たばこのあれこれ

飲食店禁煙の反対の店舗は、「飲食店」じゃなく「喫煙店」とすれば良いのでは?





0f591d40.jpg



最近のアンケートで、非喫煙者に喫煙できる飲食店に行く、もしくは喫煙席に案内されることについてどう思うか尋ねると、合計で85.3%が「絶対に行かない」「非常に抵抗がある」「できるだけ避けたい」と回答した。
禁煙に反対の飲食店の方々は上記の結果、どう思うのでしょうか?

高校生タバコ吸いすぎドラマにクレーム殺到

「新田は学校の体育館でもクラブで遊んでいるときも、とにかくたばこをふかしているのです。『高校生にあそこまでたばこを喫煙させるという、ドラマ上の演出意図は何か』、『高校生の喫煙はやめさせろ』というクレームがテレビ局に相次いでいるのです。確かに、いつ見ても新田が出てくるシーンはたばこの煙でもくもくしています。ここまでたばこが全面的に出てくる作品は、近年では珍しいですね」(同・雑誌ライター)

https://myjitsu.jp/archives/26726

「プルーム・テック」体験してみた!

ここ数年、健康被害も少なく、副流煙や匂いなどで他人に迷惑をかけることが少ない加熱式タバコは大きな注目を集めている。中でもフィリップモリスの『iQOS(アイコス)』は大ブームとなり現在まで品薄状態が続いているほどだ。

 そんなアイコスを追撃すべく、日本たばこ産業(JT)が、開発したのが加熱式タバコ『プルーム・テック』。これまでは、福岡市内のショップとオンラインストアでのみ購入が可能だった、この商品がいよいよ東京都内で販売開始となった。7月10日からは、タバコ販売店での取り扱い(7月10日に取り扱いが始まるのは港区、渋谷区、新宿区、千代田区、中央区、品川区の約100店舗)がスタート。銀座には専門店「Ploom Shop銀座店」が6月29日にオープンした。そこで本誌記者は、さっそく同店でプルーム・テックを体験してきた。

https://taishu.jp/detail/28672/

狙うのは20年で喫煙率4割増の「アフリカ」

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)やフィリップ・モリスなどの大手たばこ会社が、喫煙による健康への害を消費者に促す規制の導入をめぐり、アフリカ地域の政府と裁判をとおして全面的に争っているという。

先進国で禁煙規制の導入が進む中、2010年から2030年にかけて40%の喫煙者増加が見込まれているアフリカ(米国がん協会調査) は、大手たばこにとってどのような手段を講じても「喫煙フリー」にしておきたい最後の砦なのだろう。

https://zuuonline.com/archives/162238

上半期の紙巻きたばこ販売11%減

日本たばこ協会は14日、今年上半期(1〜6月)の国内紙巻きたばこ販売量が前年同期比11%減の76億8000万本だったと発表した。昨年下半期(7〜12月)の6.5%減、同上期の2.6%減と比べてマイナス幅が大幅に拡大した。大手3社の注力する「加熱式たばこ」への乗り換えが急拡大している影響とみられる。加熱式が国内市場に占める割合は約10%に上り、年内には15%まで達する見込み。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170715/bsc1707150500007-n1.htm

未成年者に喫煙させない環境を

 新潟たばこ販売協同組合は14日、新潟市中央区の古町十字路などで、未成年者の喫煙防止を呼び掛けるキャンペーンを行った。市内のたばこ店の店員ら約30人が街頭でポケットティッシュを配り、PRした

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170714335287.html

gloオンラインストアをオープン

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは7月14日、加熱式たばこ「glo」のオンラインストアをオープンした。

 これにより、glo専用のタバコ「KENT neostiks」およびデバイスを現⾏流通3地域(東京都、大阪府、宮城県)に加えて、秋⽥、岩⼿、⼭形、福島、埼⽟、千葉、神奈川、⼭梨、京都、兵庫、奈良、和歌⼭の15都府県に在住のユーザーがオンラインで購入できるようになる。

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/399/399787/

加熱式たばこ専門店が「ミノトール」と

 6月29日に銀座にオープンした加熱式たばこのプルーム・テック専門店のプルームショップでは、ファッションブランド「ミノトール(MINOTAUR)」とコラボしたユニフォームを採用している。

 手掛けたのは、「ミノトール」クリエイティブ・ディレクターの泉栄一。ユニフォームは、“リラックス スマート”をコンセプトに、白ベースに文字やマークを使わないシンプルなデザインで、スタイリッシュなプルーム・テックのイメージにマッチさせた。シャツの中心にまっすぐに伸びたブラックカラーのジップ、伸縮性の高いシワになりづらい素材を使用するなど細部にもこだわりを見せる。

https://www.wwdjapan.com/449300

受動喫煙ゼロ がん計画に目標明記を

2022年度までの国のがん施策を示す「第3期がん対策推進基本計画」をつくる作業が、大詰めで難航している。

 焦点は、がん予防策の大きな柱であるたばこ、中でも他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の取り扱いである。

 厚生労働省が6月に公表した原案では、受動喫煙率の数値目標が「保留」とされた。社説でくり返し主張してきたように、国民の生命・健康を考えれば、「受動喫煙をゼロにする」という考えを、計画の中で明確に位置づけるべきだ。

http://www.asahi.com/articles/DA3S13035415.html

国民の健康を最優先せよ

【論説】他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」の防止対策を強化する健康増進法改正案の国会提出が先送りされた。飲食店での規制を巡って厚生労働省の改正案に、自民党が「待った」を掛けた形だ。

 厚労省の調査で2016年の成人喫煙者の割合は19・8%と初めて2割を切った。昨今の規制の流れから「屋内全面喫煙もやむを得ない」とする喫煙者も少なくないはずだ。国民の健康を最優先し、自民党は厚労省案に歩み寄るべきだ。

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/216831

札幌・大通ビアガーデン禁煙、賛成86%

 広告会社のインサイト(札幌)は、札幌市中央区の大通公園で20日に開幕する「さっぽろ大通ビアガーデン」に関する調査結果をまとめた。今年から初めて全席禁煙になることについて、「賛成」と答えた人が86%に達した。一方で、禁煙になることを「知らない」という回答も8割を超え、周知が進んでいない状況が浮かび上がった。

 大通ビアガーデンは今年から全1万3千席を禁煙にする。喫煙者向けに各会場ごとに臨時喫煙ブースを設ける。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0420418.html

トモズ、たばこ取り扱い中止

 首都圏を地盤にドラッグストアを展開するトモズ(東京・文京)は7月末までにたばこの取り扱いを中止する。店頭では薬剤師や管理栄養士による禁煙支援の取り組みを強化する。受動喫煙防止の動きに合わせ、医薬品や健康食品をメインに扱うドラッグストアとして健康配慮の姿勢を示す。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18484740U7A700C1TJ1000/

フランス、たばこ1箱1300円に値上げへ

フランスではたばこ関連の死者数が毎年8万人に及んでおり、この現状を受けてフィリップ首相は4日、「何もしないという選択肢はない」として、たばこ1箱の価格を現在の7ユーロ(約900円)から10ユーロ(約1300円)に引き上げる計画を発表した。

http://www.jiji.com/jc/article?k=20170705035884a&g=afp

「プルーム・テック」ついに東京上陸!

加熱式タバコの新勢力「Ploom TECH」が東京に上陸する
28日からの予約受付分にて、東京の実店舗でも購入が可能となる
火を付けて喫煙する従来のタバコに比べ、煙やニオイが少ないのが特徴だ

http://news.livedoor.com/article/detail/13261098/

加熱式たばこ「glo」専門店 北区にオープン

英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT、本社・東京都)が販売する加熱式たばこ「glo(グロー)」の専門店が3日、大阪市北区にオープンした。昨年12月から仙台市で限定販売されていたが、大阪を皮切りに販売エリアを拡大する。

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170705/20170705020.html

ベランダでの喫煙禁止に賛成4割超え

先月19日、「ホタル族」による受動喫煙の被害を訴え、「近隣住宅受動喫煙被害者の会」が結成され、注目を集めた。

「ホタル族」というのは、マンションや共同住宅のベランダでタバコを吸う行為を指す言葉で、暗がりの中から見える彼らの姿がホタルのように見えることからこう名付けられた。

家の中では家族に迷惑をかけたり、煙で部屋が黄色く汚れてしまうなどの理由でベランダで一服するホタル族だが、一方で受動喫煙のリスクや、洗濯物にニオイがつくことが批判されている。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161182045/

タイでたばこ規制強化

【タイ】たばこに関する規制を強化した2017年たばこ製品管理法が4日、タイで施行された。

 骨子は▼20歳未満へのたばこの販売禁止▼18歳未満がたばこを販売することを禁止▼宗教施設、医療施設、薬局、教育機関、公園、動物園、遊園地でのたばこの販売禁止▼たばこの宣伝、マーケティングの全面禁止▼禁煙場所での喫煙への罰金を最高5000バーツに引き上げ――など。

http://www.newsclip.be/article/2017/07/05/33488.html

電子たばこ「飲食店OK」の流れ?

電子たばこ(加熱式たばこ)に関する新展開が話題を集めている。JT(2914)とフィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が連携し、ステッカーを作成、配布するという。その内容は、外食店などにおいて「従来の紙巻きたばこは禁止、電子たばこはOK」というもの。

https://zuuonline.com/archives/159985

「タバコ吸っていい?」に「ダメです」

喫煙者と飲み会で同席すると「タバコを吸っていいか?」と聞かれることがあるが、たとえ「吸わないでください」と伝えても、吸われてしまうことがある。

ガールズちゃんねるには6月30日、「『タバコ吸っていいですか?』と聞かれて嫌だと言えますか?」というスレッドが立った。スレ主は、飲み会の席で喫煙の可否を聞かれ、「駄目です」と答えたが、逆に驚かれてしまう。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2855981

受動喫煙対策 国民の健康が最優先だ

 他人のたばこの煙を吸わされる「受動喫煙」対策を強める健康増進法改正が、秋の臨時国会に先送りされた。

 政府は通常国会での成立を目指したが、厳しい規制を求める厚生労働省と、反発する自民党の調整がつかず、法案の提出すらできなかった。

 決着が長引けば、海外から多くの人が訪れる2020年東京五輪・パラリンピックに、対策強化が間に合わなくなる恐れがある。

 受動喫煙が人体に深刻な影響を与えることは、さまざまな調査・研究で明らかだ。

 自民党は国民の生命と健康を最優先に考え、厚労省と折り合って実効性のある法案をまとめなければならない。

http://www.topics.or.jp/editorial/news/2017/06/news_14986089821631.html

JTが加熱式たばこを発売

日本たばこ産業(JT)は29日に銀座と新宿に専門店を開店し、都内で加熱式たばこ「プルーム・テック」の販売を開始した。同社独自のアプローチで、加熱式たばこの全国販売で先行した米フィリップ・モリス・インターナショナルの牙城の切り崩しを狙う。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-28/OS936P6KLVR701

加熱式たばこに次ぐ新スタイル「C‐Tec Duo」

たばこのようでたばこじゃない!?―。まったく新しいタイプのリラクゼーションアイテム「C―Tec Duo(シーテック・デュオ)」が今、ビジネスマンやOLの間で話題を呼んでいる。

 気分転換に「ちょっと一服」とオフィスや飲食店で自由にたばこを楽しめたのは昔の話。受動喫煙が国会の議題になるなど愛煙家の肩身は狭まるばかりだ。昨今、禁煙や減煙を検討中であったり、ガムやアメ以外での気分転換を求めている人々から注目を集めているのが、このシーテック・デュオだ。

http://www.hochi.co.jp/notes/20170628-OHT1T50146.html

146人死亡のタンクローリー爆発、タバコで引火か

パキスタン中部パンジャブ州バハワルプルの幹線道路で25日、石油燃料を運ぶタンクローリーが横転して爆発し、ロイター通信などによると、少なくとも146人が死亡、約80人が負傷した。地元救助当局によると、漏れ出た燃料を集めて持ち帰ろうと多くの人がタンクローリーに群がった際、爆発が起きたとみられる。

 現場にいた人がたばこを吸い、引火した可能性がある。軍が出動し、負傷者らをヘリコプターなどで病院に搬送した。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170627/soc1706270002-n1.html

家の中でもタバコを吸う人は何割?

ブライト・ウェイは6月26日、「受動喫煙防止策」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は3月25日〜6月15日、子育て世帯の男女1,209名(男性65名、女性1,144名/中心年齢30代前半)を対象にWEBアンケートにて行われた。自分のデスクでタバコを吸う…なんてことは昔の話。喫煙に対する制限は厳しくなる一方だが、喫煙者やその家族は、禁煙や分煙についてどう思っているのだろうか。

http://news.mynavi.jp/news/2017/06/27/187/

対応が国の信用左右する

 政府は受動喫煙防止策を強化する健康増進法改正案の国会提出を先送りした。飲食店での喫煙規制について、自民党が厚生労働省の改正案に反対し、議論が行き詰まったためだ。2020年に東京五輪・パラリンピックを控え、今秋の臨時国会での改正法成立を目指すが、再び調整が難航する可能性もある。

http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/20170627026347.asp

長野の中高生、喫煙率が激減

中高校生の喫煙率や飲酒率がここ5年間で大きく減っていることが長野県の調査で分かりました。高校1年生男子の喫煙率の場合、5年前の100人中3.5人から0.3人へ大幅減。国や地域での禁煙論議や喫煙環境の法規制の動きといった社会情勢や学校、家庭の強い指導などを反映しているのではないか、と同県は見ています。かつては高1男子の18%、5人に1人近くがたばこを吸っていたのと比べても大きな変化が続いています。

https://thepage.jp/detail/20170627-00000010-wordleaf

「プルーム・テック」(Ploom TECH)をホテルで体験

「心をつなぐホテル」がコンセプトのホテル日航成田(成田市:総支配人 吉高誠)では、2017年6月29日(木)より本館11階「サンセットラウンジ」内にて、日本たばこ産業株式会社が展開する次世代型たばこ「プルーム・テック」(Ploom TECH)を、無料体験としてお愉しみいただけます。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000001380.000002213&g=prt

【都議選2017】各党 政策比較「受動喫煙」

具体的には、「都民の健康を守るため、厚生労働省が示した案に沿った条例化が望ましい」(自民党)、「罰則規定を含む受動喫煙防止条例をつくることを公約」(共産党)、「副流煙(二次喫煙)や、残留受動喫煙(三次喫煙)による、たばこ由来の有害物質への暴露は、大人は勿論、子どもへの影響が大きく『子どもを受動喫煙から守る条例』をつくることを重点政策のひとつに掲げている」(東京・生活者ネットワーク)のをはじめ、「未成年の入店を禁止し、喫煙表示した75岼焚爾療垢鮟き、飲食店はすべてを禁煙」(日本維新の会)、「(飲食店で)働く人に着目した規制内容」(都民ファーストの会)も必要だとの回答も寄せられ、各政党が、受動喫煙防止に向け、様々な政策を訴えていることが分かります。

http://go2senkyo.com/articles/2017/06/27/30781.html

JTが続伸、加熱式たばこで米フィリップ・モリスなどと連携

JTが続伸している。この日の日本経済新聞で、「加熱式たばこの普及に向けて、日本たばこ産業(JT)など国内で製品を展開する大手3社が連携する」と報じられており、同社が展開する「プルーム・テック」の普及拡大につながるとの期待感から買いが入っている。

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201706260383

タンクローリー横転し炎上

パキスタンでタンクローリーが横転して炎上し、漏れ出た燃料を持ち帰ろうとした住民らが巻き込まれ、146人が死亡しました。

 ロイター通信などによりますと、パキスタン中部で25日、石油を積んだタンクローリーが高速道路を走行中に急カーブを曲がりきれず、横転しました。破損したタンクから漏れ出た燃料を持ち帰ろうと、大勢の人が容器を手に集まったところ、タンクローリーが爆発・炎上し、少なくとも146人が死亡、約80人がけがをしました。地元メディアは目撃者の証言として、現場でたばこを吸っていた人がいたことから、たばこの火が燃料に引火した可能性があると報じています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000103951.html

ステーキ店前のバイクや自転車燃える たばこ不始末か

10日午後0時10分ごろ、大阪府門真市向島町の飲食チェーン「ステーキのどん門真店」前で、「バイクが燃えて黒煙が上がっている」と通行中の女性から110番があった。大阪府警門真署によると、約20分後に消し止められたが、店の東側に止まっていたバイク4台と自転車3台が燃え、店の倉庫も一部焦げた。けが人はなかった。

 同署によると、バイクの1台に灰皿が置かれていたという。同署は、たばこの不始末の可能性もあるとみて、バイクの所有者から事情を聴くなどして詳しい出火原因を調べる。

http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100056-n1.html
■日本も完全禁煙■
煙草関係のランキング
ブログランキングに参加しています。他の禁煙関係ブログも是非ご覧ください♪
blogRanking

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


■リンク集■
▼過去の記事▼
▼カテゴリ一覧▼
■アクセスの多い記事■


■携帯電話でもどうぞ!■



QRコードでブログモバイルに簡単アクセス!
携帯にメールを送る。
あくせす数
禁煙ぐっず
楽天市場
  • ライブドアブログ