March 19, 2010

2009/11-2010/01 -3-

12月。


1.

12月第一週は登らなかったけれど、後はかなりの密度で登っていた。
筋トレはやればやっただけの事があり、ますます楽に。
(でも回数は増やさない。変なところでlazy。)
12 月後半には、おなかに横線が入り始めてびっくりしたけど
これはたぶん筋肉がついたというより
体脂肪が落ちてしまったせいだと思っている(後述)。

2.

引き続きデイブについてリード練習。

ビレイは少し慣れてきて
クライマーの状態を考えながらロープの出し引きをする余裕が出てきた。
それでもクライマーが登りに集中できるビレイにはなっていなかったけれど。
少なくとも、ロープ出すのにあわてることはなくなった。

リードクライムの方は
何度か登ってルートを把握している場合には
以前よりは楽に登れるようになってきた。
別の言い方をすると初めてのルートはぼろぼろ。
ためらったり考えたりして時間とパワーを無駄にせず
ムーブもいけるとわかってるから思い切りよくいける、
そういう状態じゃないとまともにリードできない。

それは自分でもわかっていたのだけれど
あと1ヶ月あまりで登れなくなるという気持ちが先行するあまり
地道にリードの技術をモノにしていくという方向ではなく
ルートもムーブも全部丸覚えしてでもリードのグレードを上げようという
お馬鹿さんな方向へ舵を切ってしまっていた。
かなりぴりぴりでいつも一期一会くらいの勢いで真剣にやってたんだけど
12月末に登りたい気持ちが強すぎて安全面がおざなりになった事で深く反省。
自分がなりたいクライマーというのは、もちろん登れるクライマーだけれど
安全に登れるクライマーであってこそと考え直した。



その他

12月末に体脂肪が10月に比べて5%も減っている事を発見。激し過ぎ。
12月中旬ごろから、屋内にいても鼻先まで冷たくなるほど寒いし
ちょっとした事でふらっとくるし、貧血すぐ起こすし
いつも充電切れかけてる電池の様だったのはこのせいかと納得。
運動してれば健康だと信じて疑わなかったけど
食生活は大事なのだと生まれて初めて心底思った。

それにしても、意識的にルーティンなトレーニングをすれば
自分の体の反応は思っていたよりもずっと早かった。
だからこそ食生活も一緒に考えないと、コントロールしきれない。
体の感度は年と共に鈍っては行くだろうけど。
ずっと先にクライミング優先の生活が送れるようになったら
穏やかにしっかりと体を作っていくつもり。


climberinboston at 05:22|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

February 26, 2010

2009/11-2010/01 -2-

11月。最初の3週間弱。


1.

週3ジムはほぼ達成。
腹筋背筋は毎日ちょっとばかり時間をさくだけなのに
1週間を越えた頃から楽になって来た。
プルアップ/ハングダウンも然り。
今まで全然鍛えられていなかったって事か。
ま、腹背筋がクライミングに寄与している実感は無かったけどね。
ストレッチの方はあまり変化を感じず。
ヨガクラスに参加した際に
自分の股関節の動きにくい方向を認識したのは良かった。


2.

リードはデイブについて初歩からやり直し。私には理想的な状態。

フォールをするのは、自分で思っていたよりもずっと時間がかかった。
練習で落ちるのは、安定して保持してるホールドを自ら離す訳で
これがそもそも怖くてハードル高かった。

11月末には、10a/bに挑戦しはじめる。
リード用の10a/bはTRと比較してムーブは難しくないけれど
やはり、なかなか落とせなかった。
このころは、クリップ時の位置が非常に悪かったと思う。
とにかく恐怖心を押さえて登ろうとしか考えていなかった。

この点、デイブがパートナーの気持ちのケアが非常に上手い人で助けられた。
求道者的な人かと思ってたら、もっとアメリカン。
それはさておいて、ビレイヤーとしてデイブを信用できないなら
この先誰も信用できないだろうし
それも恐怖心を押さえる理由付けの一つになった。

リードビレイの難しさも思った以上で
クライミング以上に集中力を使った。
登れなくても、ビレイは完璧にしたかったから。
でかくて重ければ、ここまで気を使わなくても
自分は安全で問題ないのだろうけれど。


その他

筋力が戻って来た割には、TRでも登りがぎこちないままで
自分でも必要以上に体力を消耗しているのを感じていた。
11月末には、頭もやっぱり使わないとねってことで
女子部キャップの登りを久々に脳内再生する日々。





climberinboston at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ジム 

February 22, 2010

2009/11-2010/01 -1-

2009/11上旬から2010/01まで
クライミングに注力してみた期間のまとめ。

2009年はyR共にクライミングは後回しだった。
一度クライミングに集中してみようと決めたのが11月上旬。

1月中旬でまた登れなくなる予定だったので
以下2点を2ヶ月間の目標として設定。
1.短期間でどこまで緩んだ体を整え直せるかトライ
 (なるべく普通の生活の範囲内で)
2.ほったらかしのリードを、自信を持って出来ると言えるレベルにする


この目標設定の理由は以下。
-再度クライミングを中断した後のトレーニングの参考にする
-グレードは初心者でも外登りを楽しめるようにする

目標1の具体的な課題。
-週3ジムを目指す
-腹筋、背筋、ストレッチを毎日
-ジムで登った後には、プルアップとハングダウン
この時点で、体はまだなまっていたし
今までの自分の登りに一番足りないのは
腕力だと信じていたので筋力up+体脂肪downが主眼だった。

目標2の具体的な課題
-とにかくリードをする機会を逃さない
-まずは恐怖心を取り除く。慣れる&落ちる。
技術的な事よりも心理的障壁が大きいのは
明らかだったので、まずそこから。
それさえクリアできれば、ある程度は行けるだろうと
高を括っていたというのも事実。甘かったなあ。








climberinboston at 13:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 17, 2010

月曜 as usual

7時近くから9時前まで。
師匠、yR.

ハーネスはパックしてしまったのでボルのみ。

引越中にうっかり右手薬指の爪をひっかけて、少しはいでしまった。
これ、個人的にとっても嫌。
竹ノコで手足をゆっくり切られるより
逆さに釣られて水につけられ、鼻は水面下で口は水面上にされるより
真っ赤に焼いた鉄のブーツに足を入れてハンマーで打たれるより
爪を剥がれる拷問を想像するのが一番怖い。

V4 yellow+black wavy line RP
前回より調子良かったみたい。
ムーブを少し変えたら比較的安定してフィニッシュできた。

調子に乗って、他にもV4に挑戦してみたけど
やっぱり簡単にはいかず。
全然出来ない訳ではなくて、ちょうど触ってて楽しい感じ。

たぶんこれで、しばらくメトロロックにも来られないし
師匠と登るのもお預けになるのだけど
ぜーんぜんそんな感じではなく、いつも通り。安心。
あ、師匠はいつもより構ってくれようとしてたかな。ありがとう。

yRがどれだけ師匠を大事に思っているかは書ききれないので割愛しますが
クライマーとしても友人としても
そこら辺で簡単に見つけられる人ではない。
師匠が嫌がろうが何だろうが
あなたは私達のBFFでありBSFです。


逃げられないわよ!



climberinboston at 11:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ジム 

February 15, 2010

日曜 climbing + TGI

yさんのラボメイトとBostonBeerWorksで過ごした後に。
4時過ぎから6時まで。師匠s、ケさん、yR。

師匠と久々に顔を合わせた。
随分と会っていなかった感じ。オンラインでも見当たらなかったし。
といっても、たったの一週間ぶりなんだけどね。
まだ弱ってる師匠を見たら、ちょっかい出す気も失せちゃった。


ボル

V4 yellow
私がチャレンジするのに丁度良いレベルに感じる。


ルート

元祖師匠&ケさんと。

lead 5.8 red FL
元祖師匠が先週水曜に嫌な感じと言ってたルート。
確かに8なのに、やな感じ!

lead 5.9 blue RP

TR 5.10b light green FL
leadでやってたら、痛い目に会ってたに違いない。

TR 5.10b orange
10a/bがbにupgrade。やっぱり核心が届かない。
元祖のムーブを参考に、何度もトライして初めて届いた。
その後、ケさんが全く違うムーブで登るのを目撃。きれい。
あー、私もあのムーブやってみたーい。



climberinboston at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ジム 

February 13, 2010

金曜 落ち着かない

6時頃から9時半頃まで。
元祖師匠、たまこ&ゆうさん、筋肉loveさん、てつこさん、ケさん。
ロープを持ってくるのをすっかり忘れてリード無し。痛恨。
元祖師匠&元祖夫人、お心遣いありがとうございました。
yさんと二人で大切にしますね〜!



ボル

V3 yellow たぶんFL
わりとあっさり。

V3 pink+black wave RP
もちづらいでか青ホールドをスキップしてやっちゃった。



TR

Jing-Daiと呼びかけられて、振り向いたら雲君だった。
パートナーNさんが日本から帰って来たようでよかったよかった。
彼は、外登りをしてみたいそうなので
ラムニーに行く時にでも余裕があったら声かけてあげて下さい。

5.8 blue

5.9?

5.10a light green FL
簡単

5.11a red 1t
指の引っかかりが浅くて持ちこたえられなかった。体伸びてない?

5.11 blue? 1t
初挑戦。ハング乗り越えでテイクしてしまった。

5.11 white RP
ムーブが完成されたというより、単に力が残ってただけ。

5.10d red 2t?
初挑戦。おもしろかったけど、悔しい。
どこでどのように落ちたのか記憶不鮮明。あかんやん。

もっとムーブを洗練させたいな。
ビデオを見てると、私の登りって
ぶら下がるようにして登ってて安定感が無い。
どうして行けば良いんだろう。求む、アドバイス&サジェスチョン。


5.6 右手only 2t
てつこさんと。てつこさんの心底笑顔を見られて満足。


筋肉loveさんとのラストクライミング。
美しい百合の花をありがとうございました。
仕事に疲れたら、シンシナティにのんびりしに来てね〜!





climberinboston at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ジム 

February 11, 2010

水曜 元祖

6時半頃から10時近くまで。
元祖師匠、たまこさん、桜爪さん&御主人、yR。

ロープ+クライミングギア+マックを背負って出勤。
ウェリントンからジムまで寒風の中歩いたらそれだけで消耗。
眠いし、寒いし、もう何やってるんだ。いい歳して。
でもその苦労は報われて、晴れて元祖師匠とクライミング!



TR 5.8 1t
ねむねむ。

TR 5.9
だっけ?記憶曖昧。

TR 5.10a/b orange? 1cheat + 1t
ルートセッターコンテストのもの。
グレード間違ってますよ〜。
セッターは、人類は皆1.7m以上あると思ってる。

lead 5.8 RP

lead 5.9 OS
簡単

lead 5.11 orange+light green 1t+1f
ああ。右手があれ以上もたないよ。
元祖のおっしゃるとおり、プチハング越えまでを
どこまで消耗せずにいけるかにかかってる。

TR 5.11 white 2t

TR 5.11 red 2t


元祖師匠のビレイを見るのを楽しみにしてたのだけれど
よく考えたら、私が登ってる時しかビレイしてなかった。あら。


今年に入ってから、クライミング用に体調を整える事を完全放棄してるので
もういいかげん体は重いわ、筋肉は落ちつつあるわで、ちょっと悲しい。
でもまだまだ精神力が足りてないところも一杯。
へたれのままじゃ、ますます登れないぞ。





climberinboston at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ジム 

February 09, 2010

月曜 初心

6時前から9時過ぎまで。
たまこさん、yR。雲君とも御挨拶。
相変わらず夕方は眠くてソファが魅惑的に見えたけど我慢。
この眠気と頭痛、なんとかならないかしら。

ボル

たまこさんと。気付いたら8時近くでびっくり。
もう、やたらと楽しい。ボルはこうでなくっちゃ。

V3 light green RP 3撃くらい

V3 pink+red
バラして、まんなかあたりまで。
リーチが普通にあれば特に面白みのない課題とは思う。

V4 pink
核心の指先引っ掛けてアンダーで引きつけるムーブが出来ず。
でもその前で落ちると思ってたので核心までいけて嬉しかった。
あっさり落としてためちゃ強アジア男子(小さい)が格好良く見えてしかたない。

V4 blue
caveから登り始めるやつ。リーチーだけど、うまくやれば出来ると思ってる。

V3 black RP?
最後のホールドまで行ったけど、トップアウトなのか?

たまこさんの登り見てるのは、やっぱり面白い。
自分がリーチをいつも意識しているせいか、私より小さい彼女なら
あそこがきつめだろうなあ、そこに一工夫いるだろうなあ、
などと予想出来てしまうので、彼女のムーブにいちいち感動してしまう。

TR
yさんと。
腕はパンプしてなかったし、体動くかもー!と思って登り始めたら
体幹が削れてたらしく、がんがん剥がされてお話しになりませんでした。
でも腕は全然平気なの。ちょっと不思議な感覚。

5.10b 1-2t
ルート読み間違え。かなり間抜け。

5.9+ なんと途中敗退。
ジャグ連発のルーフを進めなくなってしまった。。。おい。

5.11 red 3t
初挑戦時は1tだったのにね。あらら。





climberinboston at 14:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ジム 

February 04, 2010

水曜 寝てた

6時過ぎに到着。9時半頃まで。
師匠、yR.

もう、がしがし登るのはやめないと…。でも少しでいいから登りたい。
気持ちをうまく纏められないままジムへ。
ところが、ジムのソファに座るなり爆睡。1時間程。
このところ、やたら眠いのだ。クスリの効果。
起きてからぼーっとしたまま、師匠の横へ。寝てたって知ってたんだろうか?
Anyway, ビレイ出来なくてごめんね。師匠。


ボルを1時間程。
最初は寝起きでV1すらできず、どっかのにーちゃんに指南されたほど。
ふん、若造め、ちょこざいな!
なーんてこと思ったりしてませんよ。
にっこり笑ってサンキューって言いましたから。


TR only
yさんと。

5.8 blue

5.9

5.10a white 1take
ちょっとやなかんじ。

5.10a light green RP

5.11a red 1t
初挑戦。
欲しい所に足があって、簡単目。

5.11a light green+orange
クリッピングのまねごとをしながら。最後に落ちた。
いくつかホールド増えてる?


来週はなんとかして元祖師匠と登る機会を作らねば。
月水金で、クライミングパートナー募集中です。
その次の週は、Rは16日まで。yさんは18日まで一応クライミング可。
15,16に荷物運び出してホテル住まい。19日にボストン発です。
ああ、いったいいつlast climbing in Bostonになるんだろう?



climberinboston at 13:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ジム 

January 29, 2010

金曜

University of Cincinnati, Recreation Centerにて。
1時半頃から3時半頃まで。yR.

ランニング15分程。
あとは、トレーニングマシンを少々。

お目当ては、クライミングウォールだったのに
Operation Hoursが4時からということで、断念。
ああ、$20/personも払ったのに。私の馬鹿。

帰る間際にクライミングエリアに管理者が入って行くのを見つけて
中を見せてもらう事だけは出来た。
大学内の施設にしては、わりとちゃんとしてる。
ルートも5本以上。クラックやポケットが壁に作ってあり面白そう。
ボルエリアも被り壁のわりには、ジャグが少なくいい感じ。
新職場からは、アップがてら走れば5分くらいだろうし
ボスの目を盗んで遊びにくるには最適。と思われる。
施設内にはプールもヨガクラスもあるし、私的にはなかなか良い印象。

しかし、yさん的には
若者が多過ぎて落ち着かないらしい。
確かにエネルギーの発散を筋肉増強にぶつけているらしき若人達が大勢。
普段、クライマーの美しい筋肉を見慣れてるせいか
使用目的のないshow up用の筋肉に囲まれていると
ブロイラーの胸肉を見てる様な気分になる。

そして、yさん的にはサウナ付きのジムに行きたいらしい。
ええーっ。登られへんジムなんか一人で行ってよ、そんなん私嫌や。
と言いたいところなんだけど、どうすべきか。
私は、釣った魚に餌をちゃんとあげるタイプ(を心がけている)なので
あまり無碍な事、言いたくないのよね。
さて、どうやってyさんを説得するか作戦練らないと。





climberinboston at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) クライミング外