スペイン 第3回クライミングツアー(ロデリャー) / ロシア・モスクワ観光 07【モスクワ観光後、日本帰国】鳳来

2019年05月15日

蒙古タンメン 7a+ RP 奥多摩・御前岩

2019.05.11(Sat)12(Sun)

スペイン・ロデリャーとロシア・モスクワの旅行から前日の金曜日に帰ってきたばかりの週末は御前岩へ。
Regime du Docteur Meiji (Dr.メイジ) 8aにトライするも歯が立たず。
言い訳をすれば、時差ボケだけでなく半月の旅を終えた直後の身体に溜まった疲れは相当なもので、蒙古タンメン7a+が登れただけでも上出来。
同行者のMZ上さんはアスリーツボディ7c+RP

ハートブレイク6c+ 再
Regime du Docteur Meiji (Dr.メイジ)8a ××
蒙古タンメン7a+ ×
ドラゴンホール6b 再
蒙古タンメン7a+ RP
カロリーメイト6c OS
デカンテ6c+ × RP

↑蒙古タンメンをRPする私


5/11(Sat)

晴れ。
MZ上さん、AR澤さんと待ち合わせ私の車に乗り合わせ、奥多摩クライミングセンターの駐車場へ。
岩は思っていたより良く乾いてくれていたけれど、この日の気温は暑いくらい。
モスクワとの時差は6時間とはいえ時差ボケ気味で眠くて仕方ないうえに、やはり身体が疲れているのは否めない。
スペインでのクライミングはもちろん、レスト日と称して結局フランスのルルドやスペインのサラゴサに遠出していたし、スペイン解散後に寄ったモスクワではとにかく歩き回っていたので、その半月はとにかく行動し続けた日々だった。
およそのんびりバカンスというものとは程遠かった。

さて、1年ぶりに会うAR澤さんは相変わらず強くて、まずはハートブレイク6c+をアップでオンサイトしたので、MZ上さんと私もそれでアップ。
60507951_2351067058265301_109370749487153152_n
↑ハートブレイクを登る私
59871417_1100387780147596_2208800460838535168_n
↑同上

私はDr.メイジに初めてトライするため、ヌンチャクをぶら下げて取り付く。
出だしから難しいのだがここはこなせた。
しかしそのあとはテンションだらけ。
チョンボもしつつ6ピン目くらいまでは行けたものの、その先はピン間隔も遠いし何度かムーブを探ったもののちょっと解決できず。
この便ではヌン掛けは途中まででロワーダウン。

Dr.メイジの2便目では、いささか気が引けるもののチョンボ棒をぶら下げて取り付く。
ヌンチャクを残置するワケにもいかないし。
ルートが長いしホールドなどの様子をまだ覚えきれていないのだが、ピン間隔が最も遠いのが、全9ピンのうち終盤の89ピン目間だったかな。
78ピン目間だったかもしれない。
3m強のチョンボ棒でも届かない。
その区間は前半のムーブが悪く、そこをこなせれば左上するガバホールドが続くので、ランナウトしているのはそういうワケらしい。
ここでは、チョンボしたくてもできないので何とかフリーで抜けた。
最後の最後のところではガバホールドがもげてしまったらしく、そのコルネ状の石が取付きに転がってるのだが、外れた箇所がどこなのかは分からなかった。
これが無くなったことでガバtoガバができなくなったそうで、カチを中継するらしいが、どこかは分からないけれど、最後のところでカチを使わないといけないところはなかった。
でも、やはりえらく遠いガバ穴を取りに行くところはあったと思う。
60140912_345180989535672_6440979879046414336_n
↑Dr.メイジを登る私

そんなワケで、旅の疲れから本調子でもないし、シーズンが終わりつつある御前岩にこれから通う予定もないので、ヌンチャクを回収する。
代わりに、蒙古タンメン7a+をトライすることにする。
トライしていたUTさんのムーブをガン見する。
ムーブをパクらせてもらったおかげで、前半をこなせたものの、後半にある左上のゴルフボール状を左手で取ったあと、右手で顔前の縦サイドカチに移すところで左右2つあるうちの右が持ち良いところを左を取ってそこでフォール。
やり直してトップアウトしておく。
明日も蒙古タンメンをトライすることにして、この日はこれでおしまい。
MZ上さんはアスリーツボディ7c+にトライ。
AR澤さんはハルドラ7aをマスターOSして、さらに奥多摩は魔女7aRP
AR澤さんは明日は小川山に転進するらしい。

下山して解散。
奥多摩駅の街にある宿、玉翠荘のお風呂に浸かる。
750円。
日帰り入浴できる時間が終わるのが早め。
御岳にある中華渓竜で肉野菜炒めの夕食。
某所で車中泊。


5/12(Sun)

晴れ。
午後から雨の予報だが、結局降らずに済んだ。
しかし雷鳴が聞こえたし、山を越えた山梨県では降っていたようだ。
前日より数度気温が低くて過ごし易かった。
IR澤さんとTK橋さんも来た。

まずはドラゴンホール6bを登って隣りの蒙古タンメン7a+にヌン掛け。
その後、蒙古タンメンをトライしてRP
終盤では、ゴルフボールがヌメり気味だったけれど、昨日間違えた縦カチを右側のを取る。
そうしておいて、左のカンテをデッドで取りに行く。
右足を奥に置けず、もう一度左手デッドとなったけれど、なんとか2撃で済んだ。

MZ上さんはアスリーツボディ7c+RP
TK橋さんはキャッスルロックにあるSeven Stitch on Pinky 7cにトライ。
長いルートで70mロープがベター。

エレファントロックはミートテック6b+のさらに左にルートが新設されていて、下地も整備されて南面へと歩いて行けるようになっていた。
ただし、ここの新設ルートに取り付くのではなく南面にあるルートに行くのであれば、従来どおり北面経由で行くこと。
ミートテック6b+の左にできたのが「カロリーメイト」6cで、ボルト10本。
私がオンサイトしたあと、MZ上さんもフラッシュ。

カロリーメイトのさらに左に「岩近岩」(がんきんがん)8aで、さらにその左に「大爆笑ルート」7a+

「奥多摩は魔女」7aの左隣りのカンテにできた「デカンテ」6c+2便目で登れた。

他の人達はまだまだ登るのだろうが、我々はこれで下山することにする。
解散して、帰路に埼玉県民のソウルフード山田うどん食堂で夕食。
スペイン・ロシア旅行から続く17日間の休暇が終わった。
休暇とはいえ身体は疲労いっぱい。


climbing2 at 21:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スペイン 第3回クライミングツアー(ロデリャー) / ロシア・モスクワ観光 07【モスクワ観光後、日本帰国】鳳来