2017年04月18日

「トゥウエルブモンキー」5.12a RP・「生と死の分岐点」5.12a RP 伊豆・城山(ワイルドボアゴージ・チューブロック)

2017.04.15(Sat)16(Sun)

先月末にも行った伊豆の大仁(おおひと)にある城山(じょうやま)でクライミングをしてきた。
初日、前回宿題となった「トゥウエルブモンキー」があっさり登れたあと、「生と死の分岐点」も2便で登れた。

2日目は「白壁の微暇」をトライするもRPならず。
同行者はMZ上さん。

なお、先の410日に刊行された「新版 関東周辺の岩場」(菊地敏之 編著/白山書房)に依ると、多くのルートのグレーディングが見直されている。
「日本100岩場」(山と渓谷社)掲載のグレードと比較して、上がったものもあれば下がったものもある。
今回のグレード改定に従って、このブログでは発売日の410日を基準日として、この日以後に完登したルートはこの本のグレードに依る。
続きを読む

climbing2 at 21:00|PermalinkComments(2)

2017年04月10日

二子山

2017.04.08(Sat)

春本番の雨の多い季節となり、今週末は雨に振り回された。
各地とも雨模様のため、土曜日はかぶった岩壁のある二子山に行ってみた。
濃霧に包まれ岩も湿気って状態はワルかったけれど、それでもさすがの二子山、とりあえず登ることができた。
翌日の日曜日も雨模様なので、入間にあるクライミングジム、ベースキャンプに行って一日登った。
同行者はMZ上さん。
続きを読む

climbing2 at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年04月03日

「エアーダンス」5.12a RP 城ヶ崎海岸シーサイド

2017.04.02(Sun)

伊豆の城ヶ崎海岸シーサイドエリアにあるエアーダンス5.12aが登れた。
先日、城山の二間バンドにあるフェイト5.12aに続いて、また5.12aが登れた。


城ヶ崎海岸はたまにしか訪れる機会がなく、そのうち前回シーサイドエリアを訪れたのは20144月のこと。
そのときはヨセミテに行くためにクラックの練習をしておこうということでシーサイドを訪れている。

また、シーサイドで登った5.12以上のルートは20111のアイロンヘッド5.12aだけなので、今回のエアーダンスはそれ以来6年ぶりのことだ。


今回の同行者はMZ上さん。続きを読む

climbing2 at 23:00|PermalinkComments(0)

2017年03月31日

「フェイト」5.12a RP 伊豆・城山 二間バンド大ハング

2017.03.28(Tue)29(Wed)
伊豆の大仁(おおひと)にある城山(じょうやま)で久しぶりのフリークライミング。
初日は二間バンドにあるフェイト5.12aが登れた。
5.12
台が登れたのは、昨年唯一登れた甲府幕岩の安近短5.12a/b以来だ。

2日目はトゥウェルブモンキー5.12bをトライして、完登目前の1テンまで持ち込めた。
同行者は、T澤さんとFR川さん。
続きを読む

climbing2 at 20:00|PermalinkComments(0)

北ア 中千丈沢、善五郎の滝

2017.03.25(Sat)26(Sun)
今シーズンのアイスクライミング納めは、霞沢岳の中千丈沢へ。
中千丈沢に行くのは4年連続で、毎年3月最終週に行っている。
(
201420152016の記録)

2日目は乗鞍高原にある善五郎の滝で登った。
メンバーは、関東からMR田さん、AR井さん、AK山さん、SZ木さん、O末さん、私の6人、関西からC谷さんの計7人。

続きを読む

climbing2 at 19:00|PermalinkComments(0)

2017年03月23日

南ア 三峰川 岳沢

2017.03.18(Sat)19(Sun)
南アルプスの大仙丈ヶ岳に突き上げる三峰(みぶ)川の支流、岳沢を登ってきた。
好条件に恵まれて、予定した3日間より一日早く下山できた。

初日は長谷杉島のゲートから岳沢越を経て、岳沢のF5上まで。
2
日目はF8ソーメン流しの滝を登り、大仙丈ヶ岳~仙丈ヶ岳~北沢峠を経て、明るいうちに戸台に下山。
となりの甲斐駒ヶ岳はたびたび登っているが、仙丈ヶ岳を登ったのは1990年の夏以来、27年ぶりのこと。

今回のメンバーは、I嵐さん、ON田さん、私の3人。
続きを読む

climbing2 at 22:00|PermalinkComments(0)

アイスクライミング モンチュラカップ2017 岩根山荘

2017.03.11(Sat)12(Sun)
アイスクライミングのコンペに参加した。
長野県川上村の岩根山荘にある人工氷瀑施設アイスツリーを会場に、アイスとドライウォールに作られたルートで参加選手がパフォーマンスを競った。
アイスクライミングのワールドカップに出場する日本代表選手もいて、決勝に進出するような上位選手のフィジカルの圧倒的な強さなど、観戦していても思わず力が入った。

今回、いつも山で使っている登山靴とアイス用アイゼンで参加したけれど、力量は言わずもがな、使っているギアからしても私のレベルでは全くお話しにならなかった。
順位を争うとかそれ以前のお話しなので、ほとんどイベントへの体験参加のようなものだった。
それでも、初めてこのような競技会に参加できたことは、普段山の中でわしわしと登っているのと全く異なって、新鮮な体験だった。
続きを読む

climbing2 at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年03月06日

谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブ

2017.03.04(Sat)05(Sun)

三スラを登ってきた。
前日の金曜日にかなりの降雪があり、雪崩のリスクを考えてこの日は偵察のみに留めて日曜日にアタックする案もあった。
しかし、雪崩れる兆候も見られず、晴れて風もない快適な登攀をすることができた。
肩ノ小屋で休憩後、翌日未明に下山。
同行者はH明さん。
続きを読む

climbing2 at 21:00|PermalinkComments(0)

南ア 戸台 冬陰(偵察)、大谷不動 左岩壁 左ルート・中央ルート

2017.02.25(Sat)26(Sun)

南アルプスの戸台にある冬陰(ふゆかげ)という氷瀑を目指すも氷結不十分で偵察しただけで戸台をあとにする。
翌日は大谷不動に転進し、左岩壁の左ルートと中央ルートを登った。
メンバーは、H明さん、MNさん、私の3人。
続きを読む

climbing2 at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年02月23日

北海道・知床五湖の大氷瀑 Kei's Gift

2017.02.17(Fri)20(Mon)

北海道は知床半島にある五湖の大氷瀑を登ってきた。
流氷に覆われたオホーツク海を望む断崖にかかる氷瀑だ。
昨冬、FTAI川氏らが初登したもので、つい前週に北海道のパーティも登ったらしく、我々が第3登と思われる。
今回我々が登れたのはこの初登時の記録があればこそだ。
メンバーは、H明さん、MNさん、私の3人。

知床五湖の大氷瀑
↑知床五湖の大氷瀑はここ。
地形図上の234.5m地点の右側付近にBCを設営。
北にのびる尾根を下降し、最後は入江側に下降。
続きを読む

climbing2 at 21:00|PermalinkComments(0)