統失家族の闘病日記

長男は2008年から統合失調症で入退院を繰り返しています。 本人に病識はなく、退院すると薬を飲む事を拒否する為、幻聴や幻覚、突然の暴力や奇異な行動、妄想が一貫して続いています。 同じような境遇の方に対応についてアドバイス頂ければ大変ありがたいです。 宜しくお願いいたします。

2018年10月

2018.10.28

昨日の午後嫁と長男のグループホームへ
行った。

部屋に入ると煙草の空箱が3つあった。

金曜日に小遣いをもらうと、すぐ
コンビニへ行って、お金を使ってしまう
らしい。

3箱も煙草を買って、その日のうちに
全部吸ったのだろうか。

そこからは禁煙出来るなら完全禁煙
出来そうなのに、、、。

周りの人が皆喫煙者だから無理なの
かな。

ひげも昨日は伸びていた。

先週少し買い物は控えめだったが、
また元にもどった。

百均では乾電池やら、カセットテープ
を買って、食品売り場ではお菓子や
カップラーメンも買った。

グループホームの食事はあまり食べない
のか最近痩せてきている。


そこが気になる。



2018.10.20

昼前に嫁とグループホームへ向かった。

いつもより少し遅くなったので、長男は
ずっと待っていた。

空笑していた。

髪を切って爽やかな感じに変わっていた。

部屋に煙草の空き箱が2つあった。

「何食べに行く?」

いつもの少し高いスパゲティ屋に行く事
になった。

この店は、スパゲティは美味しいが、
スタッフが足らないのか、食べ終えた
後で食後のデザートが出てくるまで、
30分位かかる。

それは嫌だからスパゲティと一緒に
ドリンクとデザートを持って来てくれる
ように頼んだ。

スパゲティは出てきたが、ドリンクと
デザートは出てこなかった。

食事後ドリンクとが出てくるま30分
掛かった。

しかもデザートが出てないのに、
「これでお揃いですか?」

「はぁー、まだデザートが出てない
じゃないか、あほか。
と思ったけれど、

「デザートが出てないじゃないですか。」
と言った。

「もう20分待ったけど、出てこないから
もうデザートドリンクは要りません。
と帰ったお客さんもいた。


スパゲティの味は結構気に入っていた
けれどもうこの店には行きたくない。

待ち時間が長かったおかげで色々話せた。

・今週はしっかり仕事に行けた。

仕事自体は嫌ではなさそうだ。

・グループホームを解約したい。

家に帰りたいのはよくわかるが、
帰るための準備だと考えてほしい。

・グループホームの他の人はもらった
お金で日用品も買っているようだ。

いつか嫁や私が亡くなったら、全て
自分で買わなきゃならなくなるんだよ。

食後古本屋で中古CDを2枚買った。

その後食品スーパーへ。

おやっ、いつも文房具や日用品を一緒に
買うが、今日は食料品売り場へ直行
した。

食料品もいつも¥3,000以上買うのに、
¥1,500程度だった。

グループホームへ戻って、その事を
伝えると、昨日工賃を貰って、まだ
お金に余裕があるのではないか、
という事だった。

少しずつ自立しようとしているなら
嬉しいのだが、、、。

少し痩せたように感じるのが気になる。















2018.10.14

昨日午後から嫁と次女とともに長男の
面会に行った。

古本屋で中古CDを2枚買い、喫茶店へ。

喫茶店で、「入院したい。とまた
長男は言った。

調子が悪いと言うが、どこがどう調子
悪いのか言わない。

百均でノートやボールペンを買って、
食料を買って部屋へ戻った。

部屋へ入ると、紅茶があと1箱以上
残っているのにまた1箱買ってきた。

コーヒーもまだ残っているのに買っ
た。


今日嫁と薬局へ行った。

老婆と娘さんの二人連れがいた。

「これさっき買ったばっかじゃん。」

「そうだったかねえ。」


長男も一緒なのかなあ。

以前から気にしていた脳の萎縮、それが
また頭をよぎった。




2018.10.10

おおよそ毎週土曜日に長男との面会に行って

いる。

 

午後から面会する時は大概、古本屋→喫茶店

→スーパーの順番で回っている。

 

108日にグループホームから電話が入った。

 

ドキッとして出ると、障害者認定の申請に足ら

ない書類があるので持って来るように、という

ものだった。

 

少し距離はあるけれど、自転車で持って行った。

 

祝日だから長男に会ったらお茶でもしようと

思っていた。

 

グループホームにはスタッフさんはいたけれど、

どうも出掛けているようだった。

 

グループホームを出て、自転車をこいでいたら

ワンボックスカーが走って来た。

そこの助手席には笑っている長男が乗っていた。

 

どこかへ出掛けていたのか、結構グループホーム

に溶け込んでいるじゃん。などと安心しながら

帰宅した。

 

 

今日は長男の診察後、名古屋へ出掛ける事に

なっていた。

 

診察時間の10分程前に病院に着いた。

 

病院に向かって歩いていると長男とグループ

ホームのスタッフさんもちょうど病院に着いて

ところだった。

 

病院では30分程待たされた。

 

待っている間にケースワーカーさんから

「〇▲君頑張っているみたいですねえ。

グループホームにも溶け込んでいると

聞いています。」

と言われ、「頑張ってるんだね。」

と長男に声を掛けた。

 

診察では、日頃決まっている事は落ち着いて

過ごせているけれど、突然違う状況になった時

に取り乱してしまうという事を聞いた。

 

1.病院に診察に行く時、いつも助手席に

乗っているが、他の席に座らざるを得ない時

吐いてしまう。

 

2.事業所へ2人で行ってるが、ひとりで

行かざるを得なかった時、帰って来てから

大声で叫んでいた。→自分で頓服の漢方薬を

飲んだ。

 

面会する時に叫んだりする事はなかった

けれど、まだ自分で抑えられない事が

たまにあるんだ。と思った。

 

でもにぎやかな病院の待合室で我慢して

過ごせるようになったのは進歩だと思う。

 

 

その後名古屋へ出て、昼食→おもちゃ→

ガチャガチャ→映画のポスター→アニメの

キーホルダーを買って。

 

帰り道、隣街のシヨッピングモールでお茶と

靴を買ってグループホームへ戻った。

 

長男は満足しただろうか。


記事検索
アクセスカウンター

    プロフィール

    clearwater1122

    カテゴリ別アーカイブ
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ