA213888

こんなに成らせたら、来年は実がつかないかもよ・・


 

べか菜・かつを菜のタネ蒔き

今週の後半は雨マークが多いため、明日のうちにいろいろしておきたい。

台風対策で、飛んでいかないように防虫ネットをベタがけにしたんだけど、もうこのベタがけのまま行こうと思う。

PA153868


ところが、苗を定植してから防虫ネットを掛けるまでに数日あいたため、その数日の間に蝶などの虫に卵を産み付けられたようで、防虫ネット内でブロッコリーやカリフラワーなどの食害被害が甚大。あと、たぶんヨトウムシなどにやられたり、いつの間にか消えてしまった株多数。
防虫ネットを掛けるなら定植と同時でなけりゃいかんのね。

PA133856

PA093838

このままでは冬に鍋に入れる白菜が危ない・・
そこで、白菜的な冬野菜で、まだタネ蒔きに間に合いそうな品種を買い求めて畝の肩に条まきしておいた。
播いたのは、山東べか菜と博多かつを菜。
どちらもおひたしや浅漬、吸い物みそ汁、うどんラーメンの具など、白菜みたいに使えるようで、白菜よりも栽培が簡単そう。
特に博多かつを菜は、先日ラジオで北九州出身の作家さん(平野啓一郎氏)が「故郷のお雑煮に入れるかつを菜はとても美味しい」と仰っていて興味を持ち、園芸店で種を探したところ、下葉より順次かきとって収穫するところも気に入って育ててみることにした。
ただ、タネ蒔き適期が10月半ばまでとギリギリだから、うまく行くか心配だけど。

PA153866


PA133860

なかなか芽が出てこずに心配していた秋ジャガがようやく芽を出し、すくすくと成長している。本格的に秋ジャガを育てるのはほぼ初めてなんだけど、霜が降りるまでの間に大きく育ってくれるかな?


ホウレンソウ

PA133859


ホーム玉ねぎ

PA133858


植え替えしたベビーリーフ

PA133857


大根やカブはタネ蒔き後すぐに不織布をかけていたため虫食いもほとんど無く、きれいに育っている。
もう不織布は外したけれど、まだチョウチョがいるため代わりに防虫ネットをベタがけしておいた。

PA133855

PA133854

PA133862


株元の茎が膨らむタイプのフェンネルはタネ播きして5株だけ生き残った。
どうやって食べるのかはおいおい調べていこう。

PA103850

PA103849


もういい加減終わりにしたいオクラ。
今日は5本ほど収穫。

PA093843


三池高菜の発芽が揃い、混んでいるところを間引いた。

PA093832

PA093833

PA093835

PA093836


レタスの畝にはツユクサの芽がいっぱい。

PA093834


畝にはツユクサの他にはスギナやヨモギ、ヤブガラシの雑草の芽が目立つ。
これから冬にかけての主な作業はこれらの雑草取りと追肥になるのかな。
あと、山で落ち葉を集めたり、市の資源化センターでウッドチップをもらってきたりして、堆肥作りに励みたい。


あと、少しだけど、栗も収穫しました。

PA103853

PA103852

秋って感じ。



サラダミックス・ルッコラのタネ蒔き

暑さがやっと和らぎ、当地の向こう一週間の最高気温は23度前後、最低気温は14度前後となっている。もう、朝慌てて畑に急がなくても、お弁当持ちで一日畑にいられるようになって嬉しい。


ところで先の超大型台風19号は主に関東以北に甚大な被害をもたらした。
小学校の時に習ったまま、中部東海住みの私にとっては使用する出番のなかった千曲川・阿武隈川など日本の代表的な河川がニュースで軒並み氾濫・決壊を伝えられている。7都県47河川の66箇所で決壊。
こんなにも多くの河川が氾濫決壊しているのを見るのは生まれてこのかた記憶にない。
被災された方々の心労はいかばかりか・・

日本は世界の中でも災害の多い国。
遠くの被災地に対して個人でできることは少ないので、アベも我々の納めた税金を海外やお友達にばらまいたり兵器爆買いしたりしていないで国内の治水や被災者、貧者のためにこそ使ってほしい。
何でも自己責任で片付けられるなら税金を収める理由もなくなるよね。

台風が過ぎ去るまで公邸でダンマリを決め込み災害対策本部も設置せず、被災地に寄り添う気なんてゼロ、せいぜい被災地を政治利用するだけの首相なんて不要だな、との思いを災害が来るたび新たにする。




一方で、中部東海地方の当地は大きな被害はなく、畑の貯水も満水になった。
こんな時に不謹慎かもしれないけれど、うちの畑には水が来ておらず雨頼みなため、雨水を貯める桶が満杯になると嬉しく思う。

PA133864

PA133863


台風一過の青空

PA133861



一昨日の13日には、先日サツマイモを掘り上げた、雨で湿っている畝に、サラダミックスの種を追加でタネ蒔きした。その他、蒔き忘れていたルッコラやからし菜もタネ蒔きした。

PA133865


あと冬までに残っている主な作業はにんにくのタネ蒔きとニラの植え替えくらいになったぞ。


サツマイモは、悲しいことに完全につるボケしていて、葉が茂っていた割に収量はほんのわずかだった。植え付け前に、ついつい癖で牛糞を投入してしまったのがいけなかったのだろうか。来年は、サツマイモ畝には何も肥料を加えないようにしようと思う。

PA093839

PA093841

PA093840

PA093842

PA093846


カボチャはこれで全て収穫し終えた。
終わりのカボチャは虫食いのものが多く、早く食べないと傷んでしまう。
採れすぎて困ったなぁ・・
家がカボチャであふれかえっているよ。

PA103851





いろいろ植え替え

今日の当地の最高気温は30度。暑っ。10月なのに。

昨日は死にそうになっていたレタス類の苗をやっと定植したので、昨夜久しぶり雨が降ってくれてありがたかった。
しかし120穴連結ポットで苗が絡み合って定植に手こずったから、次回は育苗箱に播種することにしようかな。

PA023812

PA033813

PA033815

PA033814


予報だともっと雨が続くはずだったんだけど雨雲はどこかへ行ってしまったようだ。


水菜がみずみずしい
PA043828


混み合ってきた大根を間引いた

PA043818

PA043817

PA043819


昨夜の貴重な雨のおかげで冬野菜の苗が生き生きして見える。

PA043821


土が湿っているうちに春菊の植え替えをした。

PA043820

PA043824

PA043823

PA043825


ホウレンソウの発芽もまずまず。

PA043826


ビーツも植え替えをした。
植え替えした後、水やり・モミガラをふりまき、保湿のため不織布を被せておいた。まだまだ明日も暑いそうだから・・。

PA043827


それから、JAで立派なキャベツ苗を8本買ってきて植えた。
2本セットで70円だったのでまずまずのJAお値打ち価格。
自分の播種したキャベツ苗はあまりにも出来が悪いので植える気にならず、放置したまま。

PA043822


苗の出来が悪かったのは、面倒でポット上げをしなかったせいだと思う。
次回は面倒でもちゃんとポット上げをしてガッチリ苗に育てたい。




PA043829

ミックスレタスが大きくなってきて、外葉から収穫しているけれど、色や形がいろいろでおしゃれな感じ。来年はもう少したくさん播いてみよう。


ギャラリー
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
  • 薪ストーブでオーブン料理
カテゴリー
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ