aamall

June 27, 2005

音楽的、ネズミなんとやら

そう、Musical Baton!

さて、のっちさんから宿題を頂いた、とおもったらにしじまさんからも同じ宿題が。

「出張から帰ってきたら答えます」とのお返事が、いつもながらに遅くなってしまってごめんなさい。

と、いうことで、ミュージカルバトン、解答してみましょうか!


1.Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

マイミュージックのファイルだけで21.0GB。ほか1GBくらいその他の音楽ファイルがある模様。
家にあるCDを殆ど取り込んだ上にレンタルで借りてきたのも相当数入れ込んでます。
もはや音楽はPCで聴いてる状態ですね。音響にはあんまりこだわらない派なのかな、私。

でも便利だもん。

2.Song playing right now
(今聞いている曲)

冨田ラボFeaturing 畠山美由紀 『耐え難くも甘い季節』。
(アルバム『シップビルディング』収録)

同じアルバムに入っている『眠りの森』(Featuring ハナレグミ)、
アルバムではAnn SallyBrand-New Orleans』、沖仁New day to be seen』』
以上が只今絶賛パワープレイ中。

3.The last CD I bought
(最後に買ったCD)

先日、新品・中古あわせて7枚ほど一気にかいました。↓

新品で、
Joyce『Rio-Bahia
日本作曲家選輯-深井史郎』(パロディ的な4楽章・バレエ音楽「創造」・交響的映像「ジャワの唄声」)
沖仁『New day to be seen
連続テレビ小説 ファイト サウンドトラック

中古では、
石川セリ『翼−武満徹ポップ・ソングス
区麗情風が吹いてゆくように
遠藤京子(現・遠藤響子)『恋人になりたい

最近結構中古探しまくってます。

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

(いろいろ思い出しながら)うーっ、5曲に絞れなーいっ!
あれもよくて、これもよくて。
でも思い切って絞ってみました。それっ!

※『三つの夜想曲(C.ドビュッシー)』

はじめてCDを買ったのが忘れもしない中学2年の修学旅行の時。
この曲と『海』と『牧神の午後への前奏曲』の入った、アンセルメ/スイス・ロマンド
だった、と思う。
『海』目当てで買ったのですが、この曲の響きの柔らかさに惹かれていった記憶があります。

この後吹奏楽部の顧問の先生からあれこれCDを貸して貰ったりして、
遅ればせながら吹奏楽への意欲が湧きはじめた、そんな一枚。
(ホントに音楽が好きになったのは恐らくこのころなんだろうなぁと、今にして思っています。)

※『白い道(Estrada branca)』

原曲はA.C.ジョビンのようですが、私的には小野リサのバージョンがお気に入り。

高校生の頃、よく聴いていたラジオ番組のあとにやってた
音楽番組(とある夫婦ミュージシャンがやってた)をよく聴いてたのですが、
そのミュージシャンのバックボーンがどうも南米音楽だったようで、フォルクローレや
ボッサをよくかけてて。
そこからボサノヴァに興味を示したのですが、当時の四国の田舎のレンタル屋には
ボサノヴァのCDも少なく、ましてやお小遣いで買えるほどではないので借りるほかない。
で、借りられるのは辛うじて彼女のくらいという案配で。
早速当時の最新作『エスペランサ』を借りてきたら、見事にその世界観にはまってしまって。

この曲はフルートとピアノにヴォーカルが被さるだけのシンプルなバラードですが、
こういうシンプルな、柔らかい音に惹かれてしまいます。
最後に突然歌い出すジョビンの声(この直後に無くなったんだよなぁ)も素敵。

※具島直子『Candy』

大学生の頃、船で3時間弱、往復4000円あれば遊びに行けるという手軽さもあり、
月に1度ほど広島に遊びに行ってた時期がありました。
そのころに友人達が幾人かでき(今でも何人かとは行き来が続いているのですが)
その友人のひとりから教えて貰ったのがこの曲。

オトナの余裕のあるヴォーカル、癖のないクールなサウンドに一目惚れ。
ちょっと背伸びをしたいお年頃の私にはそれが素敵で、素敵で。

彼女の曲は大抵の人に勧めると気にいってくれる(うちの母まで)のですが、
セールスには恵まれていないんですよね。地道に活動は続けているようですが。

Roller Coaster『ヒムル・レヨ・ミスト・キム(頑張れMr.Kim)』

はじめて聴いたのが4年前、加藤美樹お姉様の『Flower Afternoon』。
彼女が「韓国の素敵な三人組」って紹介してたんですが、またまた一目惚れ。
これまたサウンドはクールだし、ボーカルもナチュラルで好み。
すぐにセカンドアルバム『日常茶飯事』を買い込みました。その中で一番気に入ったのがこの曲かな。
仕事やオフでの活動で戦闘モード?にはいるときに、この曲を聴くと不思議といい気分で挑めたりします。
(のちのちにこの歌がサラリーマンの日常と再出発を描いた歌詞であることを知り、益々感情移入。)

彼らのアルバムは丁寧に作り込まれたサウンド(どうも宅録してるらしい)と、
いい意味で韓国らしくない雰囲気で気に入ってます。
私の好きなアーティスト
(畠山美由紀(或いはPort of Notes)とか、Ann Sallyとか、あるいはParis Matchとか)
が好きな人は多分はまれるんじゃないかな。
あと、ヴォーカルのチョ・ウォンソン嬢の声&ルックスも素敵。

※畠山美由紀『雨は憶えているでしょう』

彼女の曲に出会ったのも『Flower Afternoon』で美樹さんが流していたのを
聴いたとき。この時も即座にCD屋に足を運んでしまうほどの衝撃的な出会い&ハマリ具合でした。

彼女の曲は聴くだけで涙がこぼれてきます、ホントに。
そのなかでも、この曲をはじめて聴いたときは、
10分近く泣きながら部屋の中に立ちすくんでしまっていました。ホントのホントに。

そして、気づいたときにはココロの中が凄く温かな、優しい気持ちになってる。

もう、この曲に関してこれ以上の説明は不要です。
とにかく聴いて、触れて下さいな。お願いです。

(で、私って多分、彼女のような声と雰囲気の人に恋焦がれるんだろうなぁ・・・)


(なお、最後まで迷った5曲↓)
沢知恵『こころ』(Ann Sallyのカバー含め)
比屋定篤子『永久性にそそぐ特効薬』
平岩英子『Airship On The Stadium』
Sandra Avila『Veludo』
はっぴいえんど『風をあつめて』


5.Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)

うーん、もうカイさんとかkahkiさんスポントさんとか、
せりざわさんとか、よく行くサイトの大半の人に渡っちゃってるしなぁ。

ということで。

basstakaさん
atsu2foo2さん
狛猫さん
の大学時代の先輩・後輩3人と、

「M姉」こと友人まっきー
身内joholic
の、以上5人に渡そうと思います。

忙しくない範囲で是非答えてくだされば幸いです。宜しくお願いしますね。
(M姉は議会終わったけど、忙しいから大丈夫かなぁ)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. MusicalBaton  [ ふかふかおひさま ]   July 07, 2005 02:20
 ということで、回ってきましたMusicalBaton!yukio先輩、ふたばさん。楽しいお題をありがとうございます。ではでは早速!1.Totalvolumeofmusicfilesonmycomputer(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)4Gとか、5Gとか。パソコンではあまり曲を聴かなくて、だ...

この記事へのコメント

1. Posted by atsu2foo2   June 29, 2005 00:26
 バトン受け取りました・・・が、
何書こう・・・。
2. Posted by basstaka   July 01, 2005 21:48
とりあえず書くだけ書きました。

私が指名した方々はきちんと書いてくれるのだろうか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔