禁煙中の人に親しい友だちのように寄り添い、ストレスや禁断症状を切り抜ける手助けをしてくれるWebベースの新技術が登場している。

 禁煙サイトや掲示板は10年以上も前からあった。

 しかしそうした機能が携帯電話やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などあらゆる場所へ喫煙者を追いかけ、タバコに火をつけてはいけないと念押しするようになっている。


(2007/10/12 ITmediaより)

禁煙は最終的には自分の意志ですから吸いたくなった時のサポートは大事で特にネットワークを使った禁煙サポートは有効ですよネ。Web上では掲示板やSNSなどで励ましあうようなものは一般的になってきましたが、携帯電話のメールに禁煙サポートのメールが届くようなサービスとかって禁煙したい喫煙者の方、どうでしょうか?一番身近なもののほうがより効果があると思うので。