2008年10月23日

20th century boy

友達が『「20世紀少年」すごく面白いんだよ!!!』と強く薦めてくれていたんですが、なんか難しそうだしーと思って(monsterを途中まで借りて読んでたけどよく分からなかった、もう内容さっぱり覚えちゃいない)敬遠してたんですが、映画化にあたりちょっと興味がわいてきて(だって蔵之介出てるしー)、「ちょっと読みたいかも」と言ったら「絶対面白いから読んで!!」と全巻貸し出されまして。ご丁寧に21世紀少年も付いて。

で、読み始めたんですけど。



な に こ れ 超 面 白 い ん で す け ど



びっくりした。漫画そんなに読むほうじゃないけど、これすっげー面白い、こんな面白いの読んだことない。浦沢直樹天才すぎないか。

でも同時にすっげ怖いです。
さっきから、マウスのポインタが手の形になるとあのマークにしか見えなくて怖いんですけど。

面白さのあまり一気に9巻まで読んで、まだ読みたいけど読み終わるの勿体ないからどうしよう、と困っています。とりあえずストップしとくか。
友達が強く薦めてきた気持ちが今ならよく分かる、人に薦めたくなる面白さだわ。


蔵之介はフクベエなんですねー。ということは・・・なんですねー。うーん。
でも映画版のキャスト、よくもまあこんなにイメージ通りの人を集めたもんだ。すげえ。あー超映画観たくなってきた・・・!


そういえばT-REXのCD持ってたなあ、どこいったろ。聴きたい。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/clara_milan20/51506191