5.11a以上 完登一覧【101~200】スペイン 第3回クライミングツアー(ロデリャー) / ロシア・モスクワ観光 01【計画編(前編)】

2019年04月23日

スーパーラット 5.12c RP / うおりゃー 5.12c RP 太刀岡山

2019.04.20(Sat)21(Sun)

先週末「カリスマ」5.13aが登れたのに続き、今回、初日は「スーパーラット」5.12cと「うおりゃー」5.12cが登れ、2日目は「GO ON THE BOLT5.11dが登れた。
同行者はTK澤さんとMZ上さん。

ハッピーバーボン 再
スーパーラット5.12c RP
うおりゃー5.12c × RP
ハッピーバーボン 再
GO ON THE BOLT 5.11d ×× RP

GO ON THE BOLTをRPする私


4/20(Sat)

よく晴れて暖かい一日となった。
早朝、MZ上さんと待ち合わせ、私の車で山梨へ。
甲府盆地はモヤがかかった春霞のような様相。
敷島から太刀岡に向かうとまだ満開の桜もあるが、そのほかの花々もたくさん咲いていて春爛漫の感じ。
カリスマを登り終えているし気分が和む。
太刀岡山の駐車場でTK澤さんと合流。

ハッピーバーボンを登って、下りながらカリスマやスーパーラットにヌンチャク掛けしつつ、スーパーラットのホールドを確認しておく。
ハッピーバーボンを上る途中、クライミング用とは別にもう一本持ってきたロープをヴァレンタイン・イブ5.10b/cの終了点の太い木にフィックスして垂らしておく。
あとでこのロープをアッセンダーで登り返して、木の位置からカリスマラインを撮影するためだ。

今回のカリスマのトライで最初に太刀岡を訪れた3月上旬トップロープでムーブ探りをした際に、スーパーラットのホールドも触っているのだが、すっかり忘れている。

飲み物を車に忘れてきてしまったので、駐車場まで往復する。
下りは9分、登りは11分の計20分。
下山途中で、登って来るSI藤さん達3人に会う。
SI藤さんもカリスマにトライするそう。
他にも3人組がやって来た。


まだ岩が冷たい感じがしたけれど先週よりは暖かいので、10時半前、スーパーラットにトライすることにした。
カリスマとの共通ラインを登って行って5ピン目にクリップ。
やはり岩はちょっと冷たい。
それでもカリスマをトライするよりは余裕がある。
受話器下ガバを左手で取るところまではカリスマと同じだが、そこから右上のちょっと遠いガバカチを右手で取る。
左手でガバ穴を取ると、クロスした右手で6ピン目にクリップ。
このガバ穴のサイド引きから、足を上げてアンダー気味に効くようにして、ハング先のガバホールドに一気に右手を伸ばす。
リーチがないと普通は届かないだろう。
ガバをマッチしてハングを乗っ越すと終了点は近い。
こうしてスーパーラットをレッドポイント。
トップロープ状態でムーブ探りをしてしまっているのでフラッシュとはいえないけれど、一撃できて良かった。
DSC01105
↑スーパーラットをRPする私(以下写真も)
DSC01107DSC01109

DSC01111DSC01115

DSC01119DSC01122

先週1便触っていたMZ上さんもスーパーラットをRP
この際、先ほどフィックスしておいたロープを登って、横から動画撮影した。
普段カメラを固定して下から見上げる動画ばかり撮っているので、横から取るとクライマーの動きがよく分かって新鮮だ。
DSC01132DSC01134

スーパーラットが片付いたので、同じくカリスマのラインと共通するうおりゃー5.12cも登ることにした。
13時半頃、うおりゃーに1便目を出す。
カリスマで5ピン目のクリップをするガバホールドから右に行くのだが、伸ばした右手をハンドジャムするところでフォール。
その後、ムーブ探りをしてトップアウト。

TK澤さんがスーパーラットをトライするところを再び横から動画撮影。
DSC01162
↑スーパーラットを登るTK澤さん(以下写真も)
DSC01165DSC01167

16時頃、うおりゃーに2便目を出す。
カリスマの5ピン目クリップのガバホールドは、私の場合、最初左手で取るので、チクタクのムーブで右手に持ち替えカリスマ5ピン目にクリップしていた。
今回、そのガバを左手で取ると上方にあるうおりゃー6ピン目にクリップして、そのまま右壁にあるクラックに右手のハンドジャムを出せる。
ハンドジャムを決めると、6ピン目左上のガバカチに左手を出し、右手のハンドジャムをセットし直す。
そうしておいて、クラック右のスラブ面にある薄い穴状カチを左手で取る。
右手で右にある平たい丸状ホールドを持ちつつ、スラブ面右側にあるガタガタした壁の上方のガバに右手デッド。
このガバが取れれば、あとは7ピン目にクリップしつつガバを伝って終了点へ。
この辺りはスティングレイ5.13bと合流して共通ラインとなる。
ムーブ次第ではクラックを直上できるのかもしれないけれど、これはこれでスーパーラットと同じくらいのグレードに感じるので妥当だろう。
DSC01176
↑うおりゃーをRPする私

こうしてうおりゃーもRP
カリスマと共用する部分が多いとはいえ、一日でスーパーラットとうおりゃーの5.12c2本も登れて上出来。
カリスマ3部作をコンプリート。
何がホッとしたかと言うと、何度も登っている5ピン目までのラインをもうやらなくて良いのだと思うと、肩の荷がひとつ下りた感じだ。

MZ上さんもうおりゃーにトライするも、明日に持ち越し。
TK澤さんもカリスマとスーパーラットのラインにトライ。
荷物をデポして下山。
山宮温泉でお風呂と夕飯。
鳥竜田揚げ定食。
DSC01188
某所泊。
野良猫多し。
DSC01189



4/21(Sun)

曇りがちの晴れ。
日差しが乏しい分、昨日よりは涼しい。
この日の小山ロック西面は我々3人だけ。
北面では2人組が登っていた。
DSC01190DSC01193

DSC01194DSC01197
前日、スーパーラットとうおりゃーが終わったので、今日はGO ON THE BOLT 5.11dをトライすることにした。
ハッピーバーボンからGO ON THE BOLTにヌン掛け。


11時過ぎ、GO ON THE BOLT1便目を出す。
出だしのスラブが難しい。
1ピン目クリップ後、2ピン目へと乗り上がるムーブが分からずテンションしまくり。
TK澤さんにムーブを教えてもらい突破できるようになった。
ステミングしながら前半のスラブ地帯を通過すると、後半はかぶったところを豪快に登るセクション。
アラビア半島と呼ばれる下向き大フレークの左側を登った先が核心部となる。
6ピン目クリップホールドから右壁にあるルートキラー5.11c寄りの遠いガバカチを取り、そこから左上の遠いガバを取りに行くムーブを探る。

MZ上さんがうおりゃーをRP
DSC01207
↑うおりゃーをRPするMZ上さん(以下写真も)
DSC01209

13時半頃、GO ON THE BOLT2便目を出す。
出だしのスラブのムーブをこなし、アラビア半島の先の核心へ。
6ピン目ホールドから右壁のガバカチを取るも、そこから左上のガバが遠くて手が出せずフォール。
ムーブを作り直す。
左手6ピン目クリップホールドから、その上の角状ホールドを右手。
左足をアラビア半島の左縁に当てつつ、左手を左上の遠い中継を経てさらにその左先のガバに出すムーブにする。
DSC01199
↑GO ON THE BOLTを見上げる
DSC01214
↑これがアラビア半島

16時過ぎ、GO ON THE BOLT3便目を出す。
左手6ピン目クリップホールドから、右手をその上の角状ホールド。
左上方の中継ホールドに左手を伸ばすもそれが届かず。
思い切ってその先のガバ穴に飛びついてキャッチ。
ガバが取れた途端に足ブラとなる。
あとは落ち着いてガバを伝って終了点へ。
こうしてGO ON THE BOLT 5.11dRP
やった。
イレブン台とはいえ、そうそう易しくない。
A296AE2D-3FA0-4F41-B4F8-B3B4EEDA87F4
↑GO ON THE BOLTをRPする私(以下写真も)
8D91417E-08C9-45A7-A649-97D6B7CAF9C15590CD8D-8B3A-49B8-98F9-4627809F6012

802D1633-2107-4C2A-88EC-DA00F611D4D69539F594-6FB4-4685-9C69-429BB2B311A7
TK澤さんと解散し、甲府市内にある紅(くれない)という餃子の美味しい小さな食堂へ。
メニューは水餃子と焼き餃子だけのシンプルなものだが、美味しいのでおススメ。
DSC01216DSC01217


climbing2 at 19:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
5.11a以上 完登一覧【101~200】スペイン 第3回クライミングツアー(ロデリャー) / ロシア・モスクワ観光 01【計画編(前編)】