たばこのあれこれ

飲食店禁煙の反対の店舗は、「飲食店」じゃなく「喫煙店」とすれば良いのでは?

コンビニのスタンド灰皿が不必要と感じてる方は是非、「スタンド灰皿の撤去をお願いします。」と一言、意見を書いていただけたら幸いです。

■ファミリーマート問い合わせ先
https://form.family.co.jp/m?f=10

■セブンイレブン問い合わせ先
https://www.sej.co.jp/inquiry.html

■ローソン問い合わせ先
https://faq.lawson.co.jp/lawson/

もうすぐ増税!タバコを止めれば治療費と家計支出のスリム化も夢ではないかも

来月1日から消費税率が10パーセントになりますね。切符もハガキもカットも値上げ。ランチもお茶も飲み代もアップ。360度ドライブレコーダーも予約待ちで、増税前に装着できないことが判明しました。今後どこで支出を減らすか、本当に頭が痛いところです。
そんな頭を痛めるみなさまに、突然ですが問題です。

 「タバコをよく吸う人にみられる口の中の状態は?【1】歯が黄色っぽい、【2】歯石がつきやすい、【3】歯茎が黒ずむ、【4】口臭がひどい」

 答え「全て」

https://maidonanews.jp/article/12737360

fujitakaの喫煙ブース

社会の分煙化傾向が年々進む中、Fujitaka(フジタカコーポレーション、京都市)は、充実した機能だけではなく、周囲の環境に合ったデザインを兼ね備えた最新の喫煙ブース「SMOKE POINT(スモークポイント)」を提案している。

 かつての喫煙ブースは、禁煙と喫煙の空間を分離することに重点を置いた。そのためデザインが建物の雰囲気に合わず管理者が導入を見送ったり、煙が漏れ出すなど性能が低かったりするものも一部で見られた。

https://www.kankokeizai.com/%E3%80%90%E5%AE%A2%E5%AE%A4%E5%82%99%E5%93%81%EF%BC%86%E5%BF%85%E9%9C%80%E5%93%81%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%80%91fujitaka%E3%81%AE%E5%96%AB%E7%85%99%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B9/

松本市 駅の広場に指定喫煙所も実態は「禁煙啓発所」

長野県松本市は「指定喫煙所」をJR松本駅お城口広場の一角に設ける。
吸うことを奨励する場でなく、実態は「禁煙啓発所」を兼ねる。
オリジナルの啓発映像を見られるようにしている。

https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20190924k0000m040154000c/

電子たばこの米ジュール、人員整理へ

米電子たばこメーカーのジュール・ラブズは人員整理の準備を進めている。電子たばこ吸引に関連する原因不明の疾患の増加や、同社の売上高の80%余りを占めるフレーバー付き電子たばこの販売を米当局が禁止する動きなどを受け、売り上げ鈍化を視野に入れている。

https://jp.wsj.com/articles/SB11569826160371953858004585571172825372824

お客様のために? レストランのオーナーが喫煙男の顔面に消火器を噴射

米ユタ州にて料理店主として働いていたある男性が、店の外にもうけている飲食スペースのほど近くでひとりの男性が喫煙していることに気付いた。

それに苛立った店主が外に出るなり喫煙中の男性に注意したところ、男性は謝罪して一度は喫煙をやめたという。

https://sirabee.com/2019/09/26/20162168444/

「タバコの害から市民を守る条例」 名称に疑問の声

「タバコの害から市民を守る条例」―。受動喫煙防止推進を目的に岐阜県多治見市が9月議会で可決を目指す条例案の名称に、愛煙家や地元飲食店などから「製品名を冠するのは行き過ぎではないか」と疑問の声が上がっている。健康増進に主眼を置く市は「分かりやすい名称にしたい」と説明している。

 市は、望まない受動喫煙を防止する改正健康増進法に合わせ、来年4月の条例施行を目指す。

https://www.gifu-np.co.jp/news/20190926/20190926-176531.html

たばこ販売店と自動販売機の推移をさぐる(2019年公開版)

世の中の健康志向の流れや度重なる値上げなど、たばこを取り巻く環境は厳しさを増している。そこでたばこの販売許可店と自動販売機の実情を、JTの「アニュアルレポート」などから確認し、現状を把握する。

まずはたばこ販売許可店。たばこは誰もが自由にたばこを売れるわけではなく、許可申請をして「許可店」の許しを得た上で、はじめて業者として販売が可能になる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190926-00143077/

喫煙者というだけで人を疑うな!隣人の的外れな『タバコ苦情』が許せません

タバコ離れが進む現代、喫煙者はなにかと憂き目を見ることが多いかもしれない。

今回紹介するご近所トラブルは、愛煙家のXさん(男性)の体験談。タバコを吸っているというだけで、隣人からあらぬ疑いをかけられたというのだ。

ある日、Xさんが自宅の敷地で一服していたところ、突然隣人が苦情を伝えに来た。なんでも、隣人宅の近くにタバコの吸い殻が落ちていたという。だが、Xさんにはまったく身に覚えがない。そもそも、自分の吸うタバコとは銘柄が違うのだ。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5955429?news_ref=110_110

「喫煙本数ランキング」 全国1位は何県!?

喫煙本数 第1位と47位、その差は2倍以上!

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山 熊裕)は、全国47都道府県各100人(男女50:50、20代〜60代まで各10人)を対象に、全国の喫煙状況を調査し、喫煙者ランキングを発表いたします。
2017年から実施している「ニッポン健康大調査」も第5弾になり、今回は全国の喫煙状況を調査致しました。
喫煙についての調査結果サマリー(※1)・喫煙本数(1日当たりの喫煙本数の平均)が多いランキング
1位 愛媛県、2位 新潟県、3位 佐賀県
47位 滋賀県、46位 千葉県、45位 東京都

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000253.000013377&g=prt

「電子タバコ販売禁止」のニュースと、飲食店の「電子タバコは可」の貼り紙に抱く違和感

私がこの記事で書きたい事は、喫煙者の権利の主張のたぐいではありません。

 禁煙化に対する関心が高まっているなか、世の中に流れているタバコ関連のニュースのうち、あきらかにミスリードしようとしているものや、そのような意図が無くてもミスリードしてしまっているものが多く見受けられるからこそ、タバコを吸わない人に、最低限でも正確な情報をお伝えしたいその気持ちで書いています。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5950324

インドが電子たばこを全面禁止へ

インド政府は18日、電子たばこの生産、販売、輸入を全面的に禁止すると発表した。違反者には罰金や禁錮を科す。電子たばこが先進国の若年層の間で爆発的に広がっていると指摘し、インドでの普及を警戒。若年層の健康を守るために禁じるとした。インドは中国に次いで喫煙者の数が多く、同国の電子たばこ需要に期待していた企業に影響がありそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49960620Z10C19A9000000/

電子たばこ使用者へ対応不十分 NY州の禁煙電話相談

ニューヨーク州保健局が運営する禁煙電話相談(NYクイットライン)は、電子たばこの使用者が禁煙したいと考えて問い合わせても、対応が追いついていないようだ。ウォール・ストリート・ジャーナルが18日、報じた。
 電話相談では、教育プログラムやカウンセリングの他、ニコチンガムやパッチ、薬用キャンディを無料で提供し、ニコチンへの依存を減らしていく代替療法を実施している。一方で、電子たばこの使用者からの相談があった場合は、喫煙やニコチン依存の害についての啓蒙はしても、無料のニコチン代替療法は提供していない。何十年にもわたる研究で効果が実証された禁煙方法が存在するたばことは異なり、市場に出回ってからの年数が浅く、十分な研究が行われていない電子たばこをやめる方法はないからだ。

https://www.dailysunny.com/2019/09/20/nynews0920-4/

未成年の喫煙防止を協議 販売組合や県警、行政

【津】「第5回県未成年者喫煙防止協議会」が18日、三重県津市羽所町のアスト津であった。県たばこ販売協同組合と県警、県など10の構成団体から12人が出席した。  社会全体で未成年者の喫煙を防ごうと同 ...

https://www.47news.jp/localnews/4014048.html

関西大学が「秋季マナーアップキャンペーン」を実施

関西大学ではこのたび、歩きスマホや自転車の危険運転、路上喫煙など、通学マナーアップを総合的に啓発する「秋季マナーアップキャンペーン」を、9月26日(木)に千里山キャンパスにて実施します。

https://www.excite.co.jp/news/article/Dprp_34985/

たばこ税の推移をさぐる(2019年版)

たばこにはたばこ税(国税)、たばこ税(地方税)、たばこ特別税(国税)からなる複数の税、そして消費税が課せられているが、たばこ税の一部銘柄への軽減措置は段階的に縮小・廃止され、それに伴う形で値上げが漸次行われている。またたばこ税の引き上げや消費税率の引き上げに伴う値上げ、さらにはJTの収益基盤の強化との名目による値上げも実施されている。常に値上げにさらされる感のあるたばこだか、実際にはどの程度のたばこ税が課せられているのだろうか。JTのアニュアルレポートを基に、過去から現在におけるたばこ税の推移を確認し現状を整理する。

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190919-00142945/

禁止措置が広がる電子たばこ 現時点では健康への影響は未知数

米国の複数の州やインドで、電子たばこの禁止措置がとられている
電子たばこの流通は2000年代半ば以降で、情報が不十分な部分も
そのため、電子たばこの健康への影響はいまだ判然としていない

https://news.livedoor.com/article/detail/17111566/

ニコチン中毒治療市場の生産成長率

QYMarketStudyが提供するグローバル(米国、欧州連合、および中国)ニコチン依存症治療市場2019では、研究により、定義、分類、アプリケーション、業界チェーン構造など、業界の基本的な見通しが提供されます。レポートはまた、開発動向、競合状況、ビジネス機会、投資計画、専門家の意見などの国際市場を分析します。このレポートは、2025年までのニコチン中毒治療業界の市場開発動向を推定します。この研究の結果によると、世界のニコチン中毒治療市場は2018年にXX米ドル以上の市場価値を目撃し、 2025年末までにXX米ドルを超過し、XX%の安定したCAGRで成長しています。

https://www.omochaya3.com/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E4%B8%AD%E6%AF%92%E6%B2%BB%E7%99%82%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%88%90%E9%95%B7%E7%8E%872019-2025%E5%B9%B4heptares-therapeutics-limited%E3%80%81/

タバコがカラダに与える影響とは

タバコの煙には、約4000種類の化学物質が含まれています。その中には、多くの有害物質や約60種類の発がん性物質があることは良く知られています。(※1)これらの物質がカラダに与える影響とはなんでしょうか。

https://www.excite.co.jp/news/article/Asken_1189/

秦野のたばこ歴を展示

 秦野たばこ祭開催にあわせ、本町公民館1階で「秦野たばこ資料展」が9月29日(日)まで行われている。

https://www.townnews.co.jp/0610/2019/09/20/498336.html

「受動喫煙防止条例」地域説明会始まる

【旭川】北海道受動喫煙防止条例(仮称)の年度内制定に向け、道は20日、条例の骨子案の地域説明会を、旭川市を皮切りにスタートさせた。

 道は11日に素案を公表。《1》保育所・幼稚園や小中高校は敷地内完全禁煙とし、国の改正健康増進法で認められている屋外喫煙所も設けないよう努める《2》未成年者がいる場所で喫煙しないよう努める―などを盛り込み、同改正法より踏み込んだ内容とした。努力義務で、罰則は設けていない。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/346898

子供にビールを飲ませ、タバコを吸わせる動画が炎上

幼児が飲酒や喫煙をしているというニュースはたびたび見かけるが、今度は幼児に飲酒や喫煙を強要した親が海外で問題になった。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5947597

嵐・二宮和也の禁煙は成功する?

嵐の二宮和也が“禁煙”していると、「週刊女性」2019年10月1日号(主婦と生活社)が伝えている。記事よると、二宮はヘビースモーカーで有名だったというが、ここ最近はタバコを控えているそうだ。ファンからは「禁煙してくれたのは嬉しい」と喜びの声が出ている。

https://wezz-y.com/archives/69397

大分県内のコンビニ253店の灰皿撤去

県内にあるコンビニエンスストアのうち、計253店舗が17日から10月末まで敷地内の灰皿を撤去する。受動喫煙防止に向けた県の実証実験。関係者の声を集めて、今後の展開を考える参考にする。コンビニ大手と連 ...

https://www.47news.jp/3982904.html

声優・関智一、番組で禁煙挑戦も実質30分で終了

9月20日に生放送された「声優と夜あそび」では、関の禁煙が話題に上がった。大河に「関さん、禁煙のほうは?」とたずねられた関は、「していないです」と即答。「番組に言われるくらいで禁煙できたら、もうしているよ!」と開き直ってみせた。前回の収録で「1週間だったら全然大丈夫です」と断言していたことを大河に指摘されて、関は「大丈夫かなって思ったけどダメだった」と苦笑していた。

 関は「帰りの車でもう吸っていた」と告白した。タクシーの運転手が缶コーヒーを渡してくれたそうで、「コーヒーがあったらタバコ吸いたくなる」と弁解した。大河には、「禁煙できたのは、だいたい30分くらいですね」とイジられていた。

https://times.abema.tv/posts/7020826

高知銀、10月から全面禁煙、利用客も対象

高知銀行は12日、本支店などすべての施設の敷地と建物内を10月1日から全面禁煙にすると発表した。高知銀の全役職員だけでなく利用客も対象。同行は禁煙に関する全国の金融機関の取り組み状況を調べた結果、「今回の取り組みは四国では珍しい」としている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49743630S9A910C1LA0000/

薬剤師が受動喫煙防止の先頭に

望まない受動喫煙の防止を図ることを目的として、昨年7月に成立した改正健康増進法の一部が7月に施行され、学校や病院、児童福祉施設、行政機関の庁舎などの第一種施設では原則、敷地内禁煙となった。来年4月の全面施行後は、喫煙を主目的とする施設以外は屋内禁煙となる。愛煙家にとっても、喫煙時の他者への配慮は、「マナー」から「ルール」に置き換わった。

https://www.yakuji.co.jp/entry74339.html

「禁煙」か「喫煙可」か 悩む飲食店

 東京都内の飲食店では今月から、禁煙や喫煙、分煙の表示が義務化された。来年の東京五輪・パラリンピックの開催を控え、都の受動喫煙防止条例を一部施行したことによるもの。喫煙ルールが強化される来春の改正健康増進法や都条例の全面施行に向け、都内の喫煙可能な店は分煙施設の設置など準備が求められる。だが、現時点では多くの店が客足への影響を懸念し、対応を決めかねている

https://www.sankei.com/premium/news/190914/prm1909140007-n1.html

飲食店での受動喫煙、地方が独自目標

他の人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙。対策はがん予防に欠かせないが、その目標値は国のがん対策の指針には盛り込まれなかった。ただし32道府県が、受動喫煙を最も受けやすい飲食店での数値目標を独自に設定していた。このうち秋田、宮城、茨城、兵庫の4県は「0%」の目標を掲げ、対策を進めている。朝日新聞が調べた。

https://www.asahi.com/articles/ASM965JJLM96ULBJ00D.html

肺年齢「70代」で入院加療中の18歳少年 電子タバコメーカーを提訴

そんな中、医師から「肺年齢が70代」と指摘され、入院のうえ治療が続いているイリノイ州の18歳の少年が、このほど電子タバコの大手メーカー『JUUL(ジュール)』、そして販売店を相手に訴訟を起こした。

https://sirabee.com/2019/09/15/20162163350/

喫煙できる? できない? /東京

 都受動喫煙防止条例が1日に一部施行され、飲食店の出入り口に「禁煙か、喫煙場所があるか」が分かる標識を掲示することが義務化された。

 来年4月の全面施行後は従業員を雇っている飲食店は原則全面禁煙となり、規制は都内の飲食店の8割超にも及ぶ。都は掲示の義務化を足がかりに、店に受動喫煙防止の意識を高めてもらう考えだ。

https://mainichi.jp/articles/20190916/ddl/k13/070/004000c
■日本も完全禁煙■
▼過去の記事▼
▼カテゴリ一覧▼
■アクセスの多い記事■


 
  • ライブドアブログ