統失家族の闘病日記

長男は2008年から統合失調症で入退院を繰り返しています。 本人に病識はなく、退院すると薬を飲む事を拒否する為、幻聴や幻覚、突然の暴力や奇異な行動、妄想が一貫して続いています。 同じような境遇の方に対応についてアドバイス頂ければ大変ありがたいです。 宜しくお願いいたします。

2013年09月

2013.9.29

昨日は長男との面会と担当の先生との
面談に嫁と病院に出掛けた。

今日は患者さんが沢山来ていて、待ち
時間が長そうだったので最初に面談の
順番を取って、長男と面会した。

足取りは少し怪しげだったが、顔の発疹
については、少しあるが気になる感じ
ではなかった。

何が食べたいか聞いたらラーメンと言う
ので昼食はラーメンにした。

看護師さんから髪を切った方がいいん
じゃないか、と言われたが、家の近くで
切りたいと言い張って、切ろうとしな
かった。

その後古本屋へ行きたい、と言い出して
氷室京介の中古CDを買った。同じCDを
確か持っていたが、入院前にケースと
CDをごちゃごちゃにしてしまって、なお
かつ記録面を汚してしまったり、割って
捨ててしまったりしてどうなっているか
分からない状態になっている。

お菓子を買って病院に戻ろうとすると、
カラオケに行きたいと言う。まだ面談まで
は時間があったので、1時間だけ行って
来た。

外出中ずっと一時帰宅をしたい、と言い
続けていた。また笑い続けていた。

先週はすぐ病棟に戻って行ったが、
今日は病棟に戻るのが嫌そうだった。
親に会って早く家に戻りたい、という
気持ちが強くなってしまったようだ。

先生との面談では、相変わらず要求が
多い事を言われた。

セロクェルの増量かトピナの追加か
どちらにしますか、と聞かれた。

トピナの追加をお願いした。

どうも先生はセロクェルを増やそうと
考えているようだった。

私は25㎎錠剤を4分の1に割って
飲ませて欲しい、とお願いしたが、
50㎎からしか与えられない、と
言われた。

長男が薬に敏感な事を言うと、なら
25㎎から開始します、という事に
なった。

先生は長男が欲求不満で爆発する
事を恐れているようで、本人から
自宅への電話を許可するかどうする
か聞かれた。

先週CDプレーヤーを持って行って、
今日はカラオケにも行った事を伝え、
電話の許可はもう少し待ってもらう事
にした。

トピナの追加で欲求か少しおさまって
くれるだろうか。おさまって欲しい。




2013.9.21

先週長男と昼食に行く約束をしていた
ので、嫁と二人で11時頃病院へ出掛
けた。

先ず先生との面談の受付をして、
病棟に向かった。

先週はストラテラを飲まなくなって、
顔の発疹も消えて、空笑以外は好転
している印象を受けていた。

病棟へ行くと長男はすぐに出てきた。
顔を見ると、先々週程ではないが、
目の下に赤い発疹がぼつぼつと出て
いた。

外出の前に担当の看護師さんから、
髪を切りたいと本人が言っているから、
連れて行ってやって下さい。と言われ
たが、本人は今日じゃなくていい、
と言うので今日は止めておく事にした。

昼飯は何がいいか、と聞いたら、
ラーメンか和食という事だった。まだ
昼前だったが行く店が、満員だったり
臨時休業だったりで、結局ハンバーガー
になってしまった。

入院前にはハンバーガーを買っても
殆ど食べずに残していたが、フライド
ポテト以外は残さず食べてくれた。

その後おやつを買って、古本屋で
本を1冊、CDを1枚、DSのソフトを
1本買って病棟に戻った。

途中頭が痛いと口にして、頭痛い?
と聞くと違うと答えたり、歩く時たまに
足がふらついたりしていた。

また周りを気にして落ち着かない様子
だったし、笑っている時間が多かった。

先週は喫茶店で皆が飲み終わるまで
待っていたのに、今日はハンバーガー
を自分が食べ終わると席を立って
いた。

ずっと一時帰宅をしたい、と言っていた
がまだもう少し待とうと答えておいた。

病棟へ送って行くエレベーターの中で
一時帰宅した時に自宅の近くで髪を切り
たい、と長男は言った。

早く帰りたいのだな、と深く感じた。それ
でもちゃんと病棟へ戻って行った。

その後先生と面談をした。

今週CT検査をしたらしく、画像を見せて
くれた。

前頭葉、側頭葉、海馬の委縮がある。
海馬の傷は統失特有のものであると
聞いた。

海馬の傷は健常な人でもある事があると
本で読んだ事がある。

家にも3年前の画像があったので帰宅後
見てみた。とりわけ萎縮が進んでいる
ようでもなかった。

長男は作業療法も行っているが、長い
時間じっとしている事が出来ないそうだ。

今後薬をどうするか、という話しになった。

赤い発疹があるので、どちらかの薬を
減らして欲しい、と言った。

先生は逆に増やそうと考えていたようた。

本当はセロクェルを減らして欲しかったが
発疹が酷くなったら減らしてもらう、という
条件付で今までの薬を続ける事になった。

来週発疹が消えていたら、少量のトピナを
試してもらう事にした。

先生からは長男は退屈な入院生活で爆発
するかも知れないから、CDプレーヤーを
出来るだけ早く持って来るように言われ、
夕方に病棟へ持って行った。

一直線で快方へは向かわない事は分かっ
ているつもりでも難しさを改めて感じた。















2013.9.15

夜中に急に目が覚めた。

長男の止まらない空笑は、現実逃避など
ではなくて、、、。

今までも薬を急に飲まなくなって止める
事はあったが、続けて飲んでいる薬、
大量に飲んでいた薬はそれこそ20%の
範囲内で徐々に減らしていた。

今回はストラテラを2週間程続け、増量
した後で、発疹が発覚、即中止となって
いる。

脳が薬の急な減量についていっていない
のではないだろうか。

最初空笑が出だしたのは高3の半ば、
不随意運動が治まった頃だ。

心療内科でエビリファイを最初に出され
最少量を1錠飲んだだけで空笑は治まっ
たが、眠れなくなったのと、手を前に
だらんと出して歩くようになるのと、
足元がふらふらして倒れそうな感じに
なり、2日で中止している。

その時錠剤を割って飲ませるなどの
知識があったならそのまま回復して
いたのかも知れない。

最初の入院の時の主剤はリスパダール
だった。本人の強い希望で退院したが、
その日の帰り道で空笑は消えていない
事がわかった。そして翌日不随意運動
があって、病院に問い合わせた。

それから暫くして薬を飲まなくなって
不随意運動はなくなったが、空笑は
残った。

その時もリスパダールの量が多過ぎた
だけかも知れない。リスパダールでは
暴力も出た。入院中に面会に行って
顔を殴られた事もある。

そしてジプレキサ。これを飲んでいる時
入院中一時帰宅をして突然薬を一切
飲まなくなった。3日目、急に私に病院に
戻る。発病してからの本人の色々な
普通でない行動を上げて、ゴメンなさい
ゴメンなさいと嫁や私に言って身体は
ブルブル震えていた。

これはもしかしたら治ったのでは、と
思った。病院では発作を抑えると
称してリスパダールの水薬を飲まされた。

一週間後に面会に行ったら、病気に
なってからの長男に戻っていてがっかり
した。

セレネースの注射をした直後に義母を
押し倒して、義母は骨折、長男も入院。

セレネース、ジプレキサ、エビリファイ
どれを飲んでも病気の本質が回復する
事はなかったが、一度、一瞬だが、
もとに戻ったのだから、必ずもとに戻る
と思って頑張ってきた。

でも間違った選択ばかりで深みに
はまっているのかも知れない。

どうしたものだろうか。






2013.9.14

今日はもう長男の外出許可が出ている
だろうと、午前の受付最後の頃病院に
向かった。

先ず、先生との面談の受付をして、
病棟へ向かった。

病棟ではまだ、外出の許可は出ていな
かった。親との面談もダメになっていた
が、そこは許してもらえた。

顔の発疹は消えていた。薬変わったの
と本人に聞いたら変わったと言う。
今日も発疹が出ていて薬が変わって
いなかったら連れて帰ろう、と思って
いたのでひと安心した。

先生と面談した。ストラテラは発疹が
出たので止めた。トピナの使用について
決めかねている、という話しを聞いた。

現在は1日にデパケンR800㎎とセロ
クエル100㎎を飲んでいるそうだ。

こちらからは、是非トピナを試してほしい、
という話しと、統失や発達障害ではない
病気の可能性もあるから、MRI検査、
造影剤を使ったMRI検査、脳髄液検査を
お願いした。

先生からはこの病院でもそれらは可能
だが、退院後紹介状を書くから、別の
大きな病院の神経内科で行った方が
いいという答えだった。

また空笑が多いという話しと、今は
破瓜型統合失調症という診断に傾いて
いる様子が話しの随所に窺えた。

外出は今日から可能になった。

午後また病棟へ向かい、長男と嫁と
私の3人で喫茶店へ行く事にした。

ずっとくすくす笑っていた。だが入院前
のように、意味不明な事を言ったりは
しない。

喫茶店を出る時に読んでいた雑誌を
棚に片付けてくれた。入院前には
考えられなかった事だ。

その後古本屋へ行って、DSの中古
ソフトと中古CDと小説本、それに
本人の希望でカロリーメイトを買って
病棟に戻った。

別れる間際に週4回位来てほしい、
と言われたが、仕事もあるからまた
来週、と答えたおいた。

病棟で孤立しているのかな、と心配
していたが、病棟へ戻るなり患者さん
の女の子とにこにこ話していた。

それはそれで安心だが、何故空笑が
増えたのか、現実が悲しいから逃避?
そう思うと切ない。













2013.9.7

長男が入院してから、毎週土曜日着替え
と差し入れを持って病院に行き、先生
と面談もしている。

今日はいつもより空いていて、1時間待
ち程度で面談出来た。

先週長男はDSの充電器がない事に
腹を立て大声で暴れて一時保護室へ
入れられていたそうだ。

充電器はないという知らせがあってから
すぐ持って行ったが、届けた時にそんな
事は聞いていなかった。

やはりストラテラは暴力の出やすい薬
ワースト5だなとそれを聞いて思った。

付き添い付きで売店で買い物を許可
するという事だったが、もう既に今週
月曜日から開始されていたようだ。

外食する事を長男が希望している
ので、今日から一緒に外出して
欲しい、と仰られた。

かなり回復したのかと聞くと、何も変わ
っていない、いつも要求ばかりだ、と
言う。

更にはストラテラを1日40㎎から60㎎
に増やし、デパケンRは800㎎、
セロクェルも止めると言っていたのに
100㎎のまま続けているそうだ。

なおかつ診断も破瓜型統合失調症に
戻っていた。もうECTしかないのでは
ないか、と言われてしまった。

改めてデパケンRと少量のトピナを
提案したが、聞いてくれたのかどうか
分からない。

大学病院での精査について申し入れ
たが、してもらえませんよ、で終わって
しまった。

いきなり外出は難しいと思うので、面談
する時ケーキを持って行って面談室で
食べる事にした。

ケーキを買って、差し入れの本も買って
病棟へ向かった。

長男は嫁と私に気付いて私たちのもとへ
近寄って来た。

先週と同じく両手を前にだしてぶらぶら
させながら歩いて来た。自宅にいた頃
には考えられないような顔中に赤い
発疹が出ていた。

看護師さんにその事を伝えたが、何人
も看護師さんは病棟にいるのに気付か
ないのだろうか。

いつものように外に行きたい、CDを
持って来い、DSのソフトを買って来い。
と言うのだが、呂律がうまくまわらなく
なっている。

長男が看護師さんに外出したい、と
言った。処遇の用紙を見ると、外出も
親との面会もダメになっていた。

先生が外へ連れて行け、と言っていた
のに、、、。

看護師さんに帰って下さいと言われた。

一緒にケーキを食べる事も出来ず、
帰る事にした。

前から感じていたが、この病院は
医師と看護師さんの連携が悪い。

看護師さんには赤い発疹はストラテラ
のせいだと思うと伝えておいたが、
伝わらないかもと思い、帰りに受付で、
先生に伝えて下さい、と発疹の事と
外出は許可が出ていないので、出来な
かった事を言っておいた。

これは早く他の病院を捜した方がいい
と深く感じた。

記事検索
アクセスカウンター

    プロフィール

    clearwater1122

    カテゴリ別アーカイブ
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ