2016年11月20日

今年の紅葉は天候のせいか何処も色づきが悪いようです。
山の紅葉は時期を終えていますが、宮崎県の鹿川渓谷あたりは最後のチャンスかも!

そこで昨日は鹿川キャンプ場から鉾岳へ登ってきました。

案の定、鹿川沿いには見事な紅葉を見ることが出来ます。

PB200691

PB200693

PB200695

鹿川キャンプ場が鉾岳への登山口、駐車場は200円で円筒形の投入口に200円納めます。

沢沿いに登るのが気持ちいい(^_-)-☆

この山も一枚岩の岩盤で山が形成されていてそこに沢が流れています。
熊本では見ることのできない景色ですね。

PB200707

そしてこんな場所の渡渉が何度もあります。

KIMG0017

途中から見える雌鉾岳。
日本一のスラブで形成された岩盤の山です。
その横を沢からの水が流れ落ちています。

KIMG0018

このスラブもまたロッククライミングの場所で、ちょっと真似てみました(笑)

PB200702

この世界は私の中には無いようです(;'∀')

そして雌鉾を回り込むようにして雄鉾山頂に到着!

PB200715

ここからの眺めも雄大ですが、今日は霞んでおりました。
目の前には大崩山、五葉岳、加納山の雄姿が望めます。

PB200716

切り立った絶壁は・・

そして沢に沿って先ほど見えた雌鉾へ回り込みます!

下から見る絵もすごかったのですが・・

KIMG0019

岩につけられたハシゴとロープでよじ登ると・・

PB200722

雌鉾山頂です!!!

しか〜し、岩盤はそれなりに広いのですが、形として飛行船の風船の上に立つ感じで怖い(;^ω^)
さすがに今回は足が竦みましたね。

KIMG0023

こんな感じでした・・(笑)

難易度の低い山と思っての今回の登山は良い意味で裏切られました。
夏場に訪れても水場で楽しめる山かも?
また来てみたいですね。



2016年10月10日

連休を利用して宮崎県の日之影へ出かけました。
折りしも台風18号の影響を受けて各地で雨が降ってる時期と重なり友人と二人で9日にアタック予定を中止することになり、一人で様子見がてらの旅になりましたが・・

9日の昼頃に高千穂の町を通過してコンビニでおにぎりを調達。
この先はお店も無いような秘境の日之影町から見立渓谷を目指します。

初日は見立渓谷付けられた3キロの遊歩道をのんびり散歩です。
途中五葉岳登山口への日隠林道を確認して・・
ほんとに静かな見立渓谷に到着!!

mitate01

遊歩道の案内がありました。

mitate02


mitate03


mitate04

mitate05


mitate06


mitate08

素敵な場所でした。
渓谷を抜ける秋風はひんやりと冷たく感じるくらいでした。

ここまでは予定通り(^_-)-☆

ここから五葉岳登山口まで車中前泊の予定で移動開始!
10キロもの未舗装路をガタガタと揺られながら登っていくと
まもなくかな?って場所で谷を溢れた大量の水が音をなして道を寸断💦
落ちてる谷側は絶壁で流されたらアウトでございます。

変な考えをするよりも撤退を決めてまたまた10キロの道のりを下山(笑)

見立渓谷の駐車場は整備されていてトイレもあったので結局戻って車中泊となりました。

さてさて翌日は予定変更で上見立からの鉱山跡を抜けて兜巾岳から五葉岳へ至るルートで出発です。
予定してなかったのでリサーチ不足でした。

沢沿いに遡行していくルートで気持ちは良かったのですが、渡渉箇所がいっぱいです。
しかも雨のせいで流量が半端ではありません。
慎重に慎重に・・時には靴を脱いで渡るほど💦
帰ってから他の人の寄稿などを見るとここまでは酷くないですね。
雨のせいで増水してたんですね〜・・
無事に渡れて良かったです・・

mitate11

鉱山の跡が途中までずっと続きます。
ひとりだったのであまり写真も撮らず(ちょっと不気味な気も・・)

mitate12

こんなトロッコの車輪が転がっていたりします。

先を急ぎますが、渡渉も結局10か所くらい?道もわかりづらい・・
人も他には誰一人歩いてない・・おまけに不気味??

鉱山跡を過ぎると急登となり手がかりも少なく不安になります。
地図を確認すると等高線がかなり密になってます。
もう少しで尾根道なんですが不安の方が勝って結局ここで引き返すことに。

パートナーが一人でもいれば前へ進んで行けたと思いますが次リベンジという事で・・

こんな訳で五葉岳は敗退で下山です。

mitate14

河原で食べたカップ麺はそれでも絶品でありました。






2016年10月02日

ほんとは目丸山でも行こうかと準備して出かけたんです。

九州脊梁のトレイルランも開催されてるので無線機で様子でも聞きながらなんて思ってたんですけど・・

まず内大臣橋までのアプローチが通行止め💦
ならば矢部側から回り込んで・・なんとか橋までたどり着きましたが・・

目丸山へのアプローチ林道が激しく傷んでます。
もうすこしで登山口というところで撤退して他の山へ行くことに。

そうそう、この時期ならトリカブトの花がまだ見られるんじゃないですか?
二本杉峠からハチケン谷へ向かいました。

ゲートを抜けてスタートすると、こちらの谷もずいぶんと荒れてます。
kyounojo01

林道歩き1時間で登山口です。

kyounojo02

谷から稜線までの急登を抜けて稜線に出るとそろそろトリカブトの花が・・

群落で咲いていただろう場所は見ごろを過ぎて、一株だけ花を見ることが出来ました。

kyounojo03

山頂は他のハイカーもいなくて独り占め!
そのあとカップルのハイカーが来ましたが、今日出会ったのは2パーティー5人だけでした。

kyounojo04

くじゅうや阿蘇と比べると脊梁の山はあまり人気がありませんね。

一人だとゆっくりする事もなく山ラーメンを食べて下山です。

林道まで下ると青空にススキがなびいてました。

kyounojo05

今度はトリカブトが見ごろな頃に狙って来ることにしましょう!


2016年08月15日

今年は猛暑が全国を襲っております。

毎日こう暑いと夏バテ気味で疲れが取れません💦

そしてお盆休み・・
今年は11日に山の日なる祭日が出来たもので例年とは違う
休みのパターンになってしまいます。

お客様の休みを考慮して・・結局11日、14(日)と15日だけ・・

短い夏休みですが涼を求めてくじゅうへキャンプに行ってきました。

RIMG2261

星生山への登り、思いザックでは結構ハードです。

RIMG2267

この景色を見ると疲れも吹っ飛びます!

牧ノ戸から入山して星生山〜稲星山〜白口を経由して坊がつるまで

RIMG2295

RIMG2293

山は涼しいのですが、日差しを浴びて行動している間は汗が止まりません。

13912690_907433839366906_7040591597103324918_

白口からの長い下りはキツイキツイ💦

坊がつるで早速テントを張ります!
日が沈むころまではテントの中は暑い!

13912690_907433839366906_7040591597103324918_n

法華院でお約束のビールを買って一人乾杯です♡

日が沈むと気温もぐっと下がって24度くらい。
快適な眠りにつくことが出来ました。

明け方は気温も15〜6度でした。

15日はすがもり越えから大曲へ出て車道を牧ノ戸まで・・

そして・・

下界は酷暑の夏真っ盛りでした(笑)

2016年05月01日

熊本地震 相変わらず余震は続いてます。

我が家はだいぶ落ち着いてきましたが、被害のひどい場所は
まだまだこれから先長い時間が必要になるでしょう。

震災の後片付けに追われる毎日でしたので、気分転換に山へ行ってきました。

本来なら水泳の仲間たちと登るはずだったのですが、山の安全が確認できないうちに
大勢で行くリスクを考慮して中止としたのですが、少しずつ情報も集まってきて、雁俣山は
危険個所も無いということなのでカタクリの花に会いに行きました!

登山道よりも二本杉峠までのアクセス道を心配しながら通りましたが
路肩が不安定な場所もなく、問題なく二本杉峠まで行けます。

ここから登山道に入り途中のカタクリ群落地まで行ったのですが、ちらほら??の花

最近シカによる食害で花が激減しているそうです。
時期も一週間ほど遅かったみたいですね。

ミツバツツジはちょうど綺麗な花を咲かせてくれています。

karimata03

そこで雁俣山を越えて京丈山への縦走。
こちらの方が道端にカタクリの花を見つけることが出来ます。

karimata11

山頂にもたくさんの花が・・ 

いや〜こちらまで来てよかったですね(^^♪

karimata01

karimata06

karimata04

帰りは黒原経由で//
途中の集落でたくさんのシャクナゲにも会えました!

karimata05

また頑張れますね(^_-)-☆




2016年04月21日

一生忘れられない経験になるでしょう・・

「熊本地震」4月14日の前震 震度6強 入浴中の出来事でした。

頭を洗っていたので何が起こったのか分からずただただ両手で支える事しかできず。

振れが少し治まったところで携帯から地震を知らせる警報音。
テレビを見ると益城付近を震源とする大地震の情報が流れてきました。

まさか熊本でこんなに大きな地震が起ころうとは夢にも思わず
その後もゆれ続ける現実をなかなか受け入れることが出来ませんでした。

家の中は物が散乱、サッシが二枚剥ぎ取られるように外れているものの
水や電気のライフラインはすぐに回復したので翌日は気を取り直して片付けです。
ひととおり落ちたものを元に戻して普通の生活が出来そうです。

時々大きな震れがあるものの収束に向かうものと思いながら就寝・・・・


真夜中  まさかの本震 m7.3 
寝ている時間に突き上げるような激しい揺れ💦

同じく震度6強と言うことだけど全く別物の巨大な地震を体感しました。
数字での表現と感覚で得る恐怖の違いは全然違うものですね。

これは大変なことになったと直感的に感じました。

震れがすこし落ち着いたところで家の外へ出て車の中へ避難。

我が家のすぐ近くに小学校があるのですが、多くの人が車で移動してきて
まもなく渋滞を引き起こしてました。

そんな中でも余震(それでも震度5以上)が続き眠れない夜を迎えました。

今のところ地震による死者は48人、関連死10人 行方不明2名 けが人多数
まだ9万人もの人たちが避難生活を強いられてます。

我が家はダメージがあったとはいえ良かったほうなのか?
仕事にかかわる機械なども試運転の段階では動いてくれました。
瓦や塀が倒れたりしましたが、補修でいまのところ雨漏りも防げてます。

一方でライフラインも少しずつ回復してますがまだまだ水さえ不足している避難所アリ。

きっとこれから復興まで長い時間が掛かるはずです。
まだまだ被災状況も悪化することと思われます。

前を向いて出来ることをやっていくしかありません。

jisin

jisin01





2016年03月21日

天気が良かったので俵山へ出かけてきました。

ちょっとハードだけどお気に入りの谷コースからアプローチです。

野焼きが終わったばかりの山肌はいつもと違う景色です。

tawatani00

谷コース、今回は水が少なめですね。

tawatani01

快晴の山頂

tawatani02

ここでトレラン一向が登ってこられました。
写真を頼まれましたのでどちらのチームか聞いたところトッシーの教室のみなさんでした。
びっくりぽんです(笑)

みなさんモーニングトレイルのコースを歩くと聞いたので、時間もあるし私も予定変更!

南外輪の尾根はやっぱり気持ちいいですね(^^♪

tawatani03

tawatani05

tawatani06

二の峯から一の峯快適なトレイルです!!

ここからいくつかの谷を横切り(結構ここはキツイです)萌の里まで

tawatani07

tawatani08


最近ラントレも少ないのでいい練習になったかな??

2016年03月13日

Chipolinoまでパンを食べに行くというサイクリングに参加してきました。
雨がちょっと心配でしたがお店までは天気も持ってくれて楽しいサイクリングでしたよ。

1928926_814082585368699_3941843577466091365_n


DSCF5524

美味しいパンを食べた後、最後の下りで雨になりました。

びしょ濡れになりましたが久しぶりに自転車で楽しみました(^_-)-☆


2016年02月21日

今年は熊本城マラソンに落選したので人吉に来ました。

大した練習も出来てないのでハーフの距離に不安もありましたが・・

12744015_802978613145763_1931115282519721177_n

のんびり走ろうと最後尾からスタート!!

ところが・・最後尾のペースは驚くほどのスローペース(笑)

さすがに自分のペースに戻そうとしますが、しばらくは抜くのもままなりません💦

5キロくらいからペースをつかめて案外楽しく走れました。

12705636_803116029798688_5842445392864562202_n

時計でのログもなかなかいい感じでペース刻んでます。

735238_803651096411848_2342621162718617592_n

熊本城も盛り上がりますが、こちらも楽しい大会ですよ。

2016年02月14日

雨でしたがこの時期この花は見たくて仰烏帽子山まで

やっぱりお日様が無いと綺麗に咲いてくれませんが、
可憐な福寿草の花を見ることが出来ました。

だけどこの時期、雨の山は寒かったです💦

12705606_800083056768652_38237421443078499_n

12742588_800083030101988_5809108975869126651_n

12743787_800083046768653_141776142168525703_n

12744001_800083120101979_469525607777564704_n