統失家族の闘病日記

長男は2008年から統合失調症で入退院を繰り返しています。 本人に病識はなく、退院すると薬を飲む事を拒否する為、幻聴や幻覚、突然の暴力や奇異な行動、妄想が一貫して続いています。 同じような境遇の方に対応についてアドバイス頂ければ大変ありがたいです。 宜しくお願いいたします。

2017.5.28

昼食を一緒に摂ろうと、嫁とふたりで長男が
入居しているグループホームへ向かった。

長男はちょうどトイレから出てきたところ
だった。

部屋を掃除していないようで今日も部屋に
埃がたまっていた。

早目に店に行かないと日曜の昼食は店が
混みそうだ。

掃除は帰ってからにしようと食事をする
店へ向かった。

スパゲティがいいと言うで和風スパゲティの
店へ行った。

席はまだ満席になっておらずすぐに案内
してもらえた。

長男はクリームソース、嫁と私はめんたいこ
のスパゲティセットを食べた。

ずっと空笑が止まらない。どもりも酷い。

食事をしながら長男は「グループホームを
解約しなければならない。」と言った。

「何かあったの?」

何も答えない。「無理なのかな。」

何も答えない。

「契約した時1年の契約って書類に書いて
あったでしょう。」

「1年我慢すればいいの?」

「最低でも1年っていう事。」

それからこの事は口にしなかった。

その後近くのスーパーで漫画の単行本2冊
とカセットテープを買った。

長男の小遣いと工賃で買った。

長男はずっと空笑している。

臭くはなかったけれど、「煙草吸った?」と
聞いてみた。

「吸っていない。」長男は答えた。

何で急にこんなに空笑が出るようになった
のだろう?

最後にお菓子と牛乳、ジュースを買って
グループホームへ帰った。

グループホームは風通しがよくて廊下の窓も
開けてあった。

長男の部屋の掃除機掛けをしていたら、
ぷうんと煙草の臭いが部屋に入ってきた。

吸っている人にもらい煙草したのかな。

喫煙場所の変更、受態喫煙防止が必要
じゃないかな、と思いながら家に帰った。


夜8時過ぎ、突然玄関が開いた。

長男がまた戻ってきてしまった。

手にエコーと100円ライターを持っている。

数本吸ってあったが、私に渡してきた。

嫁がグループホームへ連絡した。

外出ノートに記入しないで黙って家に帰って
来てしまったようだ。

グループ゚ホームへ送って行った。

家にあったラジカセとCD、DVDを数枚を
持って行った。

グループホームへ向かう途中「無駄にCDを
買ってしまう。」と長男は口にした。

「別に買わなけりゃいいじゃない。部屋で
テレビ見たり、近くを散歩したりすれば。」
嫁が言った。

「入院しなければならない。」

「入院したらコンサートとか行けないよ。
自由もなくなるよ。」

「明日から作業やる。」

工賃や小遣いは貰ったら全部使って
しまっているのかと思っていたら、

「もう¥3,000しかない。」

と言っていた。長男なりに計画的にやって
いるのかも知れない。

「空笑が酷くなるから煙草はダメだよ。」

「うん。」

「昼ごはんを食べた店はグループホームの
人にも一緒に行こうと言われるけど、あん
まり好きじゃない。店の人も変だし。」

「ああそうだったんだ。なら嫌だって言って
くれればよかったのに。」

そんな事を喋っているとグループホームに
着いた。

グループホームではスタッフさんが待って
いてくれた。












2017.5.21

今日は午後から嫁とグループホームへ
行った。

いつもは長男の部屋をノックする前に
玄関に出て来るのに、今日は出て
来なかった。ベッドで横になっていた。

暑いのに部屋は閉め切り、エアコンも
つけていなかった。

部屋に埃がたまっていたのでいつもの
ように掃除機掛けをしてから外出を
した。

先週別れ際に今度はカラオケに行き
たいと言っていたが、気が変わって
いるかも知れないので、どこへ行くか
聞いた。

やっぱりカラオケがいいようだ。

グループホームの近くのカラオケへ
行った。

カラオケなんて長男の入院前に
行ったっきりだ。

長男は入院中にもカラオケのレク
レーションがあったそうだ。

カラオケへ着いて気付いた。ずっと
空笑している。

どもりもずっと治らない。

長男はB'z、Gray、ラルク、氷室京介
等の曲を歌った。

その後お菓子と雑誌を買ってグループ
ホームへ戻った。

半月分の工賃をもらえたようだ。

それも全て使ってしまったのかな。

空笑、閉めっきりの部屋、音や光が気に
なるのかエアコンや照明はつけて
なかった事、そしてどもり、気になる事
ばかりだ。

2017.5.14

今日は昼食を一緒に摂りたいという長男の
希望で、嫁と昼前にグループホームへ向か
った。

建物に入って部屋に向かっていると、長男
が部屋から出て来た。

気配を感じるのか、毎回私たちがノックする
前に長男は部屋から出て来る。

部屋に入ると埃がたまっていた。先週もそう
だったけれど、掃除機をかけてから部屋を
出た。

「何が食べたい?」

「スパゲティー。喫茶店みたいな店がいい。
ラーメンでもいい。」

嫁がラーメンは食べたくない、と言うので、
近くの喫茶店で昼食を摂った。

その店でスパゲティを食べるのは初めて
だ。

トマトソースのランチがあったのでそれに
した。

味はまあまあだったが、少し麺がゆで過ぎ
だった。遠い昔に給食で食べたソフト麺を
思い出した。

量も多かったが、長男は完食した。

どもりが入院している時よりも酷くなったよう
な気がする。

スタッフさんから何も連絡がないから、毎日
何とか生活しているようだ。

洗濯も自分でしているようだ。

毎週金曜日に小遣いをもらっているが、昨日
半分使ってしまったと言う。

お菓子やら必要な日用品を買ってホームへ
戻った。
記事検索
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ