おおよそ毎週土曜日に長男との面会に行って

いる。

 

午後から面会する時は大概、古本屋→喫茶店

→スーパーの順番で回っている。

 

108日にグループホームから電話が入った。

 

ドキッとして出ると、障害者認定の申請に足ら

ない書類があるので持って来るように、という

ものだった。

 

少し距離はあるけれど、自転車で持って行った。

 

祝日だから長男に会ったらお茶でもしようと

思っていた。

 

グループホームにはスタッフさんはいたけれど、

どうも出掛けているようだった。

 

グループホームを出て、自転車をこいでいたら

ワンボックスカーが走って来た。

そこの助手席には笑っている長男が乗っていた。

 

どこかへ出掛けていたのか、結構グループホーム

に溶け込んでいるじゃん。などと安心しながら

帰宅した。

 

 

今日は長男の診察後、名古屋へ出掛ける事に

なっていた。

 

診察時間の10分程前に病院に着いた。

 

病院に向かって歩いていると長男とグループ

ホームのスタッフさんもちょうど病院に着いて

ところだった。

 

病院では30分程待たされた。

 

待っている間にケースワーカーさんから

「〇▲君頑張っているみたいですねえ。

グループホームにも溶け込んでいると

聞いています。」

と言われ、「頑張ってるんだね。」

と長男に声を掛けた。

 

診察では、日頃決まっている事は落ち着いて

過ごせているけれど、突然違う状況になった時

に取り乱してしまうという事を聞いた。

 

1.病院に診察に行く時、いつも助手席に

乗っているが、他の席に座らざるを得ない時

吐いてしまう。

 

2.事業所へ2人で行ってるが、ひとりで

行かざるを得なかった時、帰って来てから

大声で叫んでいた。→自分で頓服の漢方薬を

飲んだ。

 

面会する時に叫んだりする事はなかった

けれど、まだ自分で抑えられない事が

たまにあるんだ。と思った。

 

でもにぎやかな病院の待合室で我慢して

過ごせるようになったのは進歩だと思う。

 

 

その後名古屋へ出て、昼食→おもちゃ→

ガチャガチャ→映画のポスター→アニメの

キーホルダーを買って。

 

帰り道、隣街のシヨッピングモールでお茶と

靴を買ってグループホームへ戻った。

 

長男は満足しただろうか。